近況報告 1998年10月(復刻版)

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

内容は当時の各種記録を元に再構築した物であり、とりわけ無責任・無保証です。

_1998年10月1日(木)  SunOS
明日は職場の引越しであるので少しずつ片付けを始めたのですが、 何故か「SunOSマスターマニュアル」なる本が発掘されたので頂いてしまったのでした。 課にはどこにもUNIXマシンなど無い筈なのですが。ってゆーか建物の中を全部探してもそんなモノがあるかどーかは怪しいです。 関根研はSun4が主流であるので少しは役に立つかなぁとか思ったのですが、1993年の発行とかであまりにも内容が古く、あまり役に立ちそうもないのです。 日本語環境になっていない上、文書整形が何とnroffとtroffであるというのが凄いのです。 TeXがここまで普及してしまうとこのようなモノを使う人がいるのか疑問です。 それにウインドウシステムも独自の物だったりします。 どう考えてもほとんど役に立ちそうもないのですが、でもviの使い方とかは少しは役に立つかも。 夜は来年の新入生の歓迎会。私の母校出身者も二人入るのです。 なんか飛び級した人や一旦就職した会社を辞めて弊社に入る人が複数いたりして驚いたのでした。

_1998年10月2日(金)  引越 彼氏彼女の事情
課の引っ越しであるので今日は業務はお休み。 動きやすい服装に着替え、荷物を箱に詰めていくのです。 課標準?のマウスパッドが余っていたので頂いてしまったのでした。 しかしまぁ捨てるゴミの量が凄いのです。 紙の類が多いのですが、OA機器もかなり廃棄になったようです。 まぁほとんどはかなり古くて使い物にならない物なのですが。1800頃には撤収。 貰い物に背広とその他大量の荷物を持ち帰ったのでかなり不審なのですが、でもどうにか入り口で守衛さんに止められずには済んだのです。 98に繋いでWindows標準ドライバを組み込んで見ると全く問題無く動作してしあわせなのでした。 しかしパッケージ版Win95のCDにドライバがあるという時点でかなり古い製品であるという事が判ってしまうのです。 またこの装置には操作するボタンが一個しかなく、電源を入れる事は出来ても切る事が出来ないと言う珍妙な物なのです。 暫く放っておくと勝手に切れるのですが。 それはそれとして録画してあった彼氏彼女の事情第一話を見たのでした。 大変面白いのですが、字の使い方とかが庵野作品な感じなのです。 来週以降も見ることに決定。

_1998年10月3日()  戸田公園 ATOK12
職場の同期と馬車道上戸田店に行ったのでした。当然下座に座るのです。 土曜の昼間という事でランチメニューを頼んだのですが、ちょっち足らない感じであったのでデザートも頼んだのでした。 結局二時間ほどもくつろいでしまったのでした。 途中秋葉に寄りTeXの本を買ってから寮に戻ったのでした。 優待販売で単体で入手したATOK12をインストールしたのですが、11からあんまり変わった感じがしないのです。

_1998年10月4日()  津田沼
朝に和歌山の事件の容疑者が逮捕されたとかで「週刊こどもニュース」がお休みとなり、なんか不機嫌な一日であったのでした。 結局一日だらだら過ごしてしまったのですが、後になってみるとかなり後悔。 頼まれていた和訳を進めたのですが、なんか修飾関係が複雑で解り難いのでした。

_1998年10月5日(月)  窓際族
課の引っ越しに伴い今日から窓際族となってしまったのです。 新しい席からは今話題のヘンなビルがよく見えます。 1800頃にはほぼ片付いたので酒盛りが始まったのでした。 って、例によって潰れてしまったのです。酒に弱いのにも程があるなぁと思ったのでした。

_1998年10月6日(火)  PERFECT BLUE
なぜか職場で「PERFECT BLUE」が話題になったのでした。 岩男潤子さんが主演であるという事ぐらいは知っているのですが、調べてみると18禁なのですね。 他、「絵は凄いがストーリーがそれに追いついていない」などという評もあったりします。 現状では見る気は全然無いのですが。

