近況報告 2004年5月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_2004年5月1日()  帰省
_今更ながらよーやっとコートとマフラーをクリーニングに出します。
_電車とバスを乗り継いで実家に戻ります。
_実家の玄関周りの工事と言いますかデコレーションはますますスゴい事になっています。父親は自分が幼い頃からよく庭いじりとかをしていたのですけれども自分はとてもこーゆーのは出来ないなーという感じです。能力的に出来ないというのと、あとは集合住宅住まいなので出来ないのとの両方です。
_思い当たるところあってとある本を探したりします。結局見あたらなかったってゆーかもしかしたら最初から無かったのかもしれませんけれどもそれでも関連する別の本がわさわさと出てきます。

_2004年5月2日()  新潟
_0400過ぎ頃に起こされます。車に乗って出発し父親の実家方面へ。
_途中休憩を挟みながら祖母のいる特養に到着。両親は時々来ているとのことなのですけれども自分は一年振りです。
_祖母は自分に気付くと起きあがろうとします。職員の方に車椅子に移して頂き外に散歩に出ます。このあたりだとまだ桜が咲いています。
_昼前に一旦ホームを出て車で小千谷方面へ向かいます。昼食が食べられるような所を探すのですけれども延々と田舎道が続いているうちに結局市内に入ってしまいます。休日のせいかかなりシャッターが下りているよーなアーケード商店街を通って結局駅前まで着いてしまいます。
_開いている店も少ないので駅前の蕎麦屋に入ります。値段表が無いのでびみょーに不安であったのですけれども手打ちそばは値段の割には量も多く美味しいです。
_ホームに戻り暫く祖母の所に居てからこの場を去る事にします。いつもの事ではありますが去り際に悲しそうな目をされるのは辛いものです。
_湯沢で宿に泊まります。

_2004年5月3日()  寄り道
_朝食はバイキング。普段はあまり食べない洋食としてみます。
_1000頃宿を出発。急ぐ必要は無いのですぐに高速には乗らずに国道353号を苗場、三国峠、猿ヶ京と山越えをし、塩沢インターから関越道に入ります。
_上り車線は非常に順調に流れているのですけれども下り車線は出口に分かれる所で渋滞しているところが多いです。ETCも出口のゲートで渋滞しているのであればともかくとしてその遙か前から渋滞しているようでは無力なようです。
_そんな訳で行き帰りともに渋滞に巻き込まれる事なく高速を下ります。ファミレスで少し遅めの昼食を食べてから高尾駅まで送って貰い車を下ります。
_京王線に乗ろうと高尾駅に行くのですけれども大京のチラシを配っている人がいるので行ってみる事にします。ライオンズグローベルめじろ台とのこと。ライオンズマンションという事で竣工売り。マンションで大林組施工というのは珍しいと言いますか私は初めて見ました。
_めじろ台から京王線に乗ります。高幡不動駅の動物園線ホームには6000系五扉編成が止まっています。車体に動物のステッカーが貼られていて専用編成になっているようです。6000系五扉車も折角作ったのですけれども一部は四扉に改造されたり(しかも窓がおかしくてなんか気持ち悪い)あるいはこのように動物園線に閉じ込められたりで結局失敗作であったという事でしょーか。同じ頃に小田急は1000系ワイドドア車(1500系)で失敗していますが。
_調布で京王新線・都営新宿線直通列車に乗り換えて初台で下車。大京の定借物件を見てみようかと思っていたのですけれども場所を聞き損ねていた上に看板なども無く見当たらず。
_初台駅前のD'クラディア イヴァン初台を見てみます。竣工済で既に入居が始まっています。オートロックを入ったロビーにはソファの他になんか滝っぽいのが流れています。更にオートロックを通ってエレベータホールへ入り、更にはエレベータの内外両方にも鍵のセンサが付けられているので四重という事になります。今はほとんどは二重オートロックで三重というのまでは見た事はあったのですけれども四重というのは初めて見ました。
_部屋に案内されて説明を聞きます。いわゆる都心型コンパクトマンションで残りは数戸とのこと。周囲は高い建物で囲まれている上にすぐ北側は高速道路、それも拡幅の予定があるとかで。建物は開放廊下。部屋は窮屈さは否めない感じで何故かキッチンの横に洗濯機置場がある部屋とかがあったりもします。エレベータで屋上に上がるとささやかながらも屋上庭園があります。東側には都心方面、西側には自分には見慣れない東京西部の風景が広がっています。
_新宿西口まで歩き、ヨドバシで話題の?オキシライド乾電池を買います。

_2004年5月4日()  壁
アキバの壁 _午後お出掛けして秋葉原へ。写真は私が内心で「アキバの壁」と呼んでいる千代田区外神田四丁目の区画道路3号(撮影地点)。再開発が完成すると幅12mとなります。
_アニメイトでアフタヌーン6月号と百合姉妹3を購入。
_電気街口北側のダイビルの南側にヤマギワが9階建てのビルを建てるとかで工事が始まっています。今の本店は取り壊すという噂も伝わってきているのですけれども真相は不明。東京都のサイトの計画図を見るとUDXとTTTと消防署が大々的に建設中の外神田4-14の他にヤマギワ本店のある4-1とリバティタワー左や天や、東京船舶電機の入っている亀松ビルなどのある4-5の北側も再開発エリアに含まれているのですけれどもこれらについてはほとんど情報が無い状態です。
_新宿へ移動し西口から出ます。住友三角ビルの住友不動産新都心マンションギャラリーへ。受付でどの物件についてですかと尋ねられます。どーもここは4物件ぐらいを案内しているよーで。今日のお目当てはシティタワー新宿副都心という事で。
_ビデオを見る時に営業の人に「最後の字幕まで見て下さい」と言われるので真に受けて見てみると単に設備紹介。まぁ例えばディスポーザ標準装備などというのは今時の大規模では当たり前な訳なのですか。施工は清水建設。住友はCT高輪WORLD CITY TOWERSも清水という事で清水好きという感じがしてしまいます。ビデオが終わったら模型を見たりします。住友の営業マンは個人的には言葉遣いが慇懃無礼でなんか気持ち悪いという印象があったのですけれども(←偏見入ってます)この人は一般よりは言葉遣いが丁寧ではありますがそれでもまぁ普通の範囲内でしょうか。
_モデルルームは建物の42階との事でエレベータで上がります。中住戸と角住戸の部屋が作ってあります。角住戸のガラスの広さは流石という感じなのですけれどもバルコニーがかなり狭いのは特徴的。営業の人によれば「秋葉原のTOKYO TIMES TOWERはライバル視している物件の一つ」との事なのですけれども「向こうは秋葉原ですから」とのことで。不動産業界、あるいは世間一般から見た秋葉原に対するイメージというのは私は最早わからなくなってしまっていますが。中央に大黒柱を立てて柱を減らす構造もTTTに似ているところの一つ。ただ制震ダンパの位置は全く違いますしTTTでは角が必ずLDになるようになっているのに対してこちらでは角に寝室が来ている部屋もあるというあたり考え方の違いがありそうです。高層でこの巨大ガラス張りの部屋で寝る勇気は少なくとも自分には無いです。流石に42階からの眺望は素晴らしい訳で丁度建築現場も見下ろせてそれなりに工事が進んでいます。30年も前にこのような建物を建てられたという事からもこのあたりがいかに地盤が良いかがわかります。
_マンションギャラリーを出たら現地まで行ってみます。今まで知らなかったのですけれども西新宿とは言え案外ごちゃっとした下町でそこに唐突に高層ビルが建っているという感じです。細身とは言え青いタワーで結構目立ちます。一階は店舗になる模様。
_オペラシティ方面まで抜けて昨日行き損ねたライオンズプラザ初台グランフォートへ。既に入居は始まっており残り3戸ぐらいとのことです。デザイナーズマンションという事で内廊下なのはともかくとしてなんかかなり個性的ってゆーか台形や平行四辺形や五角形の部屋があったりでおかしな間取りの部屋が多いです。流石にと言いますか定期借地権についての詳しいパンフレットも用意してあります。定借は返還が近付いた頃の管理がどうなるかが極めて不安なのですけれどもまだ事例が無い訳で。かなり興味本位で入ってみたのだが親切に対応して頂けました。
_何年か前に美脚のウェイトレスさんが多いという印象を受けたオペラシティのアンミラにでも行こうかと思いちらっと覗いてみるのですけれども結局入らない事に。ピンク色の制服は数年振りに見たよーな気がするのですけれども高輪のえんじ色に比べてこちらの方が取り敢えず可愛く見えてしまいます。

