近況報告 1999年8月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_1999年8月1日()  馬車道元八王子店
喉が苦しくて明け方に目が覚めてしまったのでした。 最近帰省する度に同様の症状に悩まされるので困ったものなのです。 昼前に両親と自宅を出て竜お勧め?の馬車道元八王子店に行ったのでした。 って、途中「青汁きな粉」なるモノを買ってみたりしたのですが。 自宅から馬車道までは車で30分ほど。近いです。 最近の戸田公園に比べると袴姿が似合っている人が多いですね。 父親はかなりお気に召したようで今回は自分がご馳走したのですが次回はご馳走していただけるとのことになったのでした。 その後は両親のお買い物に付き合ってから駅まで送って貰ったのでした。 秋葉原でCDオーディオのケーブルを購入。 帰宅したらDVD-ROMドライブの方にサウンドカードを接続したのでした。 これでCDオーディオのケーブルは一本しか通っていないにも関わらずCDを二枚同時に再生する事が可能なのです。 しっかしPlextorManager2000は確かに高性能ではあるのですが機能的にはやや難ありでCDの繰り返し再生が出来なかったりしますし、操作に関してはキーボードでの操作が出来ないどころかタスクバーへの収納すら出来なかったりして少々と言うかかなり困った物なのです。 あとはオーディオケーブルを外してしまったのでフロントパネルの再生ボタンも事実上使えません。 録画しておいた知世ちゃんを見たりするのですが、知世ちゃんは予想通りの所で予想通りの台詞を言いますね。 それはそれとしてヤマモト・ヨーコの中間に入っているルリちゃんの201系のCMが個人的にはなぁんか気になるのです。ハイ。

_1999年8月2日(月)  VVVF
悪竜の日です。 「東芝レビュー」「日立評論」「三菱電機技報」などがあると見てしまうのです。 もちろん鉄道用電気品の記事を、です(笑)。 あとは東洋電機技報があればよろしいのですが。 こういった雑誌を読むといわゆる鉄雑誌に比べ かなり最新の技術的な情報や動向が得られるのです。 鉄雑誌では車両として形にならないと記事になる事は無いのですが この手のメーカの専門誌だと現状の研究開発動向も記事になっています。 鉄雑誌だとIGBT-VVVFの車両が新形式として紹介されているというのは 6年ほど前と変わってはいないのですが、 この手の雑誌だと これからはIGBTモジュールに保護回路などを組み込んだIPM(Intelligent Power Module) によるスナバレス2レベルインバータが出てきそうだとか ヒートパイプも無くなって無冷媒の自然空冷になりそうだとか そういう情報があるのです。 しっかしいずれも「歴史は繰り返す」と感じられるのは私だけでは無い筈でしょう。 他にも「パンタグラフ付き電源車」などもありますが。

_1999年8月3日(火)  青汁きな粉 VVVF 団扇
津久井湖畔で買った「青汁きな粉」のパッケージには 「スプーン1〜2杯を牛乳に溶かして」「ご飯に振り掛けて」とあるので、 前者を試してみたのでした。 青臭い味ときな粉の甘みが混ざっているだけで予想の範囲内でした。 実家から貰ってきた「よもぎ粉」の方はなかなかキていました。 まだ大量に残っているので困った物なのです。 Accelerated-Xを5.0.2にアップデートしたのですが、 画面のゴミが少しは減ったかなと言う程度に過ぎず困ったものなのです。 そんな訳で制御本第九章を手直ししたりするのです。 構成を見直して終わりの方が重くなっていたのをバランスを整えました。 IGBTや3レベルなんてもう今は常識ですものね。 ただベクトル制御を第九章と第八章のどちらに入れるかが悩んでいるところで 現状ではとりあえず第八章に含めてあるのですけど難しいところです。 まぁ、ベクトル制御なんて普通の人の理解できるモノぢゃないですけど。 でも、最近は言葉だけは鉄雑誌に現れますし、一応ちょっとぐらいは書いておきたいのです。 って、言葉だけ出てきていてもこれに関する説明は今まで一度も見た事が無いのですが。 説明するだけ無駄なのでしょう。 私はSCSI教の信者であるのでATAPIやIDEの厳密な定義は知らなかったりするのです。 自宅にはIDEはともかくATAPIの機器は無いように思われるのです。 そーいえば今年は工事の都合とかで研究所本所の公開は行われなかったようなのです。 支所の公開は行われたらしいのですが。 そーゆーわけで団扇は作られなかったのかな?よく知らないのですが。 って、もし作られていなくても昨年のを使うので問題は無いのですが。 それはそれとして某研究所もこの時期の公開なのですね。団扇はあるのでしょうか?

_1999年8月4日(水)  ページ 泣き面に蜂
自宅のマシンのHDDを探すと幾つか使えそうな写真が出てきたので、 今更ながらページ写真を入れてみたのでした。って、 ここここの二枚だけなのですが。 日付毎にリンク可能であるので折角だからと自ら活用してみたりしてみるのでした(^^; ねすけとMSIEの両方で確認したので問題は無いと思われます。 誘われたので久し振りにMAFFの食堂へ行ったのでした。 鶏肉がとっても柔らかくて美味しいのです。その割に値段も安いのですが 割引券を調達しておかなかったのはちょっち失敗だったのでした。 帰宅途中既に閉店しているアニメイト新橋店の表だけ覗くと CD-ROM版コミケットカタログは10日発売とのこと。 それは3日でサークルチェックをしろという事でしょうか? 東京駅に着くと総武快速線は止まっているとのこと。 何でも船橋駅での人身事故でダイヤが乱れた上に更に錦糸町で信号故障があったとか。 人身事故はJRに原因がある訳では無いので仕方が無いのですが 最近総武線って信号故障や車両故障が多くありません? 先日もケーブル火災とかありましたし。 一方が潰れてももう一方でバックアップが効くと思ってたるんでいるのではないかと 思ってしまいます。 それでも中央線よりは止まらないのかなぁって思われるのですが。 そーゆー訳で津田沼駅にNE'Xが抑止されていたりしたのでした。 普段止まらないだけになんか違和感ありますね。 帰宅してからはマザーボードのBIOSをアップデートしたのですが、なんかどきどきしますね。 Mode 3でのバスクロックが何故か 112.16MHzから111.99MHzへと僅かながら下がってしまったのでした。

