近況報告 2001年7月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_2001年7月1日()  掛川
_お客さまポートから接続するためにネットワークカードを携帯するのは基本であると思わされてしまいます。
_0230頃横になります。私はDKで寝る事にします。横になってからも彩葉氏や中谷君と延々とお喋り。合宿所みたいでちょっと楽しかったのかもしれません。話題はQDAT関係や鉄ヲタなど。中谷君は途中で眠ってしまいますが結局彩葉氏とは明け方までお喋り。彼は始発電車で谷汲方面へ出掛けていったようです。
_自分が起き出すと既に箱詰め作業は再開されています。シャワーを借りて埃と汗で気持ち悪くなった体をさっぱりさせてから手伝います。最早ご両親の査察まで時間が無くなっているので「しまうのではなくて隠す」という方針になっているようです。面妖なグッヅ類の詰まった段ボールに印刷された怪しい商品名を布テープで隠すのはますます怪しいよーな。
_いちおーどーにか証拠隠滅をしたところでご両親が到着。薄汚いモノをつまみ上げては「捨てちゃいなよ」を繰り返すご両親を見ると、とにかくモノを捨てられない性格である秀氏とは対照的で笑い出しそうになります。
_既に昼近くになっておりそろそろ撤収しようとするのですが、ご両親が昼食をご馳走して下さるとのことなのでお言葉に甘える事にします。昨夜と同じお店へ。しかも同じ席に案内されるというのがまたアレなのです。どーも昨夜の一団であると気付いていた店員もいたよーで。
_そんな訳で撤収し東京方面へと向かいます。あんまりにも疲れたのかほとんど無言。ドライバーの中谷君もステレオの音量を上げたりしていてなんか眠そうです。途中足柄S.A.でドライバーは美濃屋氏に交代。
_自分は鉄研部室で調べ物をしたかったので宮前平で車を下ろして貰います。
_部室では主に過去10年ぐらいの新車年鑑を見ながらあれこれ調べてはメモメモ。東急300系の主制御器が三菱であるという事を発見したりします。これは極めて珍しいです。けれども鉄道趣味誌だとホントで重要な事は書かれていないのですよね…。
_2時間ほど掛けて調べ物をしたら非常にカッタルイのを我慢して秋葉原へ。●推に密輸(笑)するための缶おでんを買って退散します。
_帰宅したら原稿書きなどする気力も無くばたんきゅー。

_2001年7月2日(月)  密輸
_強制定退週間最終日。って、なんで月曜日に最終日なのかは謎なのですけれども。
_そんな訳で定時ダッスしまずは昨日買った缶おでんを●推へ密輸します。
_帰宅したらやっぱり原稿書き。

_2001年7月3日(火)  妄想電波
_あんまりにも暑くて食欲が無い状態。ある程度はきちんと食べないと夏ばてしてしまうのでよろしくないのですが。
_アレな情報が入ってきたりするのですけれどもあたしゃのところには何もないところからするとやっぱりなんにも無いんですかねぇ。ある程度は予想されていた事ではあるんですけれどもいざ確定っぽいとなると凄い劣等感ってゆーかそーゆーのを感じさせられるのです。もぉどーでもいーです。
_まぁある意味「最悪の結果」は免れたからまぁいっかなぁとかまたお気楽のーてんきに考えてみたり。
_ここ数日頭の中を妄想電波が飛び交っていて困っています。何とかして下さい。

_2001年7月4日(水)  ソフト
_あの土砂降りの日から一年…。
_ゲンコーかき。色んな意味で自分のヘタレさに呆れるってゆーかイロイロ小細工して誤魔化してるなーとか思わされてしまいます。そこらへんを見た目多少はなんとかできてしまううえにいくらでも取り消しが利くってゆーあたりがデジタルの良いところと言ってしまえばそーなのですけれども、でも結局のところは修行が足りないってゆーかなんてゆーか。もっと普段からいろいろ読まないとダメですかねぇ。
_職場のソフトボール大会という事でクソ暑い中ぞろぞろと出掛けます。
_結果は、まぁ、そんなもんです(謎)。まぁ、ある意味こんのクソ暑いなか延々と試合を続けるのよりはラクだと言えなくもないかもしれませんが。
_シャワーを浴びてから暑い中ぞろぞろと撤収します。女性は服装が涼しそうでいーなーとか言っている人がいるのですけれども、見た目はともかくとして実際のところはストッキングとかを履いているのはかなり暑そうに見えてしまうのですけれども。って、OL進化論の読み過ぎですかねぇ。
_これはちょっと気になってしまったりします。こーゆー特殊な用途に特化したソフトはなかなかよさげです。って、あたしゃの場合にはそれ以前の問題としてそもそも絵を描けない訳であたしゃが実際使うのか使えるのかと考えると極めて疑問なんですけれども。
_夜は●推の送別会という事で行きつけのお店。小金井方面の方々も何人か来られています。●越さんとJKさんの会話ってゆーか漫才を見物。
_宴の最後にはこの2年間幹事を務められたsatoさんにお店からのお礼が渡されてsatoさん感涙。二次会へ行かれる方々もいたよーなのですが自分は行かずにそのまま退散してしまう事にします。