_2004年5月5日()  倒
_ほぼ一日倒れたまま。
_いくつか出品していたやふおくが終了。入札が無いモノから原価の倍以上の値になったモノまでいろいろ。

_2004年5月6日(木)  リハビリ
_取り敢えず出勤。連休は終わったよーなまだ谷間のよーなという状態なのですけれども人口密度は1/3ぐらい。
_ほぼ定時で退散してしまいます。
_住友の手紙攻勢がスゴいです。大々的に売出中?のWORLD CITY TOWERSが時々来るのはともかくとして既に竣工していて入居が始まっているという情報もあるCT高輪の案内も毎週のように来ます。値段を高めにしておいて竣工の時点で売れ残るようにするというのが住友商法であるラシイのですが。

_2004年5月7日(金)  萎え
_そんな訳で休暇とします。
_最近新京成の線路沿いに出来たゼファー グリーンアイルの販売センターを覗いてみます。出てくる営業の服装がえらくだらしなくてこれだけでも印象は悪いです。現地とMRはここから歩いて25分車で10分ぐらいの場所とのことでタクシー代を出すとの事なのでそちらに行ってみることに。
_外に出てタクシー乗場へ行き車を拾って地図を渡します。津田沼駅の北東側は自分的にはほとんど未知の領域です。運転手が言うにはこのあたりはバスは多いが朝は混雑で通過されるとかで。脇道に入って狭い道を延々と走った戸建街の中に突然緑色の仮設MRが現れます。領収書を貰って車を下ります。
_ここでアンケートを記入してから概要の説明を聞いてでもってMRを見せて貰います。いわゆる田の字配置です。値段が安い事以外にしょーじき何の取り柄も無いという感じのする物件。駅遠の戸建街の中に唐突にマンションがあるという感じで存在意義を疑うと言ったら言い過ぎでしょうか。
_この会社八千代緑が丘の駅遠大規模でも売れ残り抱えているらしく住宅情報タウンズ京葉版では毎号のよーに載っている感じですし、どーゆーデベなんだろーかと思ってしまいます。ちなみに免許番号は(1)です。
_ただただ萎えてMRを出るのですけれどもバス停までがまた恐ろしく遠くて更に萎えます。
_帰宅したらやふおくの荷物を発送したり。
_電車に乗り新小岩へ。南口から出てグランシティ ユーロパークス新小岩。新小岩と小岩の間ぐらいというなんとも中途半端な場所にある物件。長谷工施工という事で田の時配置。
_ここで「みずほ銀行が2年固定0.9%の住宅ローンを発売」という新聞記事のコピーが置かれています。住宅ローンには東京三菱UFJ新生中央三井信託あたりが結構積極的な訳なのですけれどもメガバンクでは唯一SMBCがあんまりやる気無さげな感じもするでしょーか私見ですけれども。
_続いては駅前で工事中のパークホームズ新小岩ステーションサイドレジデンス。MRは駅から少し離れた所にあります。やっぱり田の字の変形という感じの間取りが多い物件。
_リリーベル新小岩スクエアへ。康和地所という事で外断熱工法を期待していたのですけれどもここは違うとの事で私の調査不足でした。ここまで都心から離れるとちょっと珍しいよーな気もするコンパクトタイプ。販売センターのすぐ隣にある工事現場を見せて頂きます。ヘルメットを借りて現場へ。最初に見せて貰う部屋は既に内装までほぼ完成している。ブレーカーを上げれば照明も使える状態。続いて見せて貰う部屋はまだ内装工事中で床暖房のパネルが見えている状態。
_商店街を抜けて新小岩の駅まで戻るのですけれどもある意味少し古風な、ちょっと懐かしい感じもする商店街でしょうか。
_錦糸町ヨドバシに寄ってから帰宅します。

_2004年5月8日()  高
_正午頃にお出掛け。まずはお茶の水オーディオユニオンへ行きます。
_クオリアお茶の水パークフロントへ。東急不動産クオリアという事で都心型コンパクトマンション。目の前がささやかな公園ではあるのですけれども商業地域なので周辺が囲まれているのは仕方が無いでしょうか。独身女性を主な購入層としているということはわかるのですけれどもやっぱりグレードその他ではBrillia銀座idには遠く及ばないという感じがしてしまいます。あそこは土地がめちゃくちゃ高いのでその分建物にもお金を掛けやすいというのはあるかもしれませんが。
_MRを出るとなんかどんどんとやかましいです。すぐ近くの神田明神で神田祭が行われています。そんな訳で祭りとTTT。土曜日という事でクレーンが動いていました。
_神田明神下交差点よりダイビル。いつの間にか高くなっているという感じがするのですけれども鉄骨造という事でコンクリートを養生させる必要が無いから早く組み上げられるのでしょうか。建築の専門家ではないのでよくわかりませんが。
_PCパーツ系の店を見たりしてからヤマギワリビナへ本店。ここは某店と並ぶ秋葉原での非アキバ空間という感じがしてしまいます。主に照明を見るのですけれどもシンプルで上品な物が欲しいのですけれども展示されているのは豪華な物が多いよーな。PC用の机も置換したいところではあります。椅子がアーロンなのに机はしょぼいのを使っていますので。
_神田まで歩いてから電車で東京へ。八重洲南口パシフィックセンチュリープレイス丸の内31階のHUSERへ行ってみます。
_建設現場周辺にはMRを作らずこの本社だけで営業活動を行うというのがHUSERのやり方という事で100m超という広いマンションを比較的リーズナブルに販売している会社です。周囲には幾つかの物件の模型が置かれているのですけれども建物のデザインはどれも似ています。ここらへんもコスト削減の方法なのでしょう。
_サンプルルームというのを見ます。天井が作られていないので高さの感じが掴めないというのが欠点ではありますが100m2超というのはとにかく広い訳で、この広さは一人では絶対に持て余すという感じです。広さの他に玄関から入るとリビングというリビングインというスタイルが方針とのことで。内装は安めな感じがします。窓からは有楽町六本木方面が見えるのですけれども高さが高いだけに絶景で思わずじっと見てしまいます。