_1999年8月5日(木)  お金
財形貯蓄の金額変更の案内が来ているのでした。 現状それなりの額を入れているのですが 多少は余裕があるので増額しようかなぁとも思うのですが これ以上引かれるとちょっち難しいかなぁと言う感じもするのです。 利子は大した事は無いのですが 最初から引かれて手元に無いと無駄遣いしにくくなるというメリットはあります。 まぁ株をしようという困った誘いを掛けてくる人も近くに居たりするのですが。 「目にいいブルーベリーキャンディー」なる物を頂いたのですが これの袋のふくろうの絵が何かに似ているなぁって思ったら PLEXTORのカタログだったりして。 そーいえばDPPのページの掲示板ってSJISなのね。かなり珍しいような。 って、半角カナが通るというのがなんかアレなのですが。 そーいえば改行コードが変です。バイナリモードで送ってませんか? そんな訳で瀬高氏に教えて頂いた産経新聞のページを見たりしたのですが、 あんまり面白くないです。ハイ。 某サーバのアクセス統計を見たりしたのですが、 それ系のドメインで弊社が二位というのがとっても意外だったりするのです。

_1999年8月6日(金)  資料 Millennium
国会手帳三兄弟 BIOSをアップデートしたらサウンドが使えなくなってしまったので 設定を修正したのでした。手動でIRQ5を割当て。 しかしライン入力からの録音レベルが異様に小さかったりして困るのです。 まだ調整が必要ですね。 仕事で打ち合わせがあったりしたのですが手元に無くて困っているような資料が ある所にはあるものですね。とゆー訳でちょっち嬉しかったりしたのでした。 周囲でみれにあむという語が無駄に飛び交っていてなんかアレなのですが、 周囲で考えてみると初代を使っている(た)人は3人ぐらいで、IIはいないような。 G200だと自分を含めて3人いますね。 G400はまだ誰も持っていなかったりするのですが誰かが導入しそうな気配で。 自分もDual Head版だったら欲しいなぁって少し思ってしまうのです。 Single HeadだとRainbow Runner G-Seriesが接続出来ないのが欠点なのです。 でもDual Headだとディスプレイを増備しないと意味が無いですので、 お金や置き場等々を考えるとアレなのです。 あとはAccelerated-XがDual Head版に対応していないというのも現状での課題ですね。 って、G400Dualに対応するとしてAccelerated-XのSingle/Dual どちらのバージョンに対応するのかも気になるのですが。 Singleだったら差分をダウンロードしてパッチするだけなのですが Dual Head Accelerated-Xを買うとなるといい値段しますものね。 「衆議院手帳」「国会手帳」「参議院手帳」の三点セットだそうです。

_1999年8月7日()  VVVF 秋葉原
東急9000系の主回路図を書いたりするのですが慣れもあるのでしょうけど 結構簡単に出来てしまうのです。ソースコードも7kB程度と小さめ。 面積もコンパクト。直流機と違って電機子巻線が存在しないのが大きいです。 昼間は部屋で座っているだけでも汗がだらだら出てくるような暑さで 何もする気がしないのですが、そこをあえて秋葉原へ。 小川氏が言っていたPiaキャロットな喫茶店を発見してしまったのでした。 確かに少々解り難い場所かもしれないですが知っていれば問題は無いです。 こんな面白い所に自分一人で入るような愚行は当然しません。 そーゆー訳で今度行きましょう>皆様。 しっかし他に人がいるとエレベータに乗る気がしませんね。気持ち悪いです。 そーゆー訳で階段を多用してしまうのです。 結局何も買わず退散。なんかまた201系900番台込み編成だったりするのですが、 それはそれとして花火大会があるためか浴衣姿の人が多いですね。 浴衣ってウケは良いけど動きにくいし見た目ほど涼しくないと昔のOL進化論にありましたが。 久し振りにcanopusを起動したのですが猛烈な遅さに参ったのでした。 速いマシンに慣れてしまうと、もう戻れませんね。 それにファンの音がこんなにうるさかったかなぁと思うのです。 まぁ置き場の問題も多少はあるかも知れないのですが。

_1999年8月8日()  学会直前最終打ち合わせ
夜から未明に掛けてDVL-919を8時間ほど連続運転させてOVA版に赤い箱全部を見たのでした(笑)。 深夜帯に限っては作業効率を向上させる作用があるような気がしますです。 でも一旦かったるくなるとかなり辛いのですが。結局0500頃まで起きていたのでした。 それでも1100から大岡山でQDATの学会直前最終打ち合わせであるので それに間に合うよう出掛けたのでした。 総武快速線ではE217が増備されているので時刻表の表示では113系となっていても 実際にはE217が来てしまうことが少なくないですね。 運用が決まっているのであれば修正して欲しいところであるのですが。 品川駅では臨時ホームにC622が展示されていて驚いたのでした。 何かのイベントのようですが京都から回送してきたのでしょうか。 でも背後に置かれているのがぶどう色2号に塗られた113系で脱力させられたのでした。 部室では最後の打ち合わせ。 昨年夏は準備がお粗末で失敗したので今回は綿密気味なのです。 あとは列車が止まったり某氏が遅刻したりしないのを祈るだけですね(笑)。 自分は例によって昼過ぎ出勤(笑)という事になったのです。 政府調達関連文書制御本原稿を見た大海原氏の感想は 「周りの多くの人達を狙い撃ちしている」とのこと。 私としては狙っているつもりはあんまり無くて、面白ければ良いのですが。 大体もっと狙っているのであれば風ちゃんとかそういうのにしますよ。多分。 って、そーなると新たに資料が必要なのですけれど。

_1999年8月9日(月)  敵の予感 アニメイト新橋
仕事関係で笑ってしまうような事があったのでした。 いや、ホントは笑っている場合じゃないのですが、 それでももう笑うしかないような話なのです。 しかもその挙げ句にキャンセルで困ったものなのです。 それはそれとして敵が現れる予感がしてとってもいや〜んなのです。 面白い情報が流れてきていたりしたのですが、 同時に彼は凄いちょんぼをしたようで、あたしゃ知らないよん。 実は結構忙しかったりしたのですがそこをあえて夕方職場を抜けさせて頂き アニメイト新橋店まで行ってきたのでした。やっぱり場所柄背広姿の人が多いのです。 まずは最大の目的であるブックカバーを買い、 折角だからと明日発売のCD-ROM版コミケットカタログを予約しておいたのでした。

