近況報告 1999年12月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_1999年12月1日(水)  Y2k
_今年も残り一ヶ月という事で2000年問題まであと一ヶ月な訳です。なんか年明けの深夜に記者会見とかやったりするらしいのですが以前から凄く疑問に思っているのが「午前9時」の危険性です。どこかの会社で2000年問題の危険日と称して幾つか公開しているようなのですが午前零時を乗り切ればそれで安心というわけではないと私は思うのですよ。時計を国際標準時に合わせているコンピュータも少なくないでしょうから午前9時も「危険時」だと思われるのです。って、確実に特定の用途に偏っているという事は明らかなのですが。素人の私でも思い付く程度なのですがこの午前9時の危険性を指摘している報道は今までに聞いたことが無いです。
_電気・ガス・水道が止まり、核ミサイルが飛び交うような事は無いとは思うのですが、小さなトラブルは結構多発すると思うのです。正直な話今の報道はちょっと煽り過ぎだと思うのですが、「備えあれば憂い無し」ですしこのくらい警戒させておいた方が良いのでしょうか。
_ちなみに冬コミのNewsletterのJR東日本云々はちょっち考えています。いっくらなんでも三度も同じネタを使うのはアレなのですが、最後だからこそ使うという手もあるわけでして。
_朝から寒気が止まらず上着も脱げずがたがた震えている状態。色んな意味で大事な時期なのに…。
_♪氏は知世ちゃん第二期の二重購入を断念する模様。残念。それでも第一期はちゃんとDVDでも買い直しているようなのですが。これで知世ちゃん第二期の二重購入を進めているのは貝崎だけという事になります。
_まぁたも鉄気味のあとがきは忘れられていたらしい。
_すっかり体調が悪化していたにも関わらず●●のため帰れず、終わったら速攻で退散。原稿など放り出してとにかく寝る。

_1999年12月2日(木)  ダウン
_朝起きたら汗だくだく。頭痛と寒気が止まらず結局休暇を取ることにしたのでした。熱っぽいのですが体温計が無いので実態は知りません。
_そんな訳で寝ているのですが暑くて汗が止まらなくなったり寒気がしたりの繰り返しで困った状態なのです。そんな訳で時々起き出しては下着を交換したりするのです。
_夕方というか夜になって多少復調したのですっかり汗で気持ち悪くなったシーツや布団カバーを洗濯。ついでに食料品の買い出しなども。某氏とは違ってMD-5000を買ったりはしません(笑)。
_少しは原稿を書こうかなぁとも思うのですが全く頭が働かない状態。マシンを起動し円盤を回したままぼぉ〜っとソースとプレビューを眺めるだけでほとんど進まないまま。えっと、円盤に関しては知世ちゃんの10枚目は避けるのです(笑)。
_結局画面を眺めていても埒があかず、また倒れ込むのでした。締切まであと三日。

_1999年12月3日(金)  体調 ダイヤ改正
_朝起きるとかなり良いかなと思い出掛けるのですが、職場に着いてからだんだん悪くなる始末。症状は相変わらずの熱っぽさです。
_そーいえば明日ダイヤ改正があるようでして、JRのみならず営団などでも行われるようです。なんか東急田園都市線・新玉川線・営団半蔵門線も3年半振りに改正されるようです。個人的には横浜線快速が今までの40分間隔という変則的なものから30分間隔になるのがよろしいです。それに上り快速から長津田での田園都市線急行への接続が最適になっているようですし。
_そんな訳で文教堂でヨコハマのカレンダーと知世ちゃん第10巻を購入。職場に持ち帰ったところ回し読みされる始末(笑)。私としては知世ちゃんが出ている箇所だけ目を通してその場は終わり。

_1999年12月4日()  大空転
_締切を翌日に控え原稿書き、の筈なのですが残り一章にしてまるでやる気が無い状態。例によって円盤を回しつつぼぉ〜っとしたりぼぉ〜っとしたりしていたような。
_DPPに提供していただいた写真を補正したりするのです。オリジナルのデータをgimpでグレイスケールにしてからカーブを補正するのですが、ここで今更になってちょっちまずい事に気が付いたのでした。それは私はディスプレイの輝度を極端に暗くして使っているという事です。つまりディスプレイ上で丁度良い明るさであっても実際には明るくなり気味になってしまうのですが、画像が明るい分には印刷で潰れる事が抑えられるだろうと判断し、以前補正したままで使うことにしたのでした。
_午前中は寮大会という事でお掃除なのです。その後はやっぱり原稿書き、の筈なのですが、やっぱりやる気無く、ただただうんうん唸ったり寝ていたりするだけだったりするのです。なんだかなぁ。

_1999年12月5日()  締切
_原稿の方は相変わらず進まないままなぁんかだらだらとしてしまう状態なのです。今日が締切であるのですが原稿の回収は明日の朝とのことなので明日の朝提出することにしたのでした。って、今まで掛けてきた長い時間に比べれば微々たるものなのですが。
_しっかしなんつぅか本当にぎりぎりにならないとやらない自分の性格には我ながら呆れてしまうのです。ってゆーか今回のこの本に関してはある意味時間を掛け過ぎたのかもしれないです。分割発行という意見もあったのですが、各章の関連が強いので出来ませんでした。それでも一度に処理する量としてはB5版9ポイント二段組で 120ページ近い量というのは私には多過ぎた感じがします。
_鉄気味の編集長から電話が掛かってきたりするのです。なんでもC57蒸気機関車ネタを書かされているぬ玉も修羅場入っているとか。ぬ玉は部室で書いていたものの手書きではまずいとワープロ打ちするために自宅に持ち帰ったとのことなのですが、彼に一晩で打てるのかな?
_それ以上に気になったのが昨日某氏がlainを全巻まとめ買いしかけたという話です。どこかの店で玲音ちゃんの下着姿くまの着ぐるみのポップから毒電波を浴びて全巻買おうとしたらしいのです。にも関わらずlif.01のみ店頭に無いという弱い事態から物欲の方向が変わってしまったとのこと。う〜みゅ。昨日寮でろくにとゆーかまったく進まない原稿に向かってうんうんとストレスを溜めているぐらいであれば秋葉原に行くべきであったかも。残念。

_1999年12月6日(月)  入稿 ページ
_日が変わった頃になってようやく完成。本文112ページ。最後の僅かな量を仕上げるのになぁんか無駄にだらだらと時間を掛けてしまったような。とにかくやる気が無い状態であったのです。当初計画されていた表紙を落とされたためてきとーに急造。中身と関連はある表紙ですが中身とは滅茶苦茶バランスが悪いです。わざとそうしたのですが。
_0200頃から印刷。遅いことで有名なマイクロドライプリンタで一枚1分ぐらいだろうから二時間ぐらいだろうと思っていたのですが現実には一枚1分半を要し、印刷に三時間近くも掛かってしまったのでした。しかもインクリボン一巻あたり40枚しか刷れず、リボンが足りなくならないかと胃を痛くしてしまったりもしたのでした。5時を過ぎて刷り終わってからインクリボンを見ると最後の一本が残り僅かでした。ふぅ。
_そのまま大岡山へ。ダイヤ改正という事で途中数駅でポケット時刻表を回収したりしたのでした。JRは印刷枚数が少ないので早目に入手しておかないといけないのです。
_大岡山到着は0800過ぎ。部室が明るいので誰かと思ったら予想通りぬ玉がいるのです。予想通りC57の原稿を書いているのですがなぁんか熱力学かなにかに関して書かれていて難解。ここで彼に「鉄気味は今回50部売れればいい方だと思うけど買う人の中で一人でもこれを面白いと思う人がいると思う?」と言ったのでした。彼の回答は「書いている自分としては面白い」とのこと。彼には少しきつい事を言ってしまったかもしれませんが同人誌っていうのはWWWページとは違って見て下さる方からお金を貰っている以上(自分の経済的利益になっているかは別ですが)、極端な自己満足は許されないと思うのです。って、自分にもそこらへんが解っていなかった時期がありましたし、今でも完全に解っているとは言い難いのですが、それでも今回の制御本を作るに当たっても単なる自己満足だけでなく、読んで下さる方が求めている情報もある程度は入れたつもりです。って、所詮「ある程度」でして、基本的には「面白ければいい」という考え方で作っているのですが。
_某さんの日記ページを見ると金曜日の箇所に私の事が書かれているのです。ええ。自分で見るだけで他の人にURLやページの存在を教えたりはしませんのでご安心下さい。そんな訳でリンクも張れないのです。
_職場ではWWWへのアクセスにフィルタリングソフトが入っていてぬ玉のページの掲示板などには困ったことに接続出来ないようになっていたりするのですが、今日は設定が狂ったのかほとんどのページが弾かれるような状態なのです。なんか主要な検索サービスまで弾かれていたとか。さすがにこの有様には苦情が出たのか午後にはフィルタリングソフトがキャンセルされていたっぽく、通常は拒絶されるサイトにも接続可能になっているのです。相変わらずやる事が雑ですな>NRI
_PLEXWRITER12/4/32ですか。8/4/32Aとは違って「PLEXTORらしい」製品で一安心なのです。
_そんな訳で早目に退散しへろへろと帰宅。津田沼で回送になるとのことで駅員に起こされてしまったのでした。津田沼行きであったのが幸いでした。帰宅したら紙や資料で戦場のように散らかった部屋を片付けてそのままばたんきゅー。

