近況報告 2000年6月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_2000年6月1日(木)  電波の日
_今日も職場のマシンは不安定です。OSを起動して一時間ほどで挙動不審になってきてrebootの繰り返しです。Windows NT4.0をここまで不安定にチューニング出来る某社の技術力にはほとほと呆れるを通り越して感心させられると言うほかありません。
_竜のページの重要キーワードのネタにされてしまったよーで。まぁ事実なので仕方無いのですが。ホントあの人が話題性豊富なのかそれとも自分達の話題が貧困なのか。
_夕方は酒盛りがあったりします。なんでも幅広く声を掛けているとのことでちょっと懐かしい方々にもお会いできたりして嬉しかったりしたのでした。KAORUさんがAIBOを持参していてえらい騒ぎになってしまっていたりするのです。数人が座り込んで手を出してきゃっきゃと騒いでいる横で、我関せずという感じで全く関係無しにお話をしている人達がいたり。
_年上のお姉様方に「可愛い」と思われる傾向があるのかしら。
_諸般の事情により暫くAIBOを預かって欲しいなどという相談を受けてしまったりするのですが、高価な物ですし自分は非常に面倒くさがりやなので物の面倒を見るというような面倒な事は大嫌いですのでお断りするのです。冷たいと言われてしまうのですが結局は他の方が預かる事になるのです。
_n次会という事で一時間だけカラオケに行きます。そんな訳で今回はアニソン縛りにならないので自分の趣味に走った選曲にするのですが、確かに女性ボーカルの曲が好きです。ってゆーかあたしは女性ボーカルのCDしか持っていませんし。

_2000年6月2日(金)  趣味
_帰りの道中でお勧めのアニメを尋ねられたりするのですが、一般の方に対してはこれはかなり回答に難しい質問です。お勧めではないにしても多くの人に見て貰いたいアニメという意味では圧倒的にserial experiments lain(*)です。もちろんこの作品はかなり好き嫌いの激しい、見る人を選ぶタイプのアニメだとは思われますが、気に入らないなら気に入らないで構わないですから少しでも構わないから多くの人に見て欲しいなぁとは思っています。幸いあたしの部屋には貸し出し用のDVDもありますので(笑)。
_珍しく某MLに木村氏から投稿があったりするのですが、「喀血」の内容ってゆーか金額が凄いです。
_今日も不安定なマシンをだましだまし使いながら他の人が作ったPowerPointデータを編集したりするのですが、こーゆーののデザインにこそ個人個人の趣味が現れるものでして、そのデータはとにかく楕円形とグラデーションが多用されているという印象なのです。いちおうそのスタイルに揃えるようには努力します。ちなみにあたしが作成すると角張った印象の資料になり気味なのです。
_そんな訳で日曜日は某K君(*)と秋葉原巡回をすることになったのでした。

_2000年6月3日()  池袋
_午前中は半年に一度の寮大会という事で寮の周辺の草刈りをしたりします。これがまた結構生えているものでしてかなり苦労させられるのです。
_午後は制服系のお店の新規開拓という事で池袋へ行きます。あとは某氏の一日早い誕生会も兼ねていたりもします。メンバー全員(謎)が集合するのはこの時以来ではないでしょうか。
_集合したらまずは東武地下の「エディアール」へ。店内を覗いたところ5人も座れるようなテーブルは無さそうな上、待ち行列が出来ている状態であったので試合放棄(笑)することに。ちなみに制服に関してはカチューシャがなかなかよろしいのですが色使いに関してはあんまり好みではないです。
_時間潰しの為にサンシャインの「ロシナンテ」へ行くのですが、あいにく閉店でダマされ。仕方が無いのでとりあえず近くのデニーズでデザートと飲み物でだらだらと2時間ほど時間潰しをします。
_そんな訳で夕方も近付いてきた頃に「ミュンヘン」に移動。ウェイトレスの制服が赤い民族衣装風?であり、男性店員がピエロの格好をしていたりと、なんか独特な雰囲気の店です。ピアノやアコーデオンの生演奏があったりして楽しいところです。個人的には偉そう?な女性店員が着ている黒い制服の方が好みであったりします。そんな訳であんな話やこんな話をしながら飲んだり食べたり。ええ。まぁ、常々思っている事ですので(謎)
_三次会はカラオケとなります。セガですし某氏もいるしという事で美夕八千夜を入れたり。ささやくような「うそだよ」「ほんとだよ」がなかなか難しい(笑)。他はごく普通の曲で。
_昭和堂の閉店時刻にぎりぎり間に合ったのでなかよしを購入。部屋に持ち帰ってから読むのですが知世ちゃんが全く出ていない;_; 前回の表紙だけの登場に続いて今回はホントに全く登場していないのです;_; あえて言えば「これまでのお話」には登場しているのですが、これでは登場しているとは言えません。そんな訳で付録のポーチ?の裏側だけ見て悲しみを紛らわせます。次回で最終回ならしいのですが、まぁここらへんで潮時でしょうねぇ。ちなみにあたしは某氏とは違って間違っても小僧がいなくなって傷心のさくらちゃんを知世ちゃんが優しく包み込んで(以下検閲削除)などというような百合なエンディングは間違っても期待していません。ええ。
_今日の日記には三箇所に「某氏」が登場しますが、全部別人物ですので勘違いの無いようお願いいたします。