_2004年5月9日()  浜松町 偶然
_午後快速に乗り出掛けます。快速では珍しい女性車掌。ボックス席で女の子が二人で一本のイヤホンを左右分け合っている(←文章で説明するのはむずかしい)のですけれどもボックス席で向かい合っているのでなんかイマイチ。やっぱりロングシートで隣り合って座っている状態で、出来れば制服であれば自分的萌えシチュエーションなのですが。一方が寝ていたりしたら更によろし。
_新橋で山手線に乗り換えて浜松町へ。北口から出て都産貿へ向かうのですけれどもなぁんか十日前にも見掛たような気がするようなヒトがいるような気もします。
_都産貿に着いたら5階に上がります。北半分の百合オンリー少女庭園に入ります。南半面は使われていない模様。北半面は更に仕切られて他に鋼錬オンリーが行われている模様。少女庭園の方は既にパンフ完売で入場フリーになっています。回って見るのですけれどもやっぱりってゆーかマリみてが多いです。桜井家は今日の新刊は持ち込み分は既に完売してしまったとのことで残念。うろうろと歩き回ってあずまんが大王をマリみてキャラで置換したような漫画を発見します。自分の脳内と同じくちよちゃん−祐巳という組み合わせが多いのですけれども大阪−祐巳という組み合わせも見受けられます。あとわかりやすいのは智−由乃。先の展開が読めるのに笑ってしまうので自分の負けという事で購入。
_4階半面は巨乳系オンリーなので切り。貧乳系オンリーであればもしかしたら入ったのかもしれませんが。
_3階は全面使ってメイド系オンリー帝國メイド倶楽部。とは言ってもスペースがあるのは2/3ぐらいで残りはコスプレ撮影スペースとなっています。ここも既に入場フリーとなっているので巡回してみるのですけれどもやっぱり十日前に見たようなヒトをぽつぽつと見掛けるよーな。それにしてもこーゆーのを見ているとそれなりに創作意欲が刺激されるものであります。
_2階はR.O.D.オンリー紙のご加護。あんまり興味は無いのですけれども入場フリーなので入ってみてちょっとだけ巡回。
_しかしまーこーゆー他にもイベントが数多く開催されている日にのりもの学会を開催できれば面白いのですけれども実際のところは「会場を取れた日」に開催するしか無い訳で。しかも都産貿浜松町でイベントが多く開催されているよーな日というのはたいていはイベント主催者がそれぞれ会場を確保するのではなしに、●オとか●天●とかいった組織?が全館を確保して、それをイベント主催者に転売?している事が多いので非常に困ったもんなのです。ここらへんかなりなんとかして貰いたいところではあるのですが…
_建物を出たところでイトウさんに会ってしまいます。彼は建物の全イベント見るとのことで。
_浜松町駅方面へ戻りスカイグランデ汐留のマンションギャラリーに入ります。売主の有楽土地が大成建設の子会社であるというのは知りませんでした。既に完売していて残りはキャンセル住戸数戸だけとのこと。このギャラリーは丁度今日で閉鎖する事になっていたとのことで丁度良かったです。汐留の再開発エリアのほぼ南端で仮換地指定済。元は古いワンルームマンションが建っていたとのことで地権者住戸があるとのこと。部屋もコンパクトタイプ中心でセカンドルームとしての購入が多いとのことなのですけれども利回りが低いエリアとかで投資目的での購入は少ないとのこと。モデルルームを見せて貰うのですけれどもなぁんか仕様は低い感じです。周囲は他の高い建物に囲まれる予定になっているとかでそれに合わせて建物を作っており構造もなんか冴えないです。
_外に出たらバスで有明に出てWCTやガレリアグランデでも見ようかとも思うのですけれどもそのまま汐留から新橋方面へ歩いてみる事にします。アクティ汐留は結構個性的な感じの建物です。その先が東京ツインパークス。47階建てツインタワーなのですけれども下層では繋がっているという事に気付きます。しかし周囲は高層建築で混み合っている上にWINSまである訳でどーして中古市場で値上がりするような話題の物件となったのかがわからないあたりです。大規模再開発エリアの強みでしょーか。汐留界隈はまだまだ工事現場も見受けられ完成は暫く先のようです。
_山手線に乗ったところで反対側の扉の所に何故か名古屋在住の筈のうえの君を発見するので声を掛けます。向こうも驚いているのですけれどもこっちも驚きです。社内旅行の後で品川でねづ君と会っていたとのことで。自分の日記を読んでいたらしく近況は知られていたよーです。
_帰りの切符はまだ買っていないとのことですので東京で下りて一旦八重洲の改札を出て地下街へ下りEXCELSIOR CAFEに入ります。近況を聞いたり話したり雑談をしたり周辺の人々の近況を伝えておいたりします。
_1640頃出て八重洲口で別れます。しかしまー恐るべし偶然でした。

_2004年5月10日(月)  開
_Vulcan FlipStartがちょっと気になるのですけれども、ただキーボードはやっぱりかなり小さそうで私としてはある意味中途半端なモノであるかもしれないという感じもしないでもないです。私は親指打ちはしないってゆーか出来ませんので。
_某Nさんの送別会の案内メールが届いています。
_職場から米国防総省のサイトを見ようとすると「暴力」とかでフィルタリングされてしまいます。そりゃまー確かに「暴力」なのかもしれませんけれども。
_帰りの電車の隣の席でPowerBook G4を広げている人がいます。それだけでも目立つのですけれどもなんかアレな文書を広げていて電車の中で見なければならないのであればせめて画面にフィルタを付けた方が良いのではと他人事ながら思ってしまいます。

_2004年5月11日(火)  拉致
_帰宅すると白金三光坂クラティオなる物件の案内手紙が届いています。港区白金四丁目という高級な場所に建つちょっと高級そうな物件なのですけれども総戸数が31戸と少ないにも関わらずディスポーザが装備されるようです。ディスポーザは処理槽を設置しなければならないので通常概ね百戸以上でないと設置出来ないものなのですが、これからは中小規模の物件にも普及して行くのでしょうか。
_皇太子妃って最初に公になった頃は格好良いキャリアウーマンという感じがしたのですけれどもいつの間にかなんかおっとりした雰囲気になってしまっている訳で以前の良さが失われてるよーに個人的には思ってしまうのですけれどもいかがでしょーか。
_某さんは何でも昨晩は聖蹟桜ヶ丘に拉致られて朝5時までGARNET CROWのDVDを見せられたとかで朝は帰宅せずにそのまま出勤してきたとの事でご愁傷様ですとゆー感じです。

_2004年5月12日(水)  害
_朝の電車は空調が故障気味なのか天井から異音が聞こえてきてやかましいというのが困ったところです。
_別の聖蹟桜ヶ丘拉致被害者から話を聞いたりします。そーとートンでもないところのよーで。まぁ、面白おかしく誇張しているというのはあるのでしょーけれども。

_2004年5月13日(木)  雑
_自宅マシンのATOK16が不調で「よろしく」「夜」などを変換しようとすると「辞書として扱えません」というメッセージが出て変換出来ません。辞書ファイルのこのあたりの部分が壊れたのでしょうか。困った話で。
_Acrobatで文字を編集したり追加したりする方法というのは案外知られていないよーなのですけれども追加はTouch UpテキストツールでCtrl+クリックです。ただ使い勝手は猛烈に悪いので簡易編集程度のものでしかないです。
_小金井の前●●●について話題になります。そりゃまー確かに立派な●ではあるのですけれども。
_夜に酒盛り。職場で同じ部屋にいるとある人と私が学生時代に家庭教師で教えていた人が中学時代の同期であるという事が判明します。世の中狭いってゆーか狭い所に似たような系統の人が集まるという事を実感させられます。
_zenitaka.co.jp、錢高組から2月の日記にアクセスがあります。googleからでキーワードはコスモポリス品川。自社施工の物件が気になるよーで。
_そーいえば以前kajima.co.jpからブランファーレ コスモポリスというキーワードがありましたが、特にブランファーレは鹿島が売主・設計・施工ということもあり、やっぱりライバル物件が気になるのでしょうか。私見ではありますが、私の評価は今のところコスモポリス>ブランファーレです。