_1999年12月7日(火)  公取 SCSI
_一年がかりの懸案が一応一段落したという事で今後の予定を軽く整理。QDATとしては毎回の如くチェックリストとNewsletterを作るのが私の担当でしょうか。制御本関係では目次のhtml化と当日用ポスターの作成を考えています。
_公正取引委員会がアップルコンピュータに踏み込んだ模様。インプレスのページとかであの売り方は聞いていたので予想通りという感じがしますが。
_信者としては頑張って欲しいところなのですが、でもちょっちアレなような。結局のところはお値段がネックでしょう。でも私の周囲ではハイエンド指向なのか安定性重視なのかそれとも単に古くから使っている人が多いのか、ATAPI接続の焼きドライブを使っている人はいません。ってゆーかCD-RWドライブを持っている人もいないような気がするのですが。まぁ誰も持っていないからこそ手を出せない状態であるのかもしれませんが。
_それなりに早目に退散。帰宅したら制御本の全文をpdf化。ps2pdfで作っているので品質は悪いのですが部内公開用なのでまぁ良いでしょう。

_1999年12月8日(水)  にょ
_今更ながら「にょ」を見たりしたのでした。なんじゃこりゃという感じなのですがまぁ可愛いから許しましょう。絵も可愛いのですがそれ以上に動きが可愛くて流石マッドハウスという感じなのです。
_隙を見て某イベントへ。Sunの端末などがなかなか面白かったりしたのでした。大学などの計算機センターみたいな所で有効かもしれないですね。それはそれとしてなんか粗品を持って歩いている人が多いような気がしたりもするのですが。某さんに至ってはHPの巨大インクジェットプリンタでプリントアウトした世界地図などを貰ってきていたりしているのです。
_「にょ」について某氏は「ちから抜けますよ」などとのたまっているのですがその一方で「サキちゃんよいです」などと言ってldqに追加しているようでまったくもって困ったものなのです。ちなみにあたしゃくるみというのは全然知らないのですが。今度見せて貰うことにしましょう。
_「テレビの転送レートを計算せよ」と言われてExcelでぺぺっと計算したのですが他の方が出した値と一桁違うのです。どーもおかしいと思っていたら自分は8で割っていたのでした。ダメ過ぎ。

_1999年12月9日(木)  締切 Millennium
_にょを見てからはセラフィムコール。今週は川澄綾子の眼鏡っ娘という事でぬ玉は間違いなく見ているものと思われるのですがそれはそれとして私としては締切直前の放映でなかったのは幸いでした(笑)。いやーあーゆーのは締切直前の切羽詰まっているような状況で見るのは精神衛生上絶対良くないですよ。
_検索キーワードを見ていると「Rainbow Runner G-Series」や「リージョンコード」なんてのが多いのは良いとしてここ暫く多いのが「ミレニアム」です。「ミレニアム 語源」などといった組み合わせがよく見受けられます。解説はこちらに譲るとして、なんつぅか最近ヒット件数が無駄に多いです。でもでもそれでも私の周辺ではビデオカードの事を指すのでしょうかねぇ。結局のところは。
_私の周辺では初代Millennium(MGA-2064W)を使っているのは3人ぐらいであると思われます。って、まだ現役で稼働しているのかどうかは謎なのですが。あとは私が院の時にいた研究室のマシンも初代ミレでしたねぇ。Millennium II(MGA-2164W)を使っている人は皆無です。G200は結構はびこっているような。ぱっと思い付くだけでも自分を含め4人ぐらいが思い当たります。で、G400を使っている人は、何故かいないような。まぁ3Dに関しては他にもっと性能の高いカードがいくらでもありますからね。個人的にはDHにかなり興味があるのですけれども。
_Libretto20は霞ヶ浦かどこかに投棄されたとのこと。って、「しばらく」ってゆーのはどういうことなのだかよくわからないのですが。
_某NRIのページを見たのですがサーバの反応が悪くて滅茶苦茶。自社で管理しているのかアウトソースしているのか知りませんが改めて使えない会社であるという事を実感させられます。大手町北端の某社のサーバの方がよっぽど軽いです。
_そんな訳で日本橋川脇に連絡を取ってみるのですが1900過ぎの時点で既に帰っているとのこと。はぁ。以前の惨状からすると考えられないことなのですが。こんな状況では貝崎も経済的に苦労しているのでしょうかねぇ。
_そんな訳で今更先月発売のアフタヌーンを持ち帰るのです。

_1999年12月10日(金)  ねたばれ 学会
_帰宅する際駅の近くで瀬高氏に会うのです。なんでも前回は知世ちゃんの出番がとっても多かったらしいのですがそのような情報は既に入っています。最近は三ヶ月後に円盤が出るからいーやと思って地上波もろくすっぽチェックしていない状態ではあるのですがそれでも多少は情報収集をしていると言いますかその手のページは見ていたりするのです。
_私はいわゆる「ねたばれ」をほとんど気にしない性格でして、実際に肉眼で確認する前にページ等(笑)で予習をしてしまうことはよくあります。まぁそのために先が読めてしまってあんまり楽しめなかったかなという事もごく希にあるのですが、まぁ自分としては問題は無いです。
_自分のせいで他の人が怒られたりしてしまうとかなり気が重いものです。怒られたというのがどの程度なのかは知りませんが彼は問題は無いような事を言ってくれるのですがやっぱり悪いなぁと思ってしまうのです。ってゆーか自分がダメすぎ。
_そんな訳で非常に申し訳ないのですが後始末は彼に押しつけて月一の東京タワー方面へ外出なのです。
_今日の学会関係はなかなか白熱でして、提案された3件中2件が没になったりして、って、審議の結果であるので全く持って問題無いのですが。会議の後は年内最後の委員会という事で懇親会などがあったりしたのでした。非常に面白い話、興味深い話が聞けたりしてとっても良かったのでした。
_終了後職場に確認の電話を入れると呼ばれてしまったので戻ったのでした。別のある件がちょっちまずい事になっていたのに対処できたのである意味少し幸いであったりしたのですが。
_冬コミは委託を受けることになりそうで、チェックリストの修正が必要っぽいです。あとはブースでの配置の再検討も必要でしょう。