_1999年8月10日(火)  CD-ROM版内容梗概
最終二本前で帰ったのですが帰宅してもなんか眠れず、 ミトやウテナを見てしまったのでした。 ウテナを見るのは初めてであったのですが なんか作りもギャグも古典的な印象を受けますです。 某ページのくるくる回っているのはこれだったのですね。 「卵の殻云々」には爆笑してしまったのでした。 ってゆーか某ページの意味がやっと解ったと言いますか。 「五階も十階もない」も元ネタが解り易くて大笑いしたのでした。 なんかますます敵が近付いてきている予感でとってもイヤなのです。 結構慌ただしかったのですがそこをあえて昼休み職場を抜け出しアニメイト新橋へ。 CD-ROM版コミケットカタログを引き取ってきたのでした。 とゆー訳で早速実行。インストールは不要で自動挿入で問題無く動きます。 少しいじってみただけなのですが使い勝手は、、う〜む、、です。 とりあえずキーボードでの操作がほとんど出来ないというのが困ったところ。 ヘルプファイルが無いのもまた困ります。 でもチェックリストを作ってくれる機能はなかなか便利そうです。 しっかしかなり強く念を押しているようで 彼にとってはよっぽど信頼無いのかなぁと思わされてしまうのです。 「もったいない」以上に全員に迷惑が掛かりますので、 あのような事の無いよう、前日(松本?)ぐらいは無理をされない事を希望します。 ここはてっきりDHCPで割り当てているものと思い込んでいたのですが、 どうもそうではないようで、便利べんり。 cd2wavが配布中止だとか。 私が常用しているその手のソフトはPlextorManagerなのですけどあれどうなるのでしょ。

_1999年8月11日(水)  内容梗概 国一 アクセス
終電で帰宅したのですがそこをあえて内容梗概をチェックしたのでした。 で、感想。使い勝手は、操作性正直悪いです。 付属のマニュアルに簡単な使い方が書かれているだけで ヘルプファイルが無いというのも困りものです。 それに当たり前ではあるのですが見やすさは紙のアブストに敵いません。 紙は究極のディスプレイデバイスですから。 それからプログラムが不安定であるというのもかなり困ったものです。 長所の方は検索の容易さでしょう。 キーワードで検索が可能であるという点はWWW検索サービスに近い感覚で使えます。 ただし検索はキーワードのみでサークル名やブース位置の検索が出来ないのが欠点です。 キーワード検索にサークル名も含まれてしまいます。 印刷関連はなかなかよろしくて「お気に入り」に登録したサークルの サークル名、サークルカット、ブース番号、コメント等を印刷できるほか、 ブース配置図も出力可能であり、この時登録したサークルは色が反転します。 細かい上にモノクロであるので少々見にくいのですが、これはなかなか重宝するでしょう。 付属のマニュアルには「コンピュータで使えない文字を使っているサークル一覧」 があるのです。多いのは上付き文字に下付文字、そしてハートマークですね。 って、TeXであればいずれもたやすいのですが(苦笑)。 朝は第一次ロットを製造。今日は国家一種試験の合格発表日であったのですが、 ホセが材料系で合格したとのことです。おめでとう。 という訳でMAFFで一緒にお食事したのでした。 新聞によると試験全体の倍率は32倍だったそーなんだが、 あれって「申込者数/合格者数」なんですよ。 だから実際にはもっと低い。事務系は知らないのですが電気だと公表値で10倍ぐらい、 実際は5倍ぐらいなんじゃないでしょうか。 最近「rungw011.ritsumei.ac.jp」なる所からのアクセスが多いのです。 これがかなり謎でしてRefererが無くてランダムにアクセスするという ロボット臭い動きをするくせにAgentは「Mozilla/3.01 (compatible;)」。 バージョン番号が無かったりしてかなり怪しいのです。 しかも初回のアクセスはAgentが「Mozilla/4.04 [ja] (Macintosh; I; PPC, Nav)」で ちゃんとRefererもあったのです。 調べてみるとどーもアクセス統計に頻出しているようでかなり怪しげであり 詳細に調べてみる必要がありそうです。 午後は体調が駄目。って、単に疲れているだけなのでしょうけど。 そういう訳でここ数日よりは早目に退散し日が変わる前には寝たのでした。

_1999年8月12日(木)  テレビ 予稿集
昨日早目に寝たので大分復活したのでした。 某組織の某センターがテレビに出るというので朝は珍しくテレビを見ていたのでした。 って、なんか趣旨がアレなのですが。 某氏はCD-ROM版予稿集を入手したものの別の某氏は入手に失敗したとか。 でも彼は紙の予稿集は持っているとのこと。両方買った人は結構居たでしょうね。 後者の人は明日休むつもりであったのが休めなくなったとか。 諸般の事情で引き取ってきたというか引き取らざるを得なかったヤバい文書を シュレッダーにかけたのでした。いやいや。大変でした。 でもなかなか爽快なのです(笑)。 当たり前ではあるのですがシュレッダーに掛けると体積が数倍に膨れるのですね。 第二ロット生産終了。

_1999年8月13日(金)  同人誌 中島みゆき CGI
今日からコミケットです。 大海原氏あたりに言わせると昨日が零日目だとかそういうことになるのでしょうけど、 ほとんどの人は今日が一日目です。 私は明日は買うだけです。って、閉会後に準備をしなければならないのですが。 明後日は買うだけでなく多分売子もする筈です。 鉄道系の同人誌は書いても買わないというのが現状です。 鉄道系でも素晴らしい内容の物があれば買っても良いとは思っているのですが。 買うのはどーせまた好きな作品/キャラクター関連の本だけでしょう。 買う理由は主にその作品若しくはキャラクターが好きだからという事になるのですが、 私の場合にはキャラクターが好きであるからと言って その作品全体が好きであるとは限らないのです。 例えばあたしはエヴァな同人誌を数冊持っていたりする訳なのですが マヤさん本と委員長本しか無かったりします。他のキャラクターには興味が無いからですね。 ついでに言うと、 好きな作品やキャラクターが出ているからと言って買うとは限りませんです。 絵柄が好みでなければ買いませんし、18禁は買いません。 18禁ってなんかその作品やキャラクターを汚しているようで体質的に受け付けないのです。 ついでに言うと自分も汚れるような気がするのです。潔癖性はね、辛い、のですが。 あとは18禁でなくても題材が気に入らないと言う理由で買わなかった物もあります。 何故か職場の放送で中島みゆきの「時代」が非常に悪い音質で流れて脱力したのでした。 某局が流したらしいのですが真相は不明。音質が悪すぎて内容が聞き取れないのです。 しかし某局もいーかげん中島みゆきを正式に イメージキャラクターにしてしまえば良いのにと思ってしまいます。 少なくとも中村玉緒よりはずぅっと趣味が良いと思います。 三局中あそこだけが固定したイメージキャラクターがいないのです。 母校が甲子園で一勝したようで一安心なのです。 一昨年は初戦で敗退したような記憶があるのですが。 諸般の事情により久し振りにPerlでCGIを書いたりしたのでした。 って、以前作ったのをまたいじり直しただけなのですが、 綺麗さっぱり忘れていて困ったのでした。 それからviしか無い作業環境にもちょっち苦労させられたのでした。 私はviはあんまり使い込んでいないので知らない機能が多いのです。 それでもたった一日でつくれるなんて私って天才!!((C)スクルド) しっかしおんなじよーな事を考える人はどこにでもいるのだなぁという感じです。ハイ。

