近況報告 2006年11月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_2006年11月1日(水)  会合
_夜は会合。鉄なコトやオーディオなコトが話題になったりで。
_帰りは数人で電車に乗るのですけれども他の方々は全員自分よりも先に下りてしまいます。座ると結局眠り込んでしまい気が付くと下りる駅なので慌てて下ります。

_2006年11月2日(木)  メール
_某お姉様からメール。
_親からメール。父親が年末に目の手術をするとのこと。形成外科ではなくて眼科の範疇に入る手術の模様。

_2006年11月3日()  直線
_新刊の取材活動をしたり。
_夜に外出しようとしたところでチェックさんの旦那さんにお会いします。夕食でもと誘われるので一旦はお断りするのですけれども他にたかゆきさんもおられるよーなので同行させて頂くコトに。
_須田町食堂は満席で入れずchiocciol@pizzeriaへ。ここで知り合いのご一家にお会いするので合流します。合計4家族7人に。
_コースの料理をそれぞれ違うように頼んで取り分けながらあれこれと雑談。家族とかそーゆー話題が多かったと記憶。「魔法使える?」(←婉曲表現・実際はもっとストレート)などと尋ねられたりでまったくもってその通りなのではありますけれどもそれにしてもそこまでストレートに尋ねられるとアレな訳で。
_店を出たら実家に電話を入れます。ついでに一緒にお食事をした方に電話を替わってみたり。
_3人でPRONTOに移動。ぴょんさんに電話を入れるとご自宅におられたので呼び出して合流して4人に。車、特に欧州車が話題になったりで。
_閉店で店を出て散会して帰宅したら酔っているので倒れ込んでしまいます。

_2006年11月4日()  参戦不可
_未明に荷物を纏めてノートに必要なデータを突っ込んで出掛けます。
_miaでやんさんMETSさんと相席。今月は2店ほどメイド喫茶が増殖するとかで。
_御茶ノ水から4:43始発の中央線に乗ります。休日の始発電車というのに乗るのは初めてなのですけれども何とも言い難い独特の雰囲気というか倦怠感があります。夜遊び帰りという感じの人も多いです。
_親と合流して車に乗ったら後部座席で爆睡気味。って、当落検索祭りに参戦出来ないのがひじょーに残念なところなのですけれども。
_午後にメールチェックをして"Touraku sokuhou"メールが届いているのを確認します。配置は三日目東R49b。前回は土曜朝とやたらに早かったのですけれども今回は13:20頃の送信でした。QDATは二日目西ひ22aとのこと。
_多少観光というコトで鳳来寺山へ。親はデジカメが不調とか言っているのですけれども親が使っているデジカメはいーかげん古い訳でそもそもメモリがスマートメディアというのが今更非常にイケテナイです。
_砥鹿神社なる所に立ち寄ってから豊川稲荷へ。稲荷近くの駐車場に入れるのですけれども駐車料金一回500円などとなっているのですけれども建物に貯金箱のような箱が置かれていてここに500円を入れて表にナンバーを書くだけの自己申告制で人はいません。信頼に基づいているといいますか人件費が掛からず合理的といいますか。
_豊川インターから高速に乗り刈谷ハイウェイオアシスで休憩。母親がなんでも金ぴかのトイレがあるとかでデラックストイレなるのに入ってみます。男性用は中庭があってガラス張りになっています。母親によれば女性用は立派な喫煙スペースがあったが金ぴかというのは無かったとのこと。どーもデラックストイレの話に尾鰭が付いていたのでしょーか。このトイレは利用時間7:00-22:00となっています。
_高速を下りるとこのあたりにも結構マンションが建っているのが見受けられます。紡績工場の寮の跡地とかそういうのがマンションになるようで。
_1800頃に母親の実家に到着します。
_TTSSHのforwordでサイトを更新しようとするのですけれどもどーも上手く読み込めないというのが困ったところ。とりあえずミクに書いてニックネームを変更しておくとWinSCPを使えば良いというアドバイスを頂いて無事更新。
_明日の主役である従妹のお父さん(私の伯父)が来られます。なんでも従妹は今夜は向こうで過ごすとかで伯父は「最後の夜も無し」と嘆いている模様。

