近況報告 1999年9月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_1999年9月1日(水)  Ghostscript 夕食
気分を変えて出力のための環境を整えるのです。 現状ではFreeBSD上で最終コンパイルをしてGhostscript通して 300dpiのレプリで出力する予定なのです。 Windowsで出力しない理由は多書体化の方法がわからないからなのです。 最終的にはmake一発まで持っていきたいのですが、多分無理でしょう。 そーいえば卒業間際に修論のMakefileを作ろうとしていたのですが結局作らなかったような。 「複数のファイルを扱う場合にはmakeを使う」と言うのは古いUNIX使いの格言?でしたっけ? 色々とヘンな事をしている割には文字に関してはそれなりに綺麗でまぁ満足なのですが 図が、、なのです。限られたリソースで最大限の品位にしたいのではあります。 そういう訳でGhostscriptの設定をいじるのですが、 印刷位置のオフセットのオプションって無いのでしたっけ? 無くても誤魔化せるのですが少々不便です。 月が変わったのですが、 朝電車に乗っている車内でカレンダーをめくるのを忘れたという事を思い出したのでした。 って、別に実害は無いのですけれど。 某さんはまた休み。朝電話があったのですがとっても苦しそうでした。お大事に。 貝崎(*)も♪氏と同じ事を するらしい。 財力その他が許す範囲にしとけよという感じです。 一般人(笑)ぽげむた氏でさえ やめた とのことなのですが。 「山の様にいるみたい」というのが真実味を帯びてくるのですが、 やっぱりその山の中に入り直すというのはいかがでしょうか? 安枝氏から連絡があり小川氏と一緒に会ったのでした。 虎ノ門で夕食を食べつつ霞が関グルグルをお渡ししてお喋りしたのでした。 話題は馬車道等(笑)。なんかこのお二人趣味というか好みが似ているっぽいです(笑)。 でもやっぱり彼にもメイト服を拝んで頂きたいです。ハイ。 とゆーわけで今度行きましょう。別にはしごでも良いですよ。 夕食の後はさっさと退散。毎日このくらいで帰れるとよろしいのですが。 帰ったら例によって例の如く円盤を回しながら原稿書きをするのです。

_1999年9月2日(木)  制御本 夕食
第七章の図がどーにか終わりが見えてきたのでした。 あんまりにも図が多過ぎて一時期はどーなるかと思ったのですが、 残るはAFEと4QCだけなので6枚ぐらいでしょうか。 週末に頑張ればどーにかなりそうなので 予告していた来週頭の草稿発送は実現の可能性が高いです。 それはそれとして元の原稿と図が全然違うのでかなりの修正が必要だったりします。 営団6000系が「チョッパ絞り込み遮断」とか大嘘書いていたり (←「抵抗制御と同様の減流遮断」が正しい)。そんな訳で適宜修正。 「削除厳禁」な箇所はもう少し妥当だと思われる箇所に移動。削除はしていません。 最高気温も久し振りに30度を下回るようなのですが職場が昨日までに増して寒いのです。 空調が昨日までと同様に効いているのでしょうか。このため上着羽織りっ放し。 某省東海支部(笑)の黒田君が出張で上京してきていたので小川氏も一緒に夕食。 昨日といい、やっぱり初任行政研修での人脈は大事ですね。 地方は早く帰れて羨ましいです。 昨日とは違って夕食後も帰宅はせず。 遅くになって雨が降ってきたのですが タコ部屋の某さんは係長であるにも関わらず部屋で最も若いという理由からか 何やら弱い事をさせられているっぽくてなんだかなぁです。 あたしは上手いタイミングで抜け出せたので幸いでした。ハイ。

_1999年9月3日(金)  誕生日 お茶 二重購入
やる気は無くても無理矢理事は進めるのです。結局三行書き足しただけ。 なんだかなぁ。週末の二晩が勝負ですかね。 私はお誕生会のケーキに28本のろうそくを立てた 事がありますよ。 どこかで写真が公開されているような記憶があるのですが、 ちゃんと全て上面に立てました。御丁寧にチョコレートに名前まで入れたりして。 立てて火を点けて消すのまではよろしいのですがその後ナイフを入れる前に 抜くのが面倒であったような。しかも抜いた跡は、、なのですけれど。 そーいえば今日は(設定上)知世ちゃんの誕生日であるようです。 職場に常備されていた朝鮮人参茶が切れてしまったのでした。 最後の一包は風邪を引いて今日もげほげほしている某さんのために取って置き。 って、私と某さんしか飲んでいなかったのですが。 臭いがきつくて評判悪かったですし、 リロードの見込みも無いのでもう二度と入らないでしょう。 明日からは胃の調子を整える意味からもやっぱりミルクティーでしょうか。 それも一度沸騰させたお湯を少し冷ましてから入れるというのが理想的? 真相の程は知らないのですが教義上そうなっておりますので。 砂糖を5・6杯入れたコーヒーという意見もあるようですが、 コーヒーはたまに飲むから美味しいのです。 失敬いたしました。 山には入り直されないのですか、、。 それはそれとして山に入る理由、メリットってなんなんだろ? やっぱりcorrector collecterだから? 実践しない人が無い頭で考えてもしょーがないので 今度面と向かって尋ねてみることにします。とゆーわけで答を考えておいてね>♪ 某補佐に誘われ2100前に突如退散。帰宅したら原稿作成の続きを始めたのでした。

_1999年9月4日()  秋葉原
図を書き書き。 AFEチョッパは出回っている資料が少ないだけに丁寧に書きたかったりするのです。 って、見るのは東武や阪急が好きな人だけなのかもしれないのですけど。 力行の図を書き上げたところでちょっと休もうと倒れ込んでしまい、起きたら昼頃。 洗濯をしたりしてから秋葉原へ出掛けたのでした。 例の質問をしようと♪氏を呼び出そうとするのですが、彼は今日は猫曜日とのこと。 電話で質問をすると「解っているでしょう」という回答。 だからわからないから質問しているのですよ。 一人で呑気に二時間ほど巡回。某キャンセラを購入してからしてから帰宅。 帰宅したらやっぱり円盤を回しながら原稿書きをするのでした。

_1999年9月5日()  Piaキャロレストラン 劇場版知世ちゃん
まぁたTeXのメモリ不足を起こしてしまう始末。 これをやってしまうと前回のように 不毛な時間を使ってしまうのでそれはそれで放置して ¥includeonlyを使って部分コンパイルしたりしたのでした。 そんな訳で二晩でTV晩美夕を全部見たと言うか回してから未明に寝たのでした。 朝は三時間半睡眠で起き出しお風呂の掃除。 少し時間があるのでpLaTeX2eのメモリ領域を拡大することで夜の問題を解決したのでした。 って、もしソースコードのミスでメモリを喰っているようであれば実は根本的な解決にはなっていないのですが。 閉じ括弧を忘れたりとかよくあるのですよね。 そんな訳でヤマモト・ヨーコが終わった頃某氏とお出掛け。 秋葉原で職場の同期の困った面々と合流し4人でGAMERSスクエアのPiaキャロレストランに行ったのでした。 開店から僅かに遅れて現着したのですが既に行列が出来ていたのでした。 しかしここで引き下がる訳にも行かないのでそのまま並んだのでした。 行列は階段の方へどんどん延びて行き「最後尾」の札が出てくる始末で周囲では笑いが起きていたのでした。 やっぱりそういうのの意味が解る人達が来ているようです。 私は実はTiVA Carrotの元ネタをよく知らなかったりしたのですが、 ようやく意味が分かったのでした。丸いのはお盆だったのですね。 20分程待って中に入れたのでした。当然下座に座るのです。 ウェイトレスはあんまり見られないもののウェイトレスを見て非常に嬉しそうな人達を見ているだけでとっても楽しかったのでした。 彼らは来週も来るかもしれません。 店を出てからは眼鏡っ娘の魅力というか理論を聞かされたりしながら駅へ。 某氏と二人で有楽町へ行き劇場版知世ちゃんを見たのでした。 前売券などは持っていないのでバンダイビジュアルのパンフレットに付いていた割引券を使ったりして。 総じてTVよりも表情が豊かという印象を受けます。 TVではほとんど見られない知世ちゃんの目が点になっている表情が数回見られてちょっと嬉しいのですが、 個人的には知世ちゃんはさくらちゃんがほぇ〜っとしている横で 澄ました顔をしているのがよろしいと思っているのでちょっちアレなのです。 それはそれとして知世ちゃんが真っ先に救出されたので安心感がありましたです。 でも井戸の脇に残されてしまってからは一気に見る気が無くなってしまったのでした(笑)。 さくらちゃんが井戸に落ちそうになる所と本を開く所で瞳孔が開いた状態になっていて瞳の色が不気味でなかなかよろしいのですが、 瞳にハイライトが残っているのがちょっち弱いです。 第9話の利佳ちゃんや第45話の小僧小狼君や第46話のさくらちゃんのような表現の方が個人的には好みです。 それはそれとして賑やかなお姉さま方に喜っ子おねーさんに山口由里子さんが含まれているのですね。 しかもちゃんと名前まであったとは、、。 時間は長くなっているのですがなんか話のテンポがよくないという印象を受けましたです。 まぁ、内容的には解り易いのですけど。 同時上映の「CLOVER」ですけど、私には意味不明なのですけど、絵が綺麗です。 翼を持った機械少女というとヴァンデミエールが思い出されます。 終わってからは某氏とは別れて秋葉原へ戻ったのでした。 ♪氏を呼び出そうとしたのですがなかなか捕まらず。 それでもちゃんと合流してから理由を尋ねたのでした。 「ウケ狙い」とのこと。素晴らしい。実用的な理由は無いのですね。 彼は劇場版ナデシコも二重購入するとのことです。

