近況報告 1999年6月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_1999年6月1日(火)  SD-M1201 ARIEL 電波の日
帰宅するとマシンを開けてSD-M1201を搭載したのでした。 Narrow-SCSIのデバイスとWide-SCSIのデバイスとが混在している環境であるので必ずWide-SCSIのULTRAPLEXWIDEで終端させなければならないと言う制約があるのです。 デザイン的に統一性に欠けて若干美しくないのですが、それでも5インチベイが5つ中4つ埋まっているのは壮観ですね。 って、最後の一つが埋まるのも時間の問題だという噂もありますが。 WinDVDをインストールして早速試運転したのですがFull-SCSIのためかCPU負荷率はあんまり高くならないです。 WZぐらいなら同時に起動しても全く問題無いです。 画質は予想外に綺麗で駒落ちも無いのですが音質はなぁんかよろしくないのです。 それでも原稿を書きながらDVDが見られるようになってしあわせなのです。 とゆーわけでARIELを見たのですが原作に沿った箇所とオリジナルな部分とがあるのです。 出来はまぁまぁなのですがこれに原作者が納得したかは謎です。 十兵衛ちゃんを見てから寝たのでした。 朝から「AIBO」に勝負して負けた人がいたのでした。 なんか20分で完売したようです。25万もする物なのですが。 6月1日は「電波の日」とのこと。職場では夜になって酒盛りが行われたのでした。 来週から二週間研修であるという事を今更聞かされたのでした。 そのような物があるとは聞いていたのですがもっと遅い時期であると思っていたのでした。 そーゆー大事な事は早く伝えて欲しいです。

_1999年6月2日(水)  争奪戦 電脳覇者
某MLのある投稿を発端に争奪戦が行われたのでした。 まぁ、自分には関係無いのですが。 そーゆーわけでDVDプレイヤーを逃したからには せっかくだからDVL-919を買ってしまいましょうという感じなのです>原君 しかしこれを機に某MLでのDVDプレイヤーの普及率が100%になりそうなのです。 ちょっち意外ですね。 店頭デモが話題になっていた「電脳覇者バリュースターNX」が何とページ上で小説になっているのです。流石日電。 設定の無茶苦茶さと言い大笑いさせて貰ったのでした。 「私、少女ですよ・・」等々、髪型に限らずなんかルリちゃんの影響を受けているような気がするのですが。マニア受けですな。

_1999年6月3日(木)  夏コミ マリカン
夏コミ当選したという連絡があったのでした。三日目「西に20b」とのことです。 夏なのに西館なのですね。 某氏がマリオネットカンパニーに萌えていると投稿しているので突っ込みを入れたのでした。 別にゲームをしたいとかそういう訳ではなくて、ゲームをする人の心理というのに興味があるのです。 今みたいに複雑なゲームだと所詮プログラマの掌の上で踊らされているだけという 感じがしてしまうのです。 ゲームの中に幾つかのパラメータがあるわけでしょうしね。 なぁんて割り切っているからゲームを出来ない体質なのですが。

_1999年6月4日(金)  制御本 コンタクト 研修オリエンテーション
制御本の校正のため現時点での原稿を仮出力してみたのでした。 例によってdvipsでPostScriptに変換してから2ページずつまとめて出力です。 FreeBSDからVFGhostscript(ljet4)で出力するのですがそれなりに綺麗です。 プリンタが遅いので結構時間がかかるのですがやっぱり紙に刷った物は見やすいです。 紙というのは静止した物に関しては究極のディスプレイデバイスですよね。 Dual Celeronなマザーが出るとのことでここまで来たかという感じですね。 昼休みはコンタクトレンズを買いに行ったのでした。 無くしたというわけではないのですが汚れが落ちなくなってしまっていて霞んで見えるのです。寿命ですかね。 夕方には来週からの研修のオリエンテーションがあったのでした。 なんか毎晩9時まで研修なのだそうです。はぁ。 研修所は国立であるので金曜の夜は立川に行こうという話になったのでした。

