近況報告 2002年12月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_2002年12月1日()  りんかい線
_GAの頃に起動します。
_昼過ぎになってもそもそとお出掛けします。総武快速線に乗り品川へ。今日からJR東日本の男性駅員・車掌の制服が変わったよーなんですけれども格好付けようとしている割にはどっかダサく見えてしまいます。襟の縁がよろしくないんですかね。
_品川で山手線に乗り換えて大崎へ。5・6番線ホームはいかにもヲタっぽい雰囲気の奴が沢山見受けられます。このホームからの発着はかなり少ないよーでりんかい線、湘南新宿ライナーは主に7・8番線からの発着のようです。クハとモハだけ車外表示がLEDになっている埼京線205系を見掛けたりもします。
_線内折り返しの電車に乗り新木場へ。Suicaで出場します。
_京葉線に乗り東京乗換で秋葉原へ。
_秋葉原は雨という事であんまり巡回しようという気もしません。ちぃの単行本最終巻だけを買ってとっとと退散します。

_2002年12月2日(月)  儀式
_くだらん儀式のためのくだらんふもーな作業をしたり。
_南●に関する報告書を読み耽ってしまったり。肝心な部分よりもむしろ生活感が出ているあたりの方が面白いです。

_2002年12月3日(火)  後
_取り敢えず鉄気味の作業をしたりします。
_くだらんさぎょーの続き。「総員」っていう言葉の後には「待避」「退艦」といった語が続くよーな気がしてしまいます。
_某M君と夕食を食べます。彼は2年近く●●●にいるのですけれども●●で夕食を食べたのが初めてとの事で驚かされてしまいます。話題は「敗戦処理」「某N君」などなど。
_帰宅するとコミケット準備会から前日搬入とチラシ配布の作業員証が届いています。

_2002年12月4日(水)  慰労
_彩葉氏から遺産2002-3の冬コミでの発行は断念したというメールが入ります。11/17の時点では出ると言っていた訳で困ったもんだと思ってしまうのです。それでも春、夏と予告を守った訳ですしそーゆー意味ではお疲れ様でした、次は頑張って下さいという感じでしょうか。しかし彩葉氏が新刊を出せないとなると鉄気味は何としても出さなければならないという事になる訳なのですけれども、編集担当の動きが鈍いというのがかなり困ったあたりです。
_向こうの一方的なちょんぼで電話で呼び出されたりする訳なのですけれども、それが一日に二回もあったりするといーかげん腹が立ってくる訳です。まぁこちらの方が立場が弱いと言ってしまえばそこまでなんですけれども。
_夕方は慰労会。古い方々も何人も集まってきてかなり賑やかな集まりになります。
_今日は最初から飲む気満々であったというのもあり美味しいワインを飲み過ぎてしまいます。でもってあっさりと潰れて椅子の上で眠り込んでしまいます。気が付くと視界がグレイスケールで更にPhotoshopのフィルタで水晶のピクセレートを掛けたようになってしまっていてそこまで飲んでしまったとゆー事でしょーか。かなり気持ち悪くなってしまっているのでお手洗いに行き吐こうとするのですけれども吐けません。人の顔ぐらいは判別出来るので今のうちに後片付けについてお願いしておきます。
_戻ってからの二次会は流石に控えめに烏龍茶だけにしておきます。この頃になるとかなり復活してきます。
_三次会はラーメンという事になり10人以上でぞろぞろと移動を開始します。電車に乗ったところで元偽●●の某St氏が発見されるのでさっくりと拉致。ラーメン街みたいな所に着くのですけれどもお目当ての店は既に閉店しています。仕方無くまだ開いている店にどやどやと入り込み三卓ほど占拠します。

_2002年12月5日(木)  作業
_上司が関わっているある●●のテーマが「食と家族」とのことなのですけれどもどちらもあたしゃにとってはかなり関心の薄い事柄でしょうか。食は栄養と空腹感を満たせればそれで構わないと思っていますし家族については現状では別居している両親しかいない上に今後増やすつもりも無い訳で。
_某Nさんと二人で切手貼りに封筒詰めの作業をしたりします。この光景を採用パンフに掲載したら面白いでしょーね。あるいはこの作業をしている横で採用面接とかをするとゆーのもまた面白いでしょーか。
_雑談をしながら切手貼り封筒詰め作業をするのですけれども「目蒲線物語」が話題になったりします。なんでも彼は大学の頃にこの曲を一度だけ聴いたらしいのですけれどもそれ以後周囲の誰に尋ねても知らないと言われるまま数年が経ったとのこと。周囲の数人に目蒲線物語について尋ねてみてもやっぱり誰も知らないよーです。
_REX-PCICA2が出るようです。取出しボタン丸ボタンになっているのがデザイン上なんかダサいです。コントローラチップはREX-PCICA1と同じTIですが別のに変わっているようです。現状使っているREX-PCICA1がなんか挙動不審なので安定するのであれば替えても良いのですけれどもここらへんは買って試してみないとわからないとゆーのが困ったあたりです。