_2004年5月14日(金)  索
_久し振りにNaoさんに会います。アクセス解析入れたら面白いねーなどと言われるのですけれども私の場合には既にアクセスログを取っておかないとなんか不安になってしまいます。ちなみにこのサイトで記録していて現在私が閲覧可能なのはアクセス日時、ホスト名及びIPアドレス、REFERER, User-Agentのみです。
_夕方偽●●へ行き探し物その他ごそごそ。
_週刊ダイヤモンドの「子供を入れたい中学高校」を読んだりするとこんな私でもなんとなく子供が欲しくなくもなくなるので不思議なもんです。もしも都内に住むのであれば子供は公立の中学高校に行かせたくはないです個人的には。
_帰宅したらATOK16を再インストールします。取り敢えず復旧したっぽいです。

_2004年5月15日()  江東区北
_総武緩行線で平井へ。この駅で下りるのはもしかしたら初めてかもしれません。
_南口から商店街を延々と南下して商店街が終わってからも更に通りを南下すると工事現場が見えてくるのが東京インターマークス。MRは更に先の公園の方との事なのですけれども結構遠いです。公園の脇に唐突に仮設の建物が建っているという感じで近くには都営新宿線東大島の高架駅が見えます。
_建物に入って営業の人に案内されます。販社は長谷工アーベストという事でそういう感じの人です(謎)。部屋に案内されるのですけれどもかなり冴えないです。田の字配置なのはともかくとして標準では床暖無しというのは今時非常に珍しいです。玄関ドアの鍵が一つというのもこれまた今時かなり珍しいです。ただ室内のスイッチの位置が低くコンセントが少し高い位置に付いているのだけはちょっと親切です。
_続いてはライオンズタワー大島。かなり出来上がっている工事中の現地は離れた所からも目立っているのですけれどもMRは大島駅前にあります。大京は竣工売りが基本なので別にわざわざモデルルームを作るのは珍しい訳でそれだけ力の入っている物件という事なのでしょうか。
_営業の方から説明を聞くのですけれども問い合わせが多く急遽1月ぐらいから青田売りを始めたとのことです。このあたりでも錦糸町のBTTは話題の物件という事で価格表が出てきたり精工舎跡地の話を聞いたり。更には小名木川のJR貨物跡地にはイトーヨーカ堂の他にマンション用地として明和地所が落札という話も聞きます。オール電化がこの物件の特徴なのですけれどもオール電化なのはタワー棟のみとのことです。大京は今まで見た物件ではなんか冴えないイメージがあったのですけれどもこの物件はなかなかよさそうです。で、ローンはUFJというコトで。個人的には大京もUFJもどっちもヤヴァゲに感じられてしまいますが。
_亀戸に向かうべく14号まで出たところで何やらMRを発見するので入ってみます。って、なんかあると入りたくなる癖になってしまっている感じがしますが。エルカクエイなる会社のエルフィーノ東大島とのこと。場所は東大島と南砂町の間。部屋を見せて貰うのですけれどもとにかく梁が目立っていて萎えます。図面を見せて貰うのですけれども68ぐらいで3LDKとか72の4LDKとか今時アリエネー窮屈な間取りです。更には自己日影が出来るというのもかなり理解不能。一つだけ良い所を挙げると47戸という規模なのにディスポーザが付いているというのは非常に珍しいです。
_14号をてくてく歩いていると完成物件を発見するのでオートロックを押して入ってみます。ベルグコート亀戸中央公園とのことで残り数戸とのこと。実際の部屋を見せて貰うのですけれども仕様は非常に低いです。勿論価格は抑えているようですけれども。配管の関係で廊下よりも洗面所の床が廊下よりも高くなっていたりするというのが非常に奇妙です。床がなんかフワフワした異様な歩き心地なのですけれども直貼り床とのことで。

_2004年5月16日()  千代田区東
_有楽町ビックでマリみてコレクターズエディションを購入。って、通常版も買っているのですが。
_ビックカメラで寝具などを扱っているというコトに気付きます。
_秋葉原へ。総武緩行線千葉方面ホームから撮った写真。左から順にダイビル、UDXビル(三基のクレーンの下)、TOKYO TIMES TOWER、神田消防署。この先UDXが成長してTTTは見えなくなる筈ですので、この光景が見られるのも今のうちです。
_昭和通口から出て久し振りに岩本町方面へ。神田川の南側の通りにいつの間にかジョナサンが出来ています。24時間年中無休とのことなのだがこんなにも人通りが少ないところで大丈夫なのかと思ってしまいます。
_自分の人生を狂わせる?きっかけとなったクレアール神田は最後の仕上げという感じ。建物の周囲はかなり囲まれている感じがします。GREEN PARK神田は既に完成していて売れ残りを売っている模様。
_久し振りにヒノオーディオに入ります。CEC TL-2X MkIIは生産完了で残り一台とか書いてありモデルチェンジが出るという噂はあるのですけれどもどう変わるのかは詳細不明。かなり年配の店員に「お客さんTL-0って聴いた事あるかい」と尋ねられるので無い返すとエレベータで地下に案内されます。大型のスピーカが幾つも置かれている試聴室で片隅のラックにTL-0が置かれています。これから納品する物でエージング中とのことです。DACはDX-71でプリとパワーは自作の模様。スピーカはJBLのかなり大型の物。音は癒し系でなんかほっとしてしまいます。パワーをSIT(静電誘導トランジスタ)なる半導体から真空管に切換えると更にまろやかな音になる訳で真空管もいーなーと思ってしまいます。なんかほっとして眠くなってしまうのですけれども適当に切り上げてお礼を言って出ます。
_山手線の外側の神田練塀町では東京青果ビルの鉄骨が上がり、オリックス秋葉原ビルの工事が始まっています(写真, 撮影地点)。ここも施工は鹿島。同じ場所から1街区(ダイビル)と3街区(UDX、消防署、TTT)。UDXの三基のクレーンのうちXの文字の\の線だけXEROXのロゴのように太くなっています。
_古本市場を覗いてみます。
_ヤマギワリビナ本店へ。新居のLDに付けたくなるよーなよさげなシャンデリアを発見するのですけれども高い…。いちおう五桁ではありますが。

_2004年5月17日(月)  脱
_窓付封筒が配られるのですけれども封がされておらず「封筒返して頂けると嬉しいです」と貼られています。先月の自分の再利用発言が効いたのでしょーか。
_●●●は「脱力感しか残らない」とのことでおつかれさまでした。
_某さんに「わかりやすいマゾ」と言うとウケます。マゾっぽいと言われた事はあってもここまではっきり言われた事は無かったとのことで。

_2004年5月18日(火)  港区北
_毒ーで話題の●●●●●を今更ながら初めて認識。自分は絶対に受付けないタイプ。
_六本木の防衛庁跡地を三井が再開発するとのことで。分譲マンションは無いようです。あの界隈では個人的には新橋−虎ノ門再開発にちょっと注目していたりします。

_2004年5月19日(水)  年
_あんまり読んでいない感じもするよーな気がするラジオライフなのですけれども結局二年分継続。9700円というのはおトクな感じがしてしまいましたので。
_まだ5月だというのに台風が近付いてきているというのが困ったもんです。

_2004年5月20日(木)  移
_新国立美術館なるモノを六本木ってゆーか乃木坂の東大生産研跡地に建てるとかいう事を知ります。かなり大きな建物の模様。東大生産研が移転したという事を今まで知りませんでした。
_親からメール。父親が今の自分の年齢の時には既に自分が生まれていた訳なのですけれども自分は子供どころかまだ独身な訳で。この年になっても親に心配掛けるというのは自分のコトながらまだまだ子供であると思ってしまいます…

_2004年5月21日(金)  前
_午後ぐらいから喉の具合が悪くなってきてしまいます。風邪を引いたというほどではないにしてもその前兆っぽい感じのする状態です。
_そんな訳で早目に退散する事にします。