_1999年8月14日()  学会 前日搬入
ダイエーで食料品を買ったりしてから出掛けたのでした。 土砂降りの雨であるので少しでも濡れないよう浜松町からバス。 会場でも西館の直下に到着するので傘は不要でよろしいのでした。 1233会場に着き東館で某氏へのおみやげとして美夕本を買ったのでした。 かなり笑えるギャグ本ですので楽しみにしておいて下さい。 相変わらず色んな格好をした人がいるのですが似合っていない人も多いのではありますが 似合っている人は本当に凄いのです。 美人で背の高い人がウテナの格好をしているのがとっても格好良くて 思わず見とれてしまったのでした。 西館に移動してからはヨコハマ系の所で常駐したのでした。 来る質問は「ページはどうしたのですか?」。みゅ〜ん。 研究室のアカウントが消されたのです。とゆー訳で近いうちに復活させますです。 別に知り合いでも無い所で常連さんだからとサービスされたのですが 年に二度で三回目なのによく覚えているなぁって思ったのでした。 結局今日の購入額は某氏へのおみやげの美夕本で700円、 別の某氏へのお土産のブロパ本で200円、 自分はヨコハマ本ばかり2900円、あとはTカードも買ったりしたのでした。 今回はバスカードはありませんでした。 しっかし前日搬入のための荷物を持っているので辛いです。 あと一時間ぐらい遅く来れば良かったという感じです。 とゆー訳で閉会後が今日の私の本番(笑)の前日搬入なのですが、 ホールのシャッターが閉まると雨で湿度が高い上に風通しが悪くて暑いです。 私は座っているだけなのですが 動き回っているスタッフや搬入やビラ配りの人達は大変そうです。 警備上の理由からか少々規制がうるさかったです。 今回の新刊は鉄気味8とダテ3であるのですが、 前者は執筆者という事で頂いていくのですが後者は段ボールを開けると 「Adult Only」の文字が。あれ?そうだったの? Newsletterに大嘘書いちゃったじゃないですかぁ。 乱丁・落丁の確認をする必要もありますし数部中を見たのですが、駄目でした。 買えません。体質的に受け付けません。結局鉄8だけ持ち帰ったのでした。 八重洲で夕食を食べながら鉄8に目を通したのでした。 某氏の原稿は某MLでのやりとりそのままで当事者として爆笑してしまったのでした。 う〜ん。火を付けた甲斐がありましたな(笑)。 編集上のかなり大きなミスがあったので編集長に連絡を入れたのでした。 印刷業者のミスではなく編集長のミスとのことで彼が対策をとることにしたのでした。 万が一のこういう事態に備えるためにも前日の検品は必要ですね。 「備え有れば、憂い無しですよ。」

_1999年8月15日()  学会
学会最終日です。0200頃寝て、朝はヤマモト・ヨーコを見てから出掛けたのでした。 天気が良いので東京駅からバスに乗ったのでした。 今回は丸の内南口からの発着で総武快速線からはとっても便利なのです。 バス停に行列はあるのですが次々とバスが来るので待たずに乗れるのです。 って、有明までの道中路線バスが隊列を為して走っているのですが。 会場着は1133。まだ行列があってちょっち失敗したのでした。 それでもすぐに入れたのですがもう少し遅くするべきでした。 まずはNHK狂育で霞ヶ関グルグルVol.6を某氏の分も含め二冊購入。 滅茶苦茶混雑している東館で買い物をしてから西館へと向かったのでした。 結局今日のお買い物は霞ヶ関グルグルVol.6を二冊で200円、某氏へのお土産としてアンミラ本300円、別の某氏へのお土産としてマヤさん本400円、他、自分用に委員長本二冊で600円に知世ちゃん本350円です。 って、岩男潤子キャラばっかりなのはなぜだろう? しっかしさくらちゃん本はとても多いのですが知世ちゃん本はあんまりないですね;_; そんな訳で「少女系創作」な所にあるざわざわ河で買ったのでした。 合計で自分用が1050円、お土産が800円という事になります。 西館に着いたら何も買わずQDATのブースに直行。予告より僅かに遅れてしまったのでした。 QDATのブースでは制御本に対する問い合わせが数件あったようです。 自分が売子をしている間にも一件あって嬉しくなったのでした。 冬コミには出しますので待っていて下さい。 例のミスに関しては紙を挟み込むことで対処することにしたとか。 しっかし混雑している会場を見ると昨夜のがらんとした場所と同じ場所とは思えないです。 DPPは相変わらずかなりの量の鉄本を買い込んでいたようです。 って、なんか朝から冷汗があったらしいのですが。 周辺では「電車でD」「私鉄の車両神戸高速鉄道」がかなりウケていたようです。 売子をして暫くすると落ち着いてくるものでゆっくり周囲を観察したり出来るのです。 ここはオタクな人々(←あんまり好きではないのですがこーゆー表現を使わせて貰います。)が集まっているという点では秋葉原と同じなのですが、まず第一に男女比が違うというのが全然違いますね、、って、鉄道島周辺ではあんまり大差ないのかも知れませんが(苦笑)。 そして最も違う点はそれではなくて、ここにはコミュニケーションがあるという事。 売っていればコミュニケーションがありますし、買いに行っても昨日のような事があったり「ページ見てます」の一言でささやかながらもおまけを付けて貰ったり。 秋葉原は「人と物」がある場所なのですが、ここは「人と人」がある場所という感じがします。 本という「物」はあるのですが、それもそこに座っている人達が作った物ですし、所詮「人」に対して従属的な物に見えてくるのです。 だからなんか本という物だけが目的になっているような人達は寂しく見えてきます。 まぁ、異論はあるでしょうけどね。 毎回と同じく三本締めが打たれて閉会。撤収したら例によって大岡山へ。 まずは回し読み。って、数冊の本だけが読まれているのですが。 反省会が行われるのですが結局の所今回に関しては大きな問題は無かったという印象です。 疲れているためか酒のためか意味不明な事を喚きながら大海原氏が現れるのですが、 私と彼との考え方の相違と言いますか対立が出たのでした。 確かに彼の言う事は理念としては素晴らしいとは思うのですが、 お金というデジタルな現実からは絶対に逃れられないと思うのです。 制御本原稿を回覧したのですがあんまり評価良くないようです。 独りよがりになるような事は避けたいですし、 電気が専門の人間が書いている文章なので本当に解り易いか怪しいし 書いている側としては面白さが解ってもそれが他の人に解るかも怪しい。 まぁギャグ本と解説本の狭間で中途半端になり気味であるという事は事実なのですが、 個人的にはヘンにページ数を削るような事はしたくないです。 ページ数は原価に直結するので減らすよう努力はしますが、 現状9ポイント二段組で事実上限界ですし、 原価を下げるのは〆切を早めることで対処します。 それとも何か他にページ数を減らさなければならない理由があるのでしょうか? 表紙に関しては同人誌においては第一印象を与える最重要の要素であるという事は 自分の経験から解っていますので、最大限の努力はします。 例によって大石君と帰宅したのでした。