_2002年12月6日(金)  作業
_職場で結構大事な資料を無断で持ち出されていて少しムッとしたり。
_早目に退散。
_冬コミカタログの発売日という事で鉄道板CM63スレに鉄道系サークルの一覧が書かれています。
_たらたらと鉄気味の作業をします。

_2002年12月7日()  萌え
_irc上で次期マシンについて話題になったりします。現行の製品ではE7505豪萌えです。結局のところ自分がマシンを組むに当たってはコストとか性能とかよりも構成に萌えられるかってのがかなり重要であると思われてくる訳でして、そー考えると今のP3-Dual Full-SCSI構成ってのは今なおかなり萌えられる構成なのです。Socket478には萌えないがXeon Dualならかなり萌えられる。そんな訳で次にマシンを組む時にもコストやパフォーマンスよりも萌える構成を求めるのでしょう。って、いちおー一年半ぐらい先の予定なのですけれども。
_午前中は寮大会に掃除があったりします。
_某St氏にお土産をせびったり。
_いちおー今日か明日あたりが締切として設定されている鉄気味の作業をします。がしがしと進んだかと思ったら急に疲れて倒れてしまったりでどーも集中力が長時間持続しないというのが困ったところです。
_編集担当から何らかの連絡があるものかと期待していたのですが、結局なんの動きも無し。

_2002年12月8日()  修羅場
_豪作業気味。
_午後になって鉄気味編集担当から原稿の集まりが悪いので14の発行を延期にするというメールが入ります。原稿に関しロクな督促もせずにこのオチかという事にかなり呆れます。大体「今回限定」という条件付きで決定されたタイトルを強く主張したからにはそれなりにはやる気があるもんだと思っていたのですが。こちらとしてもタイトルに合わせた表紙イラストを手配してあった訳ですし。
_そんな訳で電話を入れてわざとカンジワルイ言い方をしたり編集をこちらで引き受けるとかも言ったり。結局編集は向こうで引き受けて貰う事になるのですけれどもこちらが4ページぐらい書き、原稿の印刷もするというという事でとにかく発行するという事にします。
_Shellに電話を入れます。原稿を書いていたとの事ですのでとにかく出してくれとお願いします。Hei Chenにも電話を掛けるのですけれどもこちらは捕まらず。
_irc上で編集担当と連絡を取りながら原稿書き。無理矢理一段落させたところで一休み。ユザワヤへ行き漫画原稿用紙を買います。
_取り敢えず5ページばかしの原稿を書き上げ編集担当に送り付けます。他にもしなければならない事はあるのですけれども頭痛が酷いので今日のところは日が変わる前に寝てしまう事にします。

_2002年12月9日(月)  回避
_出勤時は雪でドハマります。
_某社の人が来て状況を尋ねられます。ホントの事を言ってしまうのはちとまずいのでかーなり曖昧に誤魔化しておきます。
_編集担当と連絡を取りながらごにょごにょ。同じ.docでもMacとWinの間でびみょーに違いがあったり更には何故か一部のデータがサーバから落とせないという原因不明のトラブルまで起きたりしていてかなり困ったもんなのです。それでも各種手段を用いてどーにか解決します。

_2002年12月10日(火)  爆弾
_まぁ今回の鉄気味のやり口に関しては我ながらエゲツナイ事をしたとは思うんですけれども、それでも今回は「新刊無し」という最悪の事態を何としても回避するべく理念とかは敢えて無視しました。「即売会のために本を作る」というのは本来本末転倒であるという事は重々承知しているのですが。
_定時が終わるとすぐに●●になるのでこーゆー日はうかつに残っていると危険って事で速攻で逃げ出します。
_帰宅してマシンの電源スイッチを押すと電源のファンが一瞬回ってそのまま落ちてしまいます。電源スイッチを数回押したり元電源を断って再投入したりしてもダメ。まだ原稿の印刷をしていないのでこれはかなり冷や汗物です。
_症状からして電源かマザーボードのトラブルでしょうか。電源は予備がありますがマザーボードのトラブルとなると高価で今となっては入手困難な古いマザーであるというのがかなり厄介なところです。取り敢えず中を開けてATX電源のコネクタを引き抜き、再度挿し直すと全く問題が無かったかのように起動します。接触が悪くなっていたのでしょうか。流石にSUPERMICROのマザーだしマザーが逝くよーな事は無いという事でしょうか。ちょっと爆弾を抱えている感じもするのですけれどもこれで取り敢えずは一安心。
_そんな訳で鉄気味の仕上げに取り掛かります。