_1999年6月5日()  Rainbow Runner G-Series 帰省
午前中から秋葉原へ出掛けRainbow Runner G-Seriesを買ってきてしまったのでした。 一万円を切っていたのとどうせマシンを開けるのだから折角だからという事で128MBのDIMMも買ったのでした。117MHzには持つらしいSIEMENS製です。 一旦帰宅して買った物を差すのです。 なんか箱の中が益々ケーブルで溢れているような感じがするのですが。 ドライバをインストールしてとりあえず動作する事だけは確認したのでした。 マニュアルは妙に分厚いなぁと思ったら英語、フランス語、スペイン語の三か国語が 一冊にまとまっているのでした。 再度秋葉原に出掛け巡回してから実家へ帰省。 なんかちょっと何かあったらしくて両親ともブルーな雰囲気を漂わせているのでした。 それでも以前に比べればあんまりそういうのを表に出さなくなったとは思うのですが。 父親が「Windows98裏技」なる本を買っていたのですがちゃんと「表技」をマスターしてからそういう本を見るべきだと思うのですが。

_1999年6月6日()  津久井湖 秋葉原 冷蔵庫
喉というか気管支の具合が悪くなって息苦しいのです。 最近帰省する度にこの症状に悩まされて困るのです。 こどもニュースを見たりしてから食事に出ることにしたのでした。 両親ともブルーで遠出する気力も無いと言うので橋本で済ませることにしたのでした。 途中津久井湖の公園に寄ったのですが改装されて綺麗になっていたのでした。 でも昔と変わっていない所は変わっていないのです。 両親と別れてからは懲りずに秋葉原へ。 ARIELのLDを二枚発見し残り一枚となったのでした。 警察の車が走っていたのですがなんか刺されたりしたらしいです。 寮に戻ってからは知世ちゃんを見たりしたのでした。 今回は知世ちゃんの活躍は特には無かったのですが さくらちゃんが冷蔵庫を閉めるカットがとっても可愛くて喜んでしまったのでした。 買ってきたARIELを見たりしたのですが1991年製作の方はみゃあちゃんの声が小山栞美さんから富沢美智恵さんに変わっているのですね。 個人的には前作の方が大人っぽくてよろしいのですが、新しい方もそれはそれでよろしいのです。

_1999年6月7日(月)  To Heart 研修
マルチ登場です。 LDとかDVDとかが6枚目だけ多く売れたりするのでしょうか(笑)。 個人的にはマルチよりも掃除をするあかりちゃんのやる気の無い表情がよろしいと思われたのです。 研修のため朝早くから荷物を持って国立まで行ったのでした。 慣れない路線ではあんまり眠れないのです。 研修所にミニタワー型の互換機を持ってきている人がいて驚いたのでした。 流石にディスプレイはCRTではなく液晶なのです。 研修所にいる人達は皆挨拶してくるので礼儀正しいなぁって感心してしまうのでした。

_1999年6月8日(火)  朝礼 財務会計
研修二日目です。火曜の朝には朝礼があり小中学校の時みたいな感じでちょっち懐かしいのです。 背広でラジオ体操をするのはとってもやりづらいのです。 あとは代表者による「入所の挨拶」もあったのでした。 財務会計の研修があったのでした。 日頃無茶苦茶な財務諸表、貸借対照表を見慣れている(苦笑)のでなんかアレなのです。 ネット接続環境を持ってきている人がいるので必要なページをチェックしたりしたのでした。

_1999年6月9日(水)  企業経営
なんか遅くまで喋っていたのでした。 企業経営の研修があったのですが「商品、価格、宣伝、販売」の 「4P」なキーワードはなんか気に入ってしまったのでした。 それはそれとして役者だなぁって思わされたのでした。

_1999年6月10日(木)  企業経営
かなり遅い時間まで起きて宿題をしていたのでした。 中間レポートは時間切れのため未完成のまま提出したのですがなんか時間通りに提出したのは自分たちの班だけであったとか。 設定が細かいのですがやっぱり実在のモデルがあるようです。

_1999年6月11日(金)  立川 津田沼
企業経営研修の最終日なのです。 現実は厳しいのだなぁと思わされてしまうのですがちょっち結論は納得が行かないような。 終わったら予定通り立川まで行くのです。 結局山野氏、瀬高氏、私というメンバーなのでした。結果、敗北。とっても残念。 カツレツにしたのですがなんか山野氏はとってもお気に召したようです。 私と山野氏の会話に瀬高氏はついてきていなかったような。 中央線に乗り、中野で乗換えて各停でのんびり津田沼まで帰ったのでした。 なんか今日は津田沼で銀行籠城事件があったらしいのです。