_1999年9月6日(月)  ともよ銀行 ATOK13
そんな訳で午前二時頃まで原稿書き。 今更グラフを二つほど書かなければならないという事に気付いたのでした。 また草稿の発送が遅れてしまう…。 大海原氏からある件に関する質問のメール。 「こういうことは重野さんが詳しそうなので……。」に苦笑。 いやいや。確かにそーゆー無駄なデータは頭に入っているのですけれど。 でも一件だけ曖昧だったりして。 合併する銀行の新行名は「社内で募集」とのことでありましたので、 三行のうちの某銀行の方に「ともよ銀行」を提案しておいたのでした。 ってゆーか口にしただけです。 でも相手が意味が解っていないと全然意味無いんですよね。 誰か関係者で意味が解る人いないかしら。 出身大学の関係で銀行方面へのコネクションは弱いのでかなり困難っぽいです。 まぁ、いずれにしても冗談なのですけれど。 ATOK13の優待販売が行われるようです。 手書き入力などに魅力を感じますしやっぱり買ってしまうのでしょうけど 「ドクターマウス」は便利そうなような役に立たなさそうなで微妙です。 ただ、他のOSのATOKも優待価格で買えるというのはかなり魅力的です。 ところでWindows版のATOKとLinux版のATOKで辞書ファイルを共用できるのでしょうか。 現在TurboLinuxにバンドルされているATOK12SEは辞書登録が出来ないようなので Windowsの領域をマウントして辞書ファイルを共用出来れば便利なのですが。

_1999年9月7日(火)  制御本 日記
FreeBSD上のpLaTeX2eもメモリ領域を拡大し、Makefileを書いてからmakeしたのでした。 って、実は索引周りで一部手動で修正しなければならない箇所があるのですが。 .indファイルをPerlで加工するようにすれば 全自動化も不可能ではないかもしれませんが、ちょっち難しそうです。 よーするに¥indexspaceを適宜置換若しくは削除するだけなのですけど、 何を基準に置換若しくは削除するようにするのかが難しいです。 ってゆーかその規則性が出来れば九割方出来たようなものなのですけど。 2ページずつまとめて出力。プリンタが遅いというのは我慢できるのですが、 画質が、ちょっち不足気味かなぁという感じです。 文字に関しては十分な品位だと思うのですけれど、 画像に関しては300dpiでは若干の不満が残ります。 1200dpiぐらいのレプリが欲しいのですけど、そうなるとA3用になってしまうのですよね。 A4対応で1200dpiでGhostscriptが通るなどという都合の良い製品はないかしら。 そんな訳で草稿は近日発送します>みなさまっ で、改めて読み直してみるとなぁんか全然駄目。 ここ二週間ぐらい第七章以外は見ていなかったのですけれど、 なんか、こう、自分の文才無さ過ぎ。ってゆーか第六章と第七章が上手過ぎ。 やっぱキャラクターへの愛が足りないのかなぁ。 キャラクターへの愛情ってパロディ本を作る上でかなり大事ですものね。 まぁ、あくまでも人に見せる物である以上は独りよがりではダメなのですけど。 肝心の説明もなんか雑。こんなのでちゃんと間に合うのかなぁって思ってしまいます。 もちろん間に合わせますけどね。春まで遅らせるつもりは毛頭無いです。 そーいえば某氏のページに今月から日々のタイトルが付けられていますね。 それから某ページの日記にもnameアンカーが付いたのでリンクを直したりしたのでした。 このページはあるディレクトリに日付毎にYYYYDDMMという名前のファイル(Y2k対応(笑))を用意しており、これをSSIで読み出しています。 各月毎の日記ページ(YYYYMM.html)には<!--#exec cmd="cat $dirname/YYYYMM??"-->とあり、月毎に古い日付から先に読み出されます。 これに対して「最近一週間(recent.html)」では <!--#exec cmd="cat `ls $dirname/???????? | tail -7 | sort -r`"--> としてあり、ファイル名の最後7つを抽出し、逆順にして読み出しているのです。 従って更新するためにはこの日付毎のファイルをアップロードするだけで済みます。 頻繁にチェックするのであれば新しい日付が上に来るのが良いですし、 バックナンバーを読むのであれば古い日付が上に来るのが良いと考えてこのような物にしてあるのです。 ですから、頻繁にチェックされるのであればrecent.htmlをブックマークしておくのがよろしいと思います。 そーいえば某氏も私のやり方をそっくりコピーしていったっぽいのですけど、最近更新されていませんねぇ。 あんまり更新されないと「最近一週間」にならなくなってしまいますよん。 某氏の日記が更新されているのですけど、 マシン名をころころ変えるのは止めてくれぇという感じです。 せめて変えたら変えたでちゃんとマシンの紹介ページの方も更新しておいて欲しいです。 帰宅途中の車内でコンパイルしたりしたのですけど、 Libretto50では一回のコンパイルに二分以上掛かるので困ったのでした。 しかも実際作るには三回コンパイルしなければならないですし。 帰宅したらMakefileの作成。って、本文はちょっち一休み。

_1999年9月8日(水)  Makefile PLEXTOR エンディング
make一発で何をしたかったのかと申しますと、当然ソースから.dviファイル、そして.psファイルを作成したい訳なのですけれど、索引に「あ行」「か行」などの見出しを付けたかったのでこの部分を手動で書き加えなければならなかったのです。 当初、ってゆーか昨日の時点ではmendexから吐き出されるソート済みの.indファイルを加工しようかと思っていたのですが、よく考えたらLaTeXの吐き出す.idxファイルに見出しを加えて、ソートはmendexにおまかせという方法を思い付いたのでした。 実行したところほぼ思い通りになったので良い感じです。 って、ちょっちおかしいのでPerlで小細工したりしたのですが。 そんな訳でmake[Enter]だけで30秒余りで完成した.dviが出来て快適なのです。 Librettoの約十倍の速さという事になります。 ちなみに今まではplatex,platex,mendex,mule,platexと打っていたのですが。 更にmake ps[Enter]でPostScriptファイルも出来ます。 make cleanまで作ってあったりして(^^; それはそれとしてご指摘ありがとうございます。そんな訳でこっそり修正。 しかし「ダメ人間度チェック」と並べられるとなんかアレなのですけど、そんなにお気に召しましたのでしょうか? 知世ちゃんの新しいエンディングは非常に素晴らしいという情報が数箇所から入ってきています。 そんな訳で某氏にお願いしておいたのでした。 某氏のマシン名はそーゆー所からとったのですか。 その付け方だと私の98は「maya」ですか(笑)?今は「liberty」でもよいのですけど、。 そんな訳で草稿発送。紙ファイルに綴じると冊子小包にならないのですね;_; 仕方が無いので定形外にしました。 PC WORLD EXPOでPLEXTORが4倍速書き込み対応のCD-RWドライブを展示しているらしいのですが、 インターフェイスがATAPIであるようです。 名称はPLEXWRITER8/4/32A(PX-W8432Ti)。 ついにATAPIに走りますか。ファンとしては滅茶苦茶残念。 それでも読込み32倍速のCD-R/RWドライブというのは流石PLEXTORという感じがします。 現状では書込み速度も含めて最高速ですね。 「市場はCD-RWに向かっている」らしいのですが個人的にはCD-RWってメリット感じないのです。 CD-Rのメディアがこれだけ安いと使い捨て出来ますし、 CD-RWのメディアだと読込み速度が8倍速ぐらいに制限されてしまいますし。 帰宅したら某氏から借りたビデオを見るのでした。 オープニング。確かに1秒ぐらいしか出ていない;_; 動かないという意味ではエヴァのオープニングのマヤさんや委員長以下です。 しかもなんか目つきがヘンだし。こまったものです。 唯一許せる点としてはさくらちゃん以外のキャラクターで最初に登場するという点でしょうか(笑)。 目つきと言えば今回のオープニングはさくらちゃんの目つきが眠そうと言いますか焦点が定まっていない絵が多いような気がします。 別に焦点が定まっていない絵柄が嫌いというわけではないのですけれど、さくらちゃんのような活発なキャラクターは焦点がきちんと定まっている方が良いです。 曲に関しては結構良い曲だとは思うのですがこの作品に合っているか、ふさわしいかという意味ではちょっち疑問符です。 個人的にはこれまでの二種類のオープニングのような元気の良い曲の方が作品に似合っていると思うのです。 で、肝心のエンディングなのですけど、良いです。 本編では色んなサブキャラが登場して知世ちゃんの出番が減り気味であり悲しいのですが、 やっぱり作中での知世ちゃんの重要度は高いのだなぁと安心させられます。 視点が動くカットのうち最初の二つでは視点が知世ちゃんからさくらちゃんの方へ移動するというのがとっても素晴らしいです。 あとは知世ちゃんの服装も良いですね。 やっぱり知世ちゃんにはロングスカートが似合います。 あとは服の首がしまっているというのもちょっと良いですね。 最大の欠点は絵が全て静止画という事でしょうか。 まぁ、それも最近のアニメではよくあることなのですが。 そんな訳で思わず5回ほど見てしまったのでした(笑)。 こーゆーときビデオからキャプチャ出来ないのは不便だと思わされてしまうのです(笑)。 DVD買ったら速攻でキャプチャしないと。 で、本編ですけど、最初の8分程はかったるかったので早送りしまして、「絶頂ですわ」と追い打ちを掛けるのがとってもよろしいです。 あとはふわっと嬉しそうな顔になる利佳ちゃんもちょっと良いです。 転校生がやって来るというのは学園物の定番なのですけれど、いっつも不自然に思われるのですけど通常学校の教室には「空席」と言うのは無いですし、必要無いですよね。 転校生が来るという段になって倉庫などから机と椅子を運んできて教室の後ろの方に置いていたような記憶があるのですが、私が通っていた小中学校だけでしょうか。 それはそれとして見ていて思ったのですけれど、知世ちゃんはいつもさくらちゃんさくらちゃんと言っていて「さくらちゃんが好き」とはっきり言う程なのですけれど、 さくらちゃんを自分の物にしたいとか独り占めしたいとか恋人にしたいとかそういう気持ちは無いように思われるのです。 ただ自分が作った服を着ているさくらちゃんを見ていられればしあわせであると。 だからさくらちゃんが雪兎さんを好きであれば嫉妬する事も無くそれを応援し、小僧小狼君がさくらちゃんを気にしているようであればそれをまた応援するという事からそう思われるのです。 って、状況を楽しんでいるのではないかとと思われるような小悪魔的なところもたまに見受けられるのですが。