_2000年6月4日()  秋葉原 市川
_午前中にお掃除お洗濯お買い物。あとは母親の誕生日であるので自宅に電話を入れておきます。
_午後から秋葉原に出掛け、予定通り某K君(*)と合流し彼のPC導入計画に付き合います。今まで彼はノート型かデスクトップ型かという根本的なあたりで迷っていたようなのですが、結局ノートにするようで。そーなると東芝かIBM以外はお勧めできないのです。
_カタログを眺めたりしつつ実際に物を見て回るのですが、今のThinkPad iシリーズは今はMS Officeが付属していないようで代わりにLotus SuperOfficeなどというような全く役に立たない物が付いているようで全くもって困った話なのです。初期のThinkpad iではMS Officeが添付されていたのですが。しかもMS Officeの単品売りは約4万と意外と高いのでかなり難しいのです。勿論MS Officeが使いやすいとか機能が良いなどとは別に思ってはいませんが、良くも悪くも業界標準ですし職場でもWord/Excelが標準ですしねぇ。つまり消極的選択。まぁM$の製品なんてそんなもんでしょうけど。
_ノート用のCD-RW/DVDコンボドライブというのはまだ存在しない訳でして、って、デスクトップ機用のもほとんど見掛けないのですが、その上に彼の優柔不断なあたりもあったりしてかなり困ったものなのです。あたしの考えとしてはDVD-VideoはPC上で見るものではないですから、DVD-ROMドライブはデータの読み出しのためと割り切るべきであると思うのですが、外付けだなんだとややこしいのです。
_結局T-ZONEミナミで型落ちなのですがThinkPad i 1465が比較的安いのを発見。MS Officeが付いているのが重要です。Celeron466/12GB/64MBとメモリ以外は十分な性能です。メモリは増設すれば良いですし。そんな訳で最後の決断は彼にお任せしてお別れしたのでした。
_続いては中谷君、木村氏ら岐阜方面な方々(笑)と合流。中谷君は今更Millennium G400DHを買ったりしているのです。
_木村氏行き付けのサウンドクリエイトへ。あたしはこーゆーハイエンドオーディオなお店に入る事は滅多に無いので非常に新鮮であったりします。早速試聴室に案内されるのです。既にLINN Classik-T+TUKANなシステムがセットアップされています。こーゆーお店に入るには試聴用のCDを予め持参しておくのが常識であるようで。
_そんな訳で誰かが持参した宇多田ヒカルの曲で試聴したりするのですが、流れてきた曲はやかましい系であったりしてあたしにとっては苦痛以外の何物でもないです。あたしゃ好きなアーティスト:中島みゆき、辛島美登里、谷村有美、平松愛理ってゆータイプですので(^^; 勿論宇多田ヒカルの曲全てが嫌いという訳では無くて、色々聴いてみれば好みの曲というのもあるのでしょうけどね。多少ズレた例を挙げますとあたしはX(X-Japan)の曲は総じてやかましくて聴くに堪えられないのですが、それでも「Endless rain」だけは好きであったりします。そんな訳でまぁそんな嗜好なのです。
_何故か矛先(笑)があたしの方に向いてきたようで更には何故かハチポチを持参していた人もいたようでそんな訳で特等席に移動。比較的聞き慣れている円盤ではあるのですが感想としてはなんかイマイチ気味。携帯MDプレイヤーでも伝わってくるような坂本真綾独特の息遣いがあんまり伝わってこないような感じです。って、勿論曲にも大きく依存するのですけれど。音の情報の量ってゆーか「数」としてはMDR-E888で聴く携帯MDとあんまり変わらないという印象でしょうかねぇ。勿論一つ一つの情報の「質」という意味では全然違うのですけれども。あとは「澄み過ぎていてなんか物足りない」という印象も受け、実際口にしたのでした。これは後から自分で考えてみるに結構驚くような感想でして、あたしはとにかく食べ物でも各種デザイン類でも無機的なまでにあっさりとしたモノを好む傾向にあるのでこのような感想を持つとはかなり珍しい事であるように思われてくるようです。
_上の感想に対するお店の人の対応は、スピーカの位置を壁に近付けるというものなのです。勿論スピーカは同じ物です。これで何が変わるって、素人のあたしでも判るぐらいに明らかに音が変わるので驚かされます。低音が明らかに豊かに、悪い言い方をすればややしつこい傾向になります。更にはプレイヤー本体を置く台を換えると音が変わるとのことなのですが、これに関しては言われてみればまぁそうかなという程度です。って、その場にいた他の方々は皆さん聴き慣れているのか違いが判ったようなのですが。しかしたかがスピーカの位置、あるいはプレイヤーを置くラックだけでこのような違いが出るとは、様々な組み合わせは文字通り無限の組み合わせに発散する訳でして、オーディオの奥の深さを思い知らされるのです。こーゆーのをとことん突き詰めて自分好みの音を作るのがピュアオーディオの魅力であるらしいのですけれど、非常に面倒くさがり屋のあたしには向いていないとも思わされるのです。
_この場で試聴に用いられているLINN Classik-TはCDプレイヤーにチューナにプリメインアンプをAll-in-Oneにして約6kgという小型軽量な装置なのです。電源はどうなっているのかを尋ねるとスイッチングレギュレータとトランスの両方を積んでいて給電する部分によって分けているとのことなのです。自分としてはその大きさにトランスを積んでいるという事に感心させられるのですが、お店の店員さんは更に「スイッチング電源とシリーズ電源には一長一短があるから、音が良ければどちらでも良いではないですか」とのこと。それは確かにその通りなお話なのです。ってゆーか音が良いとか自分が心地良いとかそーゆー事の前に技術的な方向に頭が行くとゆーあたりがやっぱり自分は電気屋さんであると実感させられるのです。あとは秀氏ほど極端ではないにしてもあたしも結構理屈っぽい方ですし。電源に関してはシリーズ電源の方がノイズが少ないだろうかとか、あるいはアンプとかその手の装置は余計な振動を抑えるためにも重い方が良いだろうとか、悪い言い方をすれば耳や感性よりも測定器の方が先に来るっていいますか、まぁそんな感じなのです。しかしそう考えると音響機器メーカの技術者っていうのも測定器だけを相手にして耳を大事にしないようでは良い音の出る、聴く人を心地良くさせる装置は作れないでしょうし、勿論企業である以上は商売という視点も必要ですし、なかなか大変そうに思われてくるのです。
_お店のロビー?にはメインアンプの内部写真が飾られていたりするのです。これがまた左右対称な美しい構成で思わず見とれてしまったりするのです。って、トランスは左右分割されていないようなのですが。ロビーではCD12+KLIMAXで駆動された女性ボーカルの洋楽がBGMとして流れているのですが、これがまた超絶艶っぽくて、ぞくぞくっとしてしまったのでした。別に真剣に聴いていたという訳ではなく単に突っ立って件の写真を見ながら耳に入ってきただけなのですが、そんな状況であるにも関わらずぞくぞくっとさせられる程でして、なるほどなぁと何となく思わされたのでした。
_朝からまともに物を口にしていなかったのでかなりお腹が空いていた訳でして、「お腹が空くと怒りっぽくなるんだな」な状態であったのですが、そんな訳でアキハバラデパートで夕食を取ったり。
_解散してからは木村氏らと錦糸町のヨドバシに寄ってから市川の木村氏のマンションへお邪魔します。
_ここはまたLINNのかなり凄いシステムが組まれているのです。って、構成はあんまり覚えていないのですが。岩男潤子さんの「Favorite Songs」が転がっているのが発見されるのでこれで試聴してみます。「手のひらの宇宙」を掛けたりするのですが、この曲は寺嶋民哉氏による重低音が魅力的な曲ですので、試聴のソースとしてはかなり役に立たない部類に入りそうな感じがするのです。それでも文字通りの好きな歌であるので仕方がありませんです。LINN KARIKとDENON DVD-5000とでCDを聴き比べてみたりするのですけれども、これがまた素人のあたしでもはっきりと判るぐらいに全然違うメーカの味・癖が出るものなのです。LINNでは澄んだボーカルが魅力的なのですが、DENONでは重低音が豊かでそこらへんは魅力的ではあるのですが、ボーカルはがなっているような感じでしてそこらへんはあんまり(かなり?)よろしくないという印象です。ちなみにDENONはDACの補間機能が強力だそうでそこらへんは技術的にかなり興味をそそられるあたりであるのです。
_あとはPS2の電源ケーブルや仮想接地等々の比較をしたりしたのですが、慣れていないのかあたしにはあんまり違いがわからなかったのでした。それでも電源ケーブルの重要性はとってもよく認識されるのです。
_結局木村宅を出るのは2230頃にもなってしまったのでした。帰宅してからはここ数日更新が行われていない公開日記の更新作業に取り掛かるのです。

