近況報告 2005年4月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_2005年4月1日(金)  ××
_女神さまっは「ゼーレ、魂の座」状態。
_某氏からメール。内容は一言で言えば「ミスをやらかしたのでフォローをよろしく(意訳)」なのですけれどもかなりムッと来てしまいます。ムッと来た理由は二つあります。

これは当たり前ではあります。多くの人達に関わる事ですのでもう少し責任感を持って欲しいです。そしてもう一つの理由は二人宛にメールを出して、「どちらかにお願い」というのはどういう事なのでしょうか。どちらがするかこちらで調整しろという事なのでしょうか。「誰かお願い」というのでは誰もやらないのと同じだと思うのですけれども。また、急ぎで重要な案件であればメールだけでなく電話を一本ぐらい入れるべきであると思う訳で。彼としては「急ぎで重要な案件」であると思っていないのかもしれませんけれども。
_今日からはじめる秋葉原購入。発行はRail Magazine/RM MODELSなどのネコパブリッシング。「はじめてシリーズ016」とあるので他にどんな「はじめて」があるのかと思ったらプラモ工作からプジョーなどまで趣味関係を幅広くあるよーで。とりあえずめちゃくちゃ気に入らないのは地図上で外神田4-14が全部「秋葉原UDXビル(2006年春竣工予定)」となっているあたりでしょーか。ダイビルの部分もかなりおかしいですけれども。エリアの切り方も駅を基準に北西、南西、北東、南東と大雑把過ぎ、電気街ヲタ街の大半は駅北西に含まれてしまいます。104ページのTTTについても「家賃は数十万円代で」と賃貸物件っぽい書き方がされていたりとなんかいーかげん(分譲物件である以上はまずは分譲価格を書くべきだと思います)。「数十万円代」という言い方だと幅が広過ぎる上、お金に「代」と使うのでしょうか。「台」が正しいような気がしますが。記事の内容については推して知るべしと言いますか、まぁ、「はじめて」の人にはこの程度なのでしょうか。最近各種出ている秋葉原電気街関連のムック本の類は極力買うようにしていますけれども、個人的にはこれらの中ではレベルは低い方に感じられます。敢えて良い所を挙げてみると飲食店関連の情報は比較的充実しているあたりでしょーか。って、それも外神田だけでなく須田町佐久間町淡路町方面まで足を伸ばしている感じもありますけれども。
_夜はささやかながら歓迎会が催されます。
_TOKYO TIMES TOWERルームプラン更新。って、残戸数が減っているのはともかくとしてこれまで出ていなかった住戸が4つばかし載っているのですけれども今更になってキャンセル発生でしょーか。特に最上階東側の「フリープラン」住戸はスケルトン販売になっているのですけれども竣工後何か月も経ってスケルトン販売というのが理解不能です。元々の契約者の方が内装の撤去を希望されたのでしょうか。そんな訳で真の残住戸数はネット情報を見る限り極めて謎としか言いようが無い状態です。
_branch氏におすすめ(笑)

_2005年4月2日()  返
_SRM-717が戻ってきます。STAX移転のため時間が掛かったとのことで。結局単にメインヒューズが溶断していただけとのことです。接続して動作確認をすると音量がやたらに小さくなっています。ボリュームが有効になっているので、シャーシを開けてパワーアンプモードにしておきます。
_昨日の件の関係で某所へ。不備などがあり結局持ち帰り。後日という事で。
_パークハウス・オー・タワーのMRに入ります。ここ数年で急激に開発された感じのする大崎駅から徒歩4分、池上線大崎広小路駅からも至近にあります。20階建のタワー棟と9階建のレジデンス棟からなる二棟構成、タワー棟が円形断面であったりとユニークなデザインの建物です。タワー棟の方は金太郎飴と言いますか、下層階から上層階まで基本的に同じ位置には同じ間取りの住戸が並びます。部屋の印象はしょーじきイマイチ。天井高が2.45m〜2.4mと最近の物件にしては低い上、腰高窓の下辺が高いため開放感が感じられません。オール電化なのは良いのですけれども住戸内に給湯器が設置されている物件は初めて見ました(レジデンス棟のみ)。タワー棟はマルチ式エアコン(室内機は天井カセット型)標準設置というあたり、実は少し窮屈であるという事を感じさせられます。一部住戸はIDEEデザインとかで多少凝ったデザインになっているのですけれども部分的にはよさげな部分もあるのですけれども総じて好みではないでしょーか。なんかけなしてばかりなのですけれども水回りについては手抜きが無く好印象です。また、153戸という規模で24時間有人管理というのは珍しいでしょう。このMR、場所柄か東京ツインパークスの人が結構冷やかしに来るとかだそーで。
_都営地下鉄に乗り白金高輪に移動。フォルム白金のMRへ。アンケートに「個人情報のお取り扱いについて」という紙が添付されています。最近になって急にこの手の紙を見掛けるようになったのは個人情報保護法の関係でしょうか。
_この物件の最大の特徴は「旧法借地権」という事でしょう。最近はBrilliaタワー品川シーサイドやタンタタウンや銀座タワーなど「定期借地権」の物件を時々見掛けますが、旧法借地権の新築物件は初めて見ました。説明によれば土地所有者(地主)はお寺とのこと。権利的には借りる側の権利がかなり強く、固定資産税・都市計画税の3倍の地代を支払うという事や50年後の更新、登記の状態などを除けば所有権との差を意識する必要はほとんど無さそうです。
_内装などの仕様については立地が立地なだけになかなか高級仕様です。内装デザインはやや重厚系。そーいえばクローゼットにワイシャツが数枚吊ってあるのがちょっと面白いでしょーか。モデルルームは一般に生活感のあるモノは置かれていませんので。
_駅方面に戻ります。白金タワーはほとんど完成しているのでしょうか。シティタワー高輪の南側には高輪・ザ・レジデンスの建設がかなり進んでいます。これらに限らず、このあたりはかなりの数の中小のマンション建設現場が見受けられます。(デジカメを忘れたため写真などはありません)
_何やらモデルルームを発見するので懲りずに入ってみます。グラーサ白金高輪とのこと。投資マンション中心のデベロッパー菱和ライフクリエイトの物件ですが、投資向け物件ではなくコンパクトタイプ中心のシングル・DINKS向け物件のようです。投資マンションでは仮設のモデルルームを作る事はまず無い訳で。このデベの物件を見るのは初めてですけれどもこの物件については内装の仕様はコンパクトタイプにしてはよく出来ていると思います。53m2の住戸でお風呂が1418といいうのはなかなか無いのではないでしょうか。仮設モデルルーム内にビルの都合の梁が出ているのは色を変えるなどして貰いたいあたりではあります。1階2階には金融機関が入るとのこと。
_白金高輪駅にて一枚購入。流石に10枚20枚も買ったりはしません。
_マリア様がみてる 妹オーディション萌え萌えジャパンを購入。
_そんな訳で久し振りにSRM-717+SR-007で音楽を聴く訳です。SRM-717が無い間はSCA-7511(AW-23付)+MDR-CD3000で聴いていた訳ですけれどもこちらはこちらで勿論悪くないのですけれども長時間聴いても疲れない装着感という意味ではSTAXの圧勝です。イヤーパッドが分厚いのと、重さと側圧のバランスが良いという事が理由でしょうか。音質的には適度な堅さがある割に嫌な音を出さないのでつい音量を上げてしまうというのがアレなあたりではあります。