_1999年9月9日(木)  CD-R/CD-RWチェンジャ 音楽CD吸い出し
ぎょぴ氏の誕生日であったりします。おめでとうございます。 久し振りに重要キーワードに登場してしまったりしたのでした。 いちおー言い訳しておきますと、 例の件に関してはおる氏の了解を得てからにしたかったのです。 リコーが 5インチベイに収まるCD-R/CD-RWチェンジャを出すようです。 複数枚に同じ内容をコピーしたり出来るようで 秀氏や竜などには是非とも導入して頂きたいです。 改正著作権法の施行に伴いcd2wav配布中止とのことで PLEXTORの動きが気になっていたのですが、 ドライブ製造メーカであるシナノケンシは改正著作権法に抵触しないと発表したとのことです。 「ディジタル・コピー禁止ビットごとコピーするので問題ない」とのことです。 会社がこのような見解を発表した訳ですが、 cd2wavの作者の方はどう出るのかが気になります。 それはそれとして某Hさんと某K君と某S氏はなんつう談義をしてるのですか? 私はそういうのダメなのですよ。体質的に。 理由はここに書いてあるのとほぼ同じなのですけれど、大体こんな理由です。 だからREBIRTH/Airの冒頭のあのシーンも嫌い。 ってゆーかあのあたりだとビスケットの方に目が行ってしまうので関係無いのですけれど。 で、日記が支離滅裂なのは段落を切っていないからであると思われます。 多少読みにくいかもしれませんけどこーゆースタイルで通しているですので変えるつもりは無いです。 仕事に関してある仕事の回数が減ったらしくかなり嬉しかったりしたのでした。

_1999年9月10日(金)  gs5.10 キーボード
portsで作ったgs5.10の出力があんまりにも汚いので設定を見直したところ vfontcapがおかしかったのでした。 面倒なので書き換えずにgs5.03のをそのままコピーして使ったのでした。 特に問題は無いのですが事の後になってシンボリックで良かったかなと思ったのでした。 いちおう綺麗にはなったのですけれどよぉく見ると若干の不満が残るわけで、 理想的には電子入稿にして出力センターで出して貰うのが最もよろしいのでしょうね。 無料で拾ってきたレプリなので贅沢は言えないのですが それでも限られたハードウェアで最善の出力を得たい訳でして、 ljet4ドライバで網掛けを通常にするかlj4dithを使って誤差拡散にするかで少し迷っています。 写真だと誤差拡散の方が荒い解像度でも微妙な階調が出て綺麗でしょうけど、 グレーベタだと斑模様が出て少し汚い感じがします。 まぁ、ページによって使い分けるという手も無きにしも非ずなのですが。 ベターマン(ってゆーか間のCM)を見ていて気が付いたのですけれど ビクターもガオガイガーやベターマンをDVDを出すのですね。 っとゆーことはTV版吸血姫美夕のDVDが出る可能性も多少は出てきた訳で、 まぁそんな感じです>原君。 おる氏の「部誌書かねば(^^;」に笑う。まだ書いていなかったのですか。 そーいえば上野氏や中谷君も慌てて書いていたような記憶があるのですが。 しかし彼の場合追いコンはどうするのでしょ? 職場のマシン(ThinkPad390)の右Altキーの具合が悪かったので該当個所を 分解掃除する事にしたのでした。 って、右Altキーなどを使う人自体珍しいような気がするのですが。 キートップを外したのはよいものの組み直すのに少々手間がかかってしまったのでした。 それでも構造をちゃんと理解すれば分解するのも組み直すのもそれ程難しくはないです。 IBM独特の「パンタグラフ構造」ならしいのですが喩えるならば下枠交差形でしょうか。 分解の結果多少は具合が良くなったので問題は無いのです。 某氏に誘われ早目に退散。 彼は少し勘違いしているっぽいのですけど私は別に知世ちゃんだけが重要という訳ではないです。 他に重要なのはヨコハマ買い出し紀行のアルファさんに エヴァの伊吹マヤさんと委員長(洞木ヒカリ)といったところです。 って、4人もいるのはちょっち切り売り気味かもしれませんが。 知世ちゃんに関しては当初は岩男潤子さんの声がよろしいですねという感じであったのですけれど、 色白・黒髪(←これ重要)と独特の大ボケがなんともよろしくてその後更に気に入ってしまったのです。 で、なんで最近このページで知世ちゃんネタが多いかと申しますと やっぱり現在放映中で作品が旬だからというのが大きいでしょう。 エヴァなんてもう4年も前のアニメですし、 ヨコハマは連載は続いていますがOVAも打ち切られてしまいましたし。 アルファさんに関しては他の三人とはちょっち話が違いまして、 もちろんキャラクターが好きというのもあるのですけれど、 それ以上に作品の持つ雰囲気とか世界観が好きなのです。 好きって言うよりは憧れ入っているのですけど。 最近「癒し」系というのが流行りらしいですけれど、その系統の作品ですね。 に対して他の三人に関しては作品が好きというよりはキャラクターが好きなのです。 だから重要な所だけ見たり 重要でない所は早送りしたりするのです。 そんな訳でお解り頂けましたでしょうか>某氏