_2006年11月5日()  式
_朝食はトースト。こーゆー朝食は滅多に無いので非常に新鮮。そもそも自分はパンを焼く事がまず無いしトースターも持っていない訳で。電子レンジにオーブン機能がある筈なので焼ける筈ではあるのですけれども。
_午前中はヒマなのでまたり気味。
_午後になってから着替えて荷物を纏めて従弟一家の車に乗せて貰い出掛けます。
_式場には結構早く着いてしまいます。地下の駐車場に車を入れるのですけれどもパレット式の機械式駐車場で見ていてちょっと面白いです。
_大安吉日だけあってエレベータホールの案内板には多数の挙式・披露宴の予定が掲示されています。上に上がり先発の人々と合流。受付をしてご祝儀を出して配席図を受け取ります。
_新婦控室へ。新郎も座っているのですけれども第一印象は自分の周辺にはいないタイプの好青年という感じ。爽やかで少し体育会系でオタクっぽさが全く感じられないです。新婦は白衣装で座っていて全く動けない状態。これから数時間この服装な訳で大変そーです。
_式という事で新郎新婦とそのご両親を先頭に移動。神前式で神主と巫女さんが二人いるのですけれども一人は黒髪でもう一人は茶髪。そもそも巫女さんは黒髪でなければならないと思ってしまうのですけれども。三三九度とかそういうのがあって結構時間が掛かるものです。
_式が終わったら写真撮影をしてから暫くロビーで待たされてから披露宴会場へ。新郎新婦に向かって右側の席でそーいえば新婦側として結婚式や披露宴に出たのって初めてのような気がする。新郎の職場の上司やら双方の友人やらが居て家族は割と脇に配置されている感じです。
_最近は仲人を立てるのは一割ぐらいだとかで。披露宴は冒頭は上司の挨拶からなのですけれどもその後は職場の友人とかがクイズやら芸やらをするのでなんか早くも二次会っぽいノリとなっているのがなんか違和感。
_お色直しに続いてキャンドルサービスにケーキカットあたりはお約束。締め括りには新郎新婦から両親へ挨拶が行われてこの時に新郎新婦が生まれた時の体重と同じ重さにしたという熊のぬいぐるみが手渡されてから新郎新婦退場。退場後にプロジェクタで今日の写真を交えてスタッフロール風の映像が流されあす。これのためにカメラマンがうろうろしていた訳で。小田和正の歌に合わせて今日の出席者がくるくると表示されてゆくのにちょっと感動。こーゆーソフトがあるのだなというのはわかるのですけれども演出が上手いと感じさせられてしまう。この披露宴で一番のハイライトだった感じです。
_引出物は小さな箱が二つとカタログ。このカタログというのの存在は10年ぐらい前に秋月りす「OL進化論」で知ったのですけれどもどーしてもその「変な食器変な花瓶」を思い出されてしまうもので。
_外に出たら自分はクロークで荷物を引き取って別れます。JRの駅に行き電車に駆け込んで名古屋へ。名古屋に着いたら新幹線の指定を取ろうとするのですけれども今からだと2130頃の列車になるとのことでそこまで二時間も待つのはあんまりにも馬鹿馬鹿しいので新幹線改札を通ってしまいます。土産物屋で坂菊ゆかりを買ってホームに上がり丁度やってくるのぞみ号の最後尾自由席に飛び乗ります。のぞみ40号で5分遅れとのこと。デッキにまで人が溢れ出ている状態。
_結婚式・披露宴なんてのは新婦とご両親のためのお披露目会だと思っているので新郎の立場などとゆーのはそれはそれとして、こういう場に出るといつもの事ながら感じさせられるのは自分は両親に対してこういう晴れ舞台を用意できないのではないか、両親はこのような晴れ舞台を経験することは無いのではないかという事に対する申し訳なさといいますか罪悪感です。私は一人っ子なので私が結婚をしないと両親にとってこういう晴舞台は無い訳ですし、特に今回は親戚の式なので両親も同席していたというのもあり、そういうのを感じさせられるものです。まぁ、地味婚というのもありますし、式なんてのは別にしなくても構わないと言えばその程度のモノではあるのですけれども。
_正直、自分が結婚したいとか奥さんが欲しいとか子供が欲しいとかそういう事は全く思わないのですけれども、親に嫁さんの顔を見せたい、あるいは親に孫の顔を見せたいという思いはあります。結婚するのは親ではなくてお前自身だろーというツッコミを喰らいそうですが(と言いますか既に色んな方から何度も喰らっていますが)、少なくとも今の自分にとっては「自分が」結婚したいとかいうのはないです。嫁や子供の顔を見せるという事が、大学院出るまで25年近くに渡り、育ててくれた親に対する一つのお礼になるのではないかなと。正直、両親が自分にものすごく手間暇を掛けて育ててくれたという事は非常に感謝していますし、その一方であれだけ手間暇金を掛けられて育てられたにも関わらずこの程度の人間にしかならなかったという申し訳なさを感じていますので。まぁ、親のため、という気持ちで自分が結婚するのであればそれは相手にとっても迷惑なのでしょうけれども。 子供も、親に孫の顔を見せたいという以上の意味は無いです。正直、親が自分に対して掛けてくれただけの手間暇を自分が自分の子供に掛けられるとは思えませんし、子供が育つのに従って自分の無力感と子供に対する罪悪感を感じさせられるだけなのかもしれません。今のところは両親ともに元気なので嫁とか孫とかそういうプレッシャーはありませんけれども。
_この二日間かなり寝ていたにも関わらずなんかだるいのは気疲れでしょーか。