_2005年4月3日()  日本橋
TOKYO TIMES TOWER 東日本橋交差点歩道橋より _かつて原君が住んでいた寮は今はソルスクエア メイツ相模原が建設中とのことでここでも社宅・寮の跡地は分譲マンションになるというお約束のよーです。
_夜中と言いますか未明にミアカフェに行くとなんかやたらに混雑しています。唐突に声を掛けられるので誰かと思ったらイトウさん。なんでも高校時代のお仲間?とここにいたとの事であるのですけれども。それにしても土曜深夜とは言ええらく混雑している訳ですけれどもこの時間帯にここにいる人達は確信犯的に終電を落としてこーゆー所にいるのでしょーか。朝になったら帰るのかそれともどかに行列するのかはよくわかりませんけれども。秋葉原は基本的に夜は早くそして新宿などの繁華街に比べれば深夜帯は静かで、週末でも深夜に開いている場所はドンキの他はデニーズやジョナサンといったファミレス、メイド喫茶の類ではミアカフェ、JAM、LittleBSDぐらいでしょーか。それでも数年前に比べればかなり増えているとは思いますが。
_日本橋方面に出掛けます。トルナーレ日本橋浜町の建設が進んでいます(写真)。周囲には高層の建物は無いのでとにかく目立ちます。
_アスコットパーク日本橋久松町・日本橋富沢町のMRへ。前者は43m2の1LDKから120の3LDKまで幅があるのに対し、後者は63m2ほどの2タイプの住戸のみです。いずれも清水建設施工というのはポイント高いです。後者は総戸数22戸という小規模にも関わらずディスポーザ装備で今後はこのクラスの小規模物件にもディスポーザが普及して行くのでしょうか。間取りについてはありきたりにならないように工夫していると思います。お風呂場に段差があるというのはマイナス。販社はガイアの夜明け3/29放送分に出ていたグローバル住販ですけれども若い営業の方はやっぱりテレビに出ていたよーにどちらかと言えば体育会系なタイプでしょーか。
_別のモデルルームを発見するので入ってみます。エフローレ日本橋浜町とのこと。竣工間際完売直前で既に申込は入っている状態という事で営業はかなりやる気無さげです。売主の文化エステートは越谷の小さな会社とのことで最近になって日本橋エリアも始めたとの事です。販社は住友不動産販売。
_日本橋ヴォアールへ。既に完成・入居開始しており棟内モデルルーム公開中、残り数戸という状態です。116戸という規模は日本橋エリアとしては大きい部類に入るのではないでしょうか。エレベータ前にモニタが付いていてエレベータ内の様子が映し出されているのでエレベータ内でぼけっとしているとバレバレとゆーのはちょっと恥ずかしいでしょーか(笑)。勿論セキュリティ面では大変よろしいのではありますけれども。内廊下ではありますが住戸の扉が廊下に対して凹んだ位置になっていないのはイマイチです。実際の住戸を見せて頂くのですけれども周囲が結構囲まれていて開放感に欠けるのはこのエリアでは仕方が無いでしょう。二畳ぐらいの「マルチルーム」がヒキコモリ部屋としてちょっといーなーと思ってしまったり。
_コンポジット日本橋のMRへ。凝ったデザインの物件を作っているプロパストの物件です。43m2〜57m2の78戸。施工は大成建設。ここもディスポーザ付き。玄関に上がり框が無いのは洋風で格好良いかもしれませんけれども日本人としての実用性はやや疑問でしょーか。女性のデザイナーを起用したとの事ではありますけれどもコントラストのはっきりした渋いモノトーンの色遣いやグレーの壁などは男性好みという感じはしてしまいます。半透明ガラスの間仕切りが標準装備というのがまた珍しいあたりですけれども、ハイサッシュと合わせて広くない部屋でも開放感を感じさせられます。エアコンが全室に標準装備なのですけれども一台の室外機で複数の室内機を運転するマルチ式で或る意味バルコニーが狭くて室外機の設置が難しいため標準装備にせざるを得ないというあたりなのかもしれません。ここのモデルルームにも四畳ほどのDENがあってヒキコモリ用にいーなーと思ってしまったり。
_日本橋三越前アムフラット壱番館へ。ここも既に入居開始しており棟内MRです。売主のプロス住宅は台東区中央区墨田区江東区で集中的に分譲しているデベロッパーとの事です。実際の部屋を見せて頂くのですけれどもプロパストのデザインに凝った部屋を見た直後のせいか地味と言いますかシンプルと言いますかしょぼく見えてしまいます。仮設モデルルームを作らず、内装も簡素とする事でコストを抑えているつもりなののかもしれませんけれども、だからと言って上に挙げた他物件に比べ別に坪単価が安いという訳でもないというのがまたアレなあたり。
_そんな訳でほぼ一年振りに日本橋エリアを集中的に回ってみましたが、とにかくこの浜町馬喰町人形町界隈には新しいマンション(分譲・賃貸)がやたらに多いという事に驚かされます。しかしながら基本的に古い下町でまとまった土地が無いという事から品川港南エリアにあるよーな数百戸などという大規模物件はほとんど無く、数十戸程度の中規模物件が中心のようです。私の感覚からすると千代田区港区方面に比べると坪単価はえらく安く感じられ、このあたりは新宿と並んで投資利回りが都内で最も高いという事から投資向け物件も少なくないようです。基本的に住宅街ではなく雑居ビル?が立ち並ぶよーな混み入った場所であるため、どーしても隣の建物との感覚は非常に狭くなり、窓の外は開放感に欠ける窮屈な印象を受けるかもしれません。確かに鉄道の交通利便性は非常に高いエリアではありますが、このエリアに住むのにはそこらへんには割り切りが必要でしょう。

_2005年4月4日(月)  使
_エマを見ます。原作は同人誌・商業誌ともに読んだ事はありません。ちなみにシャーリーも読んだ事は無いです。そんな訳でこーゆー話なのかーと思わされる訳なのですけれども次回以降も見るかは未定。
_原作の森薫さんのサイトはこちらコミティアではかなり以前から活躍されている方です。何年か前のコミティアで背後あたりのスペースに配置になっていましたが、凄い行列が出来ていたと記憶しています。
_そんな訳で朝から某所へ。何故か担当の方が来ていないだか送れているだかで結局書類は預けてきます。連絡先・返送先は自分ではなく某氏の所ですのであとの対応は某氏にお任せという事で。
_ローン控除の還付が振り込まれています。これを無駄遣いしてしまっては元も子もない訳ではあるのですが。

_2005年4月5日(火)  整
デフラグ中 _久し振りにデフラグを掛けてみると凄い状態になっていたり。2ちゃんブラウザのログがかなり細切れになっているようです。
_Photoshop CS2/Adobe Creative Suite 2が発表になったよーです。どこらへんの機能が強化されるのかはよくわかりませんけれどもPhotoshop CS, Illustraotor CS, InDesign CSにアップグレードしたばかりの自分としてはびみょーな気分であったり。やっぱり発表になってからずっと悩んだ挙げ句に買ったのが敗因だと考えると、ここは負けを認めてさっさと買ってしまうというのが正解でしょーか(笑)。あとは逆に次バージョンの発表まで待つという手もある訳ではあるのですけれども。