_2004年5月22日()  秋葉原 市川
_昼過ぎに出掛けます。雨は降ってはいないにしてもどんよりとした何ともイヤな天気です。
_秋葉原に着いたら昭和通口から出ます。神田練塀町から撮った東京青果ビルTOKYO TIMES TOWERと神田消防署,、UDXビルダイビル
_久し振りにラジオセンターやラジオ会館を巡回したりします。ラジオ会館は同人屋の類がかなり増殖している訳なのですけれどもそれでも上の方にはある意味昔ながらの店があったりもするものです。
_中谷君と合流したら彼が考えている電子工作の部品を見るべく秋月や千石を巡回。このあたりもまた昔から変わらない店でなんか安心する所でもあります。
_コン館でPCVA-HVP20の現物を肉眼で確認したり。
_はやと氏に電話を入れ、市川へ移動します。
_市川第二改め市川は案外片付いていて21インチのテレビと東芝のHDDレコーダが導入されています。
_久し振りにしーぽんを見ます。このアニメは話によるのですけれどもそれなりには和むアニメであります。しーぽんはわかりやすいよいこですし貧乳だしでなかなかよろしいのですけれどもやっぱり自分的には巨乳という欠点はあってもやよいちゃんが萌えなのです。最近しーぽんとか祐巳とかちよちゃんとかそーゆーちょっとトロい感じのわかりやすいよいこが流行り気味なのですかねー。
_この制服はアリエネーぐらいにスカートが短い上にオーバーニーソックスというのがまたアリエネー設定なのですけれども、こーゆーオーバーニーって歩いたりしているうちにズリ落ちてこないのかと思ってしまいます。ガーターベルトで吊るという手もあるのですけれどもこの短いスカートだとガーターが見えてしまう訳でまぁそれはそれで良いのかもしれないのですけれども、でもってスカートを長くしてガーターを隠すのでは太股が見えなくなってしまうので本末転倒。
_今期のアニメでは土曜朝に流れているケロロ軍曹が面白いとのことです。こんど見てみましょう。
_市川駅前の串家で夕食。議題は筑波に取手に相模原その他。
_時間が終わったら店を出て散会します。
_数日前に再インストールしたばかりであるにも関わらずATOK16が相変わらず以前と同様の症状で挙動不審なので再々インストールします。辞書は元のを使い回さずにテキストファイルから再構築します。検索で調べてみるとどーもオンメモリ辞書がかなり問題ありそうです。14から搭載された機能でHDDへのアクセスが減ってノート機のバッテリの持ちが良くなるというのとあとは変換が早くなるというのが売りであるらしいのですけれども調べてみると辞書ファイルが破壊される事があるという情報があります。取り敢えずオフにして回避するのですけれどもこんなのはしょーじき欠陥としか思えない訳でジャストシステムは認識しているのでしょうか。

_2004年5月23日()  有明
_錦糸町から都バス急行05に乗ります。即売会以外で有明に行くのは珍しいです。東雲を過ぎたあたりの北側にオリゾンマーレの工事現場が見えます。前田建設という垂れ幕がぶら下がっているのはともかくとしてガレリアグランデ発売中という垂れ幕もぶら下がっています。マンションの工事現場に他の物件の垂れ幕が下がっているというのが非常に謎なあたりです。
_いつも下りる東京ビッグサイト東棟前は通り越してパレットタウンでバスを下ります。そのまま直進。青海一の交差点には三井とガレリアグランデの看板を持った人がます。
_WORLD CITY TOWERSのマンションパビリオンへ。現在分譲されている中では日本最大と思われる2082戸の超大規模物件です。現地のバスツアーがあるとのことなのでお願いしておきます。白地に黒の大きな格子柄の制服の女性が案内しているのですけれども錦糸町BTTに劣らず脚のきれーなおねーさまが揃っています。やっぱり販社が力を入れている物件は案内に綺麗な女性を揃えるのでしょーか。北は汐留から南は大井町ぐらいまでの周辺ジオラマが置かれているのですけれども三田の日電本社の模型の向きが間違っているというのが目立ちます。シアターでの説明がPowerPointというのがかなり珍しいです。って、なんか安っぽい感じがしないでもないのですが。その後はビデオ映像なのですけれども2000戸以上の超大規模だけあって共用設備は非常に充実しています。ただ映像を見る限りあんまり単身向けではなく比較的ファミリー向けという感じもしてきます。物件の全体模型は一部はきちんと作られていて一部は半透明のアクリルの状態。きちんと作られている方が先に売って先に竣工するのでしょうか。これを見て初めてこの物件の全体像が見えてくるのですけれどもとにかく複雑な構造の建物で、使い勝手には少し疑問が感じられてきます。
_現地バスツアーに行きます。物件は品川ってゆーか天王洲にあるのですけれどもMRは有明ってゆーか青海にある訳で。乗っている客は自分を含め5人ぐらいでガラガラ。出発したら船の科学館→未来科学館→青海→レインボーブリッジ→芝浦埠頭→港南へと進みます。ベイクレストタワーが見える港南4の交差点で右折してコスモポリス品川の前を通って一旦品川駅前へ。コスモポリスでは日曜であるにも関わらず工事のクレーンが動いています。駅前から居住者専用シャトルバスが出るらしいのでsけれどもバス停はコクヨの前なので実際は駅の改札からは歩いて数分掛かりそうな予感。再度橋を渡って東京海洋大前を通ってブランファーレの前へ。周囲はまだ囲いがあるのですけれども既に竣工はしており囲いに「内覧会入口」という看板が出ています。南下すると現地。品川よりもむしろ天王洲が近いという印象を持っていたのだが実際のところはブランファーレから結構近いです。
_外に出ると結構寒いです。頭上はモノレール。報知新聞社は今後も残るとの事でこれを避けるように建物が建つようです。工事現場の横の海側に簡単な展望台?が作られています。それにしても巨大な建物です。港南地区の南端で東も南も運河という立地はそれなりに開放感はあるでしょうか。東南が一番眺望は良いのでしょうけれども西側も都心側が見えるという事になります。ただ北側はブランファーレとお見合い状態でこれらの間の自衛隊跡地は公園になるとのこと。バスに乗り同じルートを戻ってマンションパビリオンに戻るのまで大体一時間の行程。
_モデルルームを見せて貰います。四つも作ってありどこもかなり賑わっています。最初は60m2ぐらいのメゾネット。メゾネットのMRなんてのを見るのは初めてです。そうそうは作れないとは思いますが。実用性はともかくとして洒落た感じはします。上の階にビューバスがあるのも面白いあたりです。次は87の2LDKというこれまた余裕のある間取り。建物がガラスのカーテンウォールで覆われるのでガラスが完全に床面から天井まであるというのが素晴らいです。マンションでは初めてとのことでこの点ではTTT以上です。タワーでは非常に珍しいことに全戸ポーチ付きとのこと。三番目は100の3LDK。タワーでは珍しい両面バルコニー。とにかくかなり斬新なプランをあれこれと作った感じのする物件です。最後は130のメゾネット。吹抜けのリビングと優雅なカーブを描く階段が素敵。上の階にはルーフバルコニーにもバスがあるという、恐ろしく贅沢な部屋です。
_超大規模物件だけあってパンフレットは流石に多いのですけれどもそれでもTAKANAWA THE RESIDENCEやBrilliaタワー東京に比べれば半分ぐらいの体積・重さでしょーか。住友という事で間取図の図面集が無いから軽量化されているのかもしれません(笑)。住友という事で物件オリジナルの紙袋が無いというのはここも同じでwww.sumitomo-rd.co.jpと書かれた紙袋です。
_外に出ると青海一交差点でラグナタワーとラクシア品川ポルトチッタのチラシを貰います。錦糸町よりは同業他社の攻勢は静かな感じです(笑)。
_TFTまで歩くのはカッタルイなーと思っていたところでパレットタウンに無料バスが止まっているのでこれに乗ってしまいます。
_ビッグサイトで下りてTFTへ。7階に上がりガレリアグランデのマンションギャラリーへ。ビデオ毎に部屋を移るという方式がなんか面倒です。しかもよくわからないイメージ重視演出過剰のビデオばかりでかなり萎えます。建物内にギャラリーがあってこんな作品が置かれますとかそんなデモばっかりで肝心の物件がどういう物なのかという紹介がほとんどありません。プロパストは初めてなのですけれどもこの時点では印象は悪いです。
_よーやっとビデオの類は終わってモデルルームを見るのですけれどもこちらは結構普通です。ファンタジー営業部で有名?な前田建設は横浜元町の物件で梁が多くて印象が悪かったのですけれどもここは超ハイサッシの大窓が気持ち良いです。内装も割合に上品に落ち着いていてコスモポリスに近いイメージでしょーか。更にはオプションにシールが貼られているだけでなく価格が書かれているのが親切。ディスポーザは入口が広くて使いやすそうなのですけれども蓋にShinmaywaと書かれています。飛行艇の新明和がこーゆーのも作っているようです。イメージビデオがかなりアレだったのですけれども部屋はそれなりによさげで常識的です。
_商談スペースで説明を聞くのですけれどもオリゾンマーレもこのデベとのことでこれで先程の謎が解けました。埋立地という事で杭は50mと深いです。都の調査ではいちおう豊洲よりはマシという話であるのですけれども真相は不明。交通についてはゆりかもめ豊洲延伸のほかに晴海通りが有明まで延伸されるとのことです。パンフはサイズが少し小さめの正方形なのとあとはオプション価格表というのが珍しいです。
_下に下りてからIDC大塚家具ショールームへ行きます。初めてという事で登録様式に名前を書いてから案内図を貰います。照明の所を見るのですけれども流石にヤマギワよりはかなりリーズナブルです。ってゆーかヤマギワが高過ぎるのですが。PC机の類もこれまた非常に品揃えが多いです。4フロア使っていてとにかく広くて更には大規模物件2件のパンフで荷物が重いというのが困ったあたりです。以前ある人が「一日居ても飽きない」とか言っていたのを今更思い出します。再履修してゆっくり回るという事にします。
_7月からマリみてテレビアニメの続編が放映されるとかで。しかも日曜朝の放映とのことでいよいよ深夜アニメからよいこの時間帯アニメに進出なのでしょーか。個人的な要望事項は