_1999年12月11日()  自宅
_帰宅するとトラチョコなどを見る気力もなくダウン。なんつぅか神経の疲れる一日であったのでした。
_朝はなかなか起きられずただただごろごろと猫してしまうのですが、それでもぎりぎりになて起き出し荷物をまとめて黄色い電車で出掛けたのでした。どーにか新宿1251の橋本特急に間に合わせ、どうにか約束の時間に間に合わせたのでした。
_母親と合流すると食事などは取らずにそのまま直帰し再度セットアップ。DTIから送られてきた文書を元にUser-IDやPasswordなどを設定した結果何となく動くようになったのでした。前回とは違ってDNSも生きているようですし、なぁんかメールも読み書き出来ているっぽいです。そんな訳で何故に前回まともに動かなかったのか謎なのです。そんな訳でとりあえず自分のページを更新(笑)。
_父親のマシンのNICもセットアップし、あとはメールも読み書きできるようにして自宅からのインターネット接続環境が整ったのでした。ルータなので2台以上の同時使用も可能でなかなか便利なのです。って、とても初めてインターネット接続環境を整える人のやる事では無いという話もありますが、どーしてもネット接続中でも電話が受けられるようにしたかったとのことでしたので。
_ネット接続環境が出来上がったら今度はWordやExcelの使い方なのです。アプリケーションの立ち上げ方として「スタート→プログラム→」などいうのはいずれも同じパターンですのでメモするのはいーかげん止めて欲しいところなのですが。

_1999年12月12日()  コミケット直前打ち合わせ 秋葉原
_そんな訳でかなり遅い時間までWordやExcelの使い方を教えたりしたのでした。Excelは表「計算」ソフトだと思われていたらしいのですが、個人的には「表」を作る場合には大抵の場合WordよりもExcelの方が便利であると思われるのです。ただ、セル内部のテキストの量が多い場合や書式設定を細かくしたい場合にはWordの方が有利ですが。
_横浜線快速と田園都市線急行を乗り継いで橋本から一時間足らずで大岡山へ到着。正午に部室集合でコミケット直前最終打ち合わせなのです。予め作成しておいたチェックリストに基づいて各種検討を行うのですがなかなか白熱した議論が行われたのでした。そんな訳で当日の頒布計画もかなり固まってきたようです。って、ディスプレイ物品作成が私の所にも回ってきたのはちょっち予想外であったのですが。そんな訳で久し振りにサークルチケットなどを貰ったりしたのでした。
_打ち合わせ終了後は例によってレイの如く秋葉原へ。ボーナス直後の日曜日だけあって猛烈な混雑なのです。例によってレイの如く円盤や互換機のパーツなどを見て回るのです。ビームのパンフレットにはTV版美夕DVDに関する告知があって一安心なのです。とりあえずまだ予約はしない状態。
_ヤマギワで某氏が毒電波を受けたという玲音ちゃんのポップを見たのですが、いやはや、なんと言いますか毒電波出しています。服装はセーター姿で別にどーとゆー事無いのですが誘うような情けない目つきとポップに書かれている文句がなかなかのものです。ヤマギワってあんまり行かないのですが札やポップが面白いですね。
_学会関係の買い物もするのです。って、実際に買うのは中谷君なのですが。お買い物はカレンダー用のケースや見本誌のカバーですね。アブスト(*)も出回り始めているようなのですが自分はCD-ROM版を買う予定なので電話帳は買わず。
_結局今日のお買い物はMDプリンタのインクカートリッジ3本組とMDプリンタ用昇華印刷スタータキット。円盤の"Break"も無く予定通りです。
_帰宅したら郵便受けに瀬高氏が放り込んだと思われる知世ちゃんのBSの録画テープが入っていたりするのですが、最近はどーせ三ヶ月もすれば円盤が出るからということであんまりチェックする気も起きないのです。ほら、来週からは第三期の超絶可愛いエンディングが見放題ですし(笑)。
_昇華印刷のセットアップとドライバの組み込みだけして今日は終了。試し刷りはまたの機会に。でもなんかマニュアル(とは言っても一枚紙)を読んだ限りでは耐候性はあんまりよろしくなさそうで、使い捨てのポスター・ポップ等にはともかく一年間使うカレンダーなどにはあんまり向いていないように思われてくるのです。まぁどの実際程度の耐久性なのかはわかりませんが。

_1999年12月13日(月)  日記ページ
_日記ページの標記を変更してみたりしたのでした。従来からあったnameアンカータグに加えhrefアンカータグを追加することにより突っ込みを行う際のリンク先がソースを見ること無く判ります。以前は日記ページにhrefアンカーがある理由を疑問に思っていたのですが突っ込みをしやすくするためだったのですね。ちなみに「最近一週間」からもアンカーを辿ることにより突っ込み該当先にジャンプするようになっていますのでそれなりに便利であると思われます。
_日毎のデータがファイルの形式は変更せず、SSIでPerlによるフィルタを通してhrefアンカーを付加しています。仕掛けとしては各月に関しては<!--#exec cmd="cat $dirname/199912?? | perl -e 'while(<STDIN>){s/<a name=¥"([0-9]{8})¥">(.+)¥n/<a name=¥"$1¥">$2<a href=¥"#$1¥">_<¥/a>¥n/;s/<a name=¥"([0-9]{8}[a-z])¥">/<a name=¥"$1¥"><a href=¥"#$1¥">_<¥/a>/;print;}'"-->のような感じです。吐き出すべきファイルを抽出し、Perlで日毎のnameアンカーをもとにhrefアンカーを加え、更には行毎のnameアンカーをnameアンカーとhrefアンカーに置換しています。
_「最近一週間」に関してはもう少し凝っていまして、<!--#exec cmd="cat `ls $dirname/???????? | tail -7 | sort -r` | perl -e 'while(<>){s/<a name=¥"([0-9]{6})([0-9]{2})¥">(.+)¥n/$3<a href=¥"$1¥.html#$1$2¥">_<¥/a>¥n/;s/<a name=¥"([0-9]{6})([0-9]{2}[a-z])¥">/<a href=¥"$1¥.html#$1$2¥">_<¥/a>/;print;}'"-->のような感じ。各月の日記との違いはhrefアンカーのリンク先のファイル名を指定しているところです。
_親からメールが来ていたりするのですがHTMLメールというのが全くもって困ったところなのです。とりあえずOutlook Expressでも使わせておこうかと思ったら起動するとたんにダイヤルアップを始めるのでこれは困るという事でMS-Wordから出すように指示しておいたのですが設定の確認を怠ってしまったようです。とりあえず自分以外にはメールを出さないようにと返事をしておくのです。

_1999年12月14日(火)  眼鏡っ娘
_帰宅してからお借りした知世ちゃんを見る気も起きず。なんでも容量一杯のテープであるとのことなので暫く返さなくても問題は無いとのことなのですが果たして見られるのはいつになることやら。ってゆーか見る気があるのかも謎。
_うさだって眼鏡っ娘だったのですね。
_海原氏は日曜朝に誘拐されて作業に従事させられたとのことなのですが、なんか話の感じでは誘拐と言うよりは拉致されたと言った方が正しいような気がするのですが。しかも緊急連絡手段を忘れるとは。
_デザイン上の理由から昨日いじった日記ページの標記をちょっとだけ変更。どこが変わったか判るでしょうか。
_季節物といいますかここ数日は学会関係のキーワードが多いですね。「コミケット57」ぐらいならともかく「サークルチケット 買います」とかだとなんかはぁという感じがしてきてしまいます。
_そんな訳で夜は酒盛り。ある件が一段落ついた後であったのでそれなりの規模であったりしたのでした。ちょっち飲み過ぎてしまったのですがそれでも2時間程の睡眠で復活したのでした。って、そーなるほどに飲むという事自体あんまりよろしくもないのですが弱いのですから仕方が無いですなどと自分にいーわけ、しているようではダメなのですが。