_2005年4月6日(水)  有名人
_首都大学東京の学長が元東北大学学長の西澤潤一氏であるという事を今更知ります。それにしても職場でこの人の名前を口にしても数人の方々に「誰それ?」と言われてしまう始末で。そーいえば偽●●にいた頃に榊原英資氏の名前を口にした時も似たよーな反応が多かったよーな記憶がありますけれども。んー。
_芝に建設中であった東京プリンスホテル・パークタワーが報道関係者向けに公開されたとのことで。芝のあたりには東京タワーの他には高い建物は無いので建設中から目立っていました。パークタワーと聞くと三井不動産の分譲マンションを思い付くあたりが我ながらアレなあたりではありますが。

_2005年4月7日(木)  外
_ThinkPad X41が発表になっているのですけれども、X40とあんまり変わり映えしないよーでまだ現物を見てはいませんけれどもあんまり惹かれない予感がします。
_今週末の予定について親から連絡。「途中寄り道したりしながら行く予定」とのこと。私としてはさくっと行って用事だけ済ませてさくっと帰りたいところではあるのですけれども。ここ数年は個人的な旅行は必要な場合(例1,例2)以外は行く事も無い訳で、旅行とかって面倒と言いますかあんまり好きじゃないんですかね。つまりヒキコモリ系。
_WBSでビクターのリアプロジェクションテレビについての紹介があります。って、リアプロジェクションテレビ自体は少なくとも私が小中学生の頃には製品があったよーな記憶がありますけれども。確かに現状では液晶やプラズマに対して価格や動画の再生性能などで競争力はありそうですけれども、構造的に薄型化や軽量化にはどーしても限界があるでしょうし、将来性は怪しいのではないかと個人的には感じてしまいます。
_Mozillaブラウザの将来性も怪しげな感じがあるのでFireFoxを入れてみます。ブックマークやヒストリがサイドバーに出てくるという時点で私的には×。私はこれらは別の窓として開かないとダメな訳なのですけれども、オプションを見てもそれらしき項目は見当たりません。FireFoxでブックマークやヒストリを別の窓に開く方法があるのであれば教えて頂きたいところであります。そんな訳で結局Mozilla1.7.6にします。

_2005年4月8日(金)  了
_女神さまっを見ます。スクルドハンマーと言えばU高校(謎)。浴室でスクルドがベルダンディーに「楽しみでしょ?お姉さま」という箇所の喋り方がケロちゃんにそっくりに感じられたり。勿論同じ人ではある訳ですけれども。
_日本テレビ「ドシロウト」なる番組でメイド喫茶マニアな人が出ているので見てみます。番組の中ではお店についてCURE MAID:リアル系、ぴなふぉあ:コミュニケーション系、ひよこ家:お食事系、Cos-Cha:イベント系と分類されています。コミュニケーション系という意味では@の方が上だと個人的には思いますけれども。出てきた人はいかにも風貌から素人な出演者相手に専門用語を連発するあたりまで含めていかにもヲタという雰囲気な方な訳ですけれども、そんなに秋葉原が好きなのであれば秋葉原に住めばいーのにと思ってしまいます。
_自動券売機で新幹線回数券の指定席を取れるという事を知ります。
_柴田淳 わたし[MUCD-1118]購入。
_そんな訳でネタとして帰り際にぴなふぉあに寄ってみたりします。
_よーやっと「妹オーディション」読了。少しだけではありますけれども蓉子さまが出てくるというのがポイント高いです。全体に祐巳の表情に関する描写が少し多めで少し具体的でしょーか。ベストハァハァシーンに同意。でも「ドリルのために」は不要かも(笑)。

_2005年4月9日()  大事件
_高輪・ザ・レジデンス建設現場で事故があったよーで。幸いにも大事には至らなかったようですけれども超高層の建設現場なだけに一歩間違えれば大事故に繋がる可能性もあった訳で。ここの施工は大成建設。
_母方の従弟(私よりも二歳年下)の結婚記念お食事会(親類だけ)という事で三重県方面に出掛けなければならないという事で4:43御茶ノ水の中央線に間に合うように出掛けます。
_新宿で約20分待ち、調布で9分待ちというかなりダマされた接続のうえ、全路線各駅停車であったためえらく時間が掛かります。橋本到着は6:20。
_親の車と合流し出発。自分は寝飛ばさないよう昨晩あんまり寝ていないのと車酔い防止のため後部座席でさっさと寝てしまう事にします。
_時間はあるので山中湖経由で東名高速。
_清水で下りていちご海岸通りへ。朝からいちご狩りという事になるのですけれどもいちご狩りと言えば「さくらの楽しいいちご狩り」でしょーか。
_続いて久能山東照宮を見学します。
_東名→伊勢湾岸道経由で母親の実家には14:50頃到着します。
_鞄を抱えて母親の実家に上がるなり伯父(今日の主役の父親)が「大事件や」と言っています。なんでも今日の主賓に続いてその妹(つまり私の従妹)も結婚する事になったうえ、その事実が父親である伯父には今日まで隠し通されていたとかだそーで。
_そんな訳でこちら側の家系では予想通り私が一番最後となった訳ではあるのですけれども、まぁ田舎なんで結婚が早いんですかね。父方の方では「リアル負け犬(SPAより)」な方がいるのでそーゆー意味ではまったく安心ではあるのですけれども。
_従弟の娘(2歳)が車の車種に非常に詳しいのを見て「騎馬民族」という事を実感させられます。私が幼い頃はいわゆるスーパーカーブームの頃であったので私もそれなりには知っていたのですけれども、今の車種はさっぱりです。
_車に乗り移動。会場はチャペル風?なレストランです。
_職場関係者や友人知人などはおらず親類だけなので規模はさほどでもなく結構気楽です。新婦は体調がよろしくないとの事で新郎が送って行ったりしているので一時的に主賓不在状態になったりします。
_お食事会は二時間余りで終了し散会。母親の実家に引き上げます。
_子供が3人もいるとやかましいもので。大して飲んだという訳でも無いのですけれどもソファで寝入ってしまいます。
_今晩泊めて頂く伯父の家に移動。
_伯父、義伯母、従妹と色々と雑談をするのですけれども関東地方に住んでいると全く感じられないよーな事がまだ残っているようで。色んな意味で私の生活圏とは違うという事を感じさせられます。
_私の周辺(職場関係、大学関係)では30過ぎで独身などとゆーのはごくごくふつーな訳でして、聞くところによれば私の実家周辺でも同様の状態のよーですけれども、晩婚化非婚化は東京を中心に進んでいるんですかねやっぱり。従妹は相手とは「友人の紹介」で知り合ったそーですけれども、「結婚前提に付き合って欲しい」などとゆーよーな危険な紹介であれば私は絶対に受けませんけれどもねぇ。でも、このまま嫁や孫の顔を見せられないまま両親が年老いるというのもまた心苦しいもので。こーゆー話をすると親など関係無いとはよく言われるのですけれどもそこらへん一人っ子の事情というのがあるものです。今のところは両親はまだ元気なのでそーゆー事は言わないのですけれども、弱ってきてからは言われる可能性もある訳で。