_1999年9月11日()  TeXと図 lain
体調はあんまり思わしくないのですが制御本の図を書くのです。 第五章「直流機」の図は基本的には鉄気味5からの使い回しであるのですが、 綺麗になるように書き直したりはするのです。 前回はPicTeXで書いていたのですが、品位に不満があるしメモリを馬鹿喰いしてトラブルも多かったので今回はTpicで書き直しです。 全然書式が違うのでExcelと格闘しながらパラメータを決めたりするのです。 私はTeXの図ではLaTeXのpicture環境というのを最も好みます。 慣れれば精密な図が書けますし、出力もそれなりです。 環境依存も無くpLaTeX2eを使えば様々な制約もかなり回避出来ます。 picture環境で書けないような図、主に円弧が絡んでいる場合には 以前はPicTeXを使っていました。 環境依存が無いというメリットはあるのですがトラブルは多いです。 処理に時間が掛かりdviファイルのサイズが爆発する割に品位もイマイチです。 そこで今はTpicを使うのです。 環境依存はあるのですが自分が使っている環境では問題無いと判断し、また、出力も綺麗です。 欠点はミリインチ単位に換算しなければならないという事でしょうか。 TeXに図を張り込むためにはepsfを作って取り込ませるというのが一般的であるとは思うのですが私の場合にはこれは最後の手段です。 とは言っても写真などのラスタ系の画像ではこれしか手が無いのですが。 自分がこの方法をあまり使わない理由は納得のゆく操作性のドローソフトが無いという理由が大きいでしょうか。 この手を使っても文字はepsfには含めず、picture環境で文字だけ重ね書きしたりという事をします。 体調の悪さに耐えかねて図は完成しないまま3時頃ダウンしたのでした。 1430頃♪氏からの電話で起き出したのでした。 彼が津田沼まで来たいと言うのでそれなりに体調も回復していたので了解したのでした。 夕方駅で合流し、夕食を取りながらPC WORLD EXPOの話を聞いたのでした。 寮に行ってからは彼が買ってきたTo Heart Vol.4を鑑賞。 って、お互い一度見ているのであんまり真面目には見ていないのですが。 しかし特典映像には笑わせて貰ったのでした。 ここにもありますが あえて綾香さんにセリオというマイナーキャラを出してくるところがポイント高いです。 そーいえば岩男潤子さんってこういう高飛車系のキャラは珍しいような気がしますです。 御丁寧にエンディングまであって笑えます。 そんな訳で再履修してしまったりしたのでした。 その後は彼がlainを見たいなどと言い出すので見たのでした。 彼はTVでの放映時に一回だけ見てわけわかだったらしいのですが 今回見直してかなりお気に召したらしいのでした。 彼の様子を横から見ているとだんだん画面に近付いていったような気がします。 「川澄綾子さんは良いですね。」としか言わないぬ玉とは違って 「To Be continued」 などの洒落も彼はちゃあんと解っているようです。 時間の都合上Layer:03までしか見られなかったのですが今すぐにでも買ってしまいそうな勢いです。期待しておきましょう。 なんか彼は知世ちゃん第二期以降の二重購入の断念を検討しているとか。 山を崩すような事をしては面白くないでしょう。ウケ狙いで是非ともして欲しいです。 彼が帰ってからは録画しておいた知世ちゃんを見たのでした。 ヘッドセットを付けた知世ちゃんが超絶可愛いのですが、 ケロちゃんと連絡を取る必要が無くなった後でヘッドセットを外して首に引っ掛けて 更に長い髪を掻き上げてヘッドセットを髪の中に入れてしまってくれたら (←言葉だけでは表現しがたい)なおよろしかったなぁって思ってしまうのです。

_1999年9月12日()  ARIEL GREAT FALL
体調は良くないのですがそれでも昨日の続きで図を書くのです。 少々厄介なのが一応出来上がってそれなりの品位が得られたのでまぁよしとしましょう。 3時頃倒れ、体調が悪くて起き出せないまま時間が過ぎてしまうのです。 リンパ腺が痛くて困ったものです。 午後中谷君から電話があってやっと起き出し、 多少体調が悪いのをそこをあえて秋葉原へ出掛けたのでした。 荷物を軽量化するためりぶやデジカメは持たず。 秋葉原で中谷君、原君と合流してからは今日は珍しく円盤探しの日となったのでした。 購入予定リストのうち既に発売されていて未購入の物は無いのでただつきあったり煽ったりという感じなのです。 新規開拓しようにも魅力的な作品はあんまり無いのですが、 少々古いのですが「KEY THE METAL IDOL」は少々興味があったりするのです。 って、もし買ってしまうと「夜のアニメ」ばかり増えてしまってバランスが悪いのですが。 「電子の妖精」を初めて肉眼で確認したのですが201系とはなんの関係も無いですね(笑)。 とゆーのは置いといてねこみみのジャケットがなかなかアレです。 もちろん買ったりはしないのですが。 末広町のリバティでここ数ヶ月探し続けていた「ARIEL GREAT FALL」を発見してしまったので少々高かったのですがさっくりと購入。 これでldq -Pldは本当に空になりました。 夕食を食べたりしてから別れて津田沼に戻り再生したのでした。 う〜みゅ。正直イマイチです。ってゆーかこれまでの作品に比べてもよろしくないです。 原作者がこれに納得したとはとても思えないです。 この話の作者・脚本には「作用・反作用」という言葉を教えてあげたいです。 それでもこれで一応ARIELのOVAは補完された筈でありますので、 ご覧になりたければ連絡下さい>興味のある方々

_1999年9月13日(月)  プレステ2
起きた時点ではそれ程でもなかったのですが通勤途中にどんどん体調が悪くなってしまって困ったものなのです。 しかも朝から食堂でダマされたりしてなぁんか幸先の悪い一週間の始まり方です。 各所で報じられていますがプレイステーション2が発表になっていますね。 39,800円という値段はゲーム機としてはやや高く感じられますが DVDが再生可能であるという事を考えれば決して高くはないですね。 メディアがトレイローディング式というのがゲーム機としてはちょっち珍しいです。 そーいえば最近なるとが米国で発売になってかなり売れているとか。 米国仕様だと箱には湯川専務もルリちゃんも描かれていないようです。 体調が悪いので少しだけ早目に帰ったのでした。

_1999年9月14日(火)  午前休
早く帰って早く布団に入ったのは良いのですが、頭が痛くて全然眠れなかったのでした。 なんか意味も無くうんうん言っていた時間が長かったような。 朝になっても復調しないので職場に電話を入れて午前休にし、朝は病院に行ったのでした。 薬を貰ったりしてから多少時間があったので新橋の交通書房を覗いたりしたのでした。 残部は5冊ぐらいでした。月あたり一冊ぐらいですか。 ここはそういうのには向いていないようです。 某氏は先週行けなかった某氏を引き連れてまたもGAMERSスクエア6階に行ったとか。 しっかし某氏って髪フェチだったのね。 知らんかったといえばそーだけどその気はあったと言われればそうなような。

_1999年9月15日()  猫曜日 PostScript
少しは本を進めたりするのです。 とは言っても古い図をコピーして調整するだけなのですが。 昼間は洗濯をしたりしたものの体調もまだ完全ではないので基本的には猫曜日。 かなり遅い時間になって起き出し敬老の日だしと祖母の所に電話を入れたりしたのでした。 ついでに自宅に電話を入れると召還魔法がかかってしまったのでした。 そんな訳で土曜日は帰省です。 eps画像を取り込んだTeXの文書がトラブルを起こす事が多いので調べたりしたのでした。 なんかepsfを作成するソフトに依存するようです。 ソースのヘッダと末尾を眺めたりするのですが素人の私には全然解らず。 それでもどーにか回避するような方法は見つけたのでした。 って、本当に確実に回避出来ているのかは謎なのですが。 PostScriptに関してももう少し勉強が必要ですね。 良さそうな本は発見しているのですが少々高いのでまだ手を出しかねている状態なのです。

_1999年9月16日(木)  MD-5000 コンパチ機
昨日猫曜日しただけあって朝は早くに爽やかな目覚めであったのでした。 体調もすっかり良くなった感じです。 アルプス電気MDシリーズ用Ghostscriptドライバというのが存在するという事を知ったのでした。 MD-5000なら最大1200x600dpiでカラー出力も可能とのことで、 そーなるとMD-5000が非常に魅力的に感じられてくるのです。 でも年末に買うのはなんかやだなぁ(笑)。 買うとしたら10月中か年明け。って、年明けだと意味激減なのですが。 DVL-H9ですか。 あたしはそこまでお金は出せないですのでDVL-919です。そーいえば安枝氏も919ですね。 あたしが買ったのは今年5月ですが、 彼は発売直後の昨年末に入手していたようです。 中谷君や原君も919ですが、 あたしの周りでH9を持っている人はいないです。 以前某氏がなんでDVD/LDコンパチ機が流行るかなぁとおっしゃっていたのですが、 私は某氏とは違って全面的にDVDへの移行はまだ出来ない状態です。 やっぱりレガシーデバイス(笑)は切り捨て難いですし、 まだまだLDでしか発売されないコンテンツも多いです。 って、会社に大きく依存するのですが。 PIONEER LDCだとDVDに非常に積極的、って、当たり前なのですが、 まだDVDを発売すらしていない会社もありますし。 まぁ、私の場合にはldq -Pldはno entryなので今後LDを買う事はまず無いとは思うのですが、「備えあれば、憂い無しですよ。」ですし。 LDプレイヤーとDVDプレイヤーを別々に用意するのに比べるとコンパチ機では接続の面でメリットが大きいです。 テレビやPC(笑)の入力を切換える必要が無いというメリットもあります。 デメリットはDVDとLDを同時に回せないという事ぐらいでしょう。 出身高校の学園祭は19/20日とのこと。 なんで土日じゃないの?と思ってしまいます。 まぁ実家に戻ったついでに行くというのが良いでしょうな。 某氏の日記で昨日は猫曜日という事になっているのですが電車に乗った時点で猫曜日とは言えないように思われます。 まぁ、私が定義した語ではないので今度正確な定義を聞いてみましょう。 それから「しりあるえくすぺりめんつ」ですね。 いや、何がしりあるなえくすぺりめんつなんだかは私も知らないのですが。 まぁ、実験的な作品と言えばそうかもしれないです。