_2006年11月6日(月)  外
_午後は某所で会議。
_職場に戻り資料作成など。

_2006年11月7日(火)  訪
_帰宅すると窓付封筒が到着しています。部屋に戻って中身を確認。
_午後にカンジワルイ来客。
_帰り際にとらのあなでティアズマガジンを購入。
_DIMENSIONへ。今月の限定デザートであるミルミルクレープを頼むのだが非常に美味しいです。テイクアウトスイーツはスイートポテトとバナナケーキの二種類があったのですけれどもスイートポテトは横線で消されているのでバナナケーキにします。
_2225かわちさんから電話。なんでも今週末の即売会の委託物を会場宛に発送するので取りに来たいとのこと。段ボールを引っ張り出して残部を確認すると案外少ないので15部を持ち出します。
_かわちさんを待っていると塚本さんが戻ってくるので声を掛けます。今日は休みでディズニーランドに行っていたとのこと。かわちさんが到着するので紹介。ロビーに入り雑談。塚本さんからディズニーや陸マイラーについてあれこれと話しを伺います。自分はディズニーランドに行ったことが無いので色々と感心。それにしても色んな人達が通り掛かるものでその度に頭を下げるのですけれども塚本さんに顔広いねーと言われるのですけれども管理組合の理事をやればこの程度にはなるもので。

_2006年11月8日(水)  全体
_秋葉本の新刊の.inddファイルを作成。そろそろ素材だけでなくて全体を考えないとというコトで。
_夜はショコラへ。なんか打ち合わせが行われている模様。

_2006年11月9日(木)  晶
_S2411Wが発表になっています。型番からして基本的にはマイナーチェンジでしょーか。
_三菱からRDT261WHというのが発表になっています。25.5インチなのでナナオよりも少し大きい訳で、価格もさほど高くはない模様。ただ今の24でも広いなーと思っている訳でアレよりも更に広い必要があるのかとも思ってしまうのではありますけれども。
_ZARD Golden Bestを買います。当然DVD付版にするのですけれどもなんかDVDの違いで三種類ぐらいあるよーなのですけれどもなんとなく"CRYSTAL"にしてみます。