_1998年10月7日(水)  雨
雨が降っているので地下鉄で出勤です。 入手した物のマニュアルが無いのでメーカってゆーか代理店に注文したのでした。 昼は弊社で昼食会。なんか今日は外がうるさいのです。 研究所のマウスパッドには「夏バージョン」も存在するという事を知ったのですが、入手した冬バージョンの方が表情が可愛らしくてよろしいのです。 夜はFreeBSD上からの印刷をしようとしたのですが、解像度の設定がおかしくて巨大な文字が印刷されてしまったのでした。

_1998年10月8日(木)  横浜
横浜が38年振り二度目の優勝をしたのでした。 別にベイスターズファンというわけではないのですが、ちょっと嬉しいのです。 しかし横浜(大洋)が最も優勝の回数が少ないという事はあんまり知られていないようです。

_1998年10月9日(金)  大岡山 登戸
定退日ということで1800頃には退散し工大祭前夜の大岡山へと向かったのでした。 H101はなんか人が少ない上に平均年齢が異様に高いのです。 なんか昨夜のうちにほとんど準備を済ませたので今日は早目に引き上げるとのことであるのですが、その割にはあんまり準備が進んでいないような印象を受けるのです。 貝崎所有のレプリが持ち込まれていたのですが、非常にコンパクトで驚いたのでした。 同じA4なのに、私のの1/3ぐらいの大きさなのです。 昔は前夜には6年前のビデオの上映会が行われると相場は決まっていたのですが、今年はなんかのコンサートのLDの上映会となっていたのでした。 なんか笑えるシーンがあって面白かったのですが。 甘粕君が新津工場の一般公開で撮ってきたという209系500番台の写真を見せて貰ったのでした。 秀氏が登戸寮に来るとのことであるので面白そうであるのでついて行き、泊めて貰ったのでした。

_1998年10月10日()  工大祭
深夜には妖しげなビデオの上映会が行われたのでした。 とは言っても私は元ネタを知らないので面白さがわからない物も多かったのですが。 渋チュは麻績村のバスガイドがなかなか面白いのです。 0700頃起き出して一声かけてから津田沼に戻ったのでした。 寮に戻ったらまずは録画した彼^2を見てから眠ってしまい、起き出すと昼過ぎ。 大岡山に行ったのでした。 部長が一人でHOの運転をしていたのですが、やっぱ若者の育成は問題ですね。 せっかくの工大祭での(物理的に)最大の展示なのですから、今後も大事にしていただきたいのです。 しかし毎年の事ながら子供が模型に触ったりするのが困るのです。 自分は子供が嫌いであるのでついきつく言ってしまったりするのです。 今日は模型の周囲に「触らないで下さい」という張り紙が無かったというのも原因の一つかもしれませんが、展示物に触らないなどという事は当然の事として親がしっかりと管理して貰いたいものです。 夕方に高田氏が来たのですが、相変わらず全国を股に掛けて活動しているようです。 夜はさか本で夕食を食べ、高橋家を見物してから上野君を寮に泊めてあげることになったのでした。

_1998年10月11日()  鉄道の日イベント 工大祭
朝はこどもニュースを見てから津田沼で上野君と別れたのでした。 自分は日比谷公園に行ったのですが、なんかあんまり面白くないのです。 日立や東芝などのブースも全然鉄道と関係無いですし。 4年前、初回の東洋電機の展示はよろしかったのですが。 なぜか鉄道建設公団のブースに行列が出来ているのです。 結局「民鉄協二十年史」なる本を百円で購入し、さっさと立ち去ったのでした。 工大祭には菅原さんや善行さんが来られていたのでした。 夕方遅くになって高田氏が登場。 閉会後にQDATの打ち合わせが行われたのでした。 鉄気味の12ページという制限は私にはかなり厳しいです。 打ち上げは竜がかなり盛り上げてくれたのでした。 明日は仕事であるので二次会には行かずそのまま退散。