_1999年8月16日(月)  猫曜日
津田沼に着いてからは大石君と遅い夕食を取り、彼が踊るのを見たのでした。 霞ヶ関グルグルで紹介されている「アナザーダブルパラノイアMAX」と 「アナザーダブルパラノイアKCET」を見せて頂いたのでした。 いやいや。ハードそうです。あたしには真似出来ませんな。 帰宅してからは疲れてはいるのですが買ってきた同人誌を眺めたりしたのでした。 布団に入ってからも先程の件もあり頭が冴えてなかなか眠れないのです。 有給休暇を取っているので安心して昼頃まで寝ていたのでした。 午後は洗濯をしたり買ってきた同人誌を読んだり。 夕方近くになって意味も無く秋葉原に行き30分ほどうろうろしたのでした。 特に脚が疲れているのでとてもまともに巡回しようという気にはならず、 何も買わず帰宅。うろつくことに意味があるという感じでしょうか。 寮に戻ってからはまたごろごろしていたのでした。典型的な猫曜日です。

_1999年8月17日(火)  鉄8 制御本
昼間ごろごろしていたので夜は眠れず、ミトやウテナを見てしまったのでした。 そんな訳で5月10日付近のメールを 読み返して反芻していたのでした。いやいや。 見ていない人以外にはわけわかだったでしょうな。 しっかしむしろ「一発正解」の方が感心してしまうのです。 改めて流石ですなと思わされますです。 なんかまた昼前に音質の汚い「時代」が流れて脱力するのです。 昨日も流れていたらしいのですが、 音質が悪過ぎて何を言っているのか聞き取れないのです。 「大切な刊行物」かぁ。そういう気持ちは欠けていたですね。 って、勿論まじめに作っていたのですけど。 冬コミの申し込みが完了したとのことであとは本を作らねばという事ですね。 私としては。って、まだ当選したという訳ではないのですが。 需要もあるっぽいですし予告も出してしまった、って、TiVA本程ではないですが、 ですので基本的には出すつもりです。 ちょっとやそっと何か言われたぐらいで延期したり止めたりするつもりは無いです。 まぁ、需要があるっていうのは単なる煽りというか言い訳なだけで、 結局自分がこーゆー本を作りたかったって言うのが大きいのですが。 はっきり言って鉄雑誌の説明じゃ足りないのですよ。 古くは補償巻線とか最近だとベクトル制御とか、 新車紹介だけでも色んな専門用語が出てくるのですが、ロクな説明が無い。 って、ベクトル制御なんて素人が理解できるシロモノでは無いのですが。 界磁チョッパをチョッパ制御に分類するなどと言うのは私に言わせれば困った話です。 で、専門書はどうかと言うとこれは大体内容が古い。 論文誌は「電気車の科学」無き今はこれまたあんまりよろしいのが無もので、 「鉄道車両と技術」はなかなかよろしいのですが内容の割に価格が高過ぎます。 ついでに言うとチョッパとか抵抗とかの説明もすっかり見なくなりましたね。 まぁ、登場する新形式の大半がVVVFであるという事を考えれば当然ではあるのですが、 現実に線路の上を走っている電車のかなりの部分は 抵抗制御若しくはその改良型である訳ですし、どーも鉄というのは ノスタルジックなモノを好む性向にあり気味であるような気がするですので、 やっぱり直流機に関してもまとまった物が欲しいなぁって思ってしまうのです。 誘導機っていうのは特性が複雑ですし、 それにこれを駆動する制御方式はVVVFしか無い(少なくとも電気車では)訳で、 それに比べると直流機では実に多種多様な制御方式があるわけで、 趣味的には理解しやすい上に面白いかもしれないです。 そーゆー訳で結果的に直流機の比重が大きめになっています。 VVVFに関しては仕組みはもちろんなのですが、 鉄雑誌ではまず記事にならない今後の技術的な動向も含めています。 で、実はあんな本だったという事に対して見た人がどう思われたかは解りかねますが、 かなり悪ノリ入っています。自分でもそう思います。 初代千葉本で道を踏み外し(笑)、 前作に対して「花が無い」と言われて花だらけにしてしまったという感じなのです。 あーゆー表現方法に対しても異論があるとは思うのですが、 なにぶん昨年末の執筆開始段階からあんなのですので、変えようは無いです。 なんだかまとまりの無い文章を書いてしまった感じです。うむ。