とゆー感じでしょーか。

_2004年5月24日(月)  カンジワルイ
_朝出掛けようとすると寮の隣の部屋に住んでいる方が引越の準備をしています。前々から聞いてはいたのですけれども明後日には出国されるとのことで。お気を付けてという感じです。
_それにしてもこの寮はとにかく雰囲気の悪い所です。なにがカンジワルイって、特に住人がカンジワルイです。って、自分も住人ではあるのですけれども、自分が就職と同時にこの寮に住み始めた頃に比べて雰囲気が悪くなっているように思われます。築25年、風呂・トイレ共同というある種古典的な独身寮なのですが、建物の手入れが良くない上に共用部分が荒っぽく扱われるせいか築年数の割にはボロボロです。更にここ数年は風呂場などでこちらから挨拶をしても無視をする奴が増えているように思われます。積極的に挨拶をしろとは言いませんけれども、挨拶をしても無視されるというのは非常に不快になります。issyさんは●●の人が増えたからではと言っているのですが、特にここ数年入ってきた人にそーゆー奴が多いように私には思われます。以前はムードメーカー的な方が数人いたのですけれども、そーゆー方々は寿退寮してしまった訳で。私も某氏と並んでこの寮の●●●●の中ではついに最古参になってしまう訳なのですけれども、年齢制限も年限も無いというのは個人的には雰囲気を悪くする一因であると思ってしまいます。自分としてはこの雰囲気の悪さにいーかげん嫌気が差しており、寿退寮も転勤も結局無かった訳ではありますが、このカンジワルイ寮をいーかげん出たいというのも住宅購入に向けたモチベーションの一つとなったという事は事実です。
_なんでも職場にとある人物が来るとかで周囲で警戒しています。かなり面倒な人物であるとかでネットで調べてみると確かにかなりわかりやすくカンジワルイ悪人面。

_2004年5月25日(火)  リスク
_ほぼ一日上司達とディスカッション。上司達のタフさには感心させられます。
_夜になって名乗らずに「●●(←役職名)いますか。」という電話が入ります。明らかに投資マンションの勧誘電話なので冷やかしてみる事にします。

私 :●●(←役職名)は何人かいますが、どなたにご用でしょうか?
相手:えーっと、(もごもご)木村さんはおられますでしょうか。
私 :そのような者はおりませんが。
相手:所得税相続税対策についてなのですが。
私 :あなたはその所得税相続税対策をしているのですか?
相手:そのためにマンション経営をしています。
私 :場所はどこですか?
相手:世田谷の芦花公園です。
私 :小田急ですね。
相手:京王線です。
私 :利回りはどのくらいですか?
相手:5%です。
私 :(a-labで芦花公園の利回りを調べる)インターネットで調べると5.1%とありますから、良い線行っていますね。ローンは何%ですか?
相手:4%です。
私 :それでは差額1%しか収益が出ないじゃないですか。
相手:それで、今回は千石の物件をお勧めしたいのですが。
私 :文京区、丸の内線でしたっけ?
相手:そうですね。
私 :いや、都営三田線なんすけどね。あなた本当にわかってるの?
相手:揚げ足取るような事言わないで下さい。
私 :(いーかげんうざくなってくる)私借金出来ませんので。
相手:そうですか。では、失礼します。
2/23と同じ奴の予感。前回程にはしつこくありませんでしたが。しかしこんなのに引っ掛かる奴がどのくらいの割合でいるんですかね。このやりとりの最中、周囲の人達はニヤニヤしながら自分の方を見ていました。
_私のよーな一般庶民が不動産を持つなんてのは多少のリターン(一般庶民の場合、経済的な面よりはむしろ精神的な面の方が大きいように思われます)もあるのかもしれませんけれども、比較的リスクが高いように思えてしまいます。私自身は不動産を持とうとしていますけれども、他の人に対して不動産を持つ事を積極的に勧める事はしません。勿論、不動産を持とうという意志のある人に相談を持ちかけられたら相談には乗りますが、それでも「持たない」という選択肢は常に心の片隅にあっても良いのではないでしょうか。
_私が考える、一般庶民が人生におけるリスクを下げるための五箇条は以下の通り。親から財産の相続が出来るような人は想定しておらず、あくまでも一般庶民の場合です。
  1. 自動車を持たない、運転しない。
  2. 不動産を持たない。
  3. 子供を持たない。
  4. 配偶者を持たない。
  5. 公務員になる。
_1番目の自動車の運転をしないというのは一般庶民が人生におけるリスクを下げるための最も効果的な策であると私は考えています。事故で怪我をしたり死んだりするリスクのほか、他の人を傷付けたり死なせたりするリスクも激減します。自分がいくら注意していても自動車事故は起こり得ますので。
_2番目の不動産を持たず身軽であるという事は、人生に起こり得る様々な事態に対し機動的な対応が可能となります。更なるコスト削減のためには人間関係などが煩わしいという欠点はありますけれども社宅・官舎住まいが望ましいという事になります。
_ここらへんからネタっぽくなってきますが、子供が居なければ子供が病気になる、事故や犯罪に巻き込まれる、あるいは事故や犯罪を起こすなどといったリスクは無くなります。また、子供がいなければこれもまたまた身軽となり、人生に起こり得る様々な事態に対し機動的な対応が可能となります。
_子供と違って選べるのではありますが、配偶者がいなければ子供と同じ理由から人生におけるリスクは下がります。
_最後はオチなのですが、少なくとも今の日本の社会においてリスクの少ない職業と言えばやっぱり公務員です。親が子供に望む職業としても公務員が常にトップクラスであるというあたりからも日本人の安定志向が伺えます。ただ、一口に公務員と言っても様々な職種がありますので、リスクの低い職種を選ぶという事になります。
_この五箇条は単にリスクを下げるためのものであって、快適な生活、充実した人生を送るためのものではありません。