_2001年7月5日(木)  自画自賛
_ゲンコー。半分ぐらいごにょごにょやってその部分の出来に自画自賛気味。それなりにノッていたのですけれども0320頃にもなってしまっているのでいーかげん寝る事にします。
_昼間は昼間で頭のなかが妄想電波だらけで仕事がロクに手につかない状態。
_登戸掲示板によると誰かがL461を買ったらしいです。って、匿名掲示板なので誰なのかは謎なのですけれども、まぁ大体予想はつきますです。価格が墜落しているこのご時世に液晶ディスプレイを買うのは得策でないよーに私には思われてしまうのですが。
_そんな訳で帰宅したらゲンコーかきかきの続き。
_夜のニュース番組で報じられているバーチャル分裂病ソフト。こりゃ気ぃ狂うわ。

_2001年7月6日(金)  遅
_プロジェクトXは魚群探知機。古野電気ってゆーと海関係の通信機器メーカというイメージがあったのですけれども元々はこーゆー会社だったのですね。知らなかった。
_NOIRは遅れての放映なのですけれどもしっかりとリアルタイムで見ます。ミレイユのお話なのですけれどもあたしゃ的にはやっぱり霧香の方が良い訳で。ハァハァとまでは言いませんが。今回はしゃがみ込む時のやる気無い「よいしょ」がいーなーと思ってしまうのです。
_朝は人身事故で電車が止まっていてダマされます。大幅遅刻しての出勤。
_夜は簡単に送別会。これ自体は1時間程で散会し1900頃には何故かほとんど人がいなくなってしまいます。自分も退散しようとするのですけれども上司の雑談に付き合わされて結局職場を出るのは1930頃。
_帰ってからはやっぱりゲンコー。

_2001年7月7日()  取手
_なぁんか昨夜の酒が抜けないのかカッタルクて結局ダウン。
_昼前に中谷君からの電話で起動します。マツドシティで合流するという方針となります。
_その後もまた倒れてしまうのですが今度ははやと氏からの電話で起動。既にマツドシティに着いてしまったとのことで、自分もいーかげん出掛ける事にします。
_着替えやハンディカムなどを抱えてお出掛け。かなり久し振りに新京成に乗ります。
_車内で中谷君からマツドシティに着いたという電話が入ります。待たせてしまって悪い事をしてしまったなという感じなのです。
_マツドシティはこの日以来。中谷君、はやと氏と合流したら国道6号線を北上します。
_そんな訳で午(#92)流山店。国道沿いの便利なところではあるのですが、道路の東側にあるので東京方面側車線からでないと入りにくいというのが欠点です。
_少しランチを食べながら先週の惨状をネタに暫しマターリ。
_1700頃取手駅付近に到着。駅には15両編成の103系が入っているというのが実にカンジワルク見えてしまいます。
_カーナビに住所をぽぽんと入力して無事秀氏の新居に到着します。既に先着している美濃屋氏のほか、近くに住んでいる秀氏の友人であるというよしたに氏も来ています。室内に入ると中は予想通り数十個の段ボールが山積みになっています。六畳×3+DKという広い部屋で一人暮らしなのですからなんざそらという感じです。勿論彼には結婚の予定などは無いハズです。部屋に入るなり中谷君とはやと氏はここにスクリーンを置いてプロジェクタはここになどと言い出すあたりがまたアレなあたりで。
_秀氏らはお買い物に出てはやと氏と自分でお留守番。パソコンデスクなどには掛川から運ばれてきた埃が乗っているのではやと氏は掃除を始めています。空調の取付業者が来るので本人は出掛けているという事を断って作業をして貰います。「田中(秀氏の姓)さんはお子さんいるの?」と尋ねられるので一人暮らしだと答えるのですけれどもふつーはこの3DKで一人暮らしなんてのは考えられないでしょーなぁ。ってゆーか質問の時点で奥さんがいるという事はデフォになっている訳で。
_お買い物部隊が帰ってきたら作業開始。机や棚などを並べてからPC関係やAV機器などを置いてゆきます。ケーブルの接続は本人にしか出来ないので保留。PC-9821Xa7やCanonの古いインクジェットプリンタなどは箱に入ったまま天袋に押し込まれています。使うつもりが無いのであれば処分してしまえば良いのにという感じなのですが。モノを捨てられない性格がこの惨状を生んでいるとしか思えないんですけどねぇ。
_問題の同人誌を「書庫」に展開してゆきます。男性向けエロ同人誌が大半であるのですが何故か鉄道系同人誌もごく微量だけ発掘されたりします。サイズ毎に分けて本棚に詰め込んでゆくと案外コンパクトにまとまるものなのです。以前の掛川で本棚から溢れていたのは単に収納方法が悪かったからであったようです。更には山のようにあるフィギュアや抱き枕など各種グッヅ類やLDなども展開。
_夕食に行って戻ってからも片付けの続き。同人誌はもう終わりだろうと思っていたのですが我々が甘かったようです。台所から同人誌が詰まった箱が幾つか出てきます。これらを本棚に詰めるとほとんど隙間が無くなります。これは来月中旬には本棚を増設せざるをえなくなる事でしょう。本棚からてきとーな同人誌を取り出してぱらぱらと見てみるのですが男が描くエロと女が描くエロの違いが見えてくるよーな。