_2002年12月11日(水)  入稿
_テレビ東京で深夜アニメが始まるので一休みして見てみます。キディグレイドとのこと。話はなんとなく面白そうな感じもするのですけれども絵柄がちょっと濃い感じがします。って、TV版美夕と同じ門之園恵美キャラデザのよーですけれども角張った目とかがちょっと似てる感じでしょーか。眼鏡っ娘の鼻声がちょっとアレだなーと思ったらやっぱりってゆーか水橋かおり。この人ホントこーゆー役が多いですよねぇ。
_3時間ほどの睡眠でどーにか表紙・中表紙・裏表紙を仕上げ、本文も全て印刷します。いやいや。
_猫尻尾の印刷申込書をダウンロードするのですけれども何故か巨大なjpegなのです。Photoshopで様式に記入して印刷します。
_出勤時にちょっと懐かしい人に会ったりします。なんでも筑波から高速バスで通勤しているとの事なのですけれどもそらまた大変なおはなしです。
_そんな訳で定時が終わって暫くしたら新丸子へダッスします。
猫尻尾には1930頃到着します。三人ぐらいの人が受付をしているのですけれども丁度埋まっている状態なのでファミレスみたいな受付簿に名前を書いておきます。間も無く人がどやどやと集まってきて狭い受付は一杯になってしまいます。「人が一杯で入れないんです」状態です。締切30分前な訳で。
_原稿を出して確認して貰い、申込書と印刷代を出して終了。退散します。

_2002年12月12日(木)  甘
_仕事でなんか古いコトについて調べなければならないのでバックアップCD-Rを漁ります。古いディレクトリなんて覗く事は滅多に無い訳なのですけれどもイロイロとヤバイデータが発掘されたりするもんで。
_パンフっぽいのの原稿が届きます。一見おぉと思わされるぐらいにきちんとレイアウトされているのだがよく見るとお粗末ってゆーかこちらが送り付けたのをそのまま使っている箇所があります。これはロクなDTP屋に頼んでいないなという感じです。レイアウトに関してかなり細かい注文をあれこれと付けるのですけれどもこれがまた自分のこーゆーのに対する凝り性なあたりが出てくる訳で見れば見るだけ不満が出てくるあたりです。こちらでヘタにレイアウトイメージまで作ってしまったのがかえってDTP屋を甘やかしたのかも。
_鼻声ってゆーかフニャ声ってゆーと古くは三浦理恵子最近は水橋かおりな訳ですけれども、三浦理恵子の「あなたいじわる」声とゆー表現もわかる人があんまりいないもんです。とは言ってもわかるヒトにはそれなりに受けるよーなんですけれども。最近はあーゆー声そのものに特徴があるアイドルっていない感じがしますね。

_2002年12月13日(金)  忘年会
_帰宅するとコミケットの駐車券が届いています。今回は西館配置という事で南駐車場。前回以上にラクが出来そうです。
_夜は職場の忘年会という事でぞろぞろと東銀座へ移動します。
_あんまり飲んでいないのですけれども潰れて寝込んでしまいます。
_二次会は無く一次会が終わるとそのまま散会となります。

_2002年12月14日()  お買い物 部室
_疲れが溜まっているというのもあり昼間はずっと寝ていたよーな。
_現部室最後との飲み会となる鉄研忘年会の二次会ぐらいは出よーとゆー事で夕方近くになって出掛けます。
_まずは秋葉原へ。コミケットカタログを買おうとするのですけれどもCD-ROM版しか見当たらないので取り敢えずこちらを確保。表紙はうたたねひろゆき氏の眼鏡っ娘なんですけどなぁんとなく不安定さを感じさせられる絵のよーな。
_今更ながらマリア様がみてるを買ってみます。全巻まとめ買いです。百合に手を出して数年、今まで読んでいなかったとゆーのがある意味不思議なんですけれどもイラストがなぁんとなく好みに合わなかったというのがありなぁんとなく食指がそそらなかった訳で。
_そろそろ秋葉原を離れようかと思っているところでしぇるから電話が入ります。CD-ROMカタログを買ってきて欲しいとのことなのですけれども既に秋葉の閉店時刻も近付いている時間帯という事で先程自分用に買ったカタログを供出してしまう事にします。
_京浜東北線に乗り大井町へ。りんかい線が開業して駅の様子がかなり変わっています。りんかい線へ下りる階段がどこにあるのかは実はわからなかったのですけれども取り敢えずJRと東急との乗換は便利になっています。
_2030頃部室に到着するのですけれども無人。本を読んだりしていると間も無く現役部員がぞろぞろと戻ってきます。私が大学に入って10年、出てから4年ほどになる訳ですけれどもほとんど顔と名前が一致しなくなっているとゆーのが困ったあたりで。
_中原君やしぇるやイトウさんあたりのちょっと年次が上の面々がやって来ます。そんな訳で年寄り同士で集まって雑談。電話帳のカタログを見せて貰うのですけれども流石に印刷は綺麗です。のりもの学会の広告も確認。
_この部室で最後の忘年会ってゆーか飲み会という事になるのだがちょーでんどーなどはしないよーです。以前は飲み会と言えばちょーでんどーが当たり前だったのだのですけれども今はパワーに欠けるってゆーかなんつーか。
_終電に間に合うよーに撤退します。