_1999年6月12日()  寮大会 正鉄作
寮大会という事で朝から掃除です。 お風呂を掃除してかなり水浸しになったりしてから炎天下で草刈りをしたので多少は楽であったのでした。 その後はへきるのライブDVDやヨコハマの鑑賞会を催したのでした。 午後に秋葉原で中谷君に会い正鉄作のメールを刷った物を貰ったのでした。 って、コピー誌などはともかく「困ったちゃん」の担当が何故に自分であるのかがちょっち謎なのです。 図鑑・遺産のCD-ROM化などのアイディアが出てきたりしたのでした。 津田沼に行きマッドビデオやDVD版To Heartを鑑賞したりしたのでした。 彼はDVL-919をとってもお気に召したようで来週にでも買うようです。

_1999年6月13日()  劇場版さくら 秋葉原 立川
なぜかヤマモト・ヨーコの後で劇場版さくらちゃんのCMが入っていたのでした。 って、見に行くかどうかは検討中なのです。 知世ちゃんが活躍するようであれば見に行くかもしれないですが、 特典付き前売券まで買おうとは思ってはいないです。 研修所に直行するため背広姿で秋葉原へ。 状況が状況だけにLDとかそういう巨大な物は買えないのです。 BLESSでMillennium G400のデモをしているとのことであるので肉眼で確認。 Rainbow Runner G-Seriesのコネクタもあるらしいのです。 夕方には秋葉原を離れ1900に間に合うよう立川へ。 小川氏、作田氏と合流しバスで日野橋へ行ったのですがまたも敗北。 やっぱり廃止になってしまったのでしょうか。 研修所へ行くと中島君がゲームパッドに大量のフロッピーを持って押し掛けてくるのです。 彼の自宅のマシンにはCD-ROMのドライブすら付いていないとか。はぁ。

_1999年6月14日(月)  古川会長 WebTV
昨夜食べ過ぎたためか胃が重く、朝食は省略。研修も後半戦です。 午後はMSの古川会長の講義なのです。 開始時間直前に教室に行くともの凄い量の機材が運び込まれていたのでした。 なんかセットアップにかなり手間がかかったようなのですが、なかなか面白いお話であったのでした。 WebTVに関してはその先読みの強烈さでちょっちあった時期もあったのですが、それはそれとしてテレビとの融合が興味深いのです。 って、WWWはともかくメールは個人で読み書き物だから個人的にはテレビとの融合は難しいのでは?と思ってしまうのですが。 米国ではそれなりにウケているようなのですがフールプルーフを好む米国人に対してマニアックな物を好む日本人にこのような物が受け入れられるのかなぁと以前から考えているのです。 って、最近はページのアクセスログとかを見ている訳では無いので実際どの程度使われているのかは知らないのですが。 その後はディベートの研修です。 ディベートは事前準備がとっても大事なのですが勝ち抜き戦であるためなんかアレなのでした。

_1999年6月15日(火)  朝礼
そんな訳で今朝も朝礼があったりしたのですが、 先週「入所の挨拶」をしたばかりなのですが今週はもう「退所の挨拶」なのです。 それはそれとして自分たちのグループはなんか妙にアレなのです。はぁ。 朝からとっても良いお天気で梅雨はどこに行ってしまったのやらという感じですね。 ディベートなのですが「勝ち抜き戦」なので困りますね。 って、なんか曖昧に誤魔化している感じなのですが。

_1999年6月16日(水)  立川 知世ちゃん
ディベートの決勝戦があったりしたのですが、昨日負けてしまったのでアレなのです。 夜はプレゼンテーション作成というのがタテマエではあるのですが 事実上フリーであるので懲りずに立川まで行く事になったのでした。 一週間足らずで三回ですか。我ながらアホですな。 って、こーゆー展開は予想されていたので実は夕食を食べていなかったのですが(笑)。 タクシーを拾うのにえらく苦労したのでした。 結果、またも敗北。やっぱり廃止になったのでしょうか。 もう二度と行かないかもしれませんね。 明日以降プレゼンテーションを録画するためHandyCamが借り出されたのですがこんな重くて大きな物を軽々と振り回す知世ちゃんは凄いなぁと思わされるのです。 知世ちゃんの小さな手には結構余る大きさだと思うのですが。 って、やっぱりさくらちゃんへの愛情があるからでしょうか。 面白くて可愛い物を撮りたいところなのですがそのような物は無いのでとりあえず面白い物は撮影されていたっぽいです。