_2006年11月10日(金)  増
_12/10から京成千葉線と新京成の相互直通運転が開始されるとのこと。そーいえば前々からそんな話があったなーと思い出されます。新京成から京成千葉方面というのになんか違和感を感じるのですけれどもそーいえば京成津田沼は東に向かって左が千葉方面で右が成田方面で東側でクロスする路線配置な訳で。
_ここ一週間で体重が2kgほど増えています。私はもともと便秘気味なのですけれどもここのところ特に便秘がひどいのとあとは今週はなんかおなかが一杯なのになんかモノを食べたくなる傾向があった訳なのですけれどもそれにしても一週間で2kgも太ったというのはかなりまずい訳で。
_昼は某お姉様と昼食。偽●●とか相模原市とか新宿某所とかが話題になります。いずれも結構な動きがあるようで。
_年末調整の書類を書いて提出。
_雑誌Hanako秋葉原特集という情報があるので購入します。ざっと見るのではありますけれどもなんか全体にどこかズレた感じのする特集記事です。
_深夜にヨド前に行くとかなりの人数の店員が手を繋いで客を地下の駐車場に誘導している模様。脚立の上に店員が居て拡声器でアナウンスをしています。それにしても今回どーして深夜販売ではなくて朝の販売なのかがイマイチわからないところではあります。

_2006年11月11日()  取
_昭和通り側のメイドバーdelusionに行ってみます。ビルの6階なのですけれども階段で上がって店に入るとえらく煙草臭いです。席は全部カウンターで仕切りに割と高いアクリル板が立てられている。面倒なのでメイドさんにお任せで注文。メイドさんは三人ぐらいで他に男性の店員と男装ギャルソンさんがいる。メイドはいずれもギャル系でメイド喫茶に行った事が無いとか言っていたりとオタクではない模様。ぶっちゃけ秋葉原のメイドに求められる要素としてある程度のオタク分というのがあると思うのですけれども。男装の人だけはなかなか格好良くてちょっといーなーと思ってしまったり。しょーじき面白くないしメイドもギャル系でケバくてさえないのでとっとと退散してしまう事に。えらくコストパフォーマンスが悪くて損した気分。これはもう来ないなという感じで。
_ミアでかわちさんと打ち合わせ。深夜ミアにはやっぱりちゃちゃさんが必須だなーとゆー感じで。
_閉店で出たら数人でアソビット、ヨドで行列をヲチしてから散会します。
_中野ブロードウェイへ。ここは初めて来る場所であったりします。住宅棟の会議室に上がりフジヤエービック主催のハイエンドヘッドフォンショーに行きます。
_イベント会場にはシステムが5つぐらいあって順番に聴いていくというスタイル。ヘッドホンだから同時に一人しか聴けないのでこーなる訳で。順番になるまでテーブルで待たされるのですけれども常連が多くて入りにくい雰囲気はあります。常連な方よるとヘッドホンはその時のソースや気分によって交換出来るのが魅力と語っています。確かにその通りで一時期は自分もついあれこれと買い込んでしまったりしていたのではありますけれども結局はSTAXしか使わないしそもそも繋ぎ替えたりとかは自分は面倒な訳で。とりあえずヘッドホンにはコレクション性があるというコトは否定はしませんです。
_自分のソースを持っていなかったのは失敗だった訳なのですけれどもこれはスゴい!と言えるよーなシステムはあいにく無し。とりあえずEdition9で割と装着感も良くてちょっといーかもと思ってしまったりかなり高いですけれども。TL0X+Wadia+Halcroの究極の組み合わせも聴いてみたかったのですけれども機器の不具合とかで聴けずに残念。
_夜はかわちさんのお宅に伺います。奥さんの手料理をごちそうになったり。