_2002年12月15日()  使いにくい
_帰りの電車の車中でマリみてを読み始めます。ミッション系女子校が舞台とゆー事でなぁんつぅかリアリティの無い、ある種の気持ち悪さを感じさせられる設定ではあるのですけれどもまぁやおいと同じでファンタジーであると考えれば悪くはないあたりでしょーか。
_やふおくで本を落札するので手数料の安いiModeで払い込んでみます。使い勝手はPCに比べてえらく悪いです。払込手数料が安いから使うという程度で結局払込だけiModeで済ませてログアウトしてから再度PCで確認するという感じになってしまいます。
_アニメイト津田沼店でコミケットカタログ、カタロム及びヨコハマカレンダーを購入します。ポイントカードが5年ぐらい掛かって60ポイントになります。
_今回のカタロムはえらく使いにくいです。コミケット56で登場してから毎回良くなってきたとは思うのですけれども今回のはかなり酷いです。
_制御本二冊の予約が入りこれをもって完売となります。「2」の発行から300部を一年4か月掛けて捌いた訳ですけれどもしょーじき長かったです。
_Air-H"の接続がえらく不安定で繋がっても遅いというのが困ったところです。

_2002年12月16日(月)  寿
_うえの君から来年5月に結婚するというメールが入ります。彼の職場は女性はほとんどいないとの話であったのでどこで知り合ったのかがちょっと気になったり。
_qdat.jpのサーバを移転させるとゆー事で手始めにWWWのコンテンツを新サーバにアップロードするのですけれどもただでさえ遅い回線が更に遅くてかなり手こずります。それでもどーにかアップロードして確認。

_2002年12月17日(火)  誘
_引き続きqdat.jpの移転作業ってゆーよりは調整をする訳なのですけれどもDNSとかそこらへんに関する知識が足りないと実感させられてしまいます。
_年末セールになっているSCA-7511+SATRI V5.1R+AW-23を発注してしまいます。ついでにFCH10A18/FRH10A18も付けてみたり。
_暫く音沙汰の無かった某社の人達が突然やって来て少しもにょだったり。
_某St氏に誘われるので1930頃強制退散。彼としては飲みたかったよーなのですけれども自分は飲む気も無いので結局高輪へ向かうことに。
_宝くじを買うのに誘われます。自分はギャンブルというのはどーも体質的に合わないのですけれども付き合ってみます。10枚買ってもし当たったら山分けという事で。
_高輪で二時間ほどだらだらまたり。
_某St氏の携電端末はP501iなのですけれども今の自分にはモノクロ液晶の端末というのがかえって珍しく見えてしまいます。多分三年ぐらい前の端末だと思われる訳ですが。

_2002年12月18日(水)  新譜
_www.qdat.jpのDNS情報が更新されつつあるよーで。
_出勤途中に鬼束ちひろSugar Highを買います。
_夕方近くに某社の人達がぞろぞろとやって来ます。データを送り付けたのは昨日だった訳なのですけれどもこちらが驚く程にいー感じです。イロイロと感心させられたり。
_早い時間に強制退散。帰り際にヨコハマのDVDを買います。ジャケットを見る限りではなぁんか色遣いがみょーに淡泊なのが気になるあたりでしょーか。

_2002年12月19日(木)  対応
_プロジェクトXの再放送はCanonのコピー機。国産コピー機を最初に開発したのがCanonであるという事は知らなかったです。国内メーカで最も特許戦略がしっかりしているのがCanonであるという事を何年か前にどこかで聞いた事があるのですけれどもここらへんにその源があるのでしょうか。
_Sugar Highには初回版という事でおまけシングルCDが付いています。見た目はふつーのケースっぽいので気付かなかったのですけれども。
_最終回二話連続放映の灰羽連盟は見るよーな見ないよーな。
_昼間は延々と幾つかの会社の対応。異様なまでにマニアックな資料を作ってくる会社があったりして流石だなーとか思わされたり(謎)その会社は他社が数十秒掛かる謎の処理が2秒で終わって感心したりとか。
_その一方で別の某社はいっくらなんでもとゆー状態であったり。なんか色々と落書きが入っていたりもするんですけれども遊んでいる余裕があるのであれば肝心の所をもーすこし考えて貰いたいところです。結局やんわりとした遠回しな言い方で保留とするんですけれどもここらへん他人に対しても自分に対しても甘いという自分の性格が出たとゆーか。もっと強く言える性格だったらなーとも思ってしまいます。
_車体広告の出ている山手線E231系に乗ります。車内は全部東京ミレナリオの広告となっています。ミレナリオってMillenniumで2000年末限定だったのではないだろーかとか思ってしまうのですけれども実際は去年も今年も行われているよーで。なんか使った電球を1500円で売るなどとあるのですけれども三菱地所?もこーやって儲けているのかそれともそもそも買う人などいるんでしょーかね。