_1999年6月17日(木)  プレゼンテーション
プレゼンテーションの研修であるのですが、講師がNHK出身の方ですし実際は「話し方」の要素が強いのです。 色々とためにはなったのですがPowerPointの作り方・使い方に関する内容がほとんど無かったのはちょっち残念なのです。 午後はケーススタディと言う事で録画しながら実際に発表してそれを見て反省するのです。 3分という時間は短いのであんまり内容を詰め込めないですね。 って、自分の発表は明日なのですが。 最初の方の人達は緊張していた感じであったのですが後の方ほど有利な感じです。 夜は明日の発表に備えてPowerPointを作成。1枚1分で3枚です。 内容は、極度に薄めてあります(笑)。 採用のパンフレットを見せて貰ったのですが 昨年のAIC東京会議が紹介されていたのでした。

_1999年6月18日(金)  研修最終日 便利だねっ 井上喜久子
いよいよ研修も最終日です。 プレゼンテーションの発表をしたりしたのですがつい早口になってしまうもので時間を余らせてしまったのでした。 つい照れてしまうものですね。 録画を見直すとなるほどなぁと思われるのです。 夕方解散したら立川には行かず(笑)東京行きの電車へ。 自分は秋葉原で下り女神さまっ小っちゃいって事は便利だねっの2枚目を買ったのでした。 なんか店内にはDVL-919の段ボールを転がしている人がいたりしたのですが。 帰宅したら早速見るのでした。 ついに!!の喜っ子おねーさん復活なのですが、相変わらず出番が少ないのが困ったものです。 これはウルドとスクルドと岩ちゃんが主役だと思っておいた方がよろしいかもしれないです。 でも岡村さんのベルさまっはあんまり違和感無かったように思われます。 やっぱり喜久子さんをかなり強く意識しておられたのでしょうか。 でも、ベルさまっは一人称として「あたし」は使わないような気がするのですが。 録画しておいたTo Heartを見たのですがマルチは置いといて喜っ子さんが出ていたので驚いたのでした。「少女の母」なる役で「あ」と「ありがとうございます。」の二言しか台詞が無かったのですが。

_1999年6月19日()  制御本 ボーナスアタック
制御本の図を書いたりしたのですが今まで幾つか作った図とは違って今までの図を改造してという訳には行かず、結構難航したのでした。 それでもこの図を作ってしまえばまたこれを改造して二つほど図を作れるのですが。 りぶのサウンドの設定を変えたりしたのでした。 導入直後からいじっていなかったような気がするのでほぼ二年振りという事になります。 って、なんか慣れた声と違うと違和感感じるのですが。 壁紙は前から変えていませんし変えるつもりも無いです。 午後から雨の中秋葉原に出掛け、中谷君と原君のボーナスアタックを見物したのでした。 中谷君はDVL-919とBS内蔵ビデオをさっくり買ってしまったのですが、 原君がとっても迷ってDVD専用機を買うなどと言っていたので爆弾としてTV版美夕一枚目をその場で買ってきて渡したのでした。 彼は散々迷った挙げ句結局DVL-919を買ったのでした。めでたしめでたし。 Millennium G400やPlexWriter8/2/20が出回り始めたようです。 なんか9月から知世ちゃんのDVDが出るとかで購入を本気で検討してしまうのです。 荷物を抱えて登戸寮へ。早速セットアップを行い「星界の紋章」で試運転。 って、川澄綾子が出ているという事ぐらいしか知らず話は全然知らないのですが。 続いて美夕の幻の第二話「次の駅で」を見たのですがなんかパトレイバー2のパロディと思われる箇所があるとかで見比べたりしたのでした。 他、台湾で入手した妖しいビデオCDやTo Heartを見たりしたのでした。 小田急の上り急行は終了してしまい、各停に乗ったのでした。

_1999年6月20日()  空調 職場
部屋が埃っぽい感じであったので空調を開けてみるとびっくり。 フィルタが埃で真っ白なのです。 そーいえば買ってからメンテナンスをしていなかったような。洗ったのでした。 図を書いたりしてから未明に寝て、夕方近くになって起き出したのでした。 なんか不毛に一日を過ごしてしまったような感じなのです。 それでもちょっと用事があるので職場へ行ったのでした。 二週間でかなりメールが溜まっていたりしたのでした。 大石君からLibretto20のBIOS設定が出来ないので困ったという相談を受けたのですが、他のマシンを用意して同じ手順を取るというぐらいしか 手は無いと回答しておいたのでした。 夜ホセっぽいのから●●●●●や●●●●に関する相談を受けたのでした。 やっぱりM1で●●っておいてM2に悠々と●●●●をするのが望ましいですものね。