_1998年10月12日(月)  本
朝から某氏からダメなメールが来ていたので返事を出しておいたのでした。 でも喜っ子おねーさんのタンバリン付きCD程度で恥ずかしがっているようではまだまだ甘いでしょう。 職場でATOKのカタカナ変換の方法を知らないと言う人がいたので教えてあげたのですが、どうもそういう人は少なくないようです。 ちなみにデフォルトの設定なら[F7]ですね。 帰り際にソフトバンクの「Ghostsript Another Manual」を衝動買い。 駅前で古本市が開かれていたので検索したのですが、特に面白そうな物は無く、そのまま退散したのでした。

_1998年10月13日(火)  Ghostscript
Ghostscriptの設定の方法がやっと判り、まともな大きさで印刷が出来るようになったのでした。 でも付属のフォントはゴシックが丸ゴシックである上、あんまり美しくないのです。 鉄気味に限らず同人誌の原稿、論文などは今まではLaTeX2.09で書いていたのですが、今後はpLaTeX2εで書くことにし、ソースを変換したのでした。 って、とりあえずはヘッダってゆーかプリアンブルをいじっただけなのですが。

_1998年10月14日(水)  tcsh
鉄道の日です。 tcshの設定をいじろうと大石君のページを見たのですが、彼はすっかりzshに乗り換えてしまっているので以前公開されていた.cshrcは無くなっていたのでした。 自分は彼のようなヘビーユーザではないのでtcshでも問題無いのです。 あとは日本語版があるというのも重要かも。 今まで書いた鉄気味原稿をFreeBSD上からGhostscript経由で刷ったのですが、使い物にならない品位なので困ったのでした。

_1998年10月15日(木)  総武線
朝は快速線で人身事故があったとかで、快速のみならず各停のダイヤも乱れていたのでした。 何で影響があるのか全く理解できないのですが。 この事故のため快速線は千葉−津田沼間が運休となり全列車が津田沼始発となったため悠々と座って出勤できたのでした。って、毎日座っているのですが。 しかし非常事態とはいえ駅の案内放送の手際が悪いのです。 昼は某所で昼食会。第一食堂なる所に行ったのですが、その広さと配置の異様さに驚いたのでした。知っている人に教えて貰わなければ迷ってしまいそうです。味はまぁまぁでした。

_1998年10月16日(金)  ダメ
某氏からダメなメールが来ていたのでした。 彼はポニーテールの眼鏡っ娘が好みであるようなのですが、 そーゆーキャラクターは頭の中を検索しても出てこないのでした。 寮に戻ると彼^2を見たのですが、なんか絵の枚数を必要最小限にまで削り混んでいるという感じですね。 まぁ許される範囲内ですしそれはそれで効果的なのですが。 「これまでのあらすじ」の妹の動きが面白いのですが、単に2枚の絵を交互に出しているだけという感じです。

_1998年10月17日()  HP 津田沼
HPからマニュアルが届いていたのでした。 本国から取り寄せているようで箱にはやたらぺたぺたと荷札が貼ってあるのです。 これで1200円とは赤字なのじゃないかなぁと少し気になってしまうのでした。 英文なのですが、特に難しい内容でもないですし図が多いので問題は無いのです。 電源が切れている状態でもデータを送ると自動的に電源が入るという事を知ったのでした。 部屋の片隅に積んであった古い書類を大量に捨てたのでした。 結局だらだらと一日中寮にいるという何とも不健康な一日であったのでした。

_1998年10月18日()  秋葉原 ネットワーク
こどもニュースの後ファララの後番であるガサラキを見たのでした。 う〜ん。よくわからん。 午前中はかなり雨が降っていたのですが、午後になるとからりと晴れたので秋葉に出発。 中谷君・木村氏と合流したのでした。 給料日直後とという事で部屋のLAN環境を整えるべく8ポートハブにPCMCIAのNIC、LANケーブルを衝動買いしてしまったのでした。 まぁいずれ買おうかと思っていた物を前倒ししただけなのですが。 ハブは安物を買ったのですが、NICは前回インストールに苦労した経験からアライドテレシスの物にしたのでした。 って、なぜかりぶ20,30,60が動作対象で50が入っていないのですが。 中谷君が彼^2を見たいというので津田沼寮に行き、見せたのでした。 大変お気に召したようでLDの購入を決断したようです。 アライドのカードはマニュアルが分散していてあんまりよろしくないのですが、ちゃんとインストール出来たのでした。 これでりぶから98にtelnetがかけられるかと思ったのですが、98のカーネルが古いので挿してあるアイオーデータのNICに対応していないのです。 FreeBSDのバージョンアップを決意したのでした。