_1999年9月17日(金)  Ghostscript
原稿をMD-5000で刷っているDPPの本を見たのですが、やっぱり斜めのモアレが気になります。 でも文字の品質は細かいポイント数でも綺麗です。 それからC56のテンダの方はどうやって作っているのですかねぇ。 単に原画をコピー機でコピーしただけでしょうか。 そんな訳でgs5.50のソースを展開して調べたりするのですがこの状態で一応MD-5000に対応しているのです。 ただ、モノクロ印刷にしか対応していないとのことでカラー印刷をするためには別にドライバを拾ってこなければならないようです。 今夜あたり作ってみましょう。 某さんが朝からシーマンを始めたなどとのたまっておられるのです。 モノは見た事が無いのですがなんか気持ち悪そうな上に数日放置すると怒られたりするそうで、あたしにはとても向いていないです。 しっかしDVDを9枚もまとめ買いとは流石ですな>某氏 しかも二週間ほど前のldqには入っていなかったような気がするのですが。 夜はDPPからメールが戻ってきていたりしたのでした。

_1999年9月18日()  Ghostscript 立川
vfghostscript55のportのMakefileとscripts/configureをファイル名には気を付けつつそれっぽく修正。 ダウンロードしたMD-5000用ドライバのアーカイブはdistfilesに置き チェックサムをキャンセルするようにしてからmakeすると なんかそれっぽい物が出来てしまったのでした。 とりあえず手持ちのLaserJetではちゃんと刷れるのです。 md5kドライバにしてファイルに吐き出させると何か吐き出されているのです。 こうなったらもうMD-5000買ってしまうという事に決定したのでした。 ps2pdfという物を試してみたのですが一応pdfが吐き出されるという感じです。 ただLaTeXで特殊なフォントを多用しているため ファイルサイズがPostScriptファイルの倍ぐらいになる上 やっぱりと言いますか図周りで少しおかしくなっているのです。 それでも本の一部分だけをWeb上で公開するのには使えそうです。 古い原稿はhtmlやpdfにして公開したいのですが、 ソースコードや画像ファイルが失われていたりして再構成が困難であったりするのです。今後の課題ですね。 未明まで原稿を書いていた割にはあんまり進まなかったのでした。 キーワードのネタにされるという妙にリアリティのある夢を見てしまったりしてから起き出すと1420。 職場の面々でまたもGAMERSスクエア6Fに行く予定であったのですが 1500秋葉原電気街口改札で待ち合わせであるので完全に遅刻です。 仕方が無いので二次会から参加すると電話を入れたのでした。 電車で秋葉原へと向かったのですがもの凄い行列で断念したとのことであったのでした。 明日が最終日ですからねぇ。 そんな訳で秋葉原駅で合流してから中央線に乗り立川へ。 今日はちゃあんとメイト服のウェイトレスがいてとっても安心したのでした。 どうも土曜日が比較的存在確率が高いようです。 二時間ほどかけてのんびりと夕食を取りながらお喋りしたのでした。 立川に戻ってからは他の人達とは別れて実家に戻ったのでした。 ついに神奈中の旧塗色が無くなるようです。 以前は神奈中はバスを8年しか使わないという特徴があったのですが、 最近は長く使うようで、最後の旧塗色車は13年も使ったようです。 帰宅したら召還された目的の相談を受けたりしたのでした。 なんかWindowsNT3.51はY2Kを超えられないらしいのです。はぁ。 WordやExcelの使い方を教えたりしたのですが こーゆーのって身近なところに教えてくれるような人がいるのが一番良いですよね。 せめて親がメールを使えるようになってくれればそういうのを教えるのにも都合が良いのですが。 父親は解った解ったと言っているのですが多分解っていないでしょう。

_1999年9月19日()  MD-5000 秋葉原
母親と他愛の無い話をかなり遅くまでしていたのでした。 友達とは話せないけど親とは話せるような話ってありますよね。 「一番最初の他人、母親。」とは言ったものですし。 朝になるとやっぱりと言いますか父親は昨日教えた事を一部忘れているようで困ったものなのです。 こちらが操作をしても自分で実際に操作をしてみないとなかなか覚えられないとは思うのですが。 「10万円でそこそこのパソコンが買える」という発言から無趣味の母親が急にPCに興味を持ったらしく、相模原の家電屋に行ったのでした。 ここでMD-5000が税別¥29,800であるのを発見し即購入。秋葉よりも二万近く安いです。 ちなみにスケルトンのMD-5000iは¥49,800ぐらいであったのですが。 突然の買い物に親はかなり呆然としていたようです。 相模原から津田沼まで持って帰るという訳にも行かないので配送をお願いしたのでした。 続いてお寿司を食べたのでした。とは言っても回転寿司。 こうお皿を重ねるのって何年振りかなぁと思ってなんか懐かしくなってしまうのは良いとして、 最初からデザートを頼む(←「取る」ではない)父親には呆れて物も言えないです。 駅まで送って貰い、横浜線で長津田、そして田園都市線で青葉台へ。 出身高校の学園祭なのです。 大学院の時の研究室の助手がここの大学に移ったとのことであるのですがお会いできず。 担任の先生に挨拶しただけで退散したのでした。 自分が所属していたクラブは今年も不参加で困ったものなのです。 バスで市が尾まで出てから田園都市線で渋谷へ。 ホームが入れ替わった二子玉川園を通ったのでした。 2・3番線はホームの目の前にダブルクロスがあるのが少し変わっています。 秋葉原に着いたら中谷君、原君と合流。 何故か「KEY THE METAL IDOL」のLDを一枚目だけ頂いてしまったのでした。 私が彼らに毒電波を浴びせまくった逆襲のようなのですが、 これに関しては見てみてもし気に入れば全部買い、 もし気に入らなければ買わないことにするという事にして 結局私に選択権を与えただけになってしまったのでした。残念でした(笑)。 「ああっ女神さまっ小っちゃいって事は便利だねっ」の5枚目を購入。 バンダイビジュアルのパンフレットを入手したのですが 来週発売の知世ちゃんDVDはパッケージに入っているようです。 長方形であるのでLDに比べてジャケットの図の両端がカットされてしまいそうな予感。 まぁ、あたしには関係無いのですが。 更に美濃屋氏とも合流したのでした。 自分はldqは空であるので彼らに付いて巡回するだけです。 秋葉原ではやっぱりMD-5000が¥46,800ぐらいでなんか嬉しくなってしまいます。 パラレルポート増設カードを探して多少は互換機の店を覗いたりするのですが、なかなか見当たらないのです。 今更そのようなレガシーデバイスを使うような人は少ないようです。 三箇所程でそのようなモノを見つけたのですが、 パラレルポートだけの製品はT-ZONEミナミでしか見当たらなかったのでここで買ったのでした。 夕食を食べてから別れて帰宅したのでした。 今日は予定外に大きな円盤を抱えていたので少々機動力に欠けたです。 帰宅してからはパラレル増設カードのインストール。 これで3本あるISAバススロットが全て埋まってしまったというなかなか困った状態なのです。 BIOSやI/Oアドレスの設定を行いカーネルを作り直したりして Windows/FreeBSDともに増設したパラレルポートが使えるようになったのでした。 って、なんかIRQが使われていないっぽいのですが。

_1999年9月20日(月)  KEY THE METAL IDOL
「入れた手のお茶」の他に「本日回転のカフェ」もあるのですね。 マシンをいじったり女神さまっを見たりしていたので少し遅くなってしまったのですが 折角頂いた事ですしキィを見たのでした。 って、例によってPCのディスプレイにオーバーレイ表示なのですが。 かなり見流していた感じではあるのですがやぁっぱ目を付けていた甲斐があったです。 てきとーな時に小さい方の円盤でさっくりと買ってしまいましょう。 ただ、これを買ってしまうと手持ちの円盤で夜のアニメ(*)の割合がますます高くなってしまうというのが困ってしまうところなのです。 そんなわけで一枚目を全部見てからかなり遅くに寝たのでした。 しっかし大海原氏からの質問メールの使途はそんなんだったとは。しかもわざわざMLに投げるとは。はぁと言う他ありません。 妹属性度チェックは643,896。 平均は大きく下回っているので問題は無いでしょう。 ♪氏は昨日lainを一枚目だけ買って昨夜は二回ほど回したようです。 「早く続きが見たい」などとのたまっているので来週にでもさっくりと補完してしまうのがよろしいかと。 某さんのシーマンはよく解らないうちに全滅とのこと。 帰宅してもまだMD-5000は届いておらず。 サイバーリンクのPowerDVDだとRainbow Runner Gとの同時使用及び画像キャプチャも可能で重要であるという事に気付いたのですが、ATOK12との相性が最悪なので導入は見送られたのでした。 これが改善されたら即買いですね。