_1999年6月21日(月)  冷蔵庫
二週間振りの仕事です。 課長に「冷蔵庫が待ってるよ。」と言われるのですが某室に新規に入った冷蔵庫を掃除するようにとの事であったのでした。 で、周囲の猛反対(笑)を押し切って某さんが開けてみると、猛烈な醤油の臭いが出てきて窓を開けて換気する羽目になったのでした。 なんか名簿係に指名されたのですがその理由が「仕事の仕方が独特だが早い」からとか。 って、誰がその様な事を言いだしたのか謎なのですが。 しかも課では阿弥陀が廃止になっていたりして謎なのです。 夜は人が帰ってからごそごそと冷蔵庫の掃除。 あちこち外れれば楽なのですがあんまり外れないので面倒なのです。 それでもたわしでこすってこびりついた汚れを落とし、最後に消臭剤を入れて置いたのでした。

_1999年6月22日(火)  チョッパ 突然な話
営団6000系には実はチョッパ短絡接触器があるという事に気付いたのでした。 8000系にも同様の物があります。 道理でノッチオフ時の衝撃が大きいわけですな。 6000系は可変周波数起動をしなかったり、やっぱり古さを感じさせられるのです。 出勤すると冷蔵庫は大分臭いが取れていて一安心なのです。 職場で凄い話を聞いたのでした。かなり突然な話であったようです。 そーいえば今週になってから何となく職場の雰囲気がおかしかったような気がしていたのですが、そのためだったのかもしれません。

_1999年6月23日(水)  新しい経験
唐突に意外な所からあるお誘いを受けたのでした。 私は今まで経験の無い事柄なのです。断る理由も無いので受けておいたのでした。 カバラ占いでは今日は「新しい経験をする日」なのだそうです。 帰宅してからはTeXでレイアウトをいじったりしたのですが、上手い方法が思い付かずちょっち無茶をしたのでした。 一応外観上は上手くいったもののソース側はあんまり美しくないです。

_1999年6月24日(木)  互換プロセッサ ゲーム機
図を書いたりしてから寝たのでした。 朝は車両故障とかで電車のダイヤが乱れていてやや遅刻してしまったのでした。 K7ことAthronが発表になっているのですが、対応するマザーボードはまだのようです。 専用のチップセットとマザーボードが必要なのでマザーが無いと全く使えないのですが。 私は個人的には互換プロセッサとか互換チップセットとかは嫌いなのです。 古い考え方かなと自分でも思っているのですが 関根研でK6がまともに動いていなかったのを見てしまっているので。 梶が谷方面の互換チップセットマザーも滅茶苦茶なようですし。 夜ゲーム機に関し話題になったのですがATARIだのAMIGAだのと言った古い機械が話題になったので恐るべしなのです。

_1999年6月25日(金)  アフタヌーン Millennium G400 荷物
TeXの方はすっきりとさせる方法を思い付いたので実践したのでした。 これでソースもすっきり。自由度も増してよろしいのです。 高田氏から「立入厳禁」の報告が入っていたのでした。 どんなモノであるのかは多少は興味があるところなのですが。 アフタヌーンを購入。 ヨコハマ買い出し紀行にアルファさんが出ていないというのがちょっちアレですね。 アニメ版女神さまっがAICであるという事を知ったのでした。 大学にあったデータがサルベージ出来るかもしれないという可能性が出てきたのでした。 G400のベンチマーク報告が公開されているのですが凄まじい性能であるようです。 値段も特別高いというわけではないですし、 物が出回り始めたらTNT2などは完全に撃墜されそうですね。 千年紀の終わりを目前にして千年王国の復活なるかという感じですね。 某所に文書を運び込んだのですが段ボールで5箱。 しかも色んな所から文書が集まってくるので某所ではこれだけで会議室が埋まってしまいそうです。

_1999年6月26日()  制御本
例によって制御本の原稿執筆で更けて行く週末の夜です。 見出しをいじって全体を圧縮したのでした。あとは図の作成ですね。 営団8000系は力行/制動切換の接触器が多くて面倒なのです。 ダイオードを上手く使った東洋電機のAFEチョッパは偉大だなぁと思ってしまいます。 昼間は寝て夕方になって起き出してまた作業を再開したのでした。 さくらちゃんは知世ちゃんの「リラックス」の動きが滅茶苦茶可愛いのです。 しかも一話で二度も見られてとってもしあわせなのです。 本屋に行ってエースを立ち読みしたのですが「不潔」が無くてイマイチなのです。 マガジンZも立ち読みしたのですが私実は垣野内成美の絵はあんまり好きではないのです。 少女漫画なので私の好みに比べて線が細過ぎるのです。