_1999年8月18日(水)  時代 お土産 一太郎
帰宅してからも夜更かししてノッチ進段表と格闘していたりするのです。 界磁分路が無いし電制側も簡単な訳で103系に比べれば全部楽なのですけど、 でも界磁チョッパの動作を書かなければならないですし工夫が要るのです。 実はここ二ヶ月ほどは図に専念していたので あんまり文章の方は見ていなかったのですけど、 あれだけ言われた事ですしある程度見直してみたのでした。 いやいや。量が多くて自分で読んでいても疲れます。 結局見流している感じ。まぁ自分では何十回も読んでいる筈なのですが。 でも久し振りに見た箇所も多く、 自分で「こんなの書いたっけ?」というのも少なくないです。 って、自分じゃないのもあるのですけど、 自分が書いた筈の箇所でもなんか記憶が曖昧な箇所があるので困ったものです。 職場でキーボード打つのが速いと言われるのでお決まりの返事をしておくのですが 「先輩って何?」と理解されず全く持って安心なのです(笑)。 理解されたら困りますです。ハイ。 今日もまた昼前に「時代」が流れたのですが 今日は音質が大幅に改善されていて聞き取り可能であったのでした。 なんか「20世紀切手」のCMなようです。 ぼちぼち夏休みを終える方がいる訳で、おやつとしてお土産が配布されたりするのです。 私は来週一杯休みを頂く予定であるのですが 実家に戻るつもりも無ければ旅行に行く予定も無いのです。 そーなるとお土産も買えないわけで、どうしましょうかねぇ。 仕事の都合で仕方無く一太郎を使ったのですが、滅茶苦茶使いにくいです。 そのうえPentium II 266MHzのメモリ128MBのマシンでも馬鹿みたいに重い。 色んな機能があるという事は認めるのですが 本当に必要な機能が使いやすくまとめられていないのです。 単なるソフト屋さんの自己満足になっているだけのような気がします。 最近のソフトはこの傾向にあり気味なのですけど。 ジャストシステムの作る物はATOKは本当によろしいのですが どーも一太郎はVer.5以降駄目ですな。 MS Wordの方が大分マシです。って、あれもWord97以降問題が多いのですけど。 に比べるとやっぱりExcelは色んな意味で完成度が高いソフトだと思いますし、 バージョンを重ねる毎に良くなっているように思われます。 夜は久し振りにりぶのキーボードを掃除。 綿棒で隙間をこすったのですけど、手垢でめちゃくちゃ汚いです。 そろそろまた分解掃除をしないと駄目ですね。 以前はキーボードが駄目になったら りぶ20のキーボードと交換すれば良いと思っていたのですが、 今はそれも無理ですし、大事に使わなければいけませんね。

_1999年8月19日(木)  浜松 お金 ロボット
「夜のお菓子推進協議会」ってなんじゃ?会員は会長だけなような(笑)。 ってゆーのはともかく、最近愚痴っぽかったかも。 ページは読む/読まないが見る人に任せられているけど あーゆーのをMLに投げたのは言い訳がましいしかなり失敗だったかも。 で、追加された属性なのですが、最初のは数字が足りないような気がするのですが納得。 でもそれ以下はなんか納得いかないにゃあ。 「メイドさん」だという噂を聞いたのですが(^^; 昔は「セーラー服」に「ねこみみ」だといわれていましたが。 思い切って財形をボーナスの時だけ倍にしてしまいました。 これっくらいしておいた方が節制出来てよろしいかなと思ったのです。 どーせ次ボーナスあたりで大きな買い物をする予定も無いですし。 出来れば流動現金資産が恒常的に七桁だとなおよろしいのですが、暫くは我慢。 母校、負けちゃったようです。残念。お疲れさまでした。 某さんが凍らせて氷の圧力で底が抜けたマグカップを見せて回っているのです。 底が抜けるという事故自体珍しいとは思うのですが それを見せて回る人はなんだかなぁと思ってしまいます。 流石こどもの日生まれの人はちがいますな。結局マグカップは捨てたとのこと。 最近まで私のページはrobots.txtで弾いてあったのでロボットが来なかったのですが 管理者さまっにお願いして来るようにして頂いたのでした。 そーゆー訳で久し振りにロボットが来てちょっち嬉しかったのでした。 って、今まで見た事の無かったロボットだったりしたのですが。 また色んな遊びを始めるかも知れません。 国歌を携電の着信音にしたらとかそーゆー意味不明な事が話題になったのでした。

_1999年8月20日(金)  にょ オフ会 夏休み
某所で話題になっていたベターマンを見たりしたのでした。 って、かなり前にぬ玉に勧められてはいたのですが。 感想、意味不明。って、まともに見ていた訳ではないのですが。 岩男潤子さんが出てるなぁという程度です。 昔からダークな役柄が多いのですけど個人的には違和感感じるのですよね。 ってゆーか知世ちゃんのイメージが強すぎるのかも。 TeXで索引を作成するとページ数がおかしくなるので困ったのでした。 どうも.idxファイルや.indファイルを消しておかないと変になるようです。 某氏からメール。ページを三カ月ぶりに更新したとのことで見たのでした。 う〜みゅ。なんかとっても大変そうですね。 帰省してゆっくり普段の疲れを癒して下さいという感じです。 某さんが妖しいチャットオフ会が28日に大阪であるなどと言っているのですが、 何のチャットであるのかは揺すっても教えてくれないのです。こまりましたな。 明日から来週一杯夏休みを取ります。次の更新は30日になる予定です。 なんとなく●●●●●の入場券を入手してしまったのでした。まぁ●●の特典という事で。月曜に使うという資料を作ったりしたのですが プリンタドライバのバグでまともに出力されず困ったのでした。 ちゃんと最新のバージョンを入れておいて欲しいものです。

_1999年8月21日()  Tpic ハムフェア
塗り潰しがどうしても必要になりTpicのソースを直接手書きしたりしたのでした。 ミリインチ換算にしなければならないのが少々厄介なのですが、 一応どうにかなったのでした。行末の%を忘れずにと言うのがポイントですね。 しっかし美夕の第十九話などを見ながら原稿を書いているとお茶を入れてくれるような メイドさんがいるといいなぁなどという困った妄想が出てきてしまうものなのです。 昼前に出掛け、まずは秋葉原で小っちゃいって事は便利だねっの4枚目を購入。 山手線で渋谷まで出て東横線で桜木町へと向かったのでした。 東横線を全線乗るのはかなり久し振りです。 田園調布から先多摩川園、橋を渡って新丸子、武蔵小杉と 複々線化工事がかなり進んでいて凄いなぁって思ったのですが 武蔵小杉より先はなんか見慣れた光景が広がっていて残念なのでした。 ハムフェア会場のパシフィコ横浜は駅から少し遠いです。 それでも歩く歩道などが整備されているのであまり問題は無いのですが。 しかし会場のすぐ近くまでそれっぽい雰囲気(笑)が漂っていなくて 本当にこの方向で良いのだろうかと思ってしまったのでした。 相変わらずよくわからないモノが売られているのです。 今回面白かったのはPC-9801VXやEPSON PC-286(無印)の筐体に Celeronマシンを組み込んだモノでしょうか。 後者はCD-ROMがULTRAPLEXなのがポイント高いです。 HPのレプリやSGIなど多少は気になるモノがあったのですが結局何も買わず。 ソフトバンクの売り娘さんがメなぜかイドさんの格好をしていたのでした。 三才ブックスやマガジンランドは出展していないのでした。 弊社の人を見かけるのは良いとして某法人の人にまで会ってしまったりして 狭い業界の人達が集まっているなぁと思わされたのでした。 結局一時間半ほどの滞在時間で退散。 帰宅してからは女神さまっを見たのですが なんかますますパロディが強くなっているような感じがしますです。 先週の収穫を眺めたりするのですが「〆切まであと●時間」などとあったりして どこも修羅場なのだなぁとかDPPの指摘はもっともだとか思ったりしたのでした。 って、あたしはもう二年前の冬のような修羅場は繰り返したくないのですが 三ヶ月前の今でもなんか気ばかりが焦っているような。