_2002年12月20日(金)  求
_先月分のDoCoMoの請求は2936円。なにかの間違いだろーと思ってよくよく見てみると機種変の時にポイントを使ったから1000円引かれていますので実際は3936円ぐらいという事になります。しかしまー今月分からは800MHzになってiModeにもなるから来月からは4500円ぐらいが標準になりそうです。つまり今までよりも千円ぐらい上がる訳で。
_秋葉な連中なる番組を見てみます。自称オーディション番組なラシイですけれどもこの番組自体が秋葉系な人々に対する偏見を増長させているよーな。まー確かにこーゆーヲタク系もいるんですけどね。出ている女の子はなぁんとなく秋葉系の人々が好みそうな、どっちかとゆーとちょっとロリ系で美人とゆーよりは可愛いタイプが多いとゆー感じはします。
_職場では色々あったよーなんですけれども自分の身にはあんまり事はありませんでした。

_2002年12月21日()  改造
_昼前に二つの荷物が到着します。やふおくで落札した合計数十冊の本と半分計画的半分衝動買いで買ってしまったSCA-7511です。部屋に持ち帰ったらカッタルイので開封もせずにそのまままた倒れ込みます。高い買い物しておきながら我ながらナニやってるんだかってゆーかお買い物をしてもあんまりわくわくしなくなったってゆーか。
_夕方近くになってしぇるからの電話で起動します。って、連絡内容はメールでも構わない程度のはなしだったのですけれども。
_SCA-7511は以前買ったSCA-7510Kとは比較にならない程に立派な筐体です。フロントパネルが木目調に塗装してレタリングが入れてあるだけでなくケース全体がざらっとした仕上げになっています。元は同じケースであったと思われるのですけれどもそれなりの仕上げになっています。つまみを回すとクリック感があります。
_HD600を繋いで試聴してみるのですけれども淡泊な音ってゆーかまだ新品のせいか少しくすんだ感じもします。取り敢えず暫くはエージングとゆー事で。
_動作確認を済ませたら早速改造に取り掛かります。内部の作りはSCA-7510と基本的に同じなので特に問題は無いです。って、中の作りは見た目かなり安っぽい感じなのですけれども。電源整流ダイオードを交換するのですけれども狭隘であったり部品の足が短かったりしてしかも久し振りの半田付けという事でちと面倒であったりするのですけれどもそれでもどーにか終了。高いモノなので慎重にテスターで確認してから電源を入れ、動作を確認します。

_2002年12月22日()  準備
_昼過ぎに起き出し、積ん読を進めたりしてまたり。
_来週に向けてブックカバーやカイロなどを買っておきます。
_津田沼駅前のJ&Pが閉店になるよーで。JRの駅前という地の利はあるのですけれども新京成の駅から近いイトーヨーカ堂の上のLaOXに押されたんでしょーか。って、例のLaOXもまるで使えないんですけれども。閉店セールが行われているのですけれども既にジャンクみたいなハード・ソフトしか残っていません。
_今更になって明日の準備をしたり。って、今更してるとゆーあたりにやる気の無さが見え見えな訳ですけれども。

_2002年12月23日()  有楽町
_カラコロキャリアを転がしながら東京駅から延々と京葉線ホームへの通路を進み、1000丁度に国際フォーラムに到着します。彩葉氏に電話を入れてみるとこれから自宅を出るところとのことで。
_入場したらたらと準備。机が広いというのは一長一短で難しいところで、少なくとも同人誌を並べるのには広過ぎる感じはします。
_1040頃彩葉氏から電話が入るので外に迎えに行きます。あと10分遅かったら面倒な事になるところでした。
_1100でなんともやる気の無い開会。どやどやと一般入場者が入ってくるのですけれどもなんか彩葉氏の知り合いが何人も見受けられるよーで。彩葉氏はなんか鉄系のコピー本を買ってきているのですけれども中身はかなり無いよーで。スペースでは各種打ち合わせをしたりもします。
_昼過ぎ頃に彩葉氏が去ってからは一人で売子。午後からしぇるが来る予定になっているのですけれども連絡が入りません。恐ろしく気持ち悪い奴が多くかなり気分が悪いので取り敢えず早いところしぇるが来ないもんかと思うのですけれども。来られないなら来られないで電話の一本ぐらい欲しいところなのですが。
_基本的にフリーマーケットなので明確な閉会時刻というのは存在しないというのがやりにくいところです。1545頃から撤収準備を始めます。今日の売上げはかなり少なかったのですけれどもそれ以上に気持ち悪いというのが困ったあたりで。しょーじきこの気持ち悪さに耐えてまで次回以降参加したいとは思いません。
_1600前には撤退し東京駅から快速で帰宅します。
_帰宅してメールを読むとしぇるから体調が悪く出られなかったというメールが入っています。自分もすっかり気持ちが悪くなっているので倒れ込んでしまいます。

_2002年12月24日(火)  目に余る
_取り敢えず寒気が酷いです。
_どーも上司には我々が日々アレな雑務をしているのが目に余ったらしく、●●に●すようにという指示になります。それで結果的にラクになればいーのですけれどもそれまでが大変かも。