_1999年6月27日()  正鉄作 Matrox DVD Video
「正しい公共交通本の作り方」の原稿を書いたのでした。 とは言っても構成は概ね決めてあるのであとはひらすら書くだけです。 「困ったちゃん」に指名された意図が当初は分からなかったのですが多分訳の解らない事を言って来るいわゆる奥野系な輩の事だと思います。 本文が終わったらG.CREWで図を作成。 出来上がったら刷っておいたのでした。 子供ニュースで予防接種の事を「手配写真」と喩えるのにとっても感心したのでした。 午後秋葉原へ。幸いにも雨はほとんど降っていないのです。 突如エヴァの第拾参話と第拾五話あたりが見たくなったのでとりあえずDVDを最初の二枚から買ってしまったというのは内緒。 しかもGAINAX版だったりして。 FreeBSD3.2のCD-ROMが出ているとのことであるのでぷらっとホームに入ると今まで見たことの無かったMatrox DVD Videoが売られていたのでした。 多少迷ったものの結局買ってしまったのです。中谷君や原君と会ったのでした。 中谷君は「退路をたつため」とかでSocket370版のCeleron 300Aを二つ買ったとか。 原君はDVDを増備したりしているのですが思い切って赤い箱も黒い箱も買って欲しいなーって思ってしまうのです。 帰宅したら早速Matrox DVDを差してみたのでした。 ドライバと再生ソフトをインストールしてプレイヤーを起動するのですがそのままハングしてしまうのです。 アンインストールと再インストールを数回繰り返しても駄目で、Rainbow Runner G-Seriesを外しても駄目。困り果ててしまったのでした。

_1999年6月28日(月)  To Heart最終回
To Heart最終回です。 ベタベタではあるもののそれなりによろしかったと言えるのではないでしょうか。 ただ、志保ちゃんにはとっても報われない結末でした。 なんか数人がLDやDVDに手を出しているようなのですが、私は買おうとまでは思わないです。なんか、こう、ツボを突く物が無いのです。 「正鉄作」の原稿が何本か投げられているのです。 自分も送っておかなければなりませんね。 小川氏がRICOHブランドのチャンドラ2を導入していたので見せて貰ったのでした。

_1999年6月29日(火)  Matrox DVD ftp 送別会
Matrox DVDはWinDVDをアンインストールし、ディスプレイドライバを古いバージョンに戻しても駄目。全く同じ症状です。 MOを外しても駄目なのです。 終端の関係でCD-ROMを外すのは面倒なのでその作業は明日行うことにしたのでした。 十兵衛ちゃんの最終回は結局あんまり見なかったのでした。 異動の時期で、新しく職場にやって来た方が東工大の出身とのことなのでした。 日経BPのサイトでブラウザでftpが可能であるという事を知り、実践してみたのでした。結果、問題無いという事が判明。 って、どうもテキストモードに出来ないらしいのですが、それはどちらかで変換すればよろしいでしょう。夜は送別会。 って、なんか私の事がネタにされてしまったのですが、まぁ仕方が無いでしょう。 「白い魔法」なるソフトドリンクを頼んだのですが、ただのレモン味のスポーツドリンクという感じでした。 帰宅してからはMatrox DVDと格闘。 二本あるSCSIチャネルにHDDとDVD-ROMのみを接続した状態だと一応動作したのでした。 しかしそれ以外の組み合わせでは動作しないのです。 どうも付属のZoran SoftDVDが非常に評判の悪いソフトであるようなのです。

_1999年6月30日(水)  Matrox DVD ボーナス 秋葉原
Matrox DVDが(一応)動作している状態でRainbow Runnerのキャプチャソフトを起動しようとするとハードウェアがバッティングするとかで立ち上がらないのです。 こりゃ駄目だと思ったのですが更にその後二度とプレイヤーソフトが 起動しなくなってしまったのですからお話になりません。 完全にダマされた感じなのです。 そーゆーわけで自信を持ってお勧めできない製品です。 多分ハードはともかくソフトがアホなのだと思うのですが。 ノバックに見捨てられたりしているようですし。 ボーナス日なのです。って、財形でかなり引かれているのですが問題はありません。 そーゆーわけで早々と退散して秋葉原へ行ったのでした。 こっそりエヴァのDVDを補完してしまったというのは内緒。 話題のDual CeleronマザーBP6が出回っているようです。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