_2001年7月8日()  原稿書き 秋葉原
_しかしまー呆れる程に大量の同人誌があるものなのですけれども少し見る限りではあたしゃの好みなのは無いよーで。まぁ同人誌に限らず人の嗜好はひとそれぞれですけれど。
_深夜3時まで開いているというスーパー銭湯に行く事にします。しかしいざ現場に着いてみるとなんでも7月から0030に受付終了となったとのことでダマされてしまいます。
_そんな訳でそのまま帰る事にします。カーナビにぽぽんと私の住所を設定してツダヌマへ。便利なものです。って、少し遠回りの経路が設定されてしまうのですが。ツダヌマ到着は0140頃。
_暑い部屋で一時間ほどぼぉ〜っとしてしまうのですけれどもそれでも再起動したら原稿書き。明け方まで作業はするのですけれども時間ばかり掛かっている割には進みが悪いという事にいつもの事ながら苛々。明け方まで延々と作業作業。
_昼前に再起動。やっぱりふにふにとゲンコー。
_中谷君から電話。既に秋葉原に着いているとのことなのですけれども自分はゲンコーがあるのですぐには出掛けない事にします。
_それでもしっかりと秋葉原へは出掛けます。電車はなんか今はすっかり珍しくなってしまったよーな気がする209系500番台。
_秋葉原に着いたら中谷君に電話を掛けます。ヤマギワ本店ににいるとのことでその前で合流する事にします。例によってはやと氏も一緒。ヤマギワ本店でナニを見ているのかと思ったらヤマギワソフトと勘違いしていたとのことで。
_そんな訳で巡回。L461はA-AMPで70,800。相変わらず順調に下がっています。二人はしっかりとNOIRのDVDを予約したとのこと。あたしゃは買う程には萌えていないのですけれども、それでも発売になったら市川第二あたりで鑑賞会でしょうか。
_お腹も空いたし少しまったりしようよという事で折角だからネタにという事でブラックゲーマーズ6階Cure Maidへ逝ってみます。でぢこカフェ跡地のアレです。まぁ、結構普通です。店内からお値段まで色んな意味で。敢えて言えばメニューに鯛焼きがあったという事でしょうか。いつもはコーヒー派の中谷君が紅茶を頼んでいるのが珍しいです。そんな訳でメイド服を観察してみたりします。メイドウェイトレスさんの体型によってスカートの長さが違っているよーな気がするのは気のせいでしょうか。夏場の黒タイツは少々暑苦しい感じがしないでもないのですけれども店内は空調がしっかりと利いていますし渋谷のEARLもまぁ似たよーなもんなので問題無いんでしょうか。でも個人的には黒ストッキングの方が好みです。立川日野橋が無くなって以降黒ストッキングが素敵な制服ってのも無いのですけれども。メイド服ってのは袖が根本の15cmぐらいだけが太くてそこから先がかなりタイトというのがお約束なんですかねぇ。よくわかりませんけれども。あとはメイド服で最もバリエーションを感じるのは首元からエプロンの上部までですね。あたしゃは制服の方を観察してしまうのですけれどもはやと氏は給仕の立ち振る舞いを見ていたよーでそこらへん違いが出ますねぇ。
_T-ZONEミナミやLaOXコン館やソフマップ1号店などといった大きめの店をふにふに巡回。PowerTONE3のパッケージ版が出回り初めて結構気になってしまっていたりするのですけれどもあたしゃには流石に買えません。いや、練習しろという意見もあるよーですけれども。
_ガード下和幸で夕食。議題はは昨日の取手に関し各人の認識の違いと共通認識等々。
_いつもの如くはやと氏と一緒に緩行線で退散します。

_2001年7月9日(月)  表紙
_0300近くまでゲンコーかきかき。
_いちおー当初の予定通り鉄気味11の表紙イラストが仮納品されます。なかなか私の萌えポイントを突いてきていー感じです。かなりマニアックなイラストならしいのですけれども意味がわかる人なんているのやら。取り敢えず縮小してjpegにしてどこかのサーバに置いてから関係者に告知しておきます。
_帰宅したらゲンコー。Excelでごにょごにょと少し複雑な計算をさせてからそれを元にグラフ作成。

_2001年7月10日(火)  来
_鉄気味11表紙のタイトルロゴを入れる場所に困るという編集側からの意見が。言われてみれば確かにその通りのお話で、どこに文字を入れてもなんかバランスが悪くなるのです。実はそこらへんほとんど考えていなかったよーで。
_某K君が来ます。ごにょごにょとアレな話をしたり(謎)愚痴を聞かされたり。
_すき屋が私の通勤経路から比較的近いところにあるという事で行ってみる事にします。場所はまぁ行くのにほとんど不便は無い程度の場所です。そんな訳で久し振りにチーズハーブ牛丼を食べます。
_早目に帰ってやっぱり原稿書き。

_2001年7月11日(水)  講演会
_自分にとってのこの1年って一体なんだったんだろうって思わされてしまいます。まぁ、ある意味投げ出しているというのもあるんですけれども。
_講演会みたいなのがあるので行ってみます。内容は結構ためになる有り難いお話ではあるのですけれども自分にとっては結構耳に痛い話も少なくない訳で。
_各種情報収集をしたりします。
_「美脚論」に惹かれてSPAを購入。私が週刊誌を買うのは非常に珍しいです。ざっと読んでみるのですけれども各タイプに関して気を付けをした姿勢での比較写真が欲しいなぁとか思ってしまいます。この記事の筆者と私とでは脚に対する嗜好が違うようです。私はかなり細くてすっきりした脚が好みですので。