_2005年4月10日()  試
_色々とお話を聞いたりしたりして結局寝るのは2時過ぎ頃にもなります。
_朝食はトーストに目玉焼きその他。私は今は朝食は軽く口にする程度ですし、実家の朝食はご飯であったのでパンの朝食はかなり久し振りです。
_PCの具合が悪いとの事ですので見てみます。Pentium III 450MHzなFMVでWin98。症状としてはメールを送信出来ないのとWordで"W"を入力しようとするとエラーが起きるとの事なのですけれども確認してみた限りでは症状は無く、メールもきちんと送れています。スタートアップに使われていないよーなアプリが幾つか登録されているのでこれらを外し、怪しいプロセスを探してみるのですけれども取り敢えず見あたらず。
_母親は旧友と昼食とのことで出掛けてしまいます。伯父宅を撤収したら父親と巨大イオンへ。この規模は流石は発祥の地という感じです。
_巨大ホームセンターを巡回したり昼食をご馳走になったりしてからJR富田駅まで送って頂きます。両親は明日から九州方面に行くとのこと。
_関西本線も亀山までの各停はワンマン運転になっているようです。2両編成の313系なのですけれども無駄に長いホームに対して列車は2両ぐらいというあたりが哀愁を感じさせます。名古屋が近付いてくると高架線になって併走する近鉄名古屋線とともに線路は急に立派になってきます。
_名古屋駅にはなにやらあおなみ線なる新しいホームが出来ていていかにも日車で作ったような新しい電車が止まっています。どこに向かう列車なのかは知りませんけれども。
_職場へのお土産を買う事にします。ガチャピンとムックモリゾーとキッコロのサブレが目に入ったりもするのですけれども普段から「行ったら負けかなと思ってる」と公言しているので流石にこれは止め。無難にういろうにします。
_300系のぞみ号に乗ったら爆睡し気が付くと新横浜。
_品川で下車。京浜東北線のホームまでは結構歩かされます。大井町経由で大岡山へ。
_部室に着くと既に彩葉氏、ハナサン、しぇる君が集合しています。そんな訳で開発中のゲームについて詳細を詰めた上でテストプレイをします。
_路線網に不慣れな事もあり結局二時間半ほどにもなってしまいます。終了したらマクドに行き買い出しをして休憩。風邪を引いたのか鼻水とくしゃみが止まらないというのが困った状態です。
_修正点の確認をして2200過ぎ頃に散会します。ハナサン、しぇる君と大井町線に乗り撤収します。
_帰宅したら体調がよろしくないのでメールだけ読み込んですぐに寝ます。

_2005年4月11日(月)  不
_朝の地震で目が覚めます。制震構造ではあるのですけれども周期が長くなったような独特の揺れ方をするでしょうか。
_一晩寝てもイマイチ体調は優れないのですけれどもとりあえず出勤します。
_職場の診療所へ行きPL顆粒を貰います。ついでに血圧を測ると113/67。
_職場で非常勤の方にお土産を配って頂きます。何人かの方に万博に行ったのかと言われてしまうのですけれども勿論行く訳がありません。
_帰宅すると夏コミの受付確認葉書が到着しています。とりあえず第ゼロ次関門突破という事で。
_FireFoxのブックマーク・ヒストリを別窓で開く方法に関しこちらでアドバイスを頂きます。そんな訳でEz Sudebarをダウンロードして入れてみるのですけれども確かにブックマークやヒストリを別窓で開けるのですけれども、これらを同時に表示する事が出来ないうえ、URLや最終アクセス日時やなどを一覧表示出来ないのと、あとはLo-Fi ClassicテーマがFireFox1.0.xには対応していないという事で結局断念。やはりMozilla1.7.6を使い続ける事となります。
_風邪が治らないのでさっさと寝てしまいます。

_2005年4月12日(火)  人気
_12時間ぐらい寝たので流石に体調は改善します。やはり市販薬ではなくて処方された薬は効くものです。
_Yomiuri Weekly「人気マンション実名ランク」。住まいサ〜フィンの「マイページ」登録数を総戸数で割った値で決めたよーで、人気ランキング的な意味ではまぁそれなりに信憑性はありそうでしょうか。
_同じ号の南海貴志川線の記事。「廃止後継に9社名乗り」とのコトなのですけれどもどーなるんでしょーかね。とりあえず冒頭の「オリエント急行が夢」はかなりイタいと思うんですけれども。
_外神田四丁目新しいコスプレ喫茶?が開店する模様。

_2005年4月13日(水)  憶測
_animate.tvのこれが私の御主人様第一話配信を見てみます。キャラクターデザイン・総作画監督:高村和宏氏というのは自分的にはポイント高いあたりではありますけれどもまほろさんとは絵の雰囲気はだいぶ違います。オープニング冒頭の黒ストッキングを履くところがとても良いです。「メイドなんだからメイド服を着るのは当然だ。」という台詞がちょっと面白かったり。物語冒頭では門からお屋敷が見えているにも関わらず、エンディング直前の鳥瞰では池は門に対してお屋敷の裏側にあるよーで裏まで回ったのかなーとか思ったり。一人暮らしなのに庭やお屋敷がきちんと手入れされているのが奇妙な訳ですけれども、元いた使用人達を追い出してからさほど時間が経っていないからまだ荒廃していないというコトなのでしょーか。少なくともお風呂は義貴が入れたというコトになりますが。それにしてもワニのポチはワニとゆーよりはカバにしか見えないのですけれども。
_秋葉原一丁目という存在しない地名に違和感を感じさせられたりもする訳ですけれども、それはそれとして秋葉原の住人というのは台東区秋葉原には4月1日現在で50世帯78人ですけれども、文脈からして秋葉原電気街の事でしょうからそーなると住民登録してある数だけで外神田1,3,4丁目合計で881世帯1,707人でしてインタビューの相手の憶測値とはかなりの開きがあります。現実には秋葉原電気街にはこんなにも多くの人が住んでいるのですけれども、ここの開発をしている人から見ても人はほとんど住んでいないと思われているのでしょーか。
_WBSのケンウッド再生。一時期はかなりヤバいと聞いていましたけれども大幅なリストラで再起しつつあるようです。本業の無線にしてもオーディオにしても斜陽産業ではありますけれどもカーナビに力を入れているとかF1レース用の無線機器では50%のシェアだとかだそーで。