_2000年6月5日(月)  結論
_結局作業が完了したのは0300頃にもなってしまうのです。溜めていたので量が多かった上、いちおう公開する文章ですので推敲を繰り返すのです。ちなみに昨日分のデータは8kb強で、これは今までで最も多い量です。
_昨日ミナミで解結してきてしまった某K君なのですが、結局買わなかったらしいのです。今日になるとThinkPad i 1157、つまるところ570が良さそうなどと言い出しているのです。この製品は多少高いものの確かに非常に良く出来た製品でして自信を持って薦められるのですが、なんつぅか彼のマシンの運用の方針が定まっておらず困ったものなのです。
_暫くすると今度は1200と1157では価格差が6万もあるのにCPU, HDD, メモリなどといったカタログスペックはほとんど同じであるという事が納得が行かないなどと言い出すのです。その価格差が本体とベースとに分割する部分やFDDなどのコストであったり、カタログに現れない部分での出来の良さであったり、あるいは会社の商品戦略とかそういうのであったりすると私には思われるのですけれど。結局はその価格差に価値を認められるかです。私であれば少々高くても妥協しない主義ですので迷わず高い方を選びますけど、そこらへんは個人個人の好みがありますし、あたしとしては双方のメリット・デメリットを挙げる程度のアドバイスは出来ますけれど、どちらが良いかなどといった事を断言する事は出来ません。そこまで迷っているのであればパソコンは本当に欲しいと思った時が買い時であると私は考えているので買わないという選択肢もあるのです。って、これは悶々とする事になるので精神衛生上はあんまりよろしくはないのですが。とにかく後悔しない選択をして下さいとしか言えないです。
_結局結局ThinkPad i 1200にしたようです。明日引き取りに行くとのことですので期待しておきましょう。
_そんな訳で次は左側の方です(謎)

_2000年6月6日(火)  ページ
_優柔不断」に関して反論のメールを頂いたりしたのでした。理想的な製品が存在し得ない以上は何らかの妥協や決断が必要であるという事は当たり前ですし、ご自分で納得されているのであれば別に問題は無いです。あとはこれからいかに使うかです。
_珍しく見知らぬ人からページ関連でメールを頂いたりしたのでした。私のページは関係者のアクセスがほとんどであるのでたまにこのような事があったりすると少し嬉しかったりします。
_はい。このように落胆しております。

_2000年6月7日(水)  最終回 妖しのセレス
_午後は最終回であったりします。最終回になってよーやっと色んな意味で手際が慣れてきたという感じなのですが、それでももう最終回なのです。今回は機器のトラブル等があったりしたもののどーにかなったのでした。それはそれとして世界の最先端の●●●のプレゼンがPowerPointでなくてOHPであるというのがちょっちアレであったりしたのでした。
_終わったら早速打ち合わせです。そんな訳で明日の午前中に資料を修正するようにとのことなのですが、明日は発表会を聞きに行きたいので夜のうちに済ませてしまうことにします。一時間ほどで無事終了。これで明日の朝は発表会に直行することにします。
_帰り際に本屋で非常に気になっている「妖しのセレス」の原作を立ち読みします。って、気になっている理由は当然岩男潤子さんが出ているからなのですが(^^; ざっと目を通すのですが個人的にはイマイチです。ホラー系だったらただただひたすらドロドロしたままの暗くて重いだけの話で進んで欲しいところなのですが、この話では急にギャグが出てくるあたりが個人的には受け付けないのです。そんな訳で切り決定。