_1999年12月15日(水)  日記ページ 学会
_例の懸案関係でまたもと言いますか不愉快になるようなことがあったりしたのでした。それも2件も。私が催促しなかったのもまずかったのですが、信頼し過ぎていた私がまずかったといいますか、なんつぅかこーゆー事に関しては人は結構いーかげんであると思っておいた方が良いのかもしれないです。結局自分で後始末することに。はぁ。
_手元のIE4.0(Win)で日記ページを確認してみたりするのですが、下線にhrefアンカーを付けても線は二本になったりしないです。って、Mac版は知りませんが。日記ページのhrefアンカーの付加はこのページに突っ込みを入れて下さる方にしかメリットが無いです。とは言っても過去に私の日記ページに突っ込みを入れて下さった方は片手で数えられるぐらいしかいないのですが。そんな訳でこのページを見て下さる方の大半には単にうっとおしいだけかもしれないです。でも、日記ページではこーゆーアンカーってよく見ますよね。hrefアンカーの記号に関してはピリオドというのも試してみたのですが小さ過ぎるのでアンダースコアにしてみました。"●"とかが見やすいという事はわかってはいるのですが全角文字は文字コードの関係で面倒なので使いたくないのです。
_某氏に冬コミの買い物を頼まれたりするのです。土曜日なのでまぁ問題は無いと思われるのですが、でもやっぱり自分で直接買いに行った方がよろしいかと思います。同人誌というのは物だけが目的ではなくて、作った人とのコミュニケーションも魅力だと思いますので。それがたとえお金と物の受け渡しだけであってもコミュニケーションと言えるのではないでしょうか。
_昨夜はあれからあれこれあったようでして、なんなんだかなぁなのです。
_アンミラですか。私はあのピンクやオレンジの色使いが派手なのがあんまり好みではないのですが、品川の制服がワインレッドに変わったという情報があるので肉眼で確認したいところです。制服という意味での個人的なお勧めは遠くて高くて不便ですが立川日野橋のブロンズパロットです。そーいえば安枝氏のブロパ接待は失敗しているので再履修が必要ですな。
_定時が終わったら某女史のちょんぼのフォローのため某所へ。幸いにも怒鳴られたりせずどーにかなったのでした。って、慣れない建物で少し迷子になってしまったりしたのですが。
_事が済んだら職場の前は素通りし本屋で新05系に脱力したりしてからアニメイトへ。逮捕のポップの影に隠れていましたがTV版美夕DVDのポスターは見逃しませんでした(笑)。って、「赤い箱」のイラストそのものだったのですが。そんな訳で全巻の発売日が判って一安心なのです。あとは予約するだけですな。
_アニメイトでCD-ROM版内容梗概が発売になっていたので購入。前回は開催三日前発売という困ったものであったのですが今回はだいぶ早い発売なって一安心なのです。
_そんな訳で早速使ってみたりするのですが相変わらずスペース番号での検索が出来ないというのが困ったところ。それでもキー操作が多少は出来るようになったのは改善でしょうか。サークルカットの赤枠がカーソルキーで移動出来るようになったのは有り難いのですがページ間移動が出来ないのが相変わらず弱いです。次回はPageUp, PageDownで移動できるようにして頂きたいところ。元々強力であった印刷機能は更に強化されているように思われます。欠点はサークル名等で全角/半角が統一されていないという点。全角で「QDAT」と検索するとヒットするのですが半角で「QDAT」だとヒットしません。逆に半角でないとヒットしないサークルもあったりするのです。
_ところで本の巻末の筆者紹介には「村上(仮)、山田(仮)、六分儀(仮)」とあるのですがCDの執筆者名は(以下削除)
_でもやっぱり検索機能は便利でして、「鉄道」とか「旅」とかで検索するだけでDPP?が直接チラシ配り・挨拶回りをする対象サークルが拾えるのです。「評論」や「メカ・ミリタリー」に集まっているあたりは紙のカタログでも拾えると言いますかその方が調べやすいのでしょうけど、「少女創作」などの中にぽつんと鉄道系サークルがあるのを紙のカタログから発見するのはかなり困難でしょう。って、現実にあるのですが。ただ、1280x1024程度の解像度ではやっぱりサークルカットの見通しが悪いわけでして、結局相互補完関係にあるのですね。ちなみにざっと抽出した結果は96サークルほど。う〜みゅ。大海原氏の見積もりが100であったのでホントにぴったりなのです。
_困ったことに「鉄道」で検索してもQDATはヒットしないのです。URLやE-mailや補足の登録もされておらず、担当者がサボっていたという事が明らかです。前回はしつこい程に担当者に言っておいたのできちんと登録されていたのですが。

_1999年12月16日(木)  実験アニメ 立川 FreeBSD
_にょを見て眠くなってしまったりしたのですがそこをあえて我慢してセラフィムコールぐらいは見るのです。って、我慢してまで見るような物であるかどうかは別として今回も一人芝居で飛ばしてます。誰かが言っていたのですがエクセルよりもこっちの方がよっぽど実験アニメしています。そーいえば実験(experiments)と言えばlainというのもありましたけれど、まぁあれも少しぐらいは実験入っていますかねぇ。少なくともエクセルよりは実験していると思われますです。
_ブロパですか。今はとにかくメイト服なウェイトレスさんの存在確率が低いので「居ればラッキー」ぐらいで行くのがよろしいかと。あたしはしたりしたこともありますですし。でもやっぱりメイト服はワインレッドのミニスカートと黒のストッキングとフリルのブラウスがとってもとぉってもよろしいですので一度拝んでみるのがよろしいかと。
_BSD magazineを購入。制御本も完成したことですしそろそろFreeBSD及びアプリ等のアップグレードを考えているのです。まずはFreeBSD3.3とpTeX2.1.8でしょうか。それから少し考えているのがAccelerated-XからXFree86への乗換え。って、なんか逆行しているような気もしないでもないのですが。私がAccelerated-Xを使っていたのはビデオカードがMatroxだからという古い理由なのでしたが、今はXF86でもMatroxのカードに対応していますしG400でも使えるようですし性能差はよくわからないですしそして何よりもとにかく情報量が違いすぎるので、私としてはAcc-Xを使い続けるメリットが感じられなくなっているのです。それはそれとしてXF86 Ver.4のマルチヘッドの試用レポートの写真がなでなでマルチであるのがなんかアレなのですが。

_1999年12月17日(金)  着メロ 秋葉原
_時節柄かクリスマス系の曲を携電の着信音に設定している人が多いらしく、電車の中などでもそういうのを耳にしたりするのですが、「ジングルベル」などといった一般的な曲ではあんまり面白味が感じられないです。山達やユーミンの曲ぐらいだったりすると感心するかもしれないですが。
_ちなみにあたしは着信音は携電の導入時に自作してから変えていないです。
_特技: ショートカットとあるのでマヤさんかななどとか思ったりしたのですが「電車の中で Libretto50 を操るが、りぶポインタは使わない。」という記述からどーもWindowsのショートカットキーのことっぽいです。「アルファ」といえば地下ページは全然更新してないです。今週末あたりに作業をしますか。
_キーワード「馬車道 BP 神戸屋」。馬車道や神戸屋はわかるのですがBPとはなんぞやと思ったのですがまさかブロパの事でしょうかねぇ。そんな略称初めて聞いたのですが。
_そんな訳で秋葉原買い出し。To Heartの最終巻に"Break"する事も無く全ては予定通り。問題はありません。これで知世ちゃんの超絶可愛いエンディングが見放題な訳です。ついでに吸血姫美夕integralを全巻予約。って、某氏に三週間ほどの遅れを取ってしまったのですが。
_秋葉原駅にてポスターを肉眼で確認したのですが、山手線均一回数券と都区内均一回数券が廃止になるとのこと。「今後は普通回数券かイオカードをご利用下さい」だとさ。なんつぅか東日本JRもますますあこぎになっていますな。しかもページにはそのような重要な告知は一言も無いし。
_2年振り?ぐらいに「やきはま」が出るようです。3日目カ55bとのこと。
_職場の忘年会であったりします。某社の忘年会のように記憶を無くす人はおらず安全なのです。策略にハメられて高橋洋子さんの曲を歌わされたこと以外は問題は無かったです。
_二次会はカラオケに連行されたりしたのでした。って、内心は知世ちゃんを見たくてうずうずしているのですが。「マジンガーZ」で思い出したのですが最近「Z氏」という言い方はすっかり使われなくなりましたねぇ。「秀氏」「乙い人」「掛川の人」という表現が常用されるのです。