_2005年4月14日(木)  階
_某Mさんに某物件の資料請求して送られてきたという資料を見せて頂きます。折り込みチラシ程度のモノでしかありません。メゾネット住戸の間取図が記載されているのですけれどもパースを見る限りではこの部屋は建物の中に一戸しか無い予感。確かに最上階以外にメゾネット住戸がある物件は非常に珍しい訳でぱっと思い付くのはWORLD CITY TOWERSアクシア麻布あたりでしょーか。
_メゾネットというのも面白そうではあるのですけれども、住戸内がフラットで階段が無いという戸建のマンションの対するメリットが無くなってしまう訳で。
_戸建とマンションとではメリット・デメリットがそれぞれありますし、ライフスタイルにもよりますからどちらが良いとは一概には言えない訳で。戸建が絶対優位なのは区分所有には無い自由度でしょうけれども、これは自己責任との裏返しになる訳で、そーゆー意味ではマンションは管理費・修繕積立金というお金でとりあえずは解決出来る、という事でもあります。とりあえずでしかありませんけれども。車を持つ場合には、駐車場については戸建が圧倒的に有利でしょう。逆にマンションが絶対有利なのは鍵一本で施錠出来る上に今なら間違いなく付いてくるオートロックなどといった防犯面、そして流通性(貸しやすさ・売りやすさ)でしょうか。また、駅近や幹線道路沿いという立地では戸建であれば騒音・振動の問題がありますが、これについては鉄筋コンクリートなマンションの方が間違いなく有利です。これに限らず、利便性の高い都心部であれば土地の有効活用という意味からも必然的に集合住宅という事になるでしょう。逆にある程度広い土地を確保しやすい郊外であれば戸建という事で、結局のところごくごく当たり前の結論に落ちました、ハイ。とりあえず、私の周辺では単身で戸建を買った/建てたという猛者はいません。
_ただ、いわゆる狭小戸建(三階建てが多い)については私は中に入った事はありませんけれども傍目から見てもヤバいだろーと思ってしまいます。密集していて日当たりが悪そうなうえ防災面で問題が多そうですし、狭い家に階段が二階層分ある訳ですから有効面積が狭く家事動線も悪そうです。また、強度的にも問題ありそうで、私の実家は元々建売であったのをその後建て替えた訳ですが、建売の家は築10年ほどで雨漏りが酷かったというあたりからも、狭小戸建に限らず建売一般に対し印象が良くないです。
_WBSを見るのですけれども「テレマティックス」なる語は初めて聞きました。これからは道路情報提供などといった分野にも民間が進出してくるのでしょうか。この分野は国交警察経産あたりが綱引きをしていたあたりでしたけれども、民間から十分な情報が提供されれる用になればそーゆーくだらん権限争いも終わってくれるんですかね。あとは缶詰の項目の冒頭でおでん缶が出てくるのがちょっと気になったり。

_2005年4月15日(金)  ありえない
先生! Dualに見えてOctalです! _デュアルコア+HyperThreadingで計4個の論理プロセッサが稼動という事は、デュアルコア+HyperThreadingなXeonをデュアルプロセッサにすればDualに見えてOctalになるのでしょーか。(合成画像です。いちおう念のため。)
_女神さまっを見ます。原作にも全く同じ話があったと記憶しており懐かしいあたりです。「勝負を付けるなら同じ土俵の上で」という台詞があったかどーかは覚えていませんけれども。
_私がこの作品を知ったのは大学3年の頃でしたけれども、当時は大学の鉄道研で鉄道模型HOゲージレイアウトの電気系統の改造をせっせとしていた頃で、そんな訳で恵ちゃんみたいな優秀なスタッフが欲しいと思っていたものです。ちなみにスクルドみたいなのは破壊するので不許可な訳ですけれども。それにしても今から考えるとよくまーあんなに埃っぽい部室で徹夜で半田ごてを温めたり出来たもんだと我ながら思ってしまいます。当時の部室に比べると今の鉄道研の部室は広くて非常に快適で羨ましい限りです。
_立ち読みしてみたところ秋葉原関連の記事がかなりのページ数を占めていたという事から裏BUBKAを買ってみます。秋葉原関連の記事で合計50ページぐらいですのでこの手の特集としては結構な分量です。中身的にはしょーじき私にとって新しい情報は無いに等しいのですけれども、それでもアダルト関係の視点は興味深いあたりでしょーか。正確なところはまだ調査していませんが、駅の電気街口側は小学校があるので風俗関係の新規出店は出来なかったと記憶しています。とりあえず笑えたのは「秋葉ファッションの遍歴・次世代スタイル」でしょーか。オタクというのは興味の無いファッションには徹底的にお金を掛けませんし、「おシャレすんのが逆にみっともないとか思ってる(咲さん@げんしけん)」ところもあるので、ぶっちゃけありえないとしか言いようが無いです。

_2005年4月16日()  川崎
_Matrox初のPCI Expressカード登場とのことで、Matrox派な私としても次マシンのビデオカードについても安心気味といったところで、あとは64bit版Windows用のドライバに期待という事で。って、次マシンの予定は今のところ全く未定という状態ではあるのですけれども。
_午前中に親から「今、岡山〜」と電話が入ります。
_昼過ぎに中谷君から電話。ヨドバシアウトレット京急川崎で東芝25ZS18未使用品が23,800とのこと。そんな訳で現地に出向く事にします。
_品川から京急に乗ります。京急に乗るのは何年振りでしょーか。2100系快特なのですけれども久し振りに聞くシーメンスのシドレミファソラ〜♪はやっぱり面白いもので。あっという間に120km/hにまで加速するあたりは感心させられます。そんな訳で久し振りに面白い乗り物に乗ったのでつい乗り過ごしてしまいそーになったりもするのですけれども無事川崎で下ります。2100系8連の後ろに新1000系4連が繋がっていたのですけれども、2100系や新1000系は窓は全く開かないのでしょーか。
_中谷君に続いてみのや師とも合流。みのや師は乾燥機能付き洗濯機をお買い上げしています。流石に自力では運べないので配送を頼んでいます。自分はテレビを買ったら中谷君の車に積んでしまいます。
_地下街で昼食を食べてからみのや師はこれからしごととのことで解結します。
_ヨドバシマルチメディア川崎ルフロンへ。こちらは初めてなのですけれどもかなり大きな店舗のようです。今更ながらマリみてCE[6]を購入。
_そんな訳で中谷君の車で私の自宅へ向かいます。首都高から見る品川港南のマンション群はちょっと新鮮です。
_マンションに着いたらテレビと投棄される頂くAX300を私の部屋に運び込みます。車をマンションの駐車場に入れようとするのですけれどもスキーキャリアが高さ制限に引っ掛かるとかで入れられません。仕方が無いので近くでコインパーキングを探して入ります。このあたりはダイビルが出来ても駐車場事情はあんまりよろしくないのですけれどもそれでもUDXが開業する一年後には大幅に改善されるのでしょーか。
_近くで160GBのHDDを調達してから自宅へ。
_買ってきたHDDにAX300のシステムを転送します。って、中谷君にお任せであったので私は横で見ていただけであったのですけれども、大体以下の通りでしょーか。

  1. AT機のIDE端子に新しいHDDを接続。
  2. CD-ROMからKNOPPIXを起動。
  3. 他のAX300から事前にddで書き出したイメージをHDDにコピー(HDDをマウントしていないので全てオンメモリ(mfs上?)で作業←イメージが約800MBあるので極端にメモリが多くないと出来ません。)。
  4. ファイルシステムを再構築。
  5. HDDをAX300に接続し動作確認。
詳しい手順はAvoidnotes:AX300が非常に詳しいです。
_それなりにイロイロあったりしたのですけれども無事動作します。おつかれさまでした。
_デニーズで夕食。議題は茨城県方面など。
_2200過ぎ頃散会します。