_2000年6月8日(木)  発表会
_発表会という事で都内某地区に直行します。会場は「プリンスホテル」であるという事だけは覚えていたのですが、某地区には「プリンスホテル」がたくさんあって困ったのでした。パンフレットも持ってきていません。仕方が無いので職場に電話を入れて会場を確認します。そんな訳で無事会場は判明したのですが、けれども職場に戻ることになってしまったのでした。仕方が無いので開会式だけ見て荷物や資料はクロークに預けて職場に戻ります。
_職場に戻ったら作業をします。これに関してはさほど時間も掛からず終了。しかし色々あったりしてそんな訳で結局職場を出るのは昼過ぎ。しかも「保険(謎)」まで持つことになるのです。
_会場に戻ったら発表会をゆっくり聞きます。しかしまぁこの発表会ってゆーのがまた非常に金が掛かっているという印象。発表される中身に関しては流石にレベルが高い訳でして、自分として興味を持っていたり専門であったりするような内容に関してはある程度は理解可能なのですが、専門外であったりするとさっぱりです。
_発表会が終わったら職場に連絡を入れます。直帰して構わないとのことなので例によってレイの如く秋葉原に寄ることにします。既に活動限界は迫っていたのですがそれでも平日であるので2000頃まで巡回して退散。
_帰宅したら昨日のラブひなを見ます。ゲームを一切しないあたしとしてはややイマイチ気味なのですがそれでもキャラクターがぽんと小さくなったり大きくなったりするのがちょっと面白いです。

_2000年6月9日(金)  発表会
_今日も発表会であるのですが、直行はせずに一旦職場に立ち寄ることにします。
_そんな訳で昨日に引き続き某プリンスホテルへ。発表会はなかなか興味深い内容もあったりして面白かったりしたのでした。空調が効き過ぎていて寒いというのが少し困ったところでしょうか。
_昼休みに食事を取っていると職場から電話。作業があるので戻ってくるようにとのこと。今日はもう発表会には戻らないつもりとし、荷物も預けずに職場に持ち帰ることにします。
_色々あったりしたのですがそれでも夜にはどーにか落ち着いてそれなりの時間には撤収。
_この公開日記には仕事の事は極力書かないようにしているのですが、このは珍しく仕事ネタが中心だったり。まぁそれだけネタが無いという事なのです。

_2000年6月10日()  新宿
_秋葉にでも出掛けようかなぁと思いつつもつい猫々してしまうのです。それでも一年半振りに●●の飲み会があるので起きて着替えて新宿へと出掛けます。
_30分ほど遅刻して現着。2年振りに会うような人達もいたりしてかなり懐かしいのです。皆さん結構色々と変化があったようなのですがあたしゃなぁんにも変わっていない訳でして2年前と同じ服なのではないかという指摘まで受けてしまうのです。えぇ。全くもってごもっともなご指摘でしてその可能性は高いです。ってゆーか服を買うとしても似たような傾向の服しか買いませんし。
_二次会までお付き合いして散会。週末の新宿だけあって駅の切符売場や改札前は猛烈な混雑なのです。帰りの電車は201系900番台込み編成。

_2000年6月11日()  秋葉原
_午前中に実家に電話。何故にAIBOを預からなかったのかなどと言われてしまったりもするのですが、それはそれとして本題(謎)に関しては二か月後とは言え額がかなり大きいので色々と計画を考えておかなければならなそうなのです。そんな訳で小遣帳のバックナンバーを見直したりしてあれこれと皮算用するのですがここのところ多かった余分な出費を抑えれば全く問題無くどーにかなりそうです。
_午後秋葉原へ出掛けます。何故か気分的に103系には絶対に乗りたくなかったので2本ほど落とすと209系950番台が入線してくるのでこれに乗ります。
_秋葉原に着くと雨が降っています。
_STAX SR-007(Omega II)の毒電波を浴びてしまってちょっとってゆーか結構欲しくなってしまっているという事からそのための送り出しのCDプレイヤーを検討することにします。って、まだ買う事は確定していないのですが。まずはブックタワーで予算の範囲内にどのような製品が存在しているのかをざっと確認。その後は数箇所の店で試聴させて貰うことにします。定番はDENON DCD-S10/IIIとTEAC VRDS-25xsのようでして、どこの店にも置いてあります。そんな訳でこれらに加えて数社の製品も含めて試聴させて貰ったりするのですけれども、これまたメーカー毎に異なった音質の傾向があったりして非常に興味深いのです。
_その後はぷらっとホームで超漢字をいじったりLaOXコン館1Fで立ち読みしたり。
_夕方が見えてきた頃になって新登戸方面からの二人と合流します。なんでも昨日は結構楽しいイベントが行われていたようで猫していないで秋葉原に出てくるべきであったと思わされるのです。そんな訳で合流後も無目的気味な巡回。
_先週の一件に関しては「白熱の議論」と取られた方もおられたようなのですが、あたしとしては全くそんなつもりは無くて、単に電気屋としての純粋な疑問や知的好奇心をぶつけただけのつもりです。もちろんそのような内部の事はユーザから見ればどーでも良い事であるという事は頭では理屈では解っているつもりですしごもっともであるとは思ってはいるのではあるのですけれども、それでも内部とかそーゆー事の方に興味を示してしまうのです。こればっかりは長年の経験その他で培われた性格ですので仕方が無いです。
_市川にIKEMIが入ったとのことなのですが、ここ数日この公開日記も更新していなかったのでその作業もしたいですし、エージングが済んだ頃にお伺いすることにして今日のところは直帰することにしたのでした。

_2000年6月12日(月)  ページ
_某氏のldq(*)が久し振りに更新されていたりするのですが、凄過ぎます。エスカフローネの箱を"Break"しておられるというのは予想の範囲内なのですが、驚かされるのは"Bought"の多さです。美夕とヤマモト・ヨーコがほとんど"Bought"ですしあとは2月発売の劇場版知世ちゃんも"Bought"のままのようで。そいえばにょが入っていないのが気になるのですが単にミスでしょうか。
_"kokone"なるUser-Agentを発見。って、詳しく調べた訳ではないのですがUser-Agentを書き換えたMSIEでしょうかねぇ。