_2001年7月12日(木)  バランス
_鉄気味11表紙のイメージを作成という事で案として出ているタイトルをテキストツールで入れてはjpegで保存してゆきます。しかしなぁんか全体としてのバランスが取れないというのが困った状態なのです。
_結局構図を大幅に変えてしまうという方向で話が進みます。デジタルデータなのでそこらへんをいじるのはやりやすいようなのですが、ラスタデータをサイズ変更するのはちょっと危険なよーな。

_2001年7月13日(金)  計画
_ゲンコーゲンコー。NOIRは掛けてはいたのですけれどもほとんど見ていない状態。
_MatroxのサイトでRainbow Runner G-seriesのWindows2000用ドライバ及びVideo Toolsの正式版が公開されています。なんかサイズが異常に巨大化しています。RRGに関しては全てのOSに関して(final)となっているので、今後のドライバのアップデートは無いようです。まぁ、今時全く流行らないMotion-JPEGキャプチャカードですからねぇ。そんな訳で夏コミ終了後あたりに現メインマシンをWindows2000にアップデートする事に決定。
_Win2k化するのに併せてDual CPU化してしまおうかとも考えてしまうのです。って、今はマザーボード(ってゆーかチップセット)は冬の時代としか言いようが無い状態なのでこのご時世にマザーボードを交換するのはあんまり得策ではないのですが。個人的にはSUPERMICROのマザーが非常にお気に入りなのでP6DGUにPentium III 1GHz(FSB100MHz)×2といったところでしょうか。P6DBUでも構わないのですがメモリ搭載量のの上限が大きいという事から440GXの方が良さそうです。
_ついでに前々から交換したいと思っていたサウンドカードもPCI化でしょうか。これの計画を実行してしまうと組んだ当初から残っている部品がケース、電源、FDD、MOドライブ、HDD一台、キーボードぐらいになってしまうのです。まぁ、取り外した部品のほとんどは人に譲っているのですけれども。
_鉄気味11のタイトルは案のうちから個人的には一番気に入らなかったモノにするという方針のようで。すぐに反対の意思を表明はしておきます。
_何かと評判の高いなか卯が通勤経路上にあるという事で行ってみます。定番メニューとされている親子丼を頼みます。出てきた親子丼は猫舌のあたしにはちとばかり熱かったりしたのですけれども、玉子も鶏肉もふんわりと柔らかくて美味しいです。

_2001年7月14日()  内容梗概
_鉄気味11のタイトルは彩葉氏もお気に召さなかったよーで、幾つかの代案が提案されています。しかしこれらのネタが、なんつーか対象範囲が狭かったり元ネタが古かったり2ちゃんネタだったりでアレなのです。自分も周囲を見渡して代案を考えようとするのですけれどもあんまり良いアイディアも思い付かず。
_原稿書き、をしているハズなのですけど、結局元ネタを読んだりとかであんまり進まず。入稿締切まであと十日なのですが。う゛〜。
_昼前に起動しクソ暑い中アニメイト津田沼店へ。漫画原稿用紙を無事購入します。って、今更になって原稿用紙を買っているのはあたしゃのよーにデジタルデータからプリンタで出力してアナログ入稿する人ぐらいなのでしょうけど。今日発売のコミケットカタログに関しては午後入荷とのことでその場は断念。
_店内をうろうろと歩き回って平積みになっている本を眺めながら鉄気味11のタイトルを考えます。鉄気味シリーズのタイトルは伝統的にゲーム、アニメ、漫画のタイトル若しくはCMのパロディというのが多いのです。こーゆーところをうろついているとそれなりにアイディアが出てくるものなのです。
_丸善にカタログが置かれるという情報を思い出しJRの駅を渡って丸善へ行ってみます。ここでは既にカタログが平積みになっているので無事購入。ついでにARIEL[17]も購入します。
_重いカタログや原稿用紙を抱えて帰宅したらまずは三日目東"S"28aからチェックします。知世ちゃんがらぶりぃで結構いーかんじです☆ カット部分はマイクロドライプリンタで85lpiで刷ったのですけれども結構綺麗に出るものです。線数はもう少し上げられるかも知れません。
_紙のカタログを買うのは実は初めてであったりするのですけれども結構面白いものです。欄外に配置担当スタッフのコメントが入っていたりするのですけれども鉄道・旅行・メカミリ(609)担当からは「気合いの入ったサークルカット求む!!」と書かれています。鉄道系サークルのカットをざっと見てみると写真を使ったカットが非常に多いという事に気付きます。それもきちんと網掛け処理がされている所はまだマシで写真をコピーしてそのまま貼ったのか写真が黒く潰れてしまっているところも少なくないのです。609全体を見た訳ではないのですけれども少なくとも鉄道関係ではそーゆー傾向はあるようです。
_申込書には「カットの右上部分の境界線はなるべく消さないで欲しい」とあり、カタログのスタッフからのコメントでは「カタログになって並ぶと見にくい」とあるのですけれども、これに関してもちょっと納得させられてしまいます。特にサークル名が右上以外の場所にあるとかなり見にくい感じはあります。次のサークルカットはすぐに作らなければならない訳ですけれどもなかなか参考になる訳で。
_彩葉氏の提案や自分で思い付いたタイトルを片っ端から表紙データに入れてjpeg化してみます。かなり前に買ったままほとんど使われていなかったタブレットを珍しく使ってみるのですけれども、滑り過ぎる感触に慣れればそれなりには便利なものです。一式出来上がったらサーバにftpして関係者に通知。
_原稿書き、なんですけれども、なんかモチベーションが低い状態で困るのです。なぁんか昼間はダメですね。寝ている場合か!!とはいったものなのですけれども寝てる時間も結構長いですし。はぅ〜。
_なんか気分がイマイチなので意味も無く中谷君に電話。「気分転換に外に出も出てみたらどうですか」と言われます。確かに午後からずっとひっきー状態だったのが精神衛生上良くなかったのかもしれません。

