近況報告 1998年8月(復刻版)

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

内容は当時の各種記録を元に再構築した物であり、とりわけ無責任・無保証です。

_1998年8月1日()  ナデシコ
渋チュの後でナデシコを見たりしてしまうのです。 なかなかおバカなアニメであるという印象を受けるのですがそれに徹しているという程ではないという感じです。 「傑作選」であるためか一部の話が省略されているようです。 まぁ、ストーリー性は薄いようなのであまり問題は無いっぽいのですが。 一週間の疲れが出たのか、体調が悪く、寮で一日中寝ていたのでした。 帰省する予定であったのですがキャンセル。

_1998年8月2日()  「バカばっか」
悪竜の日であったりします。 昨夜に引き続きナデシコを見たりするのですが、かなり多くのおバカな部分がルリちゃんの「バカ」という一言で済まされてしまっているような。 体調も一応直ったので昼間は部屋の掃除。 夜は寮の友達と喋ったりしていたのでした。

_1998年8月3日(月)  内示
懲りずにナデシコを見てしまったりして。 かなり寝惚けながら見ていたというのもあるかもしれませんが、結局何がなんだかわからないアニメという感じでした。 午前中は車で外回りにお出掛け。 午後は実際に動いたりしたのですが、細かい小道具などにも配慮がなされていて感心したのでした。 来週の配属のための内示があったりしたのですが、電話で言われるだけ。 拍子抜けな程にあっさりしたものです。 って、散々予告されていた所と違っていたりしたのですが。 夜は配属が一応決まったという事で友達と飲みに行ったのでした。

_1998年8月4日(火)  分室
「分室」へお伺いしたのですが、皆さん手つきが慣れていますね。午後は外回り。 ほか、鉄道●●などのお話を聞いたりして興味深かったのでした。

_1998年8月5日(水)  端末
今日は●●の研修。 端末を実際に操作させて頂いたのですが、ユーザーインターフェースが洗練されておらず、苛々します。 それでも昔の端末に比べれば大分良くなったという話なのですが、「フールプルーフ性」はほとんど無いです。 午後は●●●に同行したのですが、●●●●●●●というものに感心させられるのです。 自分にはとても出来ないなと思ってしまいます。 まぁ、●●を渡されていきなり大阪の街に放り出されるよりはずぅっとアレなのですが。 夜は飲んだりしたのでした。

_1998年8月6日(木)  予告
朝のミーティングで●●●があったのでした。 そんな訳で●に出るのですがやはり●●●●●●●というものには感心させられてしまいます。 ●●を●るためには●●●との●●●●を●くという事も重要なようで、単に●を出して●●だけして●●●ったりもするのでした。 ●●されるという予告をされていたのですが、結局されずじまいだったのでした。

_1998年8月7日(金)  研修最終日
長かった研修も今日で最終日なのです。 レポート作成という事で数年振りにワープロ専用機を使ったのですが、その操作性の劣悪さに苛々させられたのでした。 あとは年末の準備をしたりしたのでした。

_1998年8月8日()  風邪
昨日一日中冷房の効いた所にいたためかどうも風邪をひいてしまったっぽいのです。 こんなのでは困るのですが。結局一日中寝ていたのでした。 夜になって起き出し食料品のほかクッションなどを買ったのでした。

_1998年8月9日()  大学 津田沼
昨日一日寝ていたので夜になって頭が冴えているのです。 そんな訳で小説や同人誌を読んだりしてかなり遅くまで起きていたのでした。 こどもニュースやテクノ探偵団を見てからお出掛け。 研究室に行き、メール等のチェック。来週の確認も欠かしません(笑)。 その後部室に行ったのですが、非常に重要な本を発掘したのでした。 夜は寮の友達と軽く飲んだのでした。 更にカラオケ、ゲーセンと移動し、寮に戻ってからはダメなお話をしたり。

_1998年8月10日(月)  配属
配属という事で色んな儀式があったりしたのでした。 再来週●●●●があるとかでなんか待ちかねられていたようです。 夜には建物の中を巡回したのですが、あちこちで酒盛りが行われていて有無を言わさず飲まされて困ったのでした。 初日は比較的早目の撤収。 ●●●が多い●で、「余計な●●はしない」というのが上司達のポリシーなのだそうで。

_1998年8月11日(火)  環境
クッションを職場に持参。サンダルを購入したりATOKの辞書を教育したりキーカスタマイズをしたりしてなんとなく環境が整ってきた感じなのです。 某課でNERVのマークが壁紙になっているマシンを発見。 どこにでもそーゆー人はいるようなのです。 帰宅すると実家から食料品が送られてきていたのでした。 二週連続で体調を崩したので心配して送ってきてくれたようなのです。 夜は早くも鉄気味の次回分の構成を考え始めたりしたのでした。