_2000年6月13日(火)  学会
_夏コミは日曜日東5"ポ"52aだそうです。
_NHK狂育当選されたようでなによりです。今回も買いに行きますのでよろしくお願いします。
_に限らずそれ系のページを見ていると当落結果が多数見受けられます。今回は前回とは異なり、日曜日も含めて多少はゆっくりと巡回する時間が出来るものと期待しているのです。
_夜は短い酒盛りの後カラオケであったりします。出席率が過半というのがまたかなりよろしいあたりでして。queueに入れたのがキャンセルされた上にアレな事とかがあったりしたのですが、それはそれでそんな感じなのです。
_そんな訳で某●●●●●は綾波がお好きという事で。ちなみにあたしは周知の通り(笑)マヤさんです。旬はとぉっくの昔に過ぎ去ってしまっているですのであんまり口にしませんけれども個人的には知世ちゃんよりも好みです。ハイ。そいえば最近エヴァも見ていないですので近いうちに全部見ることにしようかなぁと思ったり。

_2000年6月14日(水)  申込
_1830頃退散。こんな時間に退散したからには例によってレイの如くの秋葉原へと行きます。一時間ほど巡回。
_帰宅したら今更ながらCOMITIAの申込作業を始めることにします。って、既に世間では夏コミの当落に悲喜こもごもという御時世であったりするのですが、申込締切は6/29(必着)であったりするのです。そんな訳でまずは申込用紙のpdfを刷ろうとするのですが、レプリで刷ろうとするとメモリ不足で展開出来ずエラー。仕方が無いので解像度を落として刷ると文字も潰れて使い物になりません。仕方が無いのでMD-5000で刷って事なきを得たのでした。
_続いては項目に記入することにするのですが、よくわからない、聞かなければわからない項目もあるのです。仕方が無いのでこれに関しては尋ねるしか無いです。
_最大の問題はサークルカットです。これに関しては後ほど考えるという事で。

_2000年6月15日(木)  千葉島
_今日はTiVA島民の日であるらしいのですがあたしにはなぁんの関係無し。って、あたしもTiVA島民なのですけれども。
_BSD Magazineを購入。
_土日のいずれかは某S君(この日記では初登場)と秋葉巡回をすることに決定。目的はノートPCとのことなので方針はいつもと変わらずです。

_2000年6月16日(金)  銀座
_営団地下鉄の女性職員の夏服もスラックスに変わっているのがちょっと悲しかったりして。
_夕方は早々と退散し職場の人達と銀座の「串一」へ行きます。そんな訳で好き勝手お喋りしながら食べるのです。でも本場大阪の串カツというのはもう少し違うようで。
_あとはIXY DIGITALを肉眼で確認したり。とってもコンパクトな上に高解像度でズームまで付いていてかなり良さそうなのです。今はかなり入手困難なようで。
_某PC雑誌のDVD売れ筋ランキングは秋葉原ヤマギワソフトでのランキングなようでどー考えても一般性は無いってゆーか文字通りの逸般的な統計と言いますか何と言いますか。
_帰宅したら部屋の模様替えに向けてその前にまずはお片づけという事でとりあえず古いアフタヌーンを捨てたりします。って、それでも捨てる前に目を通してしまうものなのでして、今更ながら高河ゆん「妖精事件」を読んでしまったりするのですが。