_2001年7月15日()  取材 秋葉原 新宿
_ほぼ一日中部屋に引き籠もって原稿書きというのは精神衛生上よろしくないものなのです。そんな訳で夜中に食事に外出したりします。多少は気分転換になったでしょうかねぇ。
_明け方まで原稿書き。
_昼前には起動します。
_そんな訳で取材という事でお出掛け。まずは葛西の地下鉄博物館へ行ってみます。なんでも開館記念日という事で入場料が100円となっています。館内では色々と肉眼で確認したり図書室で調べ物をしたり。
_茅場町乗換で中目黒へ転進。ここでまた取材ってゆーか写真撮影をしたりします。
_秋葉原到着は1630頃。中谷君に電話を掛けてみるとはやと氏とブラックゲーマーズ6階Cure Maidにいるとのこと。はぁ。なんでもはやと氏がいたくお気に召しているよーで。確かに今まで秋葉原にはゆっくり出来る喫茶店というのは無かったかもしれません。そして場所と旧でじこカフェのイメージから初心者(笑)はかなり入りにくいという所もまた穴場である理由であるよーです。
_合流したらP6DGUの価格調査という事でありそーな店を三箇所ほど回ってみるのですけれども現物があるのはUSER'S SIDEだけ。しかも調べた値段よりもかなり高いというのがまた困ったところなのです。
_ソフトワン、LaOXコン館、石丸本店とへろへろと巡回。突如ってゆーか計画的にってゆーかラケルに行こうという事になります。新宿店にするという事で緩行線で移動します。
_新宿に着いたら中谷君の巡回ルートに従ってヨドバシなどを回ってからラケルへ。
_私はラケルは初めてであったりします。制服に関してはフリルが大きいのではありますが個人的にはべつにぐっと来ません。肝心の料理に関しては卵料理は流石にふんわりと美味しいです。
_閉店間際までゆっくりして店を出ます。中谷君はここで解結。はやと氏と千葉島方面へと戻ります。車中では昨日SoundCreateで行われたというLINNのハイエンドスピーカKOMRIの試聴会の話を聞きます。勿論手が届くお値段ではありませんけれども今更その金額に驚いたりはしません。まぁその値段だったらふつーはN801かAmati Homageってのが定番だとは思うのですけれども。あの店にAccuphaseの製品があっていたという事はちょっと意外に感じられてしまいます。

_2001年7月16日(月)  予約
_朝はあんまりよくない夢で目が覚めます。追い回されたりとかそーゆー定番ではなくみょーにリアリティのある夢でした。内容は取り敢えず伏せておきます。
_ねこのしっぽに印刷の予約の電話を入れておきます。名前と規模(種類、サイズ、ページ数及び部数)を伝えるだけで連絡先なども告げません。印刷所としては目安ぐらいなのでしょうか。

_2001年7月17日(火)  理由
_長文メールのやりとりをしたり(謎)。
_一週間後7/24は印刷所への入稿締切日なのですが、この日に二件も送別会が入ってしまいます。どちらもかなり重要な方の送別会なのでやむを得ず入稿を一日早める事にします。
_私は今の職場に対しては同人趣味を隠しているのですけれども、自分でPhotoshopやPageMakerを持っているというと使途を尋ねられて答えに窮してしまうのです。確かにこの手のソフトは結構高価ですしふつーは使わないでしょうねぇ。デュアルディスプレイに関してもなんでそこまでと尋ねられてしまうのですけれどもPhotoshopで便利だから使っているとは答えられない訳で。
_何故か鉄気味11の裏表紙の作成を引き受けたので作ってみる事にします。デザインは従来と同じなのですけれども手持ちのデータを使って刷ってみるとデータ解像度が足りずかなりぎざぎざが出てしまいます。これでもWeb用よりは高解像度のデータなのですが。仕方が無いので二値化してから手動で補間する事にします。QDATロゴマークの方は簡単に出来るのですが東京のりもの学会ロゴマークの方は元々二値なので少々手こずってしまいます。

_2001年7月18日(水)  大決定
_第九編集局から鉄気味11のタイトルを大決定したという連絡が入ります。
_そんな訳でタイトルロゴの作成に取り掛かります。パロディはてってーてきにやるってゆー事で公式サイトを参考にかなり近いモノになるよーに工夫してみます。結果いちおー自分としては自信作と言えるよーなモノが出来上がります。

_2001年7月19日(木)  北
_帰り際にラブひな[12]を購入します。表紙のカナコの目付きがちょっとアヤしくてちょっといーなーとか思ってしまいます。
_ところでこの漫画は服の合わせ目がかなりデタラメであるというのがあたしとしてはひじょーに気になってしまうのです。女性の右前合わせというのはたまにありますけれども男性の左前合わせというのはまず有り得ませんし酷いと同じページで合わせ目が違っているというのまで見受けられます(P46)。こーゆーのって女性の漫画家であれば絶対に間違える事は無いと思われるのですけれどもいくら男性作家とは言えここまでデタラメだとしょーじき呆れてしまいます。