_1999年9月21日(火)  検索サービス iMac
アクセスログを見ると検索サービスからのアクセスがあったりするのです。 ページを移動してからは初めてです。 過去には圧倒的に多かったgooではなくinfonavigatorであったりします。 キーワードは「オヤスミナサイ 四季賞」で4月の日記。 妥当ですね。自分で調べたところ日記ページが幾つかヒットしていました。 gooのロボットは来ているようなのですがまだ登録されていないようです。 最近検索できなかったりメールを飛ばしたりgooもトラブルが多いですね。 登場した当初は本当に凄いサービスであったのですがhttpdをNCSAからM$IISに変えてからトラブルが多くなったような気がします。 そんな訳でATOK13の優待販売を申し込んだのでした。 折角だからと「ドクターマウス」も付けてみたりして。 って、使えるかどうかは謎なのですが。 e-oneは製造、販売、販売のための展示および輸出入が出来なくなるとのこと。 Appleの全面勝利と言えそうなのですが、 この製品に関してはSOTECのポリシーの無さに呆れてしまいます。 店頭などで細かく見比べた訳では無いですが、 この製品のデザイナーってプライド無いのかなぁって思ってしまいます。 会社命令で逆らえなかったのかもしれませんが。 iMacというのはデザインが受けているようですけれど、 個人的にはその製品コンセプトが良かったというのもあったと思います。 初心者向けに徹して拡張しないという事を前提とし、 性能面でも買ったそのままの状態でそれなりに使えるとは思います。 昔某社がCan'tBeというのを出していましたが、あれをもっともっと徹底させたように解釈しています。 ただ、このコンセプトを業界向けのG3にも持ち込んだのはかなり失敗であったように思います。 業界では互換性の低さからかなり不評であるようですし。 私はMacはとにかくOSが不安定であるので嫌いなのですが、 Windowsに比してカラーマッチングとフォント関係では明らかに良く出来ていると思います。 いずれもWindowsではまだまだお粗末であり、 WYSIWYGという点ではMacの方が数段進んでいるとは思います。 って、仕事ではともかくプライベートではFreeBSD上でTeXからPostScriptに落としているので全然問題無いのですが。 夕方は学会関係で東京タワーの近くへ。って、なんかこの用事で出掛ける度に雨が降っているのですが。 代理で発表したのですが質問されたりして困ってしまったのでした。 国立大学の独立行政法人化が話題になったりしたのですが 個人的には独行化した方がお金や人の使い方に自由度が出来て大学側にもメリットがあると思うのです。委員会の後は直帰。 MD-5000は不在のため持ち帰られてしまったのでした。 仕方が無いので木曜日に配達して貰うことにしたのでした。 PowerDVDは最新のVer.1.6だとATOK12との相性問題が解消されているようです。 そういう訳で近いうちに導入予定。って、1.6がもう出回っているのかが謎なのですが。

_1999年9月22日(水)  秋葉原 用語集
「恥ずかしいので ひ・み・つ(^^;」というのがとっても気になってしまうのです。 某氏もやっぱり昨日は最後の4分を落としてしまったとか。 なんか絶賛の声が高いのですがあたしゃ3カ月後に円盤で補完すればいーやという発想になっているので問題ありません。 そんな訳で昼休みは秋葉原買い出しです。 って、当初計画では今日発売の劇場版エヴァだけを買うつもりであったのですが、 フライング販売されている知世ちゃんがとっても可愛かったのでついふらふらと買ってしまったのでした。 予想通り縦長のパッケージです。 このタイプのパッケージって置き場を取らないというメリットが薄れるので個人的にはあんまり好きではないのですよね。 ちなみにエヴァは例によってGAINAX版です。 そんな訳で某店の予約の方はキャンセルです。ごめんなさい>某店  しっかし昼間にあの店に行くのは初めてであるのですがかなり混んでいましたです。 って、特異点であったのかもしれないですが。 あとは結構まとめ買いをして行く人が多いですね。 6枚やそこらでどうのこうの言っているのはまだ甘いようです。 って、9枚ぐらい持っている人は流石にいなかったのですが。 雨の中荷物を抱えて地下鉄に乗って職場へ戻ったのですが、 ついうっかりサンダルのまま出てしまったので空転・滑走(笑)が多くて危険でした。 一般にキャプチャカードはDVDのコピーガード信号が乗っていてもキャプチャ出来るのですね。 って、Rainbow Runner G-Seriesだとコピーガード信号が乗っている場合、 オーバーレイ表示は出来ますがキャプチャしてHDDに落とすことが出来ないのです。 更に困ったことに同じディスクでもキャプチャ出来たり出来なかったりする場合が希にあるのです。 まぁ、キャンセラを入れれば問題は解決するのですが。 職場の某Hさんと某K君の強い要望により用語集に これこれを追加。 いやいや。細かい要望があったりして大変でした^^; 帰宅してからは本来の発売日の順番に見るのです。 って、なんかパッケージにテレカが入っていたりしたのですが。 それから2枚目のディスクは珍しく黒です。 例によってレイの如く原稿を書きながらキャプチャカードでオーバーレイさせて見るのです。よーするに見る事に集中していないってゆー事ですね(^^; DEATH(TRUE)2はまともに見た事が無いのですがマヤさんはともかく委員長の出番が非常に少なくてちょっち悲しいです。2回ぐらいでしょうか。 それはそれとして「笑えばいいと思うよ。」の後の描き直しの綾波が良いですね。 賛否両論あるとのことなのですが個人的にはこちらの方が好みです。

_1999年9月23日()  エヴァ 知世ちゃん MD-5000
瞳 Airに関してはもちろんビスケットとかそういうのもあるのですが、 やっぱり見所は「大人のキス」でしょう。ここのミサトさんの表情はとっても素敵です。 そんな訳で相変わらず「気持ち悪」かったりしたのですが、 「人は他の人によって自らの存在を証明して貰わなければ生きていけない程に弱い」 と考えている私にとっては私が解釈しているこの作品の趣旨はなかなか賛同できるものなのです。 って、もう何年も前の作品について今更批評するのは非常に野暮なのですが。 引き続き知世ちゃんを見たりしたのでした。 1枚目は既に見てますしどこが重要な箇所であるのかもほぼ把握していますので軽く見流します。 初見の10枚目なのですが、冒頭から「やりますわね。」と知世ちゃんが指をV字形にあごに当てているのが第1話の影響かなという感じで面白いのです。 問題(笑)の第37話なのですが話はともかくとして作画、特に瞳の入れ方が駄目です。 文章だけで説明するのは困難であるので下手な絵を描いてみたりしたのでした。 瞳のハイライトは左側の図のように傾いた楕円形というのが標準であるのですが、 この話では右側のようにハイライトが半月形になっていて面積が広いのです。 あとは口の両端も少し鋭角的なような。 このためなんか性格が悪そうな印象(意味不明)を受けてしまいます。 全話この作画だったらここまで自分もここまで道を踏み外さなかったと思います。 って、単に他と違うから違和感感じるだけかもしれないですが。 第38話は作画も戻って一安心です。しっかし知世ちゃん賢いですねぇ。 第39話はエスコートのシーンがとってもよろしいのですが帰宅してしまってからは予想通り登場する事が無くなってしまって諦めモードです。 特典映像とかは無いです。そーゆーのは全巻購入特典に集約されるのでしょうか。 一通り見たらエヴァの1枚目と5枚目の隠しコマンドを試したりしたのでした。 1枚目はただのCMなのですが店頭デモ用とのことでエンドレスになっています。 5枚目の字幕はデフォルトがドイツ語というのが笑えます。 あとは英語にロシア語などもあります。 昼前にMD-5000が届いたのですがなんか送料着払いで少しダマされたような気分なのです。 早速セットアップ。なんかちゃちな作りですねぇ。 ケーブルの長さの関係でM/B On-Boardのlpt0をMD-5000に、 増設したlpt1を従来から使っていたLaserJetに振り替えたのでした。 まずはWindowsのドライバをインストールして試し刷り。 確かに図などはきめ細かくて綺麗です。 ただ用紙自動送りにすると紙を複数枚巻き取ってしまったりするのが困ったところです。 何種類かの印刷モードがあるので試してみるのですが最も品位が高いというVDフォトプリントにすると図鑑2でも現れていた独特の斜め線な模様が出てしまうのです。 マニュアルにもあるのですが版下作成には「高画質」に設定するのがよろしいようです。 印刷速度も確かに非常に遅いですし、使い勝手、手軽さ、 などと言うよりも印刷品位以外の全ての面でレプリに引けを取っているという感じです。 ゲラ刷りはレプリで、最終出力はMDでと使い分ける事にしたので、標準で使用するプリンタはレプリなのです。 トナーもはみ出るほどありますし。 FreeBSDで再起動し先日作ったGhostscriptを試してみるのですが、 正直な話Windowsから出力するよりも画像のきめが細かくて綺麗です。 ただ少し淡目に出力される感じですので、gsのパラメータを変えて補正しなければなりませんね。 文字に関しては今まで使っていたljet4ドライバとは全然違って繊細です。 ってゆーかljet4だと異様に太い文字が出力されていたのですが。 図の太い線と細い線の違いもはっきりしいますし、当然網掛けもきめ細かくてよろしいです。 そんな訳でやっぱり買って良かったなぁと思わされたのでした。 ただ、出力方法に関してはまだまだ調べてみる余地がありそうです。 それから印刷が遅い上に使い勝手がよく無いので、 高田氏はよくこれ一台で我慢しているなぁと思ってしまうのです。 って、あたしが贅沢なのかなぁ。 午後はおる氏と昼食を食べたのでした。彼の今後の予定は相変わらず飛ばしています。 彼と別れてから秋葉原へ行ったのでした。 って、既に昨日全ての用事を済ませてしまっているのでほとんど目的は無いのですが。 既に数店でフライング販売が行われているのです。 円盤二枚同時再生のためPowerDVD Ver1.6を探しているのですが、バージョンアップ直後であるためかどこにも見当たりません。 結局何も買わないまま退散したのでした。