_2005年4月17日()  王子
_ダイアパレス飛鳥山のMRへ。SI(スケルトン・インフィル)の考え方を更に進めた「TM3」という事で、フェイバリッチタワー品川の「エディットメイド」では新築契約時のメニュープラン選択時に併せて窓の形状も選択出来ることとなっていますが、この物件ではそこから更に進めて通常は共用部分となる住戸窓枠を躯体から切り離してリフォーム可能としたあたりは非常に興味深いです。フローリングを敷き詰めてから間仕切りを作る工法とのことで住戸全体がフルフラットになるのも良いあたりです。って、ワックス掛けを部分的にする事が出来なくなるのではありますけれども。おまけ程度にオール電化とも言われるのですけれども給湯タンクが住戸内にあるのはちょっと邪魔でしょうか。共用廊下と住戸との間に吹き抜けを設けてあったり住戸に入る中廊下を設けて住戸をセンターインとしてあるあたりはプライバシーの配慮があり気が利いています。って、中廊下を挟んで向かい合う住戸の扉がズラしてあればもっと良かったのですけれども。
_石神井川沿いの遊歩道を歩きます。このあたりに来るのは初めてなのですけれどもなかなかいー雰囲気の落ち着いた住宅街という感じです。
_コスモヒルズ滝野川のMRへ。今年夏には竣工・引き渡し予定とのことで、残り数戸との事で販売センターものんびりしています。モデルルームの住戸は折れ曲がった窓サッシュが面白いです。ハイサッシュで開放感があります。現地は確認しませんでしたけれども目の前は戸建を挟んで石神井川という事でなかなか開放感がありそうです。
_ライオンズヒルズ中十条へ。竣工売りという事でモデルルームは無いので販売センターに出向きます。とりあえずBGMが松田聖子というセンスはなんとかして欲しいところでしょーか。なんか私が過去に大京で行った物件のデータがあるようではありますけれども、「仙台に行かれましたか」などと言われるのでびみょーにいーかげんなよーです。
_建物に移動し実際の住戸を見せて頂きます。残り2戸とのこと。3階東側の住戸は斜めにセットバックしてある箇所が天井が低く少し窮屈でしょうか。高台の上という事で新幹線の線路のずっと先にエルザタワー55が見えたりもします。1階住戸の方は専用庭があるのですけれども目の前が段差になっているので非常に開放感がある上、専用庭にありがちなプライバシーや防犯の心配が要らないというのは良いあたりでしょうか。
_EZTVは中国で反日デモに参加している人の携電の着信音がSMAPで家が日本の家電製品で溢れていたりするのと、「セレブ婚(よーするに玉の輿)」を目指す勘違い馬鹿女がかなり笑えます。

_2005年4月18日(月)  確保
_のりもの学会直前という事で結構な量のメールが飛び交っていたりするのですけれども、自分的には何故かモチベーションが下がっていてあんまりそれらのメールをきちんと読もうという気分にならなかったりします。原因は(自分の事ながら)不明ですけれども、そこを敢えてモチベーション低下の原因・理由を考えてみると

あたりがぱっと思い付くあたりでしょーか。あとはWWWサイト管理担当を離れたため当事者意識が薄くなったというのもあるかもしれません(QDATサイト管理はのりもの学会直前が年間で最も繁忙期となります)。
_YOMIURI Weekly「マンション価格破壊」という事で定期借地権物件の紹介があります。定期借地権は建物の維持に関し戸建では自己責任という事で済まされますけれども、区分所有のマンションではまだ実績が無いだけに借地権期間終了間際にどーなるのかが極めて怪しいあたりではあります。まぁ、期間終了間際にはヤヴァい状態になっていても期間が終了して更地になった時にはゼロリセットされる訳で、そーゆー意味では荒廃しても区分所有者の利害関係から建て替え不能となる危険性のある所有権と一長一短ではあるのですけれども。
_AX300について調べていてそーいえばBig Driveにたぶん非対応な440GXマザーなマシンでfdiskをしたのでもしかしたらHDDの領域が137GBまでしか確保されていないかもと思って調べてみるのですけれども、とりあえず空き容量148GBなどと表示されているのできちんと使われているようです。って、Big Drive非対応M/Bでどーしてきちんと領域が確保されたのかは謎なあたりではあるのですけれども。
_AdobeがMacromediaを買収とのこと。Flashとpdfの統合?がなされたりするのでしょーか。

_2005年4月19日(火)  久
_職場のAcrobatが7にアップグレードされます。
_「若手等の会」という事で昼に出掛けます。って、自分は「若手」ではなくて「等」の方に含まれるとの事なのですけれども。2003年11月7日以来の店に行きます。職場のとある方からの推薦との事なのですけれども色んな意味で相変わらずとしか言いようが無い店です。この店に昼に行くのは初めてのよーな気がします。
_電波男(本田透著 三才ブックス)やっと読了。引用されている漫画、ゲーム、アニメの量が凄いです。ほとんど元ネタはわかりません。オタク版「負け犬の遠吠え」と言いますか、オタクとしての開き直りを軽いノリであれこれと好き勝手書いてある感じなのですけれども、あとがきを見ると一転し、筆者が重い経歴を背負っているという事がわかります。
_「あかほりシステム」に対する「ほんだシステム」(103ページ)として作り手と受け手との間で金が永久循環するというモデルが描かれています。この図はわかりにくいのですけれども受け手が作り手になり、相互に金が循環するという意味であると思われます。個人的にはこれは同意しかねるあたりでして、全ての受け手が作り手になるのであれば永久循環するのかもしれませんけれども、勿論、受け手として搾取され続けている人がいつでも作り手に成り得る、搾取されるだけの側からお金を受け取る側に移るチャンスは常に用意されているというのがこの世界の特徴ではあるのですけども、実際には受け手のまま、搾取される側のまま、それだけで満足してしまう、という人も少なくないのではないでしょうかと私は思うあたりです。あとは搾取している側が現実には全員が全員オタクとは限らないと思うのですが、「エロゲーで稼ぐ側もオタクなので、エロゲーやアニメのDVDをまた買い漁る」というあたりもこのモデルのおかしなあたりです。
_書中では「愛」という語が連呼されている訳ですけれども、しょーじき私にはほとんど意味のわからない語であったりします。私の場合、モノに対する愛着はあっても他の人を好きになったり愛した事って無いよーな気がしますし、愛されたと感じた事もまた無いよーな気がします。「恋愛資本主義」については理屈としてはなんとなくは同意出来るのではありますが、現実に「恋愛資本主義」に踊らされているよーな奴を見たことが無いという意味では自分的にはイマイチ説得力に欠けるという感じがしないでもないです。
_虎ノ門タワーズレジデンス、坪単価400万円台からというアリエネー価格設定の模様。

_2005年4月20日(水)  再
_5月中旬に新しいメイド喫茶が開店予定とのことで、店舗名募集などをしているよーです。立地的には外神田三丁目のど真ん中でいわゆるPCパーツ通りの中央あたりというなかなか良い立地のよーです。それにしてもメイド喫茶の類もそろそろ淘汰が始まるだろーと個人的には予想していたのですけれどもまだまだ増え続けるのでしょーか。
_昼前頃に肩を動かした時にごきっと激痛が走ります。べつに激しく動かしたという訳でもないのですけれども普段の超絶的な運動不足でナマっていたのでしょう。とりあえず薬局で薬を買ってきて塗っておくのですけれどもあんまり状態はよろしくないです。
_帰宅すると大海原氏から都産貿に提出するための書類が届いています。例によってびみょーにミスがあるというのが困ったところ。
_東芝libretto U100発表という事で、忘れ掛けていた頃になって3年振りのフルモデルチェンジのよーです。ちなみに前回モデルチェンジ時の印象はこちら。写真やスペックを見る限りかなり良さそうです。OSを立ち上げなくてもDVDの再生が出来るというあたりがまた便利そうです。私が使っているノート機は1997年7月5日に購入したLibretto50なのですが、Windows95という事でUSBが使えないという事や無線LANの使い勝手が悪い点、Officeのバージョンが古いというあたりが不便なあたりだったのです。そんな訳で久し振りにかなり食指を動かされそうな製品ではあるのですけれども、現在は通勤時間が極端に短いためノート機の使用頻度が激減しているというあたりが新ノート機導入に踏み切れないあたりではあります。店頭で現物を見てから考えるという事で。