_2001年7月20日()  原稿
_ゲンコー。プロジェクトXやNOIRは流してはあるもののほとんど見ていない状態。
_いよいよ原稿書きも大詰めで寝てる場合か!!とはいったものなのですけれども結局暑いしカッタルイしって事で寝てる時間もかなり長いというのがまた困ったところで。
_夜になって彩葉氏に電話を掛けてみます。2ちゃん鉄道板に夏コミスレが立っているとのことなので見てみます。最初のうちは鉄道板住人のコミケに対する見方ってゆーか偏見が延々と書かれています。あたしゃが思うには写真鉄もカメコも対象が違うだけで大差無いよーに思われてしまうんですけどねぇ。>>97以降スレの流れが変わってまともなサークル談義になっていて幾つか有名どころの名前が挙がっています。幸か不幸か自分達のサークルの名前はまだ挙がっていないよーなのですけれども。

_2001年7月21日()  秋葉てらぴー
_制御本2は本文128ページ、全体で132ページという事で確定します。旧版に比べ16ページの増です。レイアウトの都合によりある章を大幅に削らなければならなくなってしまうので色々と姑息な手を使って無理矢理調整。ある意味かなり不毛な作業ではあります。
_昼前に第九編集局からの電話で目が覚めます。鉄気味11の入稿は彩葉氏にお願いするという事になります。
_原稿書き書き。相変わらず効率は悪い状態。
_夕方近くになって秋葉原へと出掛けます。三日間連続でひっきーでゲンコーかきってのはいっくらなんでも不健康ですので。
_ブックタワーでCD-ROMカタログを購入。先週紙のカタログを買っているのですけれどもCD-ROM版もしっかりと買ってしまうというのが我ながらアホ過ぎます。ついでに5階でちょっと調べ物をしたりもします。鉄雑誌の新刊が出ているのですけれども取り敢えずは無視。
_既に開いている店は限られているよーな時間帯ですけれども特に目的も無いのでそんな店だけをてきとーにうろうろと回ります。LaOXコン館で「目に効くソフト」なるモノが税別980円で売られているのでなんか面白そうなので買ってみます。
_帰りの電車の中で首輪をしている女の子を発見してしまいます。ページとかイラストとかでは見なくもないよーな気がしないでもないのですけれども肉眼で確認するのは初めてであると思われます。こーゆー格好のひとってビジュアル系バンド?みたいなのを意識しているのかどーかはよくわからないのですけれども、車内で見掛けた人は首輪以外はいちおー普通の服装であったので尚更よくわからないです。う〜みゅ。

_2001年7月22日()  前日
_入稿前日ってゆー事で修羅場、の筈なのですけれども、実際はなぁんかのんびりしています。まぁ実際のところ文章はいちおー出来ていてこだわりに類するよーな細かい調整をしているだけなのですけれども。だからこそmakeする数分の間が長く感じられてしまうものでもあります。写真に関しては基本的に全てPhotoshopでシャープフィルタを掛けます。明るさの調整もPhotoshopでするのですけれどもmakeと最終出力はフォントの都合でFreeBSD上のpLaTeXでしか出来ないので写真をいじるためにはいちいちOSから再起動しなければならないというのが非常に面倒なのです。VMWareが使えればこの手間が省けて非常に楽なのですが。
_鉄気味11の表紙・裏表紙を彩葉氏宛発送したりします。

_2001年7月23日(月)  入稿
_制御本原稿を印刷します。超低速のMD-5000に苦しまされた前回とは違って今回はLBP-470なので非常に楽です。一旦刷ってから具合の悪いページのみ作り直して刷り直し。細かい調整で時間が掛かってしまい結局全部の原稿が仕上がるのは明るくなった頃になってしまいます。
_入稿のため定時ダッスします。勿論定時ダッスの理由は職場へは言いません。渋谷から東横線に乗って気が付くと日吉(笑)。下丸子へ折り返して下車し東側商店街を延々と歩きます。
_そんな訳でねこのしっぽに到着。申込用紙に記入して料金を支払って入稿となります。制御本の他に明日彩葉氏が入稿する事になっている鉄気味11の代金も支払って合計で14万円近く。出費というよりはある意味投資と言った方が良いでしょうか。それももう賽は投げられてしまっていてあとはある意味受け身のまま結果を待つだけの投資とも言えるのです。
_帰りの電車はいちおー寝過ごさずにツダヌマまで戻ります。
_彩葉氏と連絡を取ってからばたんきゅー。久し振りにゆっくりと眠れそうです。

_2001年7月24日(火)  送別会 Mission Complete
_夜は●●する●●の送別会なのです。ついに●●から●●●が出てしまうという事がちょっとってゆーか結構寂しかったりするのです。久し振りに●●●●が全員集まるのですけれどもこれももう最後なんですかねぇ。
_色々と情報を聞いたり某氏とやっぱりダメ話をしたり。
_彩葉氏から電話。「Mission Complete!」とだけ叫ばれて電話は切れます。そんな訳で夏コミは新刊二種類が確定しました。

_2001年7月25日(水)  検討
_メインマシンのWindows2000化に伴うハードウェアの強化に関し再検討してみます。いちおうマザーをP6DGUにしてPentium III 1GHz Dualにするというのが本命ではあるのですが、Pentium IIIは既に過去のCPUになり掛かっていますし、コストを考えるとPentium 4にするという選択肢も浮かび上がってきます。そんな訳で案としては