_2000年6月17日()  E231系900番台 秋葉原
_午前中はお掃除お洗濯。模様替えの手始めにまずは押入からという事で突っ張り棒を買ってきて押入に入れておきます。これで多少はすっきりするのです。
_昼前に秋葉原へ向けて出発します。先週に引き続いて209系950番台であったりして引きが強いなぁと思いながら車端の銘板っていーますかステッカーを見るとなんとE231系900番台に改番されています。まぁ確かにこの方が妥当ですかねぇ。って、209系500番台とE231系とでは鋼体の構造が結構違うらしいのですが。ちなみに所属は八ミツのままです。そんな訳で209系950番台は形式消滅。下車する時に車体側面を見るといかにも消したという痕の上に新しい番号が書かれています。しかしデジカメを持っていなかったのは大失敗でした。
_某S君と合流するまでは雨の中一人巡回。
_中谷君に頼まれていたくるみVol.6改の代理予約をしたり。
_「ヘッドホン紹介ページ」で情報を入手して非常に気になっていたEtymotic Reserch ER-4Sイーディオで試聴させて頂いたりします。って、この店なんかスゴいところなのですけど(^^; 遮音性が高く周囲で結構な音量で音楽が流れていても気にならない程度にはなるというのはよろしいです。って、慣れないせいかちょっと痛い感じもあるのですが。音質に関しては「無色」。正確な作りというだけあって綺麗とかいい音だとかそーゆーのではなくてとにかく(良い意味で)特徴の無い音という印象を受けますです。欠点としては装着感があんまりよろしくないという事と、あとはケーブルがごわごわしているのでケーブルに触ってしまうともの凄い雑音が聞こえるという事があります。多少迷うのですが結局お願いしてしまうことに。
_1500頃に某S君と合流。ノート型を購入予定とのことで二週間前とほぼ同じ巡回経路を取ります。彼が示した条件はCD-RWドライブ内蔵で値段は問わないとのことですので明快です。どーもCD-RW内蔵ノートというのは現状では東芝と日電と富士通からしか製品が無いようで、IBMには該当するモデルは無いのでDynaBook DB60P/4RAに定まります。そんな訳で数箇所を見て回ります。
_彼はデジカメも導入するとのことで見て回ります。IXY DIGITALが非常にコンパクトでズーム付きでかなり良さそうです。しかも他社の類似スペックの製品に比べてもコンパクトである上に安いのです。非常に品薄であるようなのですがLaOXコン館でまだ物があるようなのです。とりあえずその場は保留とするのですがこれが失敗の始まりはじまり。
_数箇所を巡回してからマシンに関してはやや保留気味とする事にしてIXY DIGITALを求めて彷徨います。しかしどこも品切れ。数時間前まではあったLaOXコン館でも品切れ。思い立ったその場で買っておかなかったのが失敗という感じです。
_本日のあたしの秋葉原でのお買い物はオヤイデOCB-1H(3m)にモガミ電線2803PP05
_そんな訳で末広町から銀座線に乗り渋谷へ移動することにします。って、今度は01138Fとかまた珍妙な編成を掴んだりしたのですが。某S君はわくわくしているのかかなり嬉しそうでこちらまでなんか楽しくなってきます。
_私は渋谷という街はあんまり好きでないのです。道路が放射状になっているというのが非常に解りにくいのです。秋葉原からここに直接やって来るとまずは人々の歩く速度が異様に遅いという事に驚かされます。
_量販店に入るのですが、ここでもやっぱりIXY DIGITALは無し。ノートに関しては価格的には秋葉原と同じですがポイントがある分だけ有利でしょうか。
_そんな訳でアンミラ@スペイン坂へ移動。ここは眼鏡を掛けたウェイトレスさんがいるのです。眼鏡を掛けたアンミラのウェイトレスというのはあたしは初めて見たのですけれども、それだけ眼鏡っ娘というのが世間的に認知されてきたという事なのでしょうかねぇ(笑)。
_一時間ほどふにふにとお喋りしてから別れて帰宅。つまり二週間前と同じく最終的な買い物は見ていないのです。
_実家から電話。何やら期待されていたようなのですが、まだであったりするのです。残念でした。そんな訳でおもてなしの計画は更に先送りになりそうな感じです。
_NHK「世紀を超えて」を見たり。安楽死や尊厳死がテーマ。これもブラックジャックの時代からあるテーマです。私としては「人間」として生きてはいたいですけれども、単なる「生物」でしかない状態になったら別に命を捨てても構わないと思ってしまいます。自分としては「人間」として生きる事には価値があるとは思いますが、単に命があるだけの「生物」として生きる事には価値を感じないですし、命そのものにはあんまり固執しないつもりです。あとは面倒臭いのは非常に嫌いであるというのもあって自分であれば介護のために家族に大変な手間を掛けさせたくないという気持ちもあります。医者の役目云々などともあったのですが、私は医者ではないですけれども、私が思うに医者の役目として「患者の病気を治す」というのは勿論あるのですけれど、「患者を苦しみから救う」「患者を幸せにする」ってのもあると思うのです。ですから、もし患者の肉体的苦痛を治癒する方法が無ければ、そこから逃れる権利もあるでしょうし、逃れる手助けをするという事もそれが苦しみから救うのであればまた医者の役目として成り立つかと思われるのです。

_2000年6月18日()  秋葉原
_天気予報では雨になるような事を言っていたのですが蓋を開けてみるとよく晴れているのです。午前中は部屋の掃除や模様替えをしたりします。
_午後秋葉原へ行き昨日に引き続きの巡回。
_某オーディオ店で中古のPHILIPS LHH500を発見したりしたのでした。PHILIPSはCDの規格を作った会社ですし既にプレイヤーの製造を終了しているという事もあって少し興味があったりするのです。そんな訳で試聴させて頂いたりします。綺麗で丁寧で癖が無くまろやかでそれでいて押しつけがましさが無いというのが印象です。本当に心地良い音です。今更人気は無いようでお値段も結構安かったりするのですけれどもその場は保留。
_そんな訳で改めてSTAXの試聴をしたりします。改めて各機種を聴き比べたりするのですけれども中位機種でもとっても綺麗な音なのですけれどもそれでもやっぱり流石は最上位機種のSR-007は音も装着感も別世界なのです。そんな訳で買ってしまう方向で考えることに。ドライバユニットの比較試聴をしたいのですが、半導体式のSRM-717はその場には無いとのことですので一旦退散。
_別の某店でドライバユニットの比較試聴をします。真空管式のSR-007tと半導体式のSRM-717を比較してみるのですが、SRM-717の方がはっきりと好みの音であると認識されたのでこちらに決定。
_そんな訳で某店まで戻りSRM-717取り寄せをお願いしておいたのでした。
_いちおう目的が達せられたら円盤系の巡回を開始します。しかし毒電波を発しているようなモノは無く何も買わず。それはそれとしてくるみはかなり売れているようでしてソフトワンでは横に倒すというスペースを贅沢に使った置かれ方がされているのです。
_漫画において「目の下の頬に線が入っているのは許せない」というのは大海原氏の言葉ですが、「藍より青し」第二巻、第三巻の表紙を見ると件の線は許せないという程に強くはないにしても目障りだなぁと思わされなくもないのです。

_2000年6月19日(月)  報告
_金曜日の代金は少々高くついたのでした。まぁ食べまくったので仕方無いのかも知れないですが。
_昨日の報告を受けたりします。なんでも天気が悪い事を前提として計画を組んでしまったようなのですが、それでもそれなりに楽しかったとのことなのです。
_某S君は結局昨日は買わなかったとのことで今週末に買う予定とのことなのです。とりあえずIXY DIGITALに関してはその筋に交渉しておくのです。

_2000年6月20日(火)  こんな夢をみた。
_職場のマシンが入れ替えになるという夢を見たのでした。IBMから乙社に変わるという弱い入れ替えであったりするのですが、ATOKの辞書を吸い出して移行させている自分がいるあたりが妙にリアルに感じられたりするのです。
_早目に帰れたのでプロジェクトXを見たり。初期の頃と違って最近は技術的なテーマが少ないのが残念。