_1999年8月22日()  TeX
8月22日問題の日であったりします。 某氏の誕生日でもありますね。おめでとうございます。来年はいよいよ三十路ですね(笑)。 朝はこどもニュースを見たのですが漫画家は大変ですよね。毎週が修羅場な訳で。 制御本をコンパイルするのですがメモリがオーバーフローしたとかでエラー終了。 完全にコンパイル出来ないのです。 しかもエラーが起きたり起きなかったりと再現性が無いのです。 特定の箇所を読み込ませた時だけ溢れるのでそのあたりに原因があると思われるのですが 結局原因は判然とせず。 他の環境でコンパイルしても同様の現象に悩まされ困ったのでした。 午後秋葉原へ。 中谷君と原君に会い原君には先週のお土産を渡したりしたのでした。 Piaキャロレストランを覗いて見たのですが混雑しておりその場は断念。 マクドで話題のアイスバーガーを食したのでした。 凄く不味いと言う程のモノではないのですがなんか味に印象が無いです。 アイスが全てチョコレート味だとかなりマシになると思うのですが。 結局何も買わないまま退散。 寮に戻ってからはまたTeXと格闘。 ソースを一行ずつコメントアウトしながら原因を探って行くのですが 自作のマクロを使う度にメモリが減る始末で 少しでも消費量を減らすように改造したりしたのでした。

_1999年8月23日(月)  掃除
LaTeXは大きくて複雑なフロートの前後に空行が無いとメモリを馬鹿喰いし始めるようです。 とゆー訳で無事解決。数時間に渡って不毛な格闘をしてしまったのでした。 未明に寝、昼過ぎになって起き出したのでした。 予定通り部屋の掃除。家具をどかしてその裏まで綺麗に掃除するのです。 ラジオを鳴らしておいたのですが職場で毎日昼前に流れる「時代」は 放送されているCMそのものであるという事に気付いたのでした。 って、職場の放送の方がはるかに音質が悪いのですが。 暑くて汗がたくさん出るのでかなり水分を取ったのでした。 マシンも開けて掃除。As2は硬貨で開けられるので楽なのですが中はかなり綺麗。 やっぱり電源を入れる事が無いからでしょうか。 ファンにより吸い込まれる埃が多いのでしょうね。 夕方まで掛かって八割方掃除を終わらせ、残りは明日にすることにしたのでした。 制御本の図を書いて埋めて行くのですがかなりの数になるのです。 従ってページ数は増える一方。約束の120ページに収まるのやら。

_1999年8月24日(火)  雨
未明まで原稿を書き、寝て起きると昼頃。 1400頃までごろごろしてしまうのですが 猫曜日にしてしまうのは不毛であると起き出したのでした。 あんまり天気は良くは無いのですが昨日に引き続き掃除の続きをしたのでした。 二時間足らずで終了したらぼぉ〜っと先週の収穫を眺めたりするのでした。 NHK狂育の本の名前が「霞ヶ関グルグル」から 「霞が関グルグル」に変わっているという事に気付いたのでした。 「霞ヶ関」は駅名としてしか残っておらず地名は「霞が関」であるので こちらの方が正しいと個人的には思うのです。 落雷の影響で中央線、総武緩行線、山手線、京浜東北線などが止まっているとか。 出勤でなくて良かったと思ってしまうのです。 って、中央線が止まるのはいつもの事なのですが。 津田沼ではかなり雷が鳴ってはいたもののあまり雨は降らなかったです。 制御本第六章は図を含め大体形になったのでした。 「時代」のCMにはテレビ版もあるという事が判明。 某局にしては珍しくなかなかセンスを感じるCMです。

_1999年8月25日(水)  葛西 大岡山 TeX
午前三時過ぎ外に出ると駅で1番線を列車が通過という放送が入っているのです。 保線の車両か貨物かと思ったのですがやって来たのは183系。 回送かと思ったのですが千葉行きのあずさ号で乗客も乗っているのです。 昨日の影響でしょう。6時間以上の遅れとは大変だなぁと思わされてしまいます。 ラジオライフが届いていたのですが年末のイベントが少し気になったのでした。 昼過ぎに出掛けまずは葛西の資料収集のため地下鉄博物館へ。 しかし図書館は土日しか開いていないとのことでダマされたのでした。 抵抗制御やチョッパ制御の解説のパネルがあるのですがかなり見にくいです。 特にチョッパの方は全然解りません。 続いて夏作業中の大岡山第二部室へ行ったのでした。 ここでもまた図書館で調べ物をしたりしたのですが 自分でもまだちょっち整理が足りないという感じがしたのでした。 後日再履修が必要ですね。 久し振りにチキンガーリックを食べたりしたのでした。 竜が制御本原稿を見せろと言うので見せたのですが 逆インデントを付けるようにというのが彼の要望。 Wordでのやり方は分かるのですがLaTeXではよく分からないです。調べてはみますが。 中谷君は来月以降毎月25日にDVDを二枚とLDを一枚ずつ買うとか。 ぬ玉が星界の紋章を買ってきたのですが そんなに川澄綾子が重要ならlainも買うようにと勧めておいたのでした。 アレはホント壊れてます。 大石君が車で来ていたので寮まで送って貰ったのでした。 帰宅してからはLaTeXの本を見て逆インデントを付けられるか調べてみるのですが、 この本のようなレイアウトだとlist環境を使う事により良い感じで出来そうです。 今度試してみましょう。