の三通りが考えられます。
_安定性・信頼性ではP4よりもP3 Dualの方が良さそうです。将来性ではP4かと思いきやどーもすぐに新しいSocket478が出てくるよーでそー考えると将来性ではどっちもどっちという感じがしてきてしまいます。更には850マザーにするとなるとクソ高いRDRAMを買わなければならないというのもまた困ったところで。Dual CPUは使い方によっては性能向上は少ないかも知れませんが、それでもP4もまた性能に関しても未知数ですし。そんな訳で将来性は抜きにしても安定性、部品の流用、性能いずれの面からもやっぱりP3 Dualという事になりそうです。
_440BX/440GXがP6アーキテクチャのチップセットとしては完成形であると言えるのですけれども、P5アーキテクチャが登場してからチップセットが430HXという完成形に至るまでも何年も掛かっているのですよね。でも440HXの天下は440BXのみたいに長期政権ではなかったとは思いますが。ホント今はロクなチップセットが無くてマザーボードに関しては冬の時代としか言いようが無いのです。そんな時期にマザーボードを更新しようとするあたしゃもアレなのですけれど。
_アフタヌーンは鶴田謙二の表紙がいーかんじです。中身は結構コテコテなのですけれども。ヨコハマは蚊に刺されないという事がちょっと羨ましいなぁと思ったり。「蚊が困る」という表現がよろしいです。

_2001年7月26日(木)  送別会
_ARIEL[17]読了。あとがきがちょっと面白かったです。
_●推のshinさん、trueさんの送別会。新しく●推に来られた方々とは初めてお会いする訳なのですけれども、相変わらずマニアックな雰囲気の人が多いのです。イロイロと好き勝手なお話を聞きます。

_2001年7月27日(金)  コピペ キャプチャ
_ここ数週間はあんまりまともに見ていなかったのですけれどもそれでもしっかりとNOIRを見ます。霧香を奪おうとするクロエとそれに嫉妬するミレイユがめちゃ萌え。
_登戸板にこんな書き込みが。何事かと思ってアクセスログを調べてみるのですけれどもそれらしき形跡はありません。って、ttp://で始められたらRefererに残らないのですけれども、不審なURL直打ちアクセスすら見当たらないのです。そんな訳で名無しさんらいず氏に尋ねてみるとこの内容がここにコピペされているとのことなのです。このスレは常にチェックしていたのですけれども自分でも気付きませんでしたねぇ。流石は名無しさんらいず氏なのです。
_更にアクセスログを調べてみると検索キーワードからこのコピペをした人のアクセスが判明します。この人が更に毎年8月と12月の私の日記を見たという事にはかなり笑えます。
_RRGのWindows2000用Video Tools(final)ハードウェアMJPEGに非対応であるという事を知ってかなり萎えます。これだとRRGを使う意味が無いんですけどねぇ。Matroxも中途半端なドライバを(final)として公開するので困ったものなのです。まぁ、MJPEGのキャプチャカードなんて所詮は過去のモノであると言ってしまえばそこまでなのですけれども。単にオーバーレイ表示させるだけであればMJPEGは要らないので普段はWin2kを使えば良いのですが、このままだとキャプチャ専用にWin98を残してデュアルブートにしなければならないという事になりそうでなんかカンジワルイのです。しかもこのドライバは各国語のが統合されてサイズが異常に巨大になっているというのがまた困ったものなのです。
_実家から電話。一昨日落雷と停電があってからネットワークに繋げられなくなったとのことなのです。口頭で症状を聞いても状態も対処の方法も全くわからないので3か月以上帰省していなかったしという事もあって明日帰省する事にします。

_2001年7月28日()  帰省
_帰省するので親にビデオカメラを返さなければならないので掛川や取手で録った映像を慌てて豪キャプチャします。大した長さではないのですぐに終わります。いちおー「素材」ですのでエンコードせずにaviのままにしておきます。
_昼前に電話が鳴って目が覚めます。公衆から。なぁんかイヤな予感がするのですけれども出るとやっぱり中谷君。やっぱりってゆーか再入院するとのことなのです。
_結局猫曜日にしてしまい、夕方になって起動し実家へと向かいます。
_バス停まで親に迎えに来て貰います。なんでも夏祭りでビールの引き替えに行くとのことで自分も行ってみます。流石に自分と同年代の人はいないのですけれども近所のオバサン連中ご婦人方を10年振りぐらいに見掛けたりします。実家のあたりもみょーに狭い家が増えたよーで以前とはかなり雰囲気が変わってきています。
_夕食を食べたら早速母親のマシンの様子を見てみます。CrConがインストールしてあるのですけれども「ルータと通信出来ません」などというエラーメッセージが表示されてしまいます。DOS窓を立ち上げルータへpingを打ってみるのですが反応がありません。DHCPサーバが止まっておりIPアドレスが貰えません。ルータが逝っているかもしれないのですけれども電話の方はきちんと使えるのでルータがおかしいのかマシンのネットワークが逝っているのかは謎です。ネットワークが使えるマシンが他にあれば検証できるのですが父親のマシンは会社に置いてきたとのことですし自分のLibrettoのNICは普段は不携帯で今日も持ってきていないので検証のしようが無いのです。
_それでもCoregaのPCMCIA NICが出てくるのでこれのドライバをLibrettoにインストールしてみる事にします。しかし何故かインストールの途中でエラー終了してしまうのです。プロトコルを追加しようとしているのですけれどもTCP/IPとかは既に入っているのに追加する必要があるのですかねぇ。こーゆーインストール作業は滅多にしないのでよくわからないのですけれども。