_1998年10月19日(月)  電子入稿 AIC-7895
台風の影響で運用が乱れていて、ドサクサに紛れていつもより一本早い電車で座って出勤したのでした。 鉄気味の編集担当が今回は電子入稿を受け付けると言っているのですが、出力には私の家のプリンタを使うというのです。 別に構わないのですが、300dpiしかないですし、私のマシンにインストールされているソフトはあんまり多くないですよ。 夕方に日土地ビル文教堂でFreeBSD2.2.7の収録されている本としりTの5巻を購入。 なんかAIC-7895コントローラは三日前にリリースされたFreeBSD3.0でないと動作しないようなのです。 自分が目を付けているマザーボードにはこれが載っているようなのですが。 まぁ数ヶ月でCD-ROMが出るでしょうけど。 寮に戻ってからは本に収録されているFreeBSD(98)2.2.7Rev-01のインストールにかかったのですが、つまらないミスをしてしまい失敗。 明日に持ち越しとなったのでした。

_1998年10月20日(火)  聖地
というわけで千葉島民の聖地とも言われるマザー牧場です。 大型観光バスに18人でガラガラです。 レインボーブリッジの上段を初めて通ったのですが、晴海客船ターミナルがよく見えるのは良いとして、ビッグサイトの周囲には巨大な建物が多いのか小さく見えてしまいますね。 途中海ほたるで休憩してからマザー牧場へ。 真っ先におる氏が帰国して最初に食べたいと言ったという伝説を持つソフトクリームを食べたのですが、特に非常に美味しいとも思われなかったのでした。 まぁ彼は根っからの千葉島民ですから、私のようなエセ島民は違うのでしょう。 でも、牛乳は濃厚な味で美味しいのです。 バーベキューで昼食を取った後はのんびり歩き回ったりしたのですが、平日だけあってガラガラなのです。 自販機のMAX COFFEEが古いタイプのデザインであったので購入したのですが、出てきたのは新しいデザインでダマされたのでした。 ハーブ園の立て札を見ているとなんか次玉が思い出されますね。 帰りは湾岸道路経由。 寮に戻ってからは2.2.7をインストール。少ないディスク領域の有効活用を図るためパーティションを切らなかったのでした。 Xが動く状態にまでしてカーネルをコンパイル。 続いてTeXをインストールしたのですが、なぜかディスク容量が100%を超えてもインストールが続行され、問題無く完了したのでした。

_1998年10月21日(水)  HDD
起きると首が痛いのです。 昨日帰りのバスの車中でヘンな姿勢で寝たためであるようです。 あまりにも痛いのでとなりの地下の薬局で薬を買ってきたのでした。 店員さんがとても親切なのでした。 昼は北の某所で昼食会。柊元研の時の友達にもばったり会ったのでした。 寮に戻ってからはHDDの空き容量不足に苦しまされつつももう一度カーネルを作り直し、不要であると思われるソースを削除してどーにか100MBほどの空きを作ったのでした。

_1998年10月22日(木)  Adobe かれかの
業界系のCD-ROMを見せていただいたのですが、全てPDFで書かれていて千ページ以上という凄い物なのです。 しかしPDFを読むのには高解像度の画面が必須ですね。 ハイパーリンクとかもあって便利そうなのですが、全文検索が出来ないというのが不便そうです。 結局紙に出力するのであればPostsciptの方が良さそうです。 って、両方ともAdobeが開発した物なのですが。 OL進化論14巻の発売日であるので帰り際に探したのですが、見つからず、 結局昭和堂まで行って買ったのでした。 かれかのの原作を立ち読みしたですが、アニメの方は原作に忠実な上にパワーアップしている感じなのです。 「ふっふっふっふっふっ」とか「見栄王」とかはアニメの方がはるかに良いですね。 全巻を衝動買いしてしまいそうになったのですが、その場は我慢したのでした。 寮に戻ってからはsambaをインストールしたのですが、ファイルの共有は出来てもプリンタの方は何故かダメであったのでした。