_1999年12月18日()  エンディング 引越
_結局終電は落とすことに。選曲に関し偏った趣味を指摘されてしまったりするのですが、本当に趣味が偏っているので仕方が無いでしょう。そんな訳で終了後タクシーで寮に到着したのは0230。
_丁度トラチョコが始まっていた頃であったりしたのですがそれはそれとして知世ちゃんの13枚目を取り出しSD-M1201に挿入。再生したらすぐにChapterメニューを表示。新しいエンディングを見るのです。きゅ〜。可愛いですぅ。作画はややイマイチ気味である上にキャストで知世ちゃんが雪兎よりも後になっていて非常に納得が行かないのですがそれはそれとしても超絶よろしいです。そんな訳で数回見直してから最後の丸いカットを.bmpにしようかと企てるのです。歌詞か制作のロゴのいずれかが表示されているという事から、フォトレタッチソフトでレイヤーを重ねて加工することにしたのでした。そんなわけで余計な文字の無い画像が出来たら保存。私は普段は壁紙を入れないのですが折角だからと壁紙に設定しておいたりしておいたのでした。
_あとは個人的にお気に入りの第50話の手芸屋さん「ことりや」のシーンも見たりするのです。このシーンは原作もまたとってもよろしいのです。知世ちゃんのさくらちゃんに対する愛情が伝わってくるとっても素晴らしい台詞であるのですが、さくらちゃんはふんわりなので気が付いていないようなのですが。
_初回特典のCDはちょっと聞くだけ。さくらちゃんが好きな人は喜ぶのかもしれないですが、私にはそれなりにはよろしいと思われる程度です。知世ちゃんのCDであったらじたばたと喜ぶのでしょうけど。結局この夜はエンディングほか一箇所以外は見ないまま終了。
_朝は少し遅く起きたのですがそれでも中谷君の引っ越しの手伝いのため登戸へ。新居に着いてからは工事の関係で少し待たされたりしてしまったりしたのでした。昼食を取ってから寮に行ってみるとまだ荷造りも仕上がっていない状態。そんな訳で物を掘り出しては段ボールに荷物をアーカイブする(笑)のですが、FM-TOWNSのカタログなどといった遺物が発掘されたりしたのでした。車に積んで新居との間を数往復。カリブ号は荷物が沢山載るので便利なのです。円盤を入れたままのDVL-919を倒してしまってひやりとさせられたりもしたのですがどーにか2100頃には全ての荷物が搬出されたのでした。私もいつ引っ越すことになるかわからないですし荷物は極力増やさないようにしておかないとと思わされたのでした。
_そんな訳でとりあえずアーカイブの移動が完了したら残りは本人が展開するという事で予想通り立川日野橋へ(笑)。やっぱり敗北してしまったのです。常にメイト服のウェイトレスさんが3人ぐらいいるような状態であればあの立地値段その他等々も許せるのですが。立川駅まで送って貰い、どーにか終電に間に合わせたのでした。

_1999年12月19日()  電車 秋葉原
この電車は、従来の半分以下の電力で走っています。 _寮に戻ったら昨夜見なかった4枚目を見るのです。知世ちゃんの「リラックス」な動きにきゅぅと喜んだりするのですが、それはそれとしてこのあたりは葉山とか島根県で初めて見たあたりでしてそーゆー意味では懐かしかったりするのです。って、第15話の途中あたりから意識が無かったりして。
_午後はやっぱり秋葉原へ。5番線に下りると津田沼始発の209系950番台が止まっていたのでそれに乗ります。6番線に回送電車がやって来たのですが新05系(05025F)の試運転であったのでした。写真は見ていたのですが肉眼で確認するのは初めてです。現物は本当にスマートさに欠けるなんともすっきりしないデザインです。先頭以外は019Fからあまり変わっていないようですし磁歪音も東芝っぽかったのですが、車内の印象はかなり変わっています。
_209系950番台の車内にこんなステッカーが貼られているのを発見したのでした。抵抗制御の損失が無くなったのと回生制動と車体の軽量化の結果なのでしょうけど、数字で出されると実感があります。このステッカーの47%(←クリックして拡大しないと読めません)という数値は以前もJR東日本の中吊り広告で見たことのあるような気がする値なのですが、仮に103系と209系を比較したとしても路線条件によってどの程度の省エネルギーになるかはかなり異なってきます。抵抗制御では加速時には(厳密には並列最終段まで)抵抗制御による損失があり、制動時には発電制動による損失がありますが、VVVFインバータ制御や主回路チョッパ制御ではこれらが無くなります。駅間が短い路線ほど加減速を頻繁に繰り返す訳ですから省エネ車による電力消費量の低減の割合は大きくなります。反面加減速の頻度が少ない特急車両などでは省エネの効果は少なくなります。小田急や近鉄では通勤車の新形式はVVVFで特急車の新形式は抵抗制御という時期があったりしたのですが、最近はいーかげん直流機を使うメリットは無くなったのかVVVFでない新形式はほとんど見られないように思われます。ただ、件の47%という値が絶対的な数値ではないという事は確かでして、出来ればどこの路線で比較したのかを書いていただきたいところですが、まぁ論文などではないのでそこまで言うのは酷でしょう。
_秋葉原では原君と合流したりするのですが、今日の目的はお買い物ではなく来週使うポスター作成のための取材なのです。そんな訳で夕暮れ時に御茶ノ水へ行き中央線201系を撮影したりしたのでした。ちょっと時間が遅かった感じがしないでももないのですがあとは加工技術次第という事で。
_中谷君と合流したりしてからうろうろと巡回。自分自身はほとんど目的は無いので付き合うだけなのです。原君はDeskJet970を買っていたりしたのでした。私はインクジェットプリンタはその中庸さ故に使わないのですが、ほとんどの人には中庸だから使えるのでしょう。各種情報を聞いた限りではCanonやEPSONよりもHPが良さそうであったので勧めておいたのでした。って、後藤理沙さんが綺麗だなぁと思っていたりもするのですが。
_夕食を食べてから大荷物を抱えている原君は解結し、その後は中谷君と二人で巡回。年明けあたりに導入を考えている19インチCRTを見るのです。EIZOとSONYと東特が候補になっているのですが、比較検討の結果物部氏もお持ちの東特で内々定っぽいです。あとはぷらっとホームでPLEXTORのパンフレットを入手したりしたのでした。PLEXTORの昔のパンフレットにはキャディ式ドライブの優秀さが述べられていたりしたものでしたが、このパンフレットではSCSIドライブの特長が述べられていたりして相変わらず頑固気味なのです。今はATAPIのドライブも出してしまったりしているのですが、それでもパンフレット冒頭の5段重ねな写真には含まれていないので一安心なのです。
_冷蔵庫が空な状態であるので帰宅途中に食料品を買い出し。賞味期限が"00.1.1"などになっていたりしていよいよ桁上がりが近付いているという事を実感させられます。ついでにふと思い立って照明を買ったりしたのでした。そんな訳で一年以上使っていたCD-ROMの傘は引退なのです。まぁ面白いので保存はしておきますが。
_昨日のような状況を見てしまったので少しでも部屋の物は少なくしておこうとアフタヌーンを一年分ほど破棄。それでも大事な箇所は切り取って保存しておいたりするのがなんかあれなのですが。