_2002年12月25日(水)  意図
_irc上で中谷君からみょーな質問をされたりします。質問の意図が読めないのでかなり気持ち悪いあたりです。
_仕事で少しヤバイ事をやらかしていたり。時既に遅しであったのですけれども取り敢えず謝って済む範囲であったのでどーにかなったのですが。
_夕方はカレンダー・手帳の分配会が行われます。もの凄い量としか言いようがない程に集まっている訳ですけれどもそれでもレア物は少ないよーで物によってはじゃんけんになったりしています。

_2002年12月26日(木)  儲け
_週末に向け両替をしておこうかと思い丸の内あたりで銀行を探すのですけれどもこのあたりは意外な程に窓口のある銀行が見当たらないのです。どーにかみずほを発見しここで両替しようとするとカード式とのことでみずほのキャッシュカードが無いと両替出来ないのです。そりゃまー両替ってのは銀行にしてみれば一円の利益にもならないのでサービスとしてそーする気持ちはわからんでもないのですが。取り敢えず遊んでいる一勧の口座のカードがあるのでこれで無事両替します。
_昨夜じゃんけんになったカレンダーはやふおくには大量に出品されていて千円ぐらいの値段がついているよーです。しかし昨夜大量に余っていた某有名メーカーのカレンダーに値段が付いているという事には驚かされます。余ったカレンダーを全部やふおくに出せばそれなりのお金になりそーな気がしてしまいます。
_夜は●の忘年会。場所は例によってレイの如く赤坂見附。話題は結婚生活にラーメンなど。

_2002年12月27日(金)  酔
_明後日に向けてあれこれと調整・確認をしたり。To Doをまとめてみるのですがしなければならないコトの多さに結構うんざりさせられてしまいます。って、単に先送りにしてきただけなのですけれども。
_夜は仕事納めとゆー事で飲み。春酔歌なる日本酒が美味しかったり。
_大して飲んだつもりも無いのですけれどもそれでもかなり酔ってしまっているのはちゃんぽんにしたからかそれとも単に弱すぎるだけなのでしょうか。
_うえの君から28日の夕方に会えないかというメールが入ります。その夕方は有明で前日搬入をしなければなりませんしその他の準備もあるのですけれどもそれでも彼と会う機会は少ないですし出来れば何とかしたいものです。
_酔いが抜けずどーにもならず準備作業どころではなく、結局倒れ込んでしまいます。

_2002年12月28日()  一日目
_朝になってよーやっと起動。今更になってポップやペーパーの作成作業に取り掛かります。って、最早かなりヤバイ状況としか言いようが無いんですけれども。
_昼前にうえの君から電話が入ります。今日の予定を尋ねられるので有明に行くと言うと怪しいなどと言われるので全部ホントの事を伝えておきます。取り敢えず場所は後で決めるという事にします。
_ペーパーは取り敢えず形になったという程度。仕上げは帰ってからとします。
_必要な物を持って1350頃になってお出掛けします。錦糸町から東京テレポート駅行きのバスに乗って有明入りします。
_バスを下りる時に彩葉氏から電話が入ります。会場入りするのは1520頃にもなってしまいます。こーなってしまうと事前にチェックした所だけを回るという程度です。
_閉会間際になったら明日のスペースである西2ホール"し"24aへ。間も無く彩葉氏も到着します。
_閉会したらスペースに座り込んで雑談。うえの君が結婚するという情報は既に別ルートから入手していたよーで。
_周囲でチラシ撒きをしている人達が見受けられるようになってきたら自分達も二人で手分けしてチラシ撒きに取り掛かる事にします。結構手がかじかんでいます。チラシの枚数を指示していなかったのですけれども結局少し足りないという感じとなってしまいます。
_スペースで雑談をしながら待っていると猫尻尾の小さな段ボールを持った人が現れます。納品されたら早速開封して確認。改めて見てみると表紙イラストがなぁんかイマイチヘタレて見えてしまいます。まぁ意味はわかるのですが、それにしても安直極まりないネタであったかなーと思われてきてしまいます。
_ざっと確認し、カタログも一緒に段ボールに入れて封をして搬入作業は終了。1800頃撤退する事にします。ビッグサイトから出ようとするあたりで大海原氏を発見するので声を掛けます。髪がみょーにさっぱりしています。長く立ち話をする訳にもいかないのですが各種状況をざっと報告ぐらいはしておきます。
_うえの君とは新橋で会う事にするのでゆりかもめの駅へ。彩葉氏はTWRとのことなのでここで別れます。
_新橋でゆりかもめの改札を出ると既にうえの君は着いていて待っています。そんな訳で新橋の地下街に下り、とんかつを食べながらあれこれとお喋りします。
_久し振りに会ったというのもあり長話をしてしまい、結局店を出るのは2010頃になります。別れたら自分は総武快速線でツダヌマに戻ります。
_帰宅したらとにかくポップとペーパーの仕上げ作業をします。
_本日のお買い物は以下の通り。
スペース発行サークル名書名価格備考
東ス30bマヤ商会まやまにあっくす200伊吹マヤ小説本
東T59bみかん茶夏風400ヨコハマ本
Peaceful Day200
西な16aともよさま恋のステップ350知世ちゃん本