_1998年10月23日(金)  録画失敗
早目に帰宅して彼^2を見ようとしたのですが、録画されていなかったのでした。 どうも昼間電気工事で停電したらしく、予約が消えていたようなのです;_; バックアップ電源が無いとは、安物は困るという感じですね。 仕方が無いので登戸あたりで補完することにしたのでした。 sambaのプリンタ共有の方は何故か出来るようになったのでした。 昨夜うまく行かなかった原因は結局謎なのです。

_1998年10月24日()  麻績村 鳩ヶ谷
渋チュは麻績村のバスガイドに爆笑。 しっかしバスガイドを先頭にオタク系の集団が秋葉原を練り歩く様はさぞかし異様でしょうな。 午後総武線と京浜東北線を乗り継ぎ西川口へ。職場の方のご自宅にお邪魔するのです。 お子さんが非常に元気が良いのです。しかも三人もいるのでうるさいほど。 何故か綾取りの「梯子」などをしたのでした。 これも昔は六段とか出来たのですがやり方を忘れていたりして。 かなり遅い時間までお邪魔したのでした。 帰宅途中に今日がアフタヌーンの発売日であるという事を思い出したのでした。

_1998年10月25日()  秋葉原 登戸
日が変わってしまったのですがコンビニでアフタヌーンを買ってから帰宅したのでした。 アフタヌーンはざっと目を通しただけであとは鉄気味原稿の103系の主回路図を書くのです。 LaTeXのpicture環境を使っているので「描く」ではなく「書く」なのです。 こんなのをpicture環境で書くような暴挙に出る人はかなり珍しいとは思うのですが、オブジェクトの配置を精密に指定できるのが良いのです。 B5の幅に収まるように完成させてから寝たのでした。 午後秋葉原へ。 渋チュで岩男潤子行き付けと紹介していた店でソフトクリームを購入してから中谷君と合流。 彼はカードキャプターさくらの2枚目を探しているらしいのですが、それは予約をしなかった彼が悪いでしょう。 結局彼はエヴァやはいぽりなどを買っているのです。 彼は美濃屋氏から先日のかれかのの録画を借りたとのことであるので彼の寮へ。 かれかのは大変話が良く、再履修までかけた挙げ句、補完を依頼したのでした。 他、アニメコンプレックスなども鑑賞。 鉄コミュニケイションのヒロインの髪型がアスカに似ているような気がするのは気のせいでしょうか。 守護月天はあんまり面白そうでなかったので見なかったのでした。 しかしセガのCMで東京タワーと並んで乙社ビルがはっきりと出ているのはDreamcastの関係ですかねぇ。 帰りに新宿駅の小田急とJRの乗換改札でちょっとトラブルがあったのでした。 二枚の切符を入れるという方式は取り間違えが致命的なトラブルになりそうです。

_1998年10月26日(月)  テスト 日本シリーズ
英会話研修のための事前テストがあったのでした。実はTOEICの模擬試験なのですが。 しかし易しい問題と難しい問題の差が大きいですね。 主に単語力の不足を痛感させられたのでした。 日本シリーズは一点差でいかにも横浜らしい勝ち方であったのです。 流石の佐々木も緊張していたようで暴投があったりして結構冷や冷やさせられたのですが。 Ghostscriptのドライバとしてはljet4よりもlj4dithの方が綺麗であるらしいので手持ちのCDからソースを探したのですが、少し古いのしか見つからず、インストールしなかったのでした。

_1998年10月27日(火)  報告会 新マシン
今更ながら東京会議の報告会があったのでした。 偉い人が多いのでどうしてもなんか若い人と話してしまうものなのです。 来年3月に職場のマシンが更新されるようなのですが、その構成が凄いのです。 最低でPentium II 266MHzのメモリ128MBのNT4.0という極楽な構成なのです。 ちなみに現状は486 25MHzで12MBでWin3.1という何とも情けない構成なので来年3月が待ち遠しいです。