_1999年9月24日(金)  瞳 二重購入
「にょ」なベターマンは例によって見流していたのですが 見ていた限りでは岩男潤子さんが声を当てているサクラがでていなくてちょっち悲しいのです。 知世ちゃん第37話の感想を調べたりしたのですが、 話を絶賛する意見が多いのは当然として瞳に関して記述のあるページは無いですねぇ。 って、あたしが極端に気にしているだけなのでしょうか? そーいえばやっぱり二重購入した人はいたようですね。まずは明日に期待しましょう。 二重購入と言えばエヴァのDVDをキング版とGAINAX版とで二重購入した人はいるのでしょうか。 って、やっぱり世の中いそうな気がするのですが。 そーいえば某氏は1枚目から6枚目までがGAINAXで7枚目と劇場版がキングであったりするようなのですが、なんか理由があるのでしょうか? ついでに両者でタイトル画面以外に違いがもしあるようであれば教えて頂きたいです。 夜には某Hさんが某氏を「馬車馬の如く」使っているのが目撃されたのでした。

_1999年9月25日()  アフタヌーン 秋葉原
二重購入 久し振りに録ったユイを見てから更に円盤を回しつつ原稿を書いたりしていたのですが0230頃にはダウン。 何故か0830頃目覚めてしまったので朝食を食べてからアフタヌーンを買ってきたのでした。 ヨコハマはなんか少しだけ展開が期待されます。 ちなみに扉は郵政省の電波監視施設のアンテナ台ですね。 「南の町の高台」の目の前にあったりします。 奥にはNTTの通研も見えていたりします。 相変わらず濃い漫画が多いので全ては読まなかったのでした。 午後秋葉原に出掛け二重購入の見物のため♪氏と合流したのでした。 既に10枚目のLDだけは買っていたのですが他は荷物になるのでまだ買っていなかったのでした。 PowerDVD1.6が出回り始めていたので購入したのでした。 秋葉原を離れる直前に♪氏はDVDの1枚目と10枚目と劇場版エヴァを購入。 立川へと向かったのでした。 メイト服なウェイトレスさんはいたのですがグレーのエプロンを付けているのが珍しいです。と言いますか初めて見ました。 しっかし以前は3人ぐらいはメイト服な人がいたのですが最近はいても一人ぐらいでとっても寂しいです。 そんな訳で食後は♪氏の寮へ。まずは知世ちゃんの1枚目から回し始めたのでした。 って、お互い何度も見ているのでほとんど見てはおらずマシンをいじったりしていただけなのですが。 続いては劇場版エヴァ。 彼が買ったのはキング版なのですがパッケージにGAINAXのカタログが入っていないというのが相違点でしょうか。GAINAX行きのユーザ登録葉書まで入っていますし。 STARCHILDなタイトル画面は無く中身は全く同じであるようです。 LDとは違って途中で面が変わらないのが快適とのことです。

_1999年9月26日()  星界の紋章 猫曜日 同時再生
瞳 エヴァの1枚目と5枚目を持参していたので隠しコマンドで遊んだのでした。 ちなみに1枚目はメニュー画面から「3」キーで店頭デモ用CMになります。 これがエンドレスであったりします。 5枚目は「DVD版制作スタッフ」が表示されている状態から「Enter」キーで 字幕入りの第壱話ダイジェスト版となります。 数か国語が入っているのですがデフォルトがドイツ語というのが笑えます。 って、第壱話の時点ではまだアスカは登場していないのですが。 知世ちゃん10枚目を回してから(←「見てから」ではない)To Heartの特典映像を見せていただいたのでした。 先の展開が読めてしまうのではありますがかなり笑えます。 星界の紋章を見せて頂いたのでした。 設定や話の内容がよく練られていて感心するのでした。 あとはキャラクターの表情がとても良いです。 豊かであるという訳ではないのですが感情がよく表現されています。 ただ絵柄に関してはあんまり好みではないです。 面長な割に顎が角張っている輪郭が好みではなく、又、 面長である上に瞳が縦に長すぎるのでなんか顔が妙に間延びしたような印象を受けます。 でも話は非常に面白くて続きを見たいとは思うのでした。 朝帰宅してからはまずはPowerDVDをインストール。 キャプチャとの同時使用が可能であるという事を確認してから寝たのでした。 結局夕方まで起き出せず完全な猫曜日にしてしまったのでした。 昨晩録画した地上波知世ちゃんを見たりするのでした。 知世ちゃんの話でとってもよろしいです。第37話と違って作画も問題無いですし。 そんな訳でPC上で知世ちゃんを二枚同時に見たりするのですが、 既に何度も見ているものだから二枚同時に見られるわけでして、 一方でも初見であれば二枚同時に見るなんて不可能です。 大体キィも原稿書きながらオーバーレイでしか見ていないのです。 まぁ三回も見れば何となくは話も解ってはきますがそれでもまだなんとなくという段です。 中身の濃い話ですし。 キャプチャと再生ソフトでは色合いは全然違っていまして、 キャプチャの方では色合いが黄色っぽいのがどう調整しても直らず、 再生ソフトの方は色合いは普通なのですが暗いのです。 って、単に私がディスプレイの輝度を落としているからなのですが。 それから再生ソフトがリソースを喰うのか、時々不安定になります。 一旦不安定になってしまうと再起動する他無いというのが困ったところです。 そんな訳で「安心して作業をしながら見られる」という意味ではキャプチャカードでオーバーレイさせるのには敵わないです。 それでも静止画キャプチャが可能ですし、音がおかしくならないのでWinDVDよりは優秀です。 で、二枚の絵を同時に見られるとより作画の比較が容易くなるわけなのですが、 9/23は瞳のハイライトのみに関し論じたのでありますが、 よく見てみると黒目の形そのものがおかしい場合がありまして、 なんか図の「よくない」の方のように黒目が空豆形に歪んでいる場合があるのです。 このようになっているとなんか少し気持ち悪いのです。 それから鼻の表現にも違いがありまして、通常は鼻先のみを一つの小さな点で表すのですが、 第37話では鼻の穴として点二つで表現していたり、あるいは鼻に影が付けてある事が多いのです。 あとは目と眉の間隔が若干広いような感じもします。

_1999年9月27日(月)  選択肢 ロボット
「行動決定場面でゲームのように選択肢が出てくる」かぁ。 ゲームをしない私には想像も付かなかったです。 新しいロボットを発見したのでした。 もう二年も前から動いているようですが私のページに来たのは先代のページも含め初めてであるものと思われます。 確かに良い趣旨であるとは思うのですがロボットの訪問アルゴリズムもまた工夫のしどころではないかと思ってしまうのです。 勿論検索する部分が検索サービスの心臓部であるという事は事実なのですが。 母親のマシンを発注したのでした。検討の結果DELLです。 かなりスペックを抑えたのですがそれでも13万ほどです。 あとはISDNルータを日電にするかアライドテレシスにするかで少し迷っています。 定番は日電ですし評価も高いようなのですが、 個人的にはアライドテレシスはネットワークの専門メーカで好きなのです。 自分で使うのであれば迷わずアライドなのですが、デザインが野暮ったいのが最大の欠点なのです。