_2000年6月21日(水)  到着
_あんまり良くない夢を見る。内容は書きません。
_お願いしていたIXY DIGITALが早くも届いたのでした。猛烈な早さです。そんな訳で引き渡し。
_この日記に登場してあんな事やこんな事を全世界に公開されたいのであればなんかネタを提供して下さいという感じなのです(笑)。
_マヤさんの次はミサトさんですか。ここはやっぱり「さっすが先輩」な赤城博士にご登場願うのがよろしいかと思われるのですが、次に期待しましょう(笑)。

_2000年6月22日(木)  予定
_7/9に両親の予定が空いたとのことで接待はこの日になりそうです。他にもアレなニュースを聞いたり。
_彩葉氏の*******.**.jpな新アドレスからメール。どーも色々とトラブルがあったようなのですがそれでも図鑑2000は出すとのことですので期待しておきましょう。
_某さんが飲みの召集を掛けたところ過去最高?と思われる8人が集まったのでした。そんな訳であんな事やこんな事を話題にしながら飲むのです。金曜日に高くついたので安く済ませたかったのですがそれなりに安く収まったので一安心なのです。
_帰りの電車は209系910番台であったりします。東芝製個別制御VVVFの磁歪音が良い感じなのですが、夜乗ってみると車内が本当に暗くて困った電車なのです。これに関しては東急車輌の大失敗ですねぇ。

_2000年6月23日(金)  色 渋谷
_E231系第7編成を肉眼で確認するのですが八ミツなのです。
_売店に箱ティッシュを買いに行くのですが、赤とかオレンジとかそーゆー暖色系の箱しか残っていないのです。蒸し暑い季節だけにせめて視界だけでも涼しげにしておきたいというのは共通する心理であるようで。結局売店の人にお願いして薄紫色の箱を買ったのでした。
_早目に退散し珍しく渋谷の東急ハンズに行ってみることにします。学生の頃はよく町田のハンズに行っていたものであったのですが現在の自分の行動範囲内にはハンズが無くて少し困ったものなのです。
_東急ハンズというのは見て回るだけでも楽しいものなのです。ただ渋谷は場所も店の建物の構造も非常に解り難くて困ったものなのです。家具のところで便利そうな物を発見したりするのですがそれはそれとして展示されているパソコンデスクに486クラスの古いマシンが乗せられているのは納得が行くとして、展示されているラックにLINN Classik-Tが乗せられているというのは非常に贅沢な使い方であると思わされてしまうのです。って、モックアップという可能性も否定は出来ないのですが。
_今日のお買い物はブチルゴムテープ。
_帰り際に某書店で「まほろまてぃっく」第2巻を立ち読みしたりします。一部の人々がハマっているようなのですがあたしとしましては絵柄もストーリーも特に好みではなく全く安全なのです。
_帰宅したら部屋の模様替えの続き。98の置き場所を変えるついでに外付けCD-ROMドライブ、外付けHDD、内蔵MOドライブを撤去。MOドライブのケースにHDDを内蔵してみようかと思い分解してみるのですがケーブルの長さが足りず断念したのでした。しかしまぁこの頃のマシンというのは筐体にも非常にお金が掛かっていてしっかりした作りな訳でして分解のし易さに感心させられるのです。

_2000年6月24日()  秋葉原
_部屋の模様替えをしつつも疲れて倒れてそのまま寝てしまい気が付くと朝。そして午前中も模様替えの続き。作業は概ね終了。
_午後秋葉原へ。まずはイーディオER-4Sを引き取ります。
_続いてはCDプレイヤーを発注します。試聴させて頂いた店の中で価格と対応で一番良く思われたお店で買う事にします。選んだ機種はTEAC VRDS-25xs。選んだ理由は試聴した機械の中で音が一番好みだったからです。「音が良い」とか「聴いて心地良い」とかではなくて「好みであったから」です。音の善し悪しという意味では全機種とも良い音ですので(^^; で、「好みの音」というのは無理矢理言葉で表せば四角い音と言いますか、喩えとして適当かどうかはよくわかりませんが絵画というよりは図面のような音です。定番機種の一つであるようなのですが、この音は結構好き嫌いが出るのではないかと思われなくもないのです。
_あたしは大体丸っこい物よりも四角い物の方が好きでして、電車は東急の食パンスタイル、バスはアイケーコーチのキュービックが好きであったりします。PowerPointでプレゼンを作ってみてもどちらかと言えば四角いデザインになり気味です。まぁそんな感じなのです。
_この店では二週間前に試聴をさせて頂いていたのですが、店員さんもこちらの事を覚えておられたようでプロだなぁと思わされたりするのです。こんなに重い物体を持ち帰れる訳も無いので送って貰うことにします。
_円盤系の毒電波を浴びようと石丸ソフトワン2階へ。ガンドレスDVDの告知チラシが貼ってあったりするのですが映像特典として伝説の劇場公開版が含まれているらしいのです。この円盤は本編82分、映像特典94分という美夕DVDを上回る凄い仕様なのです。そんな訳でちょっとだけ興味を示してしまったりするのです。
_そーいえば前原の人はこの円盤を買うのでしょうかねぇ。って、彼はDVDプレイヤーを持っていない筈なのですが、彼ならこのコンテンツのためだけにSONYの黒いDVDプレイヤーあたりを買いかねないような気がしないでもないのですが。
_そんな訳で今日の円盤のお買い物は予定通り吸血姫美夕Integral Vol.12,13(最終)。東京BABYLONなどに"Break"したりするような事も無く全く安全なのです。これでldqの残りはとりあえずあと1枚となったのです。
_アフタヌーンも忘れずに買います。ヨコハマはアルファさんが出ていない;_;のですが、それはそれとしてK-キャラクターズのカップが気になったりするのです。あたしはグッズ類は集めないというのが原則なのですが、それでもカップなら実用的ですし良さそうだなぁと思ってしまうのです。申込期限までは時間があるので検討することに。
_帰宅したらER-4Sを聴いてみます。色んな意味で癖の強いシロモノではあるのですけれど、肝心の音質に関しては無色透明です。色とか飾りとかがありません。悪い言い方をすれば面白くない音とも言えるかもしれません。遮音性が高いのも特徴でして空調やPCのファンなどの音も気にならない程度にはなります。ただ、一時間と経たずに耳が痛くなってくるというのは少々困ったところでして。短時間に集中して聴き入るのには良いかもしれません。
_COMITIAのサークルカットを作ることにします。Photoshop5.5を使い高田氏のページから無断借用した写真にロゴ等を配置します。ページURLも入れるのですがQDATのページは移転を予定しているのでちょっと困ってしまうのです。とりあえずは現URLのまま試しに刷ってみるのですが写真はともかく文字のディザリングがよくなくぎざぎざが出てしまうのです。これに関しては後で考えることにしましょう。