_1998年8月12日(水)  不様 最終打ち合わせ
合格発表であるので朝から発表場所に行って来たのでした。 って、自分は全く関係無いのですけれども。 鉄研部員は三人が受験したと聞いていたのですが、全敗。 合格りにくい分類で受験した二人はともかく、合格りやすい所で落ちた奴はいくらバカにされても仕方が無いでしょう。 彼は優秀だから合格ると思っていたのですが。 定時で退散し大岡山へ。 部室での夏学会に向けての最終打ち合わせに参加したのでした。 鉄道旅行ゲームは芸の細かさが作者のこだわりを感じさせ、期待されます。 日曜日のサークルチケットは余りが無いとのことで貰えなかったのですが、余っているという土曜のチケットを貰ったのでした。

_1998年8月13日(木)  買い出し依頼
某Sk氏が学会に行かれないとのことで買い出しの依頼を受けたのでした。 土曜はサークル参加でない上にサークルチケットがあるので気楽なのですが、日曜は少し難しそうです。 有明に行くために明日休みたいなどとのたまっているのがいてつくづく困ったものなのです。 夜は酒盛りの後二次会に連れ出されたのでした。

_1998年8月14日(金)  学会一日目
学会一日目なのですが自分は行かず。 某Sk氏から買い出しリストを受取り。 さほど数は多くない上、土曜が主であるのでなんとかなりそうな感じです。 しかし昨夜有明で事件があったようで困ったものなのです。 名刺を発注。夕方にはお出掛けしてご挨拶。 夜は同期で「情報交換会」と称して飲んだのでした。 数カ月振りに顔を見る人もいて、なかなか楽しかったのでした。

_1998年8月15日()  学会二日目
今日はサークルチケットを貰っているので早く出たのでした。0830頃には会場に到着。 ヨコハマの所に行くとメールではやりとりしたことがあったものの初めてお会いする人がいて楽しかったのでした。 昨日頼まれたリストに沿って買い物をしたのですが、壁ばっか。 結局並んでいた時間の積算値は3時間にもなったのでした。 まぁ雨も降っていなければ日差しもほとんど無かったという意味では幸いであったのですが。 愚民の行動を身を持って体験したという感じです。 一昨日の事件の影響か「不審物を発見したら…」という放送が多かったのです。 なんか営団地下鉄か何かみたいな印象を受けてしまうのですが。 結局2時間ほどは喋っていて、1時間ぐらいは休憩していたという感じです。 自分はページ作成が専門なのですが、掲示板やチャットなどを中心に活動している人もいるようです。 結局今日の自分向けの同人誌の使用総額は3600円にもなってしまったのでした。 閉会後は前日搬入。 運び込みは中谷君と二人でしたのでちょっち大変だったのですが、会場での作業には竜とハナサンが合流したので楽であったのでした。 しかし新刊の会場直入は精神衛生上あんまりよろしくないですね。 予め自宅で検品などを済ませておいた方が気楽です。

_1998年8月16日()  学会三日目 禍根
今日はサークルチケットを貰っていないので昼頃到着するよう、ゆっくり出掛けます。 中央線の車両故障で中谷君はサークル入場できなかったとのことなのです。 中央線から千葉方面に抜ける電車がお茶の水で止まるとは、最悪の事故ですな。 自分は昼頃に有明入りし、お目当ての同人誌を購入し友達の分も買ってからQDATで売子をしていたのでした。 多少不愉快な事があったりしたのですがまぁそれはそれです。 途中抜けさせて貰って巡回したりもしたのですが、職場の何年か上の方にお会いしてしまったりもしたのでした。 撤収後は大岡山の部室で反省会が行われたのですが、結局今回は売上が芳しくなかったようで、準備の甘さも含めて今後の課題です。 「電気車の制御方式」に関しては難解過ぎて、「鉄っぽい本」にはふさわしくないという事をかなり言われてしまいました。 まぁ確かにそれは事実であると自分でも思うのですが。 別冊にするよう言われたので、考えておくなどと曖昧な回答をしておいたのでした。 一応今回予告を出してしまった以上、どんな形で有れ次回も掲載させていただきたいのですが。

_1998年8月17日(月)  総集編
帰宅したら某Sk氏に物を渡すのです。 自分でもかなり苛立っていたようで、モノを渡す時に怒っていたと思われてしまったようです。これに関してはまぁ否定はしません。 その一方で愚民的行動を身を持って体験できたというメリットもあったのですが。 「制御方式」に関しては次回で打ちきった上でその先に総集編を出そうと自分では勝手に決めたのでした。 しかし今回直流機の原理だけで20ページにもなってしまったので、基礎的な物理からインバータ制御まで全部書いたら160ページぐらいになってしまいそうな気がしますです。 これはいくら何でも非道いとは思うのですが、説明を漏らさぬようにした上で読み易いような「冗長」を加えると どうしても長くなってしまうのです。多分。

_1998年8月18日(火)  ミス
鉄気味を読んだりするのですが、某氏の原稿にはCopy-Pasteのミスか全く同じ文章が重複していたりする箇所があったりするのです。 推敲していないというのが明らかであり、これは大海原氏が文句を付けるのも仕方が無いと思わされてしまいます。 少し遅く退散。

_1998年8月19日(水)  室
●●室に行ったりしたのですが、なんか雰囲気がアレなところです。 ●●●室に初めて入ったのですが、なんか緊張してしまったのでした。