_2004年5月26日(水)  ラーメンの日
_某Nさんから「今日はラーメンの日です。」という一斉メールが入ります。
_そんな訳で夕方偽●●に出向きます。某Y氏は最近は朝から忙しい事が多いとのことでそーいえばそーゆー季節なのです。
_某Nさんをはじめ自分を含め7人でぞろぞろと出発。赤坂見附の無双なる店に行きます。店内は最初は誰もいないのでちょっと不安にるのですけれども自分達が店に入ってから間も無くそれなりに客が入ってきます。ラーメンは結構美味しいのですけれどもミニ丼?がまた美味しくてこれで130円というのはおトクに感じられてしまいます。是非付けるべきです。
_帰りに電車に乗って気が付くと終点千葉。折り返しでも眠ってしまい気が付くと船橋。ここまでやらかしたのは初めてです。

_2004年5月27日(木)  TX
_秋葉原を徘徊するオタクのファッションは変化しているか?(2004年報告)なるページを発見します。かなり読み応えがあります。そりゃまー確かにアキバを徘徊するよーな人は自分も含め服装に手間も時間も金も掛けていない訳で。服装や髪型などといったくだらないモノ(←オタク的視点では服装・髪型なんてのはくだらないモノでしかありません)に金や手間を掛けるぐらいであれば趣味に金に時間その他諸々を使うような人種が集まっている街ですので。新宿や銀座での調査が結構面白いのですけれども秋葉原での時間帯別の比較調査がまた興味深いです。
_SONYから新しい携帯HDDビデオプレイヤーHMP-A1が出るとのことです。従来のPCVA-HVP20に比べ横長になってデザインは結構垢抜けています。この手の製品は長時間を座って通勤出来る人には向いているかもしれません。
_つくばエクスプレスつくば駅のすぐ近くにエスペリアつくば竹園なる分譲マンションが建つようです。こんなところに分譲マンションというのがちょっと信じ難いです(おそらくは戸建エリアでしょう)。入居時期は来年10月末予定との事でその頃には秋葉原まで45分となる訳で、つくばエクスプレス沿線も住宅開発が進むのでしょーか。みらい平・いちさとなる地域整備?のサイトも出来ています。って、線路のFlashが右側通行なのが気になるのですが。

_2004年5月28日(金)  偽
_“アニメ声”で自然にしゃべる音声合成技術、富士通が新開発との事で。音声合成・認識・自動翻訳と言えば古くから?ATRが有名なのですが、ここのは何年か前に聞いた話では実際の音声を抽出・分析・分解して合成するようなモノで、その時に黒柳徹子の朗読CDを元データとして合成した音声を聞いたのですけれどもびみょーにイントネーションが不自然であったよーな気がします。それでも、何年か前の技術でも元の音声がある程度の量あればその人の音声を合成できたよーです。
_夜は某Nさんの送別会という事で偽●●関係者10人ぐらいが集まります。ある方が世田谷に家を買われたとか別のある方が●●●●を目前に結婚していたとかそんな情報が入ります。

_2004年5月29日()  三田
シティタワー高輪 田町駅前歩道橋より _分譲マンションのモデルルーム巡りでパンフ類がスゴいコトになっているのでいーかげん一部を廃棄するコトにします。
_これまでにかなりの数の分譲マンションのモデルルームを見てきた訳ですが、大雑把に言ってデベロッパー・売主がその時に一番力を入れている物件にはヘンな物件はほとんど無いよーに思われます。ってゆーか一番力を入れている物件でさえ冴えない物件でしかないよーなデベはしょーじきヤバいです。
_快速電車に乗り出掛けます。山手線外回りに乗り換えて田町が近付いてくると沿線右手にカテリーナ三田タワースイートの広い工事現場が見えて来ます。36階建と28階建のツインタワー、総戸数752戸の大規模物件です。
_田町で下車。右上の写真は駅前の第一京浜上歩道橋から撮影したシティタワー高輪(竣工済)。少し高い所に建つ35階建のタワーはなかなか存在感があります。来年の年末にはこの南側(左側)に47階建のTAKANAWA The RESIDENCEが建ち、更に風景は変わるでしょう。
_カテリーナ三田タワースイートのマンションパビリオンへ。入口には制服を着た男性(ドアボーイ?)が立っています。実際の物件にもエントランスにはこのような警備員が立つとのことで。アンケートを記入したら最初は周辺ジオラマ。日電本社ビル(NECスーパータワー)はどこのMRのジオラマでも必ずそれっぽい形で作られており、三田・田町のランドマークであるという事を実感させられます。続いてはビデオ映像なのですけれども管理会社日本ハウズイングが売主という事でサービスのイメージ中心。施工は大林・清水。次の部屋は吹抜の部屋に1/35の建物模型。かなり大きな模型なのですけれどもルネッサンスタワー上野池之端のMRでは更に高い確か1/30の模型があったと記憶。
_続いてモデルルームという事で三つ作ってあります。最初は50ぐらいの低層棟北西側超ワイドスパン。1LDKをワンルームにしてあるので数字的な狭さを感じさせられません。オプションだらけではあるのですけれどもそれでも基本的な作りは悪くなさそうです。お手洗いはタンクレスで洗濯乾燥機全戸標準装備、この大きさの部屋にしては1416で浴槽が広いですしビューバスなのに段差が無いというのは初めて見ました(一般にビューバスでは排水の勾配を付けるため床を少し高くします)。次は77の2LDK。大型のガラスパーティションが格好良いのですけれどもかなり高価なオプションとのことで。天井は折上部分が2.6で他は2.4なのですけれども折上部分があまり広くないというのはちょっとだけ残念でしょうか。クローゼットに標準装備として小型の金庫が置かれているというのが面白いです。テンキー式で重さはさほどでもないのですけれども防犯システム付きで持ち出そうとすると警報が出るとのこと。最後はタワー棟145の部屋。この広さで2LDKという超贅沢な間取りです。玄関にホールが設けてあります。この部屋もビューバスなのに段差がありません。床下にかなり余裕を取っているのでしょうか。トイレが二つあるのは広い部屋ではよくあるのですけれども主寝室側のお手洗いに更にシャワールームが併設されています。リビングの窓は広いのですけれどもWCTやTTTなどのように足下方向への開放感は無いです。線路沿いという事で全部二重サッシ。とにかく手抜きや妥協が感じられない物件です。
_商談スペースへ行き商談卓につくと女性が飲物の注文を取りに来るのというのはよくあるのですけれどもこの女性が膝上スカートにカチューシャという結構可愛い服装のメイドさん。スカートの長さ以外は正統派と言えるメイド服でしょーか。色白細身できれーなひとでした。
_説明を聞くのですけれども日本ハウズイングはこれまでにも分譲の実績は多数あるようですが、ここが初の大規模物件とのことでやはり相当力が入っているのでしょう。この駅前の一等地は元は海苔の協同組合があったとのことで地権者住戸が22戸ぐらいあるとのこと。値段は白金・高輪エリア並みで、正直高過ぎます。
_図面とパンフを貰うのですけれどもえらく量が少ないです。図面以外の物件そのもののパンフがえらく薄っぺらい上にサービスや共用部分のイメージばかりでモデルルームの内装写真すら無いというのがなんかアレなところです。これまで私が見た傾向としてはゼネコン単独デベの物件は不動産屋デベに比べ規模の割にパンフがしょぼいという傾向がありましたが、管理会社デベのここはそれよりも更にしょぼい感じです。勿論、パンフなんてのは見せかけですのでそれがしょぼくても物件そのものが良ければ関係は無いのですが。裏を返せばはったりでなく物件に自信があるという事なのかもしれません。
_続いては赤羽橋のサンウッド三田パークサイドタワー。24階建105戸の小振りなタワーです。モデルルームを見せて貰うのですけれども階高3.41mで天井高は2.6mとのことで上方向の開放感があります。細身のタワーなので開口部が広いというメリットがあります。ただ道路に囲まれているので基本的に二重サッシ。共用設備はルーフバルコニーぐらいなのですけれどもディスポーザ装備、各階にゴミ置場設置など肝心な所は押さえています。とにかく小振りでシンプルなタワーという印象の物件。まだきちんとしたパンフ類は出来ていないとのことで簡易図面集だけを頂きます。
_良い物件を二件続けて見た後は気分が良いです。
_桜田通りを飯倉から神谷町、虎ノ門、霞が関、桜田門、日比谷、有楽町と歩いてみます。
_有楽町ビックへ。5階のデジカメ売場に上がります。5年以上使ってきたデジカメ富士写真フィルムCLIP-IT 80が中にゴミが入ったのか写真にゴミが写るようになってきたのでいーかげん新しいのを購入したいところなのです。どーせ内覧会までには新しいのが必要になりますし、大体今時1024x768pixcelsの85万画素なんてのは携帯のカメラにも劣る訳で。ちなみに日記に載せている写真は全部修正して誤魔化してあります。
_ロクに下調べはしていなかったのですけれども購入機種として大雑把に想定している条件は以下の通り。