_2000年6月25日()  津田沼 大岡山 秋葉原
_今更ながら美夕Integral Vol.11を"Done"にしたり。TV放映版は放映されていた時期が時期なだけに自主規制で部分的にモノクロになっていたりして違和感感じるのです。
_朝早いうちに投票に行きます。投票所は某氏の母校であると思われる小学校なのですが、順路の仕切に平均台が使われているあたりがなかなか味わいを感じさせます。実家にいた頃は選挙の際には本人確認のために必ず生年月日を尋ねられたのですが、ここではそのような事はありません。どちらが一般的なのでしょうかねぇ。そーいえば校門前でインタビューをしている人がいたのですがこれが例の出口調査ってのでしょうか。
_そんな訳で大岡山へと出発します。折角だからと昨日買ってきたER-4Sを持ち出してみます。電車内の各種騒音はかなり遮断されるので快適です。勿論それなりには入ってきてしまうのですが、それでも普段使っているSONY MDR-E888とは比べ物にならないです。私はかなり音量を抑えて聴く方なのですが、電車が地下区間に入っても音量を調整し直す必要が無いという事には感心させられます。ただケーブルに触ってしまうとえらいことになってしまいますので、座れればという条件付きで電車内でもかなり使えるという感じなのですです。
_大井町線は9007F。久し振り。
_そんな訳で高田氏、大海原氏、竜と部室でお喋りしてから食事に出掛けます。大岡山周辺では元々少なかった食堂が更に困った状況になりつつあるようで。話題は謎サーバやぬ玉の倉賀野等々。
_散会後は一人秋葉原へ行きます。中谷君、野原さんと合流し代理予約していたくるみVol.6改を引き取るのを肉眼で確認したりします。あとはガンドレスDVDに関し煽りを入れたり。自分としてはほとんど目的の無い巡回で二人に引き回された感じであったのですが、彼らはそれなりに目的のある巡回であったので見物している自分としても面白かったのでした。結局自分は秋葉原では何も買わず。

_2000年6月26日(月)  サークルカット
_あたしには経験も無いのでよくわからないのですが今日あたりが勝負の日なのでしょうか(謎)。
_帰宅すると大海原氏からの郵便が届いていて一安心なのです。そんな訳でサークルカットの修正に取り掛かります。プリンタドライバ任せでディザリング(二値化)して刷ると写真は綺麗なのですが文字にぎざぎざが出るのでソフトの方でディザリングしようとするのですがこれがまたよくわからないって言いますか難しいのです。って、よーするにソフトを使いこなしていないという事なのですが。結局写真の品位を重視してMD-5000Pのプリンタドライバでディザリングして出力したのでした。

_2000年6月27日(火)  学会
_朝は電車の中で座ってER-4Sを使ったりするのですけれども、その遮音性故に爆睡して寝過ごしてしまったりして。「気が付くと外が明るい」ってやつですね(^^; 無駄に早い電車に乗ったので問題は無かったのですが恐るべしなのです。
_どたばたしていたりしたのですが気が付くと夕方でして思い出したように学会活動に出掛けるのです。今回は先月の続きであったりするのですが、親猫研の先生が来られていたのでその件に関しては結構有意義であったりしたのでした。議題が多かった事もあり結局終わったのは2000過ぎ。
_帰宅するとVRDS-25xsが届いているので部屋に引き上げます。段ボールはさほど大きくはないのですが鉄の塊のようなシロモノだけあってトンでもない重さなのです。17インチモニタよりも重いぐらいですので。今日のところはガタツキが無いように設置しただけで終了。
_プロジェクトXは久し振りにまぁそれなりに技術系の内容気味で面白かったりするのです。って、「男のドラマ」的な感じの方が強かったりするのですが。クサさが強調されていると分かってはいても良いものなのです。あたしも自分のした仕事に対して誇りを持てれば良いなぁという憧れは感じてしまうのですけれどもどーなる事なのでしょうかねぇ。

_2000年6月28日(水)  最終回 申込
_よーやっと朝の英会話研修が最終回。これで火曜夜〜水曜朝が気楽になりますです。今日は出席者は僅か二人で結構ってゆーかかなりキツかったのでした。
_そんな訳でコミティア53に参加申込をしたのでした。あたしは即売会への申込は始めてであるので書類不備が無いか等々多少の不安はあったりもするのですが。それでもコミケット程は手続きは面倒でないとは思うのですが。

_2000年6月29日(木)  送別会
_川崎方面からメールで質問があったりします。って、元々は彼の友人からの質問であるらしいのですが、確かにそれ系の情報はWeb等でも少ないかもしれません。
_ここ数日は中谷君の日記が更新されていたりするのですけれど、この独特の言い回しの元ネタを知っている方ってどのくらいいるんですかねぇ。でもパロディにするのなら句読点も半角にしてもっとスピード感を出さないと(笑)
_夕方は送別会であったりします。二次会は例によってレイの如くのカラオケなのです。アレなリクエストは断固拒否。木曜日という事で無茶はせずに二時間で終了。

_2000年6月30日(金)  月末
_お仕事という事で午前中は暑い中ちょっとお出掛け。
_早期退散のつもりが上司に僅差で負けたり(笑)。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