_1998年10月28日(水)  傘 昼食会
竜に言われていた照明に付ける傘を作ったりしたのでした。 とりあえず接着剤が乾くまで放置という事で残りは明日。 昼は某所で昼食会であったのでした。 お弁当を買って隣の公園で食べようという案もあったのですが、 お弁当が売り切れてしまったので割引券を貰って食堂で食べたのでした。 ご飯がとても美味しいのです。 夜は英会話研修のオリエンテーションのためLL教室へ。 ソフトが95上で動いているのですが作りがタコなのかすぐに飛ぶのです。 夜は課の人の誕生会が行われたのでした。

_1998年10月29日(木)  自動翻訳
傘を完成させたので付けてみたのですが効果薄し。困りましたな。 自動音声翻訳のデモがあったので見物したのでした。 って、実は以前に見ているのですが、やっぱり感心させられてしまうのです。 ちなみに256MBぐらいメモリを積んだDECのWSを日→英と英→日で各一台ずつ使っているとのこと。 スケジュール表を作るように言われたのでExcelで作ったのですが、こーゆーのって結構好みが出るようで、Wordで作る人、Powerpointで作る人などがいるようです。 自分としては表と名の付く物は大抵Excelが良いと思うのですが。 個人的な意見としてはいろいろと批判の多いMicrosoftの製品ですが、Excelだけは別格で操作面その他で最も完成度が高いと思うのです。 Excelって元々はMacOS上で動くアプリだったのですよね。 むかぁしはWindowsがExcelを起動するためのランチャーであった時代もあったようですし。 寮に戻ってからはcannaのマニュアルをコンパイルしようとしたのですがepsf.styが無いという理由で断念したのでした。

_1998年10月30日(金)  彼^2 かんな
明日QDATの打ち合わせが行われるのか微妙な状態であるので調整をしたのですが、なんかダメな予感。 諸般の事情により小金が入ったのでした。ぎょぴ氏も同様のようですね。 彼^2を見るために早目に帰ったのでした。今週は後半が面白いのですが、 個人的に面白いと思っている妹が出てこなかったのでちょっち残念なのです。 それでも二度見てしまったのですが。前半の線画は凄いですね。 あそこまで行くと流石に手抜きと言われても仕方がないような、それが許される作品なのか。 しかしオープニングはいつから始まるのでしょうかねぇ。 CMを聴く限りでは結構元気の良さそうな曲で魅力を感じるのです。 まさか第22話にしかオープニングが無いとか(笑)。 cannaのマニュアルをコンパイルしたのですが、make一発とは行かず手動でコンパイルしたのでした。 二百ページ以上もあるので流石にそのまま刷るのは馬鹿馬鹿しく、半分に圧縮して印刷するためのツールをインストールしたのでした。 これがSystem V系用の物なのですが、変数名がコンフリクトするとかでなかなかコンパイルできず、結局かなり阿漕にして間に合わせ的な手段でコンパイルを通したのでした。 ちゃんと動作しているようであるので問題は無いでしょう。

_1998年10月31日()  力の限り巡回
cannaがあまりにも頭が悪いのでもっと教育しようかと思い、辞書を追加しようとしたのですが、上手く行かないのです。 放置したまま寝、昼過ぎになって起き出して秋葉に出掛けたのでした。 秀氏、ぎょぴ氏、師範、中谷君と合流して「力の限り」巡回をしたのですが、結局何も買わなかったのでした。 現在は買い物リストの待ち行列は空なのです。 取引の仲介をし、津田沼に戻ってからは今日開店した丸善に行ったのでした。 千葉最大を自称するだけあってかなり大きな本屋なのですが、 ここもまた一部のコミック単行本にカバーがかけられていないという罠がしかけてあるのでした。 彼^2のこれまでの放映分を立ち読みしたのですがなんかアニメの方が強烈過ぎて原作の方が弱く感じられてしまう程なのでした。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