_1999年9月28日(火)  PowerDVD マシン
PowerDVDを使ったりするのですが、なんか不安定です。 早回しになったまま暴走(笑)してしまったり、映像が止まってしまったりします。 一昨日はそのような現象は見られなかったので、 回すコンテンツに依存するのかなぁとも思ってしまいます。 もう少し検証が必要な感じなのですが、 よっぽど「2枚同時に見たい!」と言うのでも無い限りは使わない方がよろしそうです。 PCMCIAアダプタにスマートメディアを差すとIRQ3が取られるのですが、 やっぱり増設パラレルポートはIRQを消費しないらしく、 IRQ3が押さえられている状態でも問題無く動作するのです。なんかちょっち謎です。 現在空いているIRQは9だけです。 そんな訳でミトを見てから寝たのでした。 DELLから注文したマシンの払込の案内が来たので振り込んでおいたのでした。¥138,390也。 Celeron 400MHzにMEM64MBにHDD4.3GBに15インチCRT。 サウンドとスピーカと100Base-T NICにOfficce2000プレインストールといったところです。 よーするにホント必要最低限ですね。 本体はこちら持ちで、ISDN化とルータは親が持つという事になっているのです。 MD-5500が発表になったようです。 今度は白というかライトグレーですか。 確かにPCの周辺機器で黒というのは最近は珍しいように思われます。 USBが標準装備になったのが大きいですが、型番から見てもマイナーバージョンアップっぽいです。 ようやっとgooに登録されたようです。 最初のキーワードは特に面白くもないので非公開としますが、370件中の320件目でした。 検索した方にはご苦労様というほかありません。

_1999年9月29日(水)  DVD再生ソフト VMware
帰宅してからは瀬高氏お勧めのイタリア語会話を見たのでした。 って、以前はNHK狂育教育は「零時の日の丸」であったのですが 今は日が変わってからも放送しているのですね。 中身に関してははぁという感じです。 で、折角買ってきたPowerDVDですが、ぼろぼろです。 再生して数分経つと文字通り暴走して早送りになったまま手が着けられなくなります。 日曜の時点では二時間ぐらい回してもまともだったのですが。 日曜と同じコンテンツを回しても結果は同じです。 それから再生しながらTeXのコンパイルをするような負荷を掛けると固まります。 それに音は例によってエコーが掛かったようになってしまいますし、かなり困ったものなのです。 そんな訳で今度はダウンロードしてきたVARO DVD体験版を試してみるのです。 カタログ上はIDEのDVDドライブでないと使えないとあるのですが SCSIのドライブ(東芝SD-M1201)でも一応使えました。 キャプチャとの同時使用は可能。静止画キャプチャも可能。 更に再生しながらTeXのコンパイルをしてもダウンしない (もちろんコマ落ちしたり画質が乱れたりはしますし、コンパイルは遅くなりますが) 上、他のソフトには無い「常に最前面に表示」オプションがある言う意味ではとっても素晴らしいです。 ただ、体験版では音声が出ないので音質がどうであるのかは謎です。 そして更に致命的であるのが起動後暫くはまともに表示されないという点。 オーバーレイの関係かそれまでに表示されていた窓の内容が残ってしまうのです。 数分放っておくとちゃんと表示されるようになり、 あとは常に最全面に表示させておけば多分問題無いのですが、かなり困ったものなのです。 これが改善されればとりあえず買ってしまうのですが。って、まぁた買うのかい(笑)。 そーいえば先日友達と話題になったのですがリージョンコードが変えられるのって 少なくとも私の周りでは意味無いですよね。 どーせ「2」以外のコンテンツを見るなんて事は有り得ない訳ですし(笑)。 アクセス状況を見てみるとgooに登録されたためかここからのアクセスが増えています。 現状では以前のような凄い「ダマされ」なキーワードは発見されていないです。 某さんがシーマンから足が生えてきたなどとのたまっているのです。 職場の隣の書店でVMwareの記事に惹かれてUNIX MAGAZINEを購入。 そういうモノが存在するという事は聞いてはいたのですがあまり真面目に情報収集をしてはいなかったのでした。 そんなわけで読んでみたりするのですが、凄いですねぇ。 HDDを増設してさっくりとインストールしてみたくなってしまいます。 ただ、それ以前の問題としてLinuxについて少しは勉強しなければならないので、暫くは保留ですね。 それに急いで入れる程の必要性も感じないですし。 H9だと逆コマ送りなどが可能なのですか。 確かにトリックプレイに関してはCAVのLDの唯一のメリットであるように思われます。 でも、知世ちゃんの場合にはCLVですからねぇ。 そーいえばなんかLD-S9+DV-S9などという更に豪快な話を聞いたことがありますです。 あたしの場合にはキャプチャカードでPCのディスプレイにオーバーレイ表示することがほとんどであるので画質・音質ともかなり劣化していると思われます。 画質や音質以上に目下の最重要課題は二枚同時再生なのですが(笑)。 某氏が最近二番目にお気に入りの声優は麻績村であるらしいのですが 彼女の写真を見つけた某Hさんがかなりお気に召した模様。 そーいえばあたしは麻績村が出ている作品ってダイナギガぐらいしか知らないのですが他になんかあるのでしょうか? ダイナギガに関しては「なにかのついで」などと誰かが評していたようなのですが。 おる氏に突っ込まれたのですがルータはciscoかヤマハですか。 って、彼の場合にはダイヤルアップルータには無縁なような気がするのですが。 で、新聞を見たのですが確かにそうでした。こっそり修正。

_1999年9月30日(木)  コピーガード ページ
帰宅してからは引き続きVARO DVDのテスト。 お買い物をするのですから慎重に調べないと。 って、最近慎重でない衝動買いが多いのですが(笑)。 ってゆーか慎重に調べたつもりが甘かったり。 多機能だしなかなか安定しているなぁと思いつつ劇場版エヴァを入れてみると 「マクロビジョンを構成できません」などというエラー。 は?コピーガードには対応していないのでしょうか? それは一般的にとっても役に立たないと思われるのですが。 それとも体験版だからでしょうか? まぁ私としてはこのソフトではコピーガードの乗っていないコンテンツだけを回せば良い(笑)ので問題は少ないのですが。 そーいえば今日限りでコピーガードキャンセラは発売終了になってしまいますね。 昼休みに秋葉原に状況を見に行こうかしら(笑)。 「この世の真実」ってなんでしょう? 確かに私は知世ちゃんに偏っていますね。 それでもkayamaさんにはぜんっぜんかないませんが。 でも第37話に関しては知世ちゃんが主役の話(笑)なだけに作画がよろしくないのがとっても許せないのです。 私はアニメの絵柄の好みはかなりうるさい方でして、頬から顎にかけてのラインが凹んでいるのは好きでないとか他の人達には理解不能なこだわりがあるのです。 まぁ、私の友達にも「目の下に線が入っているのは許せない」などと言っている人がいますし。 瞳に関しては基本的には正円で描かれているのが好みですね。 でも、知世ちゃんに関する考察だけではないですよ。 さくらちゃんに関してもここに少しだけ考察がありますです。って意味不明な言い訳。ってゆーか余計墓穴掘ってるだけ(笑)。 しかし「許容範囲内」ですか。残念(笑)。 http://www.hello.co.jp/‾naosuke/8600.htmlですけれど、 少なくとも「プロフィール」のギャルゲー云々に関しては綺麗事を否定しているという意味ではなかなか面白いですし、ある程度は同意します。 この人が言っている事には人が突かれたくない真理が含まれていると思います。 勿論、この人が言う事全てが真理であると思う訳ではありません。 掲示板によれば作者の人はブス論争と次世代ゲーム機論争が主体であるページであると言っているのですが、「トップページ」の冒頭で官僚云々などと述べるという事からしてそれらを論じることが本当の目的であるのか怪しく思われます。 本当にそれらに関し論じる事が目的であればそれらに関し論じるページであるという事をページの冒頭で宣言すると思うのですが。 ブスやゲーム機について議論する事とページ作者が官僚であるという事は関係無い事ですからね。 大体本当に官僚であるのかはかなり怪しいのですが。 それはそれとして、あたしもページに書く内容は気を付けないといけませんね。 仕事に関しては最初から極力書かないようにしていますし、 この手のページにありがちなプロフィールなどもありませんし、 故に私の職場などもあまりはっきりとはわからないようになっているとは思うのですが。 夜は来年の新採者の歓迎会。 内定式は明日とのことなのですが何故か歓迎会は前夜なのです。 珍しく私と出身大学が同じ人がいなくてかなり悲しいのです。 igassyは主にぬ玉方面の実家に戻っている模様。仕事が忙しいというのも事実であるようです。 で、やっぱり今朝はダマされたとか。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