_2002年12月29日()  二日目
_どーにかポップを仕上げます。ちょっと窮屈な感じがしますけれども仕方が無いでしょーか。今回はきちんとシアンを飛ばしてからMD-5000で印刷します。駅名票風ポップは今回はTWRっぽくするのですけれども写真を撮っていないので曖昧な記憶を頼りにそれっぽいモノを作ります。
_ペーパーも仕上げてレプリで量産。
_結局完徹となってしまいます。シャワーを浴びて0515頃出掛けます。今回は持ち出す本の量が極端に少ないのはラクなあたりです。レイによって少し重めの朝食を食べてから快速で東京へ向かいます。
_有楽町で電車を降り合流場所である数寄屋橋方面へ向かって歩いていると彩葉氏から電話が入ります。もう着いてしまったよーで。トランクに荷物を積んで待っているとHei Chenも到着します。千歳烏山から笹塚・神保町乗換で日比谷からここまで歩いてきたとのことで新宿から丸の内線で銀座と思っていたのでちょっと意外な経路です。
_西館の南側にある南駐車場に入るのに駐車券にはTFT方面から右折するようになどと指示が書かれています。何故このよーな指示になっているのかは謎なのですけれども取り敢えず指示通り右折するのですけれどもべつに東雲方面から左折でも問題無かったよーな。
_南駐車場から西館という事でかなりラクです。一般入場列を目にする事も無ければ階段を上がり下がりする必要すらありません。0730頃にはスペースに到着し準備に取り掛かります。
_今回は頒布する物が5種類と少ないのでスペースの準備もそれなりに手っ取り早く終わってしまいます。0830頃には準備が完了しまたりとしてしまいます。彩葉氏に鉄っぽいモノ14こと伊予鉄道坊ちゃん列車について蘊蓄を聴かされたりHei Chenと携電の端末について雑談したり。彩葉氏は事前巡回に出ているよーで。
_1000で開会。スタッフに引率されてぞろぞろと入ってくるよーな一般参加者も無く比較的静かな始まりです。最初の売子は例によってHei Chenと自分。最初から新刊の鉄気味14がぽつぽつと出ていくのですけれどもペースとしてはかなり早いでしょうか。取り敢えずちよちゃんのポップと表紙が無駄に目を引いているという事なんでしょーかね。
_どの本もそれなりの勢いで出て行くという感じです。なんか異様に人が多い感じがします。外周向きお誕生日席ではあるのですけれども大通り沿いのように溢れるようにいるという訳でもなく常になんとなく人がいる、という状態でしょうか。
_昼過ぎ頃に巡回に出ます。島中に入ろうとするのですけれどもなんかラッシュのよーに人がいて進むだけでも一苦労。どーにか一巡するのですけれども特に買い物はせず。
_本の売れ行きは相変わらず絶好調で、この感じだとてつまんが大王は一年前の鉄路まてぃっくの売上げを抜くのは間違いなしという感じです。普段であれば出だしは抑えめで昼前頃から1300過ぎ頃までにピークがあり、その後また落ち着くとゆー感じなのですけれども今回はほぼ30分で10冊というペースがキープされています。上手くすれば完売かもという感じもしてきてしまいます。本の売れるペースが落ちないので完売に備えて関係者向けに数部引き抜いておきます。
_20部だけ持ち込んでいたちょびっテツは1345完売。まほろさんに続いて発行後二回目の大イベントで完売という事になります。
_来られないという電話の入っていたおーさかさんが現れます。友人と一緒のようで本を渡すとすぐに立ち去ってしまいます。
_時々巡回に出たりするのですけれども特段買うよーな本は見当たりません。全く買わないのですけれども見て回るだけでもそれなりには面白いものです。スルットちゃん本はかなり見掛けますし、あずまんが本も多いです。スルットちゃんとおーさかを組み合わせた本も発見するのですけれども何故かスルットちゃんとちよちゃんを組み合わせたモノは発見されず、いちおー自分のところだけの組み合わせとゆー事になるのでしょーか。
_1524には新刊のてつまんが大王が完売してしまいます。遺産も1は持ってきた分は完売しており2が少し残っている程度。カレンダーはとっくに完売しており閉会間際にはスペースを持て余すという状態になってしまっています。周囲を回ってみても完売御礼の札を立てている所が少なからず見受けられ、どーやら今回はどこも売れ行きが良かったよーです。
_1600で閉会。最終日ではないのですけれどもそれでも恒例の三本締めが行われます。
_結局残ったのは遺産2が20部ぐらいという感じで持ち帰る荷物はえらく少ないのが助かります。遺産の残りは彩葉氏が持ち帰る事にするので自分が持ち帰るのはディスプレイ用品の類だけとなります。
_一旦車に戻り、売上を数えたりします。
_1700前頃にチラシに作業員証などを持って再び会場へ。東2ホールで必要な部分にチラシ配り。結局足りなくなってしまうのでそこで終了。掛かった時間は15分ぐらいでしょうか。
_終了後はどこかで反省会というのが常なのですが、二人だけではどーにもならないという事でビッグサイトのレストランで軽く夕食を食べながら雑談します。一旦車に戻り、会場の前で車を下ろして貰います。
_帰宅したら報告のメールを投げて寝ます。