_2005年4月21日(木)  変
_朝から浜松町都産貿に行き書類を提出します。先方の手違いがあったりもしたのですけれども特に問題は無く書類は受理され、書類を受け取ります。これで会場についての心配は無くなりました。ちなみに当日同じ会場では他にはイベントは全く無いよーで、エアポケット的に空いてしまった日なのでしょーか。
_「団塊の世代」というのは1947年から1949年に生まれた世代を指すとの事なのですけれども、1946年生まれというのは団塊の世代よりは前ではあるのですけれどもいちおー戦後生まれとなる訳で、そのよーな意味ではなかなかびみょーな世代であるよーです。
_発●●が外●●●になったらしくえらく雰囲気が変わっています。
_JNBのATMでの一日あたり引出・振込額のデフォルトが50万円になるとのことで。確かに実際のところATMで何十万円何百万円などといった金額を引き出すというのは通常滅多に無い訳で。

_2005年4月22日(金)  観
99 ex _昼はYの会合が行われます。
_午後は肉体労働。一つの重さが約1.6kgとかなり重いというのが困ったところでダウンサイジングしたいのではありますが。
_夜は簡単に打ち上げが催されます。基本的に若い人達だけなので気楽でしょーか。話題の約半分が滋賀方面というのがまたアレなあたりでして、話題性の豊富さが伺われます。残りの話題の半分は今度は某さんのよーな気もします。
_WindowsXP x64 Editionの深夜販売が行われるよーなので手近にツクモex.に見物に行きます。多少の人だかりが出来ていて既に行列が形成されていたりします。
_1995年11月23日のWindows95の深夜販売を知っている身としてはアレに比べればイベント性に弱いと思ってしまうもので、今後あれに匹敵するよーな大々的な深夜販売は行われないだろーと思われてしまいます。あの日は徹夜で秋葉原にいましたが、T-ZONE(現ツクモex. 右上写真と全く同じ場所)の前では甘酒が振る舞われていたりしました。また「Mac万歳!!」というプラカードを持って深夜の秋葉原を走り回っている人がいたりもしたもので、話を聞いてみたらDTP関係の方でした。

_2005年4月23日()  二
_そんな訳で二進法表記では年齢が桁上がりであったりします。
_マンションのエントランスとエレベータで早速WinXP x64 Editionを買ってきたという方を見掛けます。エレベータでは知り合いの方にお会いするのでこれからインストールですかと聞いてみるとまだインストール出来るマシンが無いにも関わらず取り敢えずメモリとのセットを買って来られたとの事で、お祭りに参戦したというコトでしょーか。
_彩葉氏の無理難題?に応えるべくイラレ作業。斜線パターンというのは最初から装備されているWordやExcelあたりに比べると難しいもので、大きな斜線パターンを作ってクリッピングマスクで必要な部分だけくり抜くという方法は綺麗に出ますが作るのが面倒で、タイルパターンを作ってパターンスウォッチに登録という方法はパターンを綺麗に作るのが結構面倒なのと継ぎ目が出てしまう危険性があるというのが良くないあたりです。継ぎ目を回避するのとデータを軽くするためにはある程度の大きさのパターンを作っておくというのがよいでしょうか。
_ブロードキャスターで米国の日本の少女漫画事情というのが紹介されているのですけれども、日本の漫画が横書き圏に輸出されると全ページを左右反転して左綴じとしてしまうので登場人物が悉く左利きであったり服の合わせ目が逆になったりという感じであったのですが、最近は日本の原作と同じ右綴じのままとして、読み方の順番についての注意書きを入れているよーです。

_2005年4月24日()  試
_Kinko's近所店でカラー出力。とりあえず今日は同業者(笑)は見当たりません。
_彩葉氏からは例によってレイの如く遅れるという連絡が入ります。
_大井町線の車内から北側に高層マンションの工事現場が見えます。あんな方角にタワーマンションなんてあったかなーと思ったらすぐ横の緑色のタワーから高輪・ザ・レジデンスであるという事に気付きます。47階建だと流石にかなり遠くからでも目立つという事を感じさせられます。
_部室に着くと貝崎が既に到着しており、間も無く池袋からハナサンも到着。更に遅れて彩葉氏が息を切らせながら到着。なんでも愛機のiBookが起動しなくなったとかでいーかげんMacOS9から足を洗った方が良いのではないかと思ってしまうのですけれども。
_そんな訳でテストプレイ第二回。細かいバグが発見されてしまうもので。
_二時間ほどで終了。貝崎、ハナサンと蒲田に移動する事にします。大岡山→蒲田間は旗の台乗換よりも多摩川乗換の方が早いとの事ですのでそちらにします。最近は多摩川線・池上線の1000系にもスカートの取付が進んでいるとのことで。
_蒲田ユザワヤで画材関係を見ます。ケント紙を買うのですけれども必要枚数には全然足りないので不足分は後日どこかで調達するという事で。
_天下一品なるラーメン店で夕食。かなりどろりと濃いスープです。
_京浜東北線に乗り貝崎は大井町で解結。ハナサンと秋葉原へ。
_廣瀬無線の地下のメロンブックスは夜10時まで開いているとかで、あたしゃはこんな所に同人屋があるという事を知りませんでした。今日のレヴォファイナルで売られた本が早くも転売委託されているとかで。

_2005年4月25日(月)  不安定
_萌え萌えジャパン(堀田純司著・講談社)読了。「萌え」の何たるかという分析という意味では趣都の誕生 萌える趣都アキハバラ(森川嘉一郎著・幻冬舎)の方が個人的にはよく分析されていると思います。って、私の嗜好もあるかもしれませんけれども。「さわりたい」というのは「電波男」でも「サワリタイ」とありましたけれども強烈な願望なのでしょうか。立体という触れられる形に起こした物であるフィギュア・ドールについての記述は私が全く知らない世界であるだけに興味深いです。小倉優子って狙ったよーに媚びた雰囲気が気持ち悪くて個人的には大嫌いなのですけれども、本当にあーゆーのを好きな人がいるのでしょーか。個人的にはまったく理解不能なのですけれども。全体にインタビューに頼り過ぎているというあたりもバランスの悪さの原因になっているような気がします。個人的には自分がそれなりに深入りしている?同人誌関係についての分析がほとんど無いというのは弱く感じられてしまうあたりです。萌えと妄想力から生み出される同人誌というのはかなり重要な部分であると個人的には思ってしまうあたりですが。そんな訳で分厚い本である割には網羅している範囲に重大な漏れがあり、バランスが悪いように感じられてしまいます。
_帰りの地下鉄で先頭車両に乗るのですけれどもいつもに比べて明らかに空いているよーに感じられたのは気のせいでしょうか。
_アフタヌーンに付録として女神さまっ連載開始当初からの扉絵集が付いています。藤島氏の絵柄は不安定という印象があったのですけれども確かに連載初期の絵柄は今とは全然違うのではありますけれどもそれでも大体94年頃以降は今に比べてさほど違和感無く感じられるよーな気がします。