_1999年12月20日(月)  親 CPU
_親からメール。相変わらずHTMLメールを送って来るというのが困ったところなのです。私のページのURLを忘れたとのことなのですが父親マシンのねすけのブックマークには登録したのですが母親マシンの方は登録していなかったのでした。ルータなので同時に接続できると言いますかそうした方がお得なのです。ちなみに親の接続するプロバイダとアクセスポイントは判ってはいるのですがそこからのアクセスを弾いたりそこからのアクセスに対してのみ別のページを吐かせるような小細工はしていません。一応誰に見られても困らない程度のことしか書いていませんので。
_最近無駄に流行っている「ミレニアム」なのですが、「ミレニアムはどこで過ごしますか」などと尋ねられると一瞬なにの事かと思ってしまいます。別にただの年末年始なのですが。ちなみにあたしは実家でゆっくりします。
_現在のメインマシンを組んでから丁度一年になるのですが、早くも強化を考えていたりするのです。DVDを映しながらフルスクリーンでないと作業が困難なアプリケーションを使うのが困難であるという理由から(笑)ビデオカードをMillennium G400DH(or MAX)に交換しようかと企てているのです。G400はCPUパワーを喰うとのことなので更に現在のPentium II 350MHzをコストパフォーマンス最良と思われるPentium III 500MHzに交換しようかとも考えているのです。P3-500となると以前からあるKatmaiと最近出てきたCoppermineがあるので値段等も含めて比較検討しているのですが、値段はほとんど変わらないにも関わらず1割ほど性能の高いCoppermineの方が良さそうです。しかし、自分が使っているマザーボードの対応状況を調べてみるとどーも対応していないっぽいのです。根拠は"supports dual Pentium III/II 233 ‾ 600 MHz processors"という箇所です。って、"dual"というのは間違いなのですが、Katmaiは600MHz止まりでCoppermineならFSB100MHzでも700MHzまでありますよね。こーなるとKatmaiで決まりっぽいです。あとはビデオカードをDHとMAXのどちらにするかとCRTがまだ未定なあたりです。MAXは少し前までは馬鹿馬鹿しいぐらい高かったのですが先週末あたりから急に値下がりしてきたようですし、悩ましいあたりです。
_このステッカーは京浜東北線209系にも貼ってありました。ちなみに総武緩行線の209系500番台は未確認。電動車に限らず付随車にも貼ってあるようです。

_1999年12月21日(火)  フォトレタッチ ディスプレイ
_そんな訳で日曜日に撮ってきた写真をポスターにするべく加工するのですが、元々写真の腕が悪いのとフォトレタッチソフトに慣れていないのとで少々大変です。私は実は数本のPhotoshop LE, PhotoCrew, gimp等フォトレタッチソフトを数本持っていたりするのですが、TeXに貼り込むためにPostScriptに落とすためにはgimpを使うという程度で別に使い分けはしていません。つまりまともに使いこなしているソフトは一つも無いという困った状態なのです。まぁ使用頻度も低いのですが。
_今日の使用ソフトはMET'S PhotoCrew。選んだ理由は最終的にMD-5000の昇華印刷をするという理由からgimpは使えず選択肢から外れ、あとはなんとなくです。このソフトは値段の割にはそれなりの機能があるのですがepsfにエクスポート出来ないという理由からあまり使われなかったのです。操作感としては同じ会社のG.CREWよりもかなり改善されていて良い感じです。特にG.CREW6ではほとんど使い物にならない右クリックメニューがそれなりに使えるのは有り難いです。メニュー等もそれなりには整理されているのですが、大きな欠点は設定を覚えないこと。私はガンマ補正をよく使うのですがデフォルトが直線補間である上、曲線補間にしても次に使う時にはまた直線補間になってしまうというのが困ったところ。あとは不安定でよく飛ぶというのも困ったところです。それからPhotoshopやgimpにある「ガイド」が無い(らしい)というのも少し不便です。それでもレイヤーが使えるのは有り難いわけでして、メモリが多いのをいいことに数枚重ねたりするのです。Photoshopにレイヤー機能が付いた時には驚いたものでしたが、今はフォトレタッチソフトやペイントソフトでもレイヤーが無いというのは考えられなくなりました。
_そんな訳でロゴなども入れて形になったらとりあえずレプリで刷ってみるのです。って、色が出ないのですがまぁ雰囲気ぐらいはつかめるかなという事で。まだ少し修正する必要がありそうです。
_ポスターは個人的な本の宣伝であるのですが、サークルとしてはあとはPOPなどもつくらなければいけないのです。それから名札も毎回作っているような。まぁこのあたりは過去の記録と記憶を頼りに作ればいいのでしょうけど。そーいえばDPPのカレンダーはどうなっているのか気になるあたりであるのです。
_あとはご指名を受けてしまったチラシ撒きのサークルチェックもしなければならないのです。私は電話帳は買っていないですしこれに関してはCD-ROM内容梗概の検索機能に頼ることにしましょう。しかしNewsletterは早くから作っているからいいとして今回はなんか仕事を引き受けまくってしまった感じです。
_しかしまぁそれ系の日記ページを見ていると残り3日ということで修羅場入っている所も少なくないようです。オフセットにすると締切が早くなるという欠点はありますが、本の作成に使う時間とブースのディスプレイ等を作成する時間とが分離されるというメリットはあります。
_BSD magazineを読んでいて思うのですけれど、なんかこの本を書いている方々は「BSDを使うからにはプログラムを書けるようになるべきだ」というような考えを持っているのではないかと思われてくるのです。私はFreeBSDを使いますけれど、メインで使っているという訳ではないですし、使いこなしていると言う程ではないですし、設定も大雑把ですし、Cなんてもう書けなくなっているでしょう。アプリケーションも自分でmakeしただけの物さえかなり少なく、ほとんどpackageやportです。ソースの類は見た事もありません。この本の執筆者の一部の方が言っているような「packageやportは邪道だから使うべきでない」という意見はBSDをより使いやすい物にしようとpackages/portsを開発している人達に少し失礼なのではないかなぁと私には思われるのですが。結局のところこの本はある程度解っている人向けの本であるように思われてしまうのです。
_私も以前鉄気味に「VVVF講座」「制御方式(前編/後編)」を書いた頃は「この文章を読む人全員に制御方式を理解して欲しい」と思って書いていたのでしたが、今回の「制御本」に関しては単に面白ければ良いという考えで作っており、見た目は似ているのですがそのような意味では考え方が全然違うつもりです。って、あくまでつもりなのですが。
_スマートメディアがまた死んだのでした;_; これで三度目だったりします。スマートメディアってそんなに簡単に壊れるような物なのでしょうか?

_1999年12月22日(水)  昇華印刷 あみだ
_ポスターを調整してから折角だからとMD-5000で昇華印刷。ファンが回りっぱなしになってなんとなく不安感を感じたりするのですがそれはそれとしても半端でない遅さです。A4版を1枚刷るのに所要時間が30分弱といったところ。しかも最初に刷ったのはカラーマッチングで失敗しているし;_; CRTの輝度を落としているので印刷結果は遙かに明るくなってしまったのでした。それでも確かに品位は半端でなく綺麗です。ってゆーか元の写真の悪さの粗が出てしまうという感じなのですが。撮り直しに行った方が良いでしょうかねぇ。あと機会は一回しか無いのですが。
_カレンダーの分配会があったりしたのでした。昨年は早い者勝ちであったのですが、今年は「全員に平等に機会があるように」ということで男女取り混ぜての巨大あみだくじ(笑)なのです。
_Wordの表と格闘する羽目になったのでしたがまるで思い通りにならずかなり困ったものなのです。Word98が悪いのかディスプレイドライバが悪いのか知りませんが表の中身が表示されたりされなかったり中身が勝手にどこかに行ってしまった挙げ句の果てには飛んだりでメチャメチャなのです。表のセルの中身が多過ぎるとロクな事が起きないっぽいので、セルを細かく分割したりするとかなりマシになってきたのでした。いやいや。
_昨日のスマートメディアの不具合は単にファイルシステムが壊れただけでフォーマットしたら復旧したのでした。重要なデータが入っていたわけでもないので問題ありません。
_実家のルータの設定が消えたとのこと。どーも電源のコンセントを抜いたら消えたようですが停電時のバックアップ用の乾電池を入れておかないと設定はバックアップされないのでしょうか。電池を入れる事をを指示しておかなかった私もまずかったのですが。
_土曜夕方関係のサークルチェック。指定に従ったところ640程もあって困ったのでした。予定されていた数を大幅に超えているので削るのが良さそうなのですが指示した側も意図があるかもしれないですし、相談した方が良さそうです。ちなみに当日朝の直接分は70程。このくらいの方がDPPの負担が減って良いかもしれないですが、配布対象エリアは広いです。