_1999年8月26日(木)  TeX
という訳でlist環境を使っての逆インデントを試してみるのです。 あっさりと実現できたのでした。 プレビューしてみたところ見かけ上の段間が広がって ページを広げた時の圧迫感が減るかもしれないです。 ただ、インデント量を一文字とするか二文字とするかが悩み所なのです。 未明に寝て、昼頃起き出し延々と原稿書き。 なんか図が際限無く増えて困ったものなのです。

_1999年8月27日(金)  TeX 愚民
冷却回りの図を懲りずにpicture環境で書くことに。 前回鉄気味4ではドローソフトで描いてepsにして貼り込んだのですが。 電卓と格闘しながらもどーにかそれっぽい図が出来たのでした。 昨日の東京ドームでのコナミのイベントで騒ぎがあったとか。 見込みの甘かったコナミに問題があると言ってしまえばそこまでなのですが、 子供が悲しそうな目をしているのはともかくとして 大人がコナミの担当者を怒鳴り散らしてどついているのは なんだかなぁと思ってしまいます。 結局寮から一歩も出ない一日だったのでした。

_1999年8月28日()  大井工場 川澄綾子
大井工場の一般公開があるので行ったのでした。 鉄も多いのですが親子連れが多くて薄められている感じです。 主電動機が展示されているのはよろしかったのですが主制御器などの展示は無くて残念。 車体吊り上げの実演の車両が207系900番台というのがポイント高いです。 飲みグループには会ったのですが藤井君には会えず。 子供の相手は彼の十八番なのでどこかで相手にしていると思ったのですが。 工場を出たら大井町線で第二部室へ。 作業中であるにも関わらず平均年齢が高くて困ったものなのです。 ぬ玉と秋葉原へ出掛けたのでした。彼と巡回するのは初めてなのです。 自分は目的は無いので彼の巡回ルートに付き合ったのですがゲーム屋が中心です。 川澄綾子が登場する「elan」とその攻略本を買った模様。 彼は川澄綾子が見たいなどと言って津田沼までついてきたのでした。 そんなわけで夕方からlainの鑑賞会なのです。 って、lainは昼間見る物ではないし夜見るとそれはそれで気が滅入るので 最近はあんまり見ていなかったのですが。 かなり難解な作品ではあるのですが、買えとまでは言わないにしても 特に自分の周囲に多いネットにどっぷり浸かっているような人達には 一度は見て欲しい作品ではあります。 CG、特にGUIのデザインの素晴らしさだけでも見る価値ありです。 川澄綾子演じる岩倉美香はどんどん壊れて行く役柄であり、 彼が有明で入手した川澄綾子本にも 「綾子さん目的にこの作品を見るのは辛いかも」とまであるのです。 にも関わらず彼の感想は「やっぱり川澄綾子さんはいいですね。」とか。はぁ。 まだ「くまの着ぐるみがかわいい」とか「下着姿でマシンをいじるのが良いですね」 の方がわたくしめにも多少は理解可能なのですが(笑)。 私には件の本の用語集の「うりゃうりゃ〜」がかなり笑えたのですが 彼はまだ見ていないようで意味が解らないそうな。 時間の都合でLayer:07までで彼は帰ったのでした。

_1999年8月29日()  秋葉原
夏休み最終日です。円盤を回しつつ未明まで原稿書き。 って、あんまり進まなかったのですが。 午後秋葉原へ出掛けたのでした。 自分は無目的なので♪氏と合流し彼に付き合ったのですが 彼は来月以降の予約をしまくっていたのでした。 今日の予約はエヴァ劇場版DVDに知世ちゃんDVDのVol.1,Vol.10にLDのVol.10とのこと。 まぁ頑張ってねと言う感じです。 多分彼と同じような事をする人はいくらでもいることでしょう。 201系のCMがなんか気になった 「電子の妖精星野ルリ」は何故かどこでも売り切れ。 って、秋葉原だけの現象なのでしょうか。 どんなモノなのか肉眼で確認したかっただけにちょっち残念です。 自分は例によって何も買わず。 寮に戻ってからはこの一週間の遊び疲れが出たのか倒れ込んでしまったのでした。

_1999年8月30日(月)  職場復帰 ページ
寝違えたのか首から右肩にかけてが痛くて困ったものなのです。 一週間休んで溜まったメールは94通。まぁ予想の範囲内です。 ldqは笑わせて頂きました。 自分のqueueは彼の部分集合かなぁと思ったのですが実はそうでもないです。 ある指摘は結構ぐさりという感じ。 口頭では以前指摘されていたのですがメール、それもMLだとなおさらです。 綺麗事は言いません。認めます。 まぁ、累積で黒であるというのであれば私の指摘の意味がかなり無くなってしまうのですが。 広島方面の方のお土産がぷよまんというのがポイント高いです。 そーいえば自宅の冷蔵庫にはコンパイルのレトルトカレーという珍妙なモノが かなり前から眠っているのですが、アレどうしましょうかねぇ。 市川方面に投げるという意見があるのですが。 なんか先々週に比べ職場の温度が低いのです。 上着を引っかけている人もかなり見受けられます。 先週からのアクセスログを見ると気になるアクセスがあるのです。 って、なんか近くなのですが。 と思ったらやっぱり予想通りなようで、世間は狭くてホント困ったものです。 そういう訳でリンクをして頂きありがとうございます。 お陰様でアクセス激増。しかも業界系ドメインが多いですね。やっぱり。 少し早目に退散。 せめて23時からのニュースが見られるぐらいには帰りたいものですね。 とゆー訳で円盤回しつつ原稿書き。

_1999年8月31日(火)  風邪 本
ミトが終わってから寝たのでした。 起きても相変わらず首が痛くて困ったものです。 昨日風邪でお休みしていた某さんが復活していたのでした。 って、なんかまだ辛そうなのですけど。 なんか風邪は課を東から西へ横断しているようで(笑)、 幸いにも私はコースを外れそうです。 DPPからメール。制御本に関し二、三提案を頂いたのですが、 なんか私の考えと氏の理解にかなりのズレがあるような…。 あの慌ただしい中では ゆっくりご覧になれなかったでしょうし、 とりあえずモノを見てからゆっくり考えて下さいという事で。 「厳禁」は「大苦戦」とのこと。って、どの程度なのかは知らないのですが。 凄い本だという事は認めるのですが、 濃過ぎて私には手が出せないなと感じたので私は買わなかったのです。 価値の分かる人には安い買い物なのでしょうけどね。 アクセスが多過ぎてヤバいのでプライバシー保護のため一箇所改変(謎)。 それなりの時間に退散したのでした。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