_2005年4月26日(火)  会
_夜は歓迎会。久し振りにお会いする方も多い訳であれこれとお話しをします。某所は「決裂」とかでなんかヤヴァい状態だとかで。んー。
_色々お話しはしたいのですけれども用事があるので途中で中座します。
_会議に出席します。今回も熱心で長引きます。会議の途中に珍しくはやと氏から電話があったりするのですけれども出られず。
_Let's note R4が発表になっているのですけれども従来製品からのマイナーチェンジのようですし自分的には重さはともかくとしてサイズと画面解像度その他からlibretto U100の方が魅力的です。私の周辺では松下のノートを使っている人って意外にいないよーな。学生の頃に中谷君が486な初代?Let's noteを使っていたぐらいでしょーか。
_WBSのマンション湾岸戦争の項目。三井不動産WANGAN LIFE MUSEUMは昨年2月に行きましたけれどもキャピタルマークタワーの方はまだ一般公開はされていませんので勿論行っていません。芝浦アイランドと並ぶ芝浦エリアの大規模物件としては注目出来る物件で、芝浦エリアはこれらの一騎打ちでしょーか。47階建という超高層で免震タワーというのも目新しいあたりです。

_2005年4月27日(水)  △
_午後は珍しく外出します。
_リクルートムック「都心に住む」vol.23購入。キャピタルマークタワーが正三角形断面の建物であるという事を今更知ります。変形断面の超高層マンションとしては品川Vタワーなどがありますけれども新宿の住友三角ビルのような正三角形断面というのは珍しいような気がします。北面低層はタワーパーキングとのこと。内廊下なのか解放廊下なのかがサイトなどを見る限りでは不明でちょっと気になるあたりでしょーか。
_同誌によるとWORLD CITY TOWERSの総戸数が何故か2082戸から2090戸に変更になっています。住宅情報STYLEでも2090戸になっているのですけれども公式サイトの方は2082戸のまま。増えた理由は不明。

_2005年4月28日(木)  新宿
_定時後にbranch氏と落ち合います。行先は特に決めていなかったのでとりあえず新宿方面へ向かいます。
_新宿三丁目で下車。世界堂でちょっと買い物をしてから新宿方面に向かいます。東口付近はあんまりわからないのでそのまま西口方面に移動。
_ラケルで夕食。現在のおしごとや白黒問題についてお話しを伺います。
_歌舞伎町方面に転戦し対戦の見物をしたり。
_明日も出勤との事なのであまり遅くならないうちに別れます。
_西口ヨドバシに戻ります。新librettoの展示はまだありませんが、東芝の展示棚の一部がいかにもという感じで片付けられていますので、明日にはここに新りぶが展示されるのでしょうか。
_神田練塀町55番地の三井不動産の21階建のタワーは(仮称)パークタワー秋葉原という事で。この物件については住空間デザインコンペの対象建物となってここから詳しい図面などを入手出来たという事から特段新しい情報は無いに等しいのですが、総戸数108戸中地権者住戸は41戸とのことです。「匿名問い合わせ」が出来るようなのですけれども個人情報保護法対応でこういうのを出来るようにしたという事なのでしょうか。
_虎ノ門タワーズレジデンスサイト更新。オープニングFlash映像がTOKYO TIMES TOWERサイトと似ているように感じられるのは気のせいでしょーか。セキュリティ周りはバーコード発行まで含めてTTTに酷似していますけれども、夜間帯の来訪者の扱いは一歩進んでいるでしょーか。

_2005年4月29日()  確認
_libretto U100の現物を肉眼で確認します。大きさはこんなもんでしょうか。店頭デモ機にはバッテリーが付いていなかったのでバッテリー込みでの重さがどうなのかはちょっと気になります。キータッチは自分には特に問題はありません。Libretto50ではスペースバーが極端に長いのでこれに慣れた自分にはAltキーを押すつもりがWinキーを押してしまう事が多発してしまうのですけれども慣れの問題でしょう。ポインティングデバイスが手前にあるのはちょっと気になるでしょうか。個人的にはホームポジションから操作出来るキーボード中央の方が良いような気がします。画面はなかなか綺麗です。まだ青しかありませんが、質感はまぁまぁです。24万という値段に割高感を感じたのと、自分的には白の方が気になるという事から取り敢えず保留。
_ライオンズタワー上野黒門町のMRへ。秋葉原電気街中央通りから北側に真っ直ぐの所に大きな看板が出ています。規模的には20階建120戸。施工は戸田建設。外部から携電で施錠やエアコン、照明を遠隔制御出来る設備はかなり最新の物を使っています。ノンタッチキーで帰宅通知メールが届くというのはかなり感心させられます。モデルルームの内装品はなかなか良いものが使われていて住戸内ドアのノブがTTTと同じ形状であったり。ハイサッシュと2m幅のバルコニーが開放感を感じさせます。ただSIではなく住戸内パイプスペースが多い点や天井に意外に梁が目立つなど、躯体はイマイチ冴えません。値段は比較的近くにあるルネッサンスタワー上野池之端TOKYO TIMES TOWERに比べて坪単価で一割以上高く、はっきり言ってお話になりません。1LDKの比較的狭い住戸が多い割にはMR来訪者は家族連れが多いという印象を受けます。
_せっせとSLUTTの製作。基本的に手先が不器用なのと手に汗をかくのでこーゆー紙工作はかなり苦手であったりします。

_2005年4月30日()  秋葉原
_SLUTTの製作作業。面倒なところはいちおー終わったのでどーにかなりそーでしょーか。
_台東区台東一丁目のオリックス・リアルエステートのタワーはTOWER RESIDENCE TOKYOとのこと。地上37階建総戸数259戸とのことですが、物件概要を見ると「施工:未定」となっているのは極めて謎なあたりではあります。扇形断面のタワーと言うと初台のNTT東日本本社ビルのよーな感じでしょうか。それにしてもTOKYOとかTOWER(S)とかRESIDENCEとかいった或る意味汎用的な語だけで物件名を名付けると逆によくわからない名称になるよーに思ってしまうのは私だけでしょうか。もっと狭い範囲の地名か、あるいは何か個性のある語を入れた方が良いような気がしてしまいます。
_久し振りにこどもニュースを見るとメンバーが総入れ替えになっていて、スクープ君も別のキャラに変わっています。池上アナがいないこどもニュースというのはかなり違和感を感じさせられてしまいます。(池上アナはNHKを退職されたようです)
_日経新聞夕刊「変身アキハバラ」最終回という事で『「食」「住」楽しむ街に』としてTOKYO TIMES TOWERについて紹介されています。「タイムズタワーに入居する一世帯あたりの平均人数は1.9人」というのは興味深いあたりではありますが、確かに私も単身世帯ですし、お子さんがいるご家族はあまり多くなさそうと言いますか、エレベータで小さなお子さんを見掛けると逆に驚いてしまうと言いますか。それにしても「31階の共用スペースでは毎夜住人によるホームパーティーがひらかれている」とは私にはとても思えないのですが。住んでいる身としてはべつに一般に思われているほどにはお洒落なマンションではなくて、意外に下町っぽい雰囲気のあるマンションだと思っています。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