_2002年12月30日(月)  三日目
_明け方に一旦目が覚めるのですけれども結局昼過ぎになって起動。
_今更になってCOMITIA63の申込書にサークルカットを慌てて作成します。
_1400過ぎになってぱたぱたとお出掛け。一昨日と同じ錦糸町からの急行05東京テレポート駅行きで有明入りします。このバスは休日のみの運行なのですが今日は休日ダイヤという事で運行されているのでした。
_1516東京ビッグサイト東棟前でバスを下ります。人の流れに逆流するよーに建物に入ります。
_まずはCOMITIA準備会で申込手続きを済ませます。
_NHK狂育へ行くと小夜川さんが一人ぽつんと座って本を読んでいて「完売御礼」なる札が出ています。わざわざ待っていて頂いたよーでご迷惑をお掛けしてしまいました。予約してあった新刊三部と既刊二部を受け取ります。新刊のタイトルは予想通り「キャリア様がみてる」。最近ぽげむた氏がマリみてにハマっているとの事ですし語呂も綺麗に整いますし。今回は1400頃完売してしまったとのことです。丁度ぽげむた氏が戻ってきているのでご挨拶。他には携電の端末についてちょっと雑談したりもします。
_喋っていると背後から突然ハナサンに話し掛けられます。彼は今回もここでかなり買い込んだとかだそーで。またなにかあったらお誘い下さいという事でその場は離れます。
_彩葉氏が遅れているので仕方無く自分が代理で挨拶回り。って、自分が顔を出したところで「ダレこいつ?」とゆー顔をされるだけで限りなく意味が無いんですけれども。ここらへんはやっぱり顔の売れている彩葉氏に自ら出向かないと意味が無いあたりなのです。
_主に評論ジャンルを巡回し、即売会のチラシを集めたりします。出来ればこのジャンルで学会のチラシを置かせて貰えるところがあれば良いのですが。
_彩葉氏と合流してからちょっとだけ挨拶に付き合います。
_東A52の前あたりで閉会を迎えます。流石にここでは「三本締め」は行われない訳で。
_とっとと退散してしまう事にして彩葉氏とりんかい線に乗ります。閉会直後という事で改札はかなり混雑しているのですけれども、ホームに下りてみると前後二両ずつぐらいだと結構空いています。やって来た電車にはあっさりと座れてしまいます。コミケの混雑よりも20m車10両編成の物量投入の方が上回っているとゆーコトでしょうか。
_大崎で彩葉氏と別れてりんかい線を下ります。品川まで出て総武快速に乗ります。
_車中で買ってきたキャリアさまがみてるを読みます。冒頭のパロディが笑いが止まらないスゴいモノです。面白いのでそのまま一気に読んでしまいます。自分だったら表紙にイラストを入れるなーとか思ってしまったり。
_帰宅したらのりもの学会オンライン受付cgiの最終確認をするのですけれども、何故かPOST不能となってしまっているというのが非常にまずいあたりです。同じサーバに置かれている掲示板はきちんと動いているのですが。三種類のブラウザで試しても全部ダメで、結局サーバ管理人にメールを出しておきます。
_最後に本日のお買い物。
スペース発行サークル名書名価格備考
東V38aNHK狂育霞ヶ関グルグルVol.11 キャリアさまがみてる100キャリア官僚本
東P15a桜井家RELATION500創作百合本

_2002年12月31日(火)  交渉
_学会受付cgiに関しぎょぴ氏から特定の文字でエラーが起きるという指摘を受けます。よくよく調べてみるとEUCの文字コードの範囲を間違えていたという事が判明するので修正します。これはうかつなミスでした。
_今更になって年賀状を印刷し投函します。
_本来は明るい頃には実家に着くようにしたかったのですけれども結局ツダヌマを出るのは夕方が見え始めた頃にもなってしまいます。
_橋本駅のコンビニでキティちゃんのお年玉袋を買ってからバスに乗ります。下りる時にエラーを多発している挙動不審なバスカードを使うのですけれども特に問題も無く使えます。バス停からは迎えは呼ばず歩いて実家に戻ります。
_久し振りの実家はなんか内装にあれこれと手が加えられているよーなのですけれども個人的にはちょぉっと派手過ぎるよーに感じられてしまうでしょうか。家の改造をしてから両親はずっと北枕で寝ていたラシイのですけれども今日指摘するまで気付かなかったよーで。
_長期的な資金計画(謎)について両親に交渉します。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