_1999年12月23日()  ディスプレイ Millennium
_POPや名札、値札、おしながきなどといったディスプレイを作成するのです。デザインセンスに関しては不問にしていただきたいところなのです。おしながきの名前のフォントを実際の表紙のタイトルロゴと揃えたいところなのですが鉄気味って伝統的にPOP体っぽいフォントでタイトルを付けるのが多いのですね。名札はロゴを二つ配置しなければならないのでバランスが難しいのですが、引き受けたからには努力はします。ちなみにおしながきはExcel95で作ることにしたのでした。それ以外はそこそこ使えるけど本当にかゆい所には手が届かないG.CREW6。
_午後秋葉原へ。明日発売のマヤさんの練習ソフト「タイピング-E計画」を探すのですが、まだ出回っていないっぽいです。って、DVDみたいにフライング販売をデフォルトであると考えている時点で問題があるのかもしれないのですが。仕方が無いので土曜に買ってから有明に行くという方針に。
_ポスターの写真撮影再履修のため御茶ノ水方面へ行くのですが、なかなかよろしい撮影ポイントは無いものです。結局前回撮った写真を使ってどーにかすることに。つまり今日は無駄足。
_中谷君と合流してからは彼のPCIビデオカード探しに付き合うのです。結局初代Millennium(MGA2064W)を購入しこれを98に積み、現在98に積んでいるカードを玉突きで彼の実家に送ることにしたようです。最近ミレニアムという語が無駄に流行しているのですけれどこんな時期に4年も前のMillenniumを買うなんてなぁんかお洒落。
_実家のルータの再設定は母親にもどーにか出来たようです。日電のマニュアルはそれなりに親切なようです。

_1999年12月24日(金)  直前
_今頃は有明は戦場と化しているのでしょうか。そんな訳で自分達も直前という事で最終的な連絡・調整が行われたりしているのです。
_そーいえば自分の個人的なサークルチェックをまだしていないのです。日曜に関してはNHK狂育以外は諦めていますが、せめて土曜ぐらいは予習をしておかなければと思っているのです。今回は前回とは違って重い荷物を抱えて行く必要も無いですし少し気楽です。
_そんな訳で帰宅したらやっぱりディスプレイの作成なのです。

_1999年12月25日()  学会二日目
_鉄気味9に関して不明な点もありディスプレイは完成させられないまま終了。今更サークルチェックをするのです。なんかヨコハマ系のサークルは何故か4サークルしか無いらしいのです。
_朝は開場する頃に起き出したのでした。
_本屋で今日発売のアフタヌーンを購入してから209系950番台に乗りまずは秋葉原へ。そんな訳で「タイピング-E計画」を購入。
_昼過ぎには秋葉原を離れ東京へ。丸の内南口の臨時バス乗り場にはバスは止まっているものの列は無い状態であり、座れて快適なのでした。人は多いのですがバスの本数はそれ以上に多いらしく本当に助かります。
_会場ではヨコハマページで有名なR・一郎さんにお会いしたのですが、ヨコハマ系サークルが激減しているので他の関係者には会われなかったとのことです。
_結局今日のお買い物は茶柱プロジェクト「white magic(エヴァ委員長本)」、バルバロイの里「さくらとかに Winter Special(美夕本)」、BAN-Ca-RUNKA「木曜日(ヨコハマ本)」、PEACEVILLE「dreamscapes(ヨコハマ本)」、Perfect Blue「PIZZICATO(さくら本)」で合計2100円。ヨコハマ本が激減しているので金額も激減しました。ちなみに最後のは裏表紙の知世ちゃんが超絶可愛かったことによる"Break"です。
_前日搬入があるので巡回が完了しても帰れないというのが辛いところです。しかも朝買ったアフタヌーンが重いし。って、自業自得なのですが。明日のブースを肉眼で確認したりするのですが結局ガレリアで休憩。収穫を眺めたりするのです。
_閉会近くに某氏から電話。コミケは初めてならしく会場の場所をよく解っていないらしいのです。代理購入をするべく彼が予約したというサークルに行ってみるのですが既に撤収済みであったのでした。
_閉会後からが私の今日の本番、前日搬入なのです。ブースで待っていると総裁が到着。中谷君は遅刻するという連絡があったので総裁にチラシ配布を頼むことにしたのでした。
_一人ブースで待っていると台車に乗せられごろごろと合計3箱の段ボールが到着。二箱半が制御本で残りが鉄気味9なのです。この量を見せつけられてしまうと200部は刷り過ぎたかなと思ったりもするのですが、それはそれとして早速開封。白地に深緑インキの表紙は指定通りなのですが、写真と画像処理の腕が悪くてなんかぼやけた営団6000系の下回りはなんとも地味な印象。到着した中谷君にも地味で苦戦しそうなどと言われてしまうのです。それでも側面から見た印象はヘッダの帯が出ていて思惑通りなのです。鉄気味の方はオレンジ色に毎回の如しの眼鏡っ娘のイラストな表紙がなかなかよろしい感じです。そんな訳で検品し納品数を数えたら再度封印し撤収。
_浜松町で夕食を取りつつ明日に向けての最終確認。学会零日目である23日夜に総裁が大海原氏の携電に電話を掛けたところ、彼の代わりに眼鏡っ娘の秘書が出たとのことなのです。ついに彼も秘書が付くぐらいに偉くなったようなのです。
_解散し帰宅してからはPOPの仕上げ・出力に値札や名札の切り取りなど、明日に向けて最終準備を行うのです。