_そんな訳でざっと見て候補となったのはIXY DIGITAL500PowerShot S50FinePix F700。デジカメみたいに製品サイクルが短いモノで出たばかりの最新型を買うのは馬鹿馬鹿しいのでFP F710は最初から切り。
_錦糸町ヨドバシでも値段などをチェック。
_津田沼アニメイトでアフタヌーン7月号とBLACK LAGOON[3]を買ってから帰宅します。
_アフタヌーンは巻頭のげんしけんから読み始めてしまうのですけれども服装については自分もアイタタな感じです。ここでも書きましたけれどもやっぱり秋葉に頻繁に行くよーな人種は自分も含め服装には金も手間も掛けておらずそして周囲からどう見られるかというのはあんまり考えない訳で。金や手間を掛ける必要性を感じないのです。やっぱり脱オタクファッションガイドでも読んで少しは努力した方がいーんですかね。
_あとはアキバ署なる新連載が始まっています。初回は最近何かと話題のファイル交換ソフトについてなのですけれどもそれはそれとして今は見られなくなった黄色の201系を初めとしてその他イロイロとツッコミドコロありそう。ここらへんは某氏の方がはるかに詳しいでしょうけど。

_2004年5月30日()  おかいもの
再開発第3街区 秋葉原駅千葉方面ホームより _秋葉原へ。昭和通側の階段を下りると結構広い空間が広がっています。ここから電気街口まで貫通されるのでしょうか。よくわかりませんけれども。個人的には山手線京浜東北線から直接北側に下りられる北口を激しくきぼーしているのですが。
_右上の写真は千葉方面ホームから撮った再開発第3街区。UDXビルは一番奥のXのクレーンだけ高さが高くなっていて北側から高く組み上げているようです。TOKYO TIMES TOWERは39階まで窓ガラスが入って南側のクレーンが撤去されています。
_ヤマギワリビナを少し巡回。
_デジカメ巡回をします。FinePixはメモリカードがxD-ピクチャカードなるモノなのですけれどもCanonで使われるCFに比べえらく高価なので切り。自分としては富士のダイヤル操作に慣れているのでそこらへんの意味ではちょっと惜しいのではありますが。そんな訳でIXY500とS50が候補として残ります。
_取り敢えず価格を調べてみた結果は以下の通り。自分が調べた限りですので無保証です。
品名相場最安値最安店
IXY DIGITAL50049,80039,800ZOA
PowerShot S5052,20041,790ツクモ
_同じCanonとは言え簡単操作のIXY500とマニアックな操作のS50という感じでかなりコンセプトが違いそうなのですけれども、S50のカタログを見ると2003年2月28日現在などとあって発売から一年以上経過し値段が下がっているよーです。何年か前にこれの何世代か前の機種であるPowerShot S40を見た時には79,800ぐらいであったよーな記憶もありますし。そんな訳で多少勢いもあったのですけれどもツクモでS50を買ってしまう事にします。カメラ本体と同時購入という事でCFメディアを値引いたりもします。
_デジカメを買うのはほぼ6年振りと思っていたのですが、実はChe-ez! spyzなんてのを買っていたという事を忘れていました。これは本体内蔵DRAMに記憶されるので非常に使い勝手が悪くすぐにやふおくで処分してしまいましたが。

_2004年5月31日(月)  戦慄
_イタリアのベネチア・ビエンナーレ建築展で秋葉原のオタク文化を紹介とのことで、コミッショナーが趣都の誕生 萌える都市アキハバラ森川嘉一郎氏とのことで。自分は秋葉原の現状と将来、特に再開発に非常に注目している訳ですけれども、確かに秋葉原(勿論住所上の台東区秋葉原ではなくて千代田区外神田のいわゆる秋葉原電気街)は、現状電気街やPC街と言うよりはオタク街であると言って差し支えないと思います。街中に二次元系エロ看板が溢れる猥雑な街、というのもしょーじき事実であると思います。そしてそこから通り一本隔てた所ではスカイスクレイパー(地平線が描き変わるという意味でこの語を使います)AKIHABARA CROSSFIELDTOKYO TIMES TOWERの建設が行われている訳で、これらが完成すると秋葉原電気街には朝日は当たらなくなります。更に山手線京浜東北線の線路を隔てた神田花岡町にヨドバシカメラが開店したら、秋葉原電気街は恐らくは今の状態から更に変わらざるを得ないでしょう。それがどんな方向に向くのかはよくわかりませんが、森川氏の言葉をお借りすると「その対決を待ちたい」という感じです。いちおう言っておきますと、私は秋葉原の現在のオタク文化を支持する訳でもなければ、「」の東側の新しいなにかを支持するという訳でもありません。
_明後日の会議に某問題人物が襲来するという事で職場に戦慄が走ります。何でもそーとー無茶苦茶な人物とのことで被害者からはあれこれと危険な情報が出てきます。なんでも事前連絡も無しに車でやって来て警備員とトラブルを起こしたりするとかその他諸々かなーりアレな人物であるとかで。
_日経新聞によるとなんでも野村不動産が総武線沿線での分譲マンションに力を入れているとかで。確かに船橋駅前のプラウドタワー船橋はなかなか良い物件だと思いますし完売したようです。錦糸町線路脇のプラウド錦糸公園はなんか冴えませんが。最近総武沿線に関するアンケートというのが届いていましたし次はどこに作るのでしょうか。
_帰宅すると窓付封筒が到着しています。土曜日西1ホール”よ”46b、島角です。スペースの左側が有効に使えるのはちょっと嬉しいです。
_当落検索には今回はミラーサーバも出来ています。これまではやはり負荷が特定の時間帯に集中したのでしょう。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