_1998年8月20日(木)  同人誌
一日資料作成。 大海原氏の言う「表紙より中身」はそれは確かなのですが同人誌というのは極めて限られた時間で買う/買わないを判断する以上、普通の本よりも表紙の重要度・インパクトは大事であると思います。 「売れる」ことはあまり重要ではないという意見に対しても、もちろん「売れる」という事は最優先・最重要な事柄ではありませんが、それでもある程度のお金が絡んでいる以上は「売れる」本も作る必要があるとは思います。 少なくとも様々な理由により発生する赤字を埋める程度には「売れる」本を作る必要があると思うのです。 もちろん作る本全てが「売れる」必要は無いのですが。

_1998年8月21日(金)  搬入
結構忙しいのに湯飲み洗いの担当になってしまい、ダマされたのでした。 来週から会議であるので会場に物品を搬入したのでした。 近辺はちょっと物々しい雰囲気の場所です。 会場は大分準備が整っていたのですが、それでもまだ完全ではない状態です。 しかし今週は前の土日の疲れを引きずっていた上に忙しかったので、かなり疲れました。

_1998年8月22日()  津田沼
某氏の誕生日であったりします。おめでとうございます。 午後になって洗濯をしたり食料品を買い出しに行ったのでしたが、ほぼ一日寝ていました。

_1998年8月23日()  有明
アマチュア無線フェスティバルのため有明です。って、二週連続の有明なのですが。 ここ数年は無線活動はしていないのですが、実質的には惰性みたいなものです。 斜陽な趣味と言われてはいますが、意外と活気があるという印象を受けます。 あとは某氏の妖しい生態が見られたりしたのでした。 特に買い物をする気も無ければ製品を見る気も無いので、早々と退散し、秋葉に寄ってから寮に戻ったのでした。

_1998年8月24日(月)  調整
という訳で今日から●●●●であり、直接会場へ出勤したのでした。 今日は調整だけであったのですが、立派な会議室で行われたのでした。 なんか偉そうな人達が集まっていて異常に緊張してしまったのでした。 調整は午前中で終わってしまったので午後は戻って●●●●の最終調整をしたのでした。 万が一プロジェクタが使用不能になった時のバックアップとしてOHPも作ったのですが、出来が汚いので「備えあれば、憂い無しですよ。」とはとても言えないような。 万が一にも使う羽目にならない事を祈るばかりです。

_1998年8月25日(火)  圧倒
午前中は会議の開会式典であり、●●●の●●●●のお手伝いをしたのでした。 なんかこれで今週の仕事は終わってしまったような感じです(笑)。 午後の会議は国際会議、つまり英語であるという事もあり、かなりぼぉ〜っとしていたのでした。 夜は虎ノ門パストラルでウェルカムパーティー。 立食パーティーであったのですが、これまた雰囲気に圧倒されてしまったのでした。 それではダメなのですけれどもね。 アフタヌーンを買ってから帰宅。

_1998年8月26日(水)  大岡山
会議は技術的な事柄が多く学会みたいな感じがしてしまうのです。 会議が終わった後は夏作業をしている大岡山の第二部室ことH101へ行ったのでした。 今年は部屋の関係でトラブル続きのようで大変そうですね。 第二部室にいる面子の平均年齢が高いというのが困ったものです。 あんまり盛り上がっていないようであったので「今日を打ち上」げ、ぬ玉と一緒に帰ったのでした。

_1998年8月27日(木)  卒論
昼休みに中央大の先生のお話を聞いたのですが、大変面白かったのでした。 卒論をHTMLで書いた人がいたとのことです。文系だから出来る技ですね。 数式を多用する理系ではWordでさえまともな卒論は書けないと思うのですが。やっぱりTeXでしょう。 夜は池袋でフェアウェル・パーティーがあったのでした。

_1998年8月28日(金)  最終日
会議も最終日。しかも午前中で終了です。 しかし結構インパクトのあるプレゼンも多くて感心させられたりもしたのでした。 会場の写真が突然現れるとびっくりしますよね。 午後は会場を片付けてから職場に戻ったのでした。

_1998年8月29日()  津田沼
渋チュを見てから寝たのでした。 朝地震があって目が覚めたのですが、結局一日中寝ていたのでした。

_1998年8月30日()  戸田公園
某O氏、某Sk氏、某b氏と馬車道戸田公園店に行ったのでした。 某b氏は大変喜んで下さってこちらとしても満足なのです。 あとは霞ヶ関グルグルの引き渡しをしたり。 しかしまぁ明らかに即売会帰りとしか思われないような人達が同人誌の品評会などをしていたりしてなんだかなぁなのです。 帰り際に秋葉に寄り、所詮ブックタワーにて「電車の知識」「ARIEL」11,12巻を買ってから帰宅。

_1998年8月31日(月)  資料
新たな資料を作ることになったのでした。 紙でしか無い資料を使わざるを得ない状況であったので、スキャナで読んで貼り込んだですが、汚い上にファイルサイズが爆発して困ったのでした。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