_1999年12月26日()  学会三日目
_全ての準備が終了したらさっさと寝ればいいのに折角だからと購入したソフトをインストール。起動すると解像度が640x480に変えられてしまうというのが困ったところなのですが、それはそれとしてキーボードの画像の左下にネコのシールが貼られているというのがマニア受けです。原作では画面の左下なのですがまぁ妥協範囲でしょう。更には姿勢に関する説明の箇所の「椅子にクッションを敷くのも良いですね」できゅぅと大喜び。そんな訳でマヤさんが好きな人にはウケます。練習になるかどうかは問題ではありません。
_少し夜更かしをしてしまったのですが、それでも予定通りの時間に起き出しお出掛け。少し重めの朝食を取ってから始発から二本目の総武快速線に乗るのです。川崎・大田区方面からの車と東京八重洲で合流し会場へ。サークル入場のための列が出来ており待たされたりするのですが寒いです。一般入場の人達はこんな寒い中更に数時間待たされるのですから大変だと思わされてしまうのです。
_無事会場に入ったらスペースの設営。ディスプレイや本の配置などは予め検討済であるのでそれに従って配置するのです。ここ数回は計画的で良い感じですね。おる氏が遊びに来ていたりするのですが、彼は7時頃起きると家の前に迎えの車が来ていたとか。相変わらずやる事がエレガントなのです。始発二本目の電車に乗った自分はなんなんでしょうかねぇ。そんな訳で彼には朝から完敗。
_開会前には既に壁サークルへの列が出来ているのです。しかもよくわからない罵声が飛び交っていたりしますし。しまいには外に出されてしまう始末。以前誰かが「サークルチケットは同人誌優先購入券ではない」と言っていたようなのですが、こういう光景を見るとなんだかなぁと思わされるのです。まぁ私も前科があるのでアレなのですが。
_開場して暫くすると一般入場の先頭にいたと思われる一団が走ってくるのです。いつから並んでいたのかは知りませんがご苦労様という感じです。まぁそういう人達は自分達のような弱小サークルには目もくれず壁に向かって一目散なのですが。
_で、「制御方式入門」なのですが、よくわからないのですが売れるのです。800円もする割には文字ばかりでイラストが無い本であるのですが。表紙の印象も薄いですし。厚いのであまり平積みにできないのですが、頻繁に段ボールからリロード(笑)の繰り返し。昼頃には50部ほどが無くなっていたのでした。
_本が飛ぶように売れて忙しい上にテンション上がりっ放しなのですが、それでも隙を見てNHK狂育だけは買い出しに行くのです。新刊を無事購入。ハイな状態であったので意味不明な事を喚いていたかもしれないですが気にしないで下さい>NHK狂育のみなさま ぽげむた氏はやおい本の買い出しに出ていたようでお会いできなかったのが残念です。適当な隙を見て再履修しようと思っていたのですが出来ませんでした。結局今日の買い物はこれだけ。この約20分以外はずっとQDATのスペースに常駐していたのでした。
_大通りに面しているなどといった好条件に恵まれたのかもしれませんが、とにかくよく売れるのです。制御本の頒布目標は三桁→120→150と上方修正の繰り返し。200部印刷と言うのは少し背伸びした値のつもりであったのですが、これだけ刷ったのは正解でした。制御本だけでなく鉄気味や委託本もよくわからないけど売れるのです。委託本は送られてきた分は完売し、当日増備された分も完売してしまったのでした。
_原君や安枝氏にはわざわざブースにお越し頂いたのですが、目の回るような忙しさにほとんどお相手できず申し訳ないことをしてしまったのでした。異常にハイであったため失礼があったかもしれないですが、気にしないで下さい。
_制御本の頒布に当たっては想定問を作ったりして(笑)万全を期していたのですが、大して役に立たなかったのでした。想定外の質問としては「これだけの資料をどうやって集めたのか」というのが多かったのですが、主な資料は巻末の参考文献です。ルリちゃんポスターに関しては一人は意味を解って下さった方がいて一安心なのです。
_1600で閉会。鉄道島特有の三本締めが行われたりするのです。結局制御本は164部を頒布。コミケット一回の頒布数としてはDPPの本や千葉本を上回ったようです。地味な表紙に対して実態はただのダメなアニパロ本なのですが、何故にここまで売れたのか原因不明です。それはそれとしても買って下さった皆さん、売って下さった皆さん、書いて下さった皆さんに感謝、感謝なのです。鉄気味に関しても頒布数記録更新したようです。その反面既刊本はまるでダメで、そろそろ処分を検討しても良いかもしれません。
_元々6箱あった段ボールが撤収の時には2箱に減っているのです。本当に不思議。撤収したら例によって大岡山へ。残部やお金の確認をしてから恒例の反省会が行われるのですが、ここ数回は事前に綿密に計画を立てているためか致命的なミスは無いのです。今回も実はかなりまずいことがあったのですけれどどーにかフォローが効きましたし。まぁこれに気を抜いてはいけないのですが。
_全てが完了したら毎回の如く大石君と帰宅。津田沼で夕食を取るのがだったのですが、今回は疲れていたのもあって駅で別れたのでした。寮に戻ったらばたんきゅー。

_1999年12月27日(月)  猫曜日
_有給休暇を取っているので猫曜日です。重要なイベントの翌日は休みを取っておくのが無難です。
_遅い時間に起き出し食事と買い出しに出掛けるのです。その後は買ってきた物を読んだりしてのんびり。

_1999年12月28日(火)  設定 実験
_出勤してマシンを起動すると設定が綺麗さっぱり飛んでくれて困ったものなのです。ATOKが使えなくてはお話にならないのでそれだけは復旧。辞書は生きていたので問題無かったのでした。あとはスタートメニューや画面関係を設定してほぼ元の環境に復旧したのでした。しかしまぁ相変わらずここのシステムは雑です。
_私の職場は数年後に別の建物に移動することになっているのですが、建物のレイアウトを見て今更ながら重大な事に気付いてしまったのでした。う〜みゅ。
_なにが実験なんだかはよくわかりませんが、私が売子をしている間に反対側ではそんなことが行われていたとは。なにが「おおー」であったのかを教えていただきたいです>「某所」の方
_年越しに向けこの日記ページも下ごしらえをするのです。200001.htmlという名前を作ると今更ながら桁上がりが近いという事を実感させられるのです。ただしアップロードはまだ。
_来年また劇場版が出来るのですか。まぁ流石にTV放映が続行される事は無いようでアレなのですが。この感じだと6月にはldqが完全に空になりそうなのです。

_1999年12月29日(水)  掃除
_そんな訳でマヤさんの練習ソフトをいじったりするのです。この手のソフトを使うのは初めてであるのですが、今までの自分のタイピングがかなり自己流であり良くない癖が付いていたという事を実感させられます。"B"は右手人差指で打つ癖が付いていましたし右手小指はまともに使えなかったですし。私にとっては悪い癖を矯正する程度の効果はあるように思われます。ただ、ゲームに関しては簡単過ぎて役に立たないです。
_かなり遅い時間に起き出し部屋の大掃除に掛かったのでした。古いフロッピーの中身を確かめてから捨ててしまおうと久し振りに98を起動するのです。互換機のFDDは3モードではないからなのです。しかしまぁPentium II 350MHzに慣れた身には486 100MHzでは猛烈に遅く感じられるのです。これでも一年ほど前まではそれなりに活用されていたのですが。そんな訳でMASLデータなどといった懐かしいモノが発掘されたりもしたのでした。結局数十枚のフロッピーを処分。他、古い本なども捨てたりしたのでした。

_1999年12月30日(木)  掃除
_今更ながら某氏にお借りしたBS知世ちゃんの録画を見ることにしたのでした。って、DVDに慣れた目には右上のロゴが少しうっとおしかったりするのですが、それはそれとして相変わらず作監による絵の違いが激しくてアレなのです。
_午後から掃除の続き。テレビ台やパソコンデスクの背後に溜まった埃を掃除したのでした。デスクの裏側は電源ケーブルがうねっていて困ったものなのです。前原のように綺麗にまとめておくのが理想的ではあるのですが。CRT増設に向け準備工事として98とレプリを移動することに。もうほとんど使われることも無いと思われる98は足下へ移動。って、無駄なパワーアップの噂があるのですが。レプリはデスクの最上段に移したのでした。デスクの最上段にスキャナ、MD-5000、レプリとDTP関係の入出力機器が勢揃いするのです。

_1999年12月31日(金)  秋葉納め 帰省
_そんな訳で大晦日です。大海原氏の誕生日でもありますね。おめでとうございます。来年も活躍を期待しております。
_午後は秋葉納め。ぎょぴ氏と合流し巡回するのです。ぎょぴ氏は相変わらずlainに興味を持たれているようなのですが、全巻揃っているような店は無くて買えないようなのです。なんか日本橋では欲求不満気味なのでしょうか。なるとや東京バス案内などにも興味を持たれていたようなのですが、結局タイピング-E計画を買われていたのでした。ソフマップだとLaOXよりも少し安い上ポスターなどが付いてくるようなのです。って、パッケージと同じ絵柄なのでしょうけど。マヤさんのポスターだったら買い直すかもしれませんが(笑)。そんな訳で何も買わず健全な秋葉納めとなったのでした。
_帰省したら以前から親に出来たら見せろと言われていた制御本を見せたりするのです。予想外に立派な作り(製本)であると言われるのですがどのような物が予想されていたのかは謎です。で、やっぱり中身のダメさ加減はよくわからないようで。一見普通そうで実はかなりダメというのが制御本の困ったところであるようです。
_以前家庭教師で教えていた子が第一希望を東工大にしたとのことなのです。って、やぁっと志望校を決定しましたかという感じなのですが。今はセンター試験直前であるのですが頑張っていただきたいところなのです。
_年越しそばを食べたら父親はY2k対応とのことで職場へ。自分は例によって母親にWindowsの使い方を教えたりするのです。メールを出す時にはOutlook Expressを立ち上げるとルータがダイヤルアップを始めるという困った事になっていたのでとりあえずMS-Wordから出すように指示をしておいたのですが、このソフトでは普通のメールが出せないらしいので結局AL-Mailを導入してしまったのでした。って、レジストをどうするのかが少し問題なのですが。自分で勝手に済ませておくという方法もあるかもしれませんが。これでやぁっとまともにメールが出せるようになって一安心なのです。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