_2001年7月29日()  徒労 見舞い 自慢
_結局Librettoへのドライバのインストールは何故か失敗。母親マシンのネットワークドライバを再インストールしたりもするのですけれども結局ルータとマシンのどちらに異常があるのかは判らず。NICは普段を持ってこなかったがために数時間の格闘は徒労に終わったのでした。次回の帰省時に対処するという事にします。
_昼前に家を出て駅まで送って貰います。
_そんな訳で中谷君のお見舞いという事で某病院へ行きます。流石に入院翌日にお見舞いに来るとは彼も予想外であったよーで。
_更に彩葉氏も来てロビーで談笑します。話題はコミケにのりもの学会に取手等々。彩葉氏はギョーカイ人なのでこーゆー所に来るとイロイロと観察してしまうよーで。
_彩葉氏と小田急の複々線化工事の進捗状況を観察したりします。取手行き営団6000系を見てなんか萎えたり。豪徳寺で彩葉氏は下車。自分はそのまま新宿へ。
_秋葉原に着いたら昭和通口から出てカレーのCoCo壱番屋へ。夏季限定フルーツカレーに勝負してみるのです。何やら丸い輪切りのモノが入っています。これがバナナ。この時点でかなりキています。あとはパイナップルとレーズン。不味いとかそーゆーのではなくてとにかく合わないとしか言いようが無いです。珍しいモノが好きな人は食べてみてはという程度のモノです。
_珍妙なカレーを食べていると携電が鳴ります。はやと氏からです。彼もまた秋葉原に来ているよーで。
_そんな訳でダイナ円盤屋ではやと氏と合流します。ここで中谷君から頼まれているNOIRとあ〜るのDVDを引き取ります。
_はやと氏は最近PioneerのDVDプレイヤーをあぼーんしてしまった訳ですけれども代替機としてSONY DVP-S9000ESを入れるとのことなのです。個人的にはデザインが格好良くてちょっといーなーと思っているプレイヤーであったりします。
_彼の部屋にはよーやっと空調が入ってPrivate Theater計画がほぼ完成したとのことです。みょーに嬉しそうに語る彼に「自慢したいの?」と尋ねると「うん」とにこやかに答えられるので私の負けです(謎)。そんな訳で市川第二へ行くことにします。ただし自分は数年に一度だけ「自由」になる機会(笑)を行使していなかったので一旦ツダヌマへ戻って権利を行使してから市川へ行く事にし、彼とは一旦別れます。
_ツダヌマへ戻って権利を行使して冷蔵庫の中身を買い込みます。暑いですしつい部屋でマターリしたくなってしまうのをぐっと我慢して市川へと向かいます。
_市川第二は空調が効いていて快適です。そんな訳でNOIRを見せて貰う事にします。箱のイラストの霧香ちゃんが左利きで萎えます。流石の霧香ちゃんも両手利きだとは思えないのですが。しかも目の位置が高くて作画もなんかイマイチ。個人的にはもっと目の位置が低い方が好みなのですが。DVDPがあぼーんしてしまっているのでPCでの再生です。PowerDVDのせいか画質はややイマイチ気味。アニメ絵の主線が汚い感じがしてしまいます。本編なのですけれども霧香の制服姿がよろしいですねぇ。あとは寝顔とか、ナイフを渡すところとかがいー感じです。
_ただ、テレビ東京の自主規制のせいか流血とぱんちらが無いのが欠点です。DVD化で修正されるものと期待していたのですが。ぱんつに関しては見えるだの見えないだのでハァハァではなくて見せないがためにスカートの挙動が不自然になっているのです。特に高所から飛び降りるシーンですね。スカートの動きが自然の物理法則に従っているよーには見えない訳で。こーゆーのはスカートを遊んでいる右手で押さえるなり最初から上から見下ろすようなカットにするなりすれば不自然さを感じさせずに自主規制とやらをクリア出来ると思うのですけれども。
_市川で夕食を食べてから別れます。

_2001年7月30日(月)  方法
_某K君からムンクみたいなメール(謎)
_RRGでWin2k上でMJPEGを使う方法というのを発見します。取り敢えずそのパッチをダウンロードしておきます。
_久し振りにMURCのサイトを見たのですけれども結構有益な情報がつまっているものなのです。もっとも私の乏しい英語力では全部を理解できるという訳ではありませんが。

_2001年7月31日(火)  差分
_今更ながらPhotoshopを6.0.1にアップデートします。ブラシツールからEnterを叩くとブラシパレットが出てくるというのが便利です。6.0でのブラシパレットの廃止はやっぱり不評だったのでしょうかねぇ。
_ふにふにとMURCのサイトを見るのですけれどもこのサイトには"Leaked Driver"や更にはMarvel/RRGのマクロビジョンを解除するためのパッチなどというのまで置かれているのです。そんな訳で幾つか落としてみたりします。
_Air-H"の定額制は月5800円とのことで少し気になってしまいます。ただ速度が32kbpsと遅いのと対応プロバイダが暫くはかなり限られるとのことなので暫くは見守るという事になると思いますが。
_ナディアのDVDが出るという中吊り広告を発見します。あたしゃ別に買いませんけれど。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