_2006年11月12日()  COMITIA
_東横線では上下とも本当の初電/最終以外には元住吉始発/止まりというのが無くなって基本的に小杉止まりと日吉止まりになった模様。元住吉の工事の都合でしょうか。私は東横線は新丸子以南はほとんど乗らないので最近の状況は全くわかりませんけれども。
_COMITIA78という事で荷物を転がして出掛けます。POPのカラー出力のために昭和通り側のキンコーズに行くのですけれどもなんか同業者っぽいのでえらく混雑しています。都産貿あたりで即売会でもあるのでしょーか。USBメモリから印刷を頼もうとするのですけれども人手が足りず暫く対応できないとかでセルフなら出来るとの事なのだがセルフだとPC使用料が掛かるとのこと。先方の都合なのに勝手な話です。仕方が無いのでこの場は退散。POPの印刷ぐらいは夜中のウチに済ませておくべきでした。
_昭和通口から山手線に乗り東京、都バスに乗ります。豊洲あたりはかなり建設が進んできています。
_0930前頃にビッグサイトに到着。彩葉氏に電話を入れるのですけれどもまだ自宅だとかで相変わらず時間にルーズな困ったヒトです。入場してスペースに行き準備。メロンパンの販売車が入っていてかなり良い臭いが漂ってきます。
_サークル入場が閉鎖になって一般入場開始直前の1059になって彩葉氏から電話。結局彼は一般入場。彩葉氏を挨拶回りに送り出して自分は売子。割とぽつぽつとは出ていく感じ。コミティアは売れないという印象があったのですけれども今までの感じよりは売れ行きが良いです。かわちさんからお預かりしてきた委託は二種類とも昼過ぎには完売してしまいます。
_数年振りに「全部一冊ずつ」という注文を受けたり。委託まで含めてとのことで大変ありがたいです。
_持込分の秋葉本が完売したところで巡回へ。暗黒通信団に行くとシさんに唐突に「売子替わって」と言われるので交替。挨拶回りに行くとかで。それにしても通りすがりの知り合いに売子を替わらせるというのもいかがなものかと思うのですけれども。
_メインの売り物が無くなったというのもあり1500過ぎ頃から片付けを始め、閉会直前に撤収。
_今日の収穫。
スペース発行サークル名書名頒価備考
て18bココロのなかのつばさmonauralphile100ヘッドホン本
と10a桜井家HAPPY!!300創作百合
弱肉強食:大盛り300
ハカセとロボットとボディガード500
ショートショート!300
TACT:06600
_りんかい線国展駅に行くとサンクスの上に喫茶店があるのでここに入ります。何時の間にこんな店が出来たのでしょーか。記念誌の企画について検討したり。懸案気味の企画についてはえいやで案出しをします。冬コミ当日にほぼ確定という方針で。
_別れたら自分はバス停へ。東京駅行きは次は1648とのことなのですぐに出る虹01に乗ります。虹01に乗るのはかなり久し振りで。経路が変更になっていてゆりかもめとほぼ同じ経路になっています。
_帰宅したら残部と残金を数えてかわちさん宛にメールを出しておきます。
_astro氏に電話を入れて合流。なんかえらく太った感じがするのですけれどもやはりそうとのことで。ちょっとヤバいレベルだろーと感じてしまう程です。彼の買い物を済ませたらかなり久し振りのデニーズへ。議題は例によってレイの如くではあるのですけれども「某氏はひねくれてはいない」とかそんな新見解?があったりで。
_別れて帰宅するとかわちさんから連絡が入っているのでDIMENSIONへ。知り合いの常連の方々がいるので少しお話をするのですけれどもなんでも今日板橋でメイド系の即売会があったがびみょーなイベントでシャッツとワンパが居たからまだ成り立っていたとか先週の都産貿のコスパとかについて話を伺います。先週の都産は行きたかったのではありますけれども結婚式で行かれなかった訳で。LO間際になってかわちさんが到着。返品を受け取って売上を精算したりします。差額を渡すのでなんか損したよーな気分になるのですけれども先ほど有明で売上を回収しているので実は何千円か増えている訳で。

_2006年11月13日(月)  大阪
_のぞみ201号で大阪へ。
_会場のロビーはとにかく眺めが良い所で、免震タワーであるシティタワー西梅田が非常によく見えたりします。
_終日イベントのお手伝い。時々肉体労働が入ったりで。
_終了後は懇親会。A社のAさんと久し振りにお話ししたり。
_帰りの新幹線の車内では爆睡。別に立ち仕事であったという訳ではないのですけれどもなんか疲れました。

_2006年11月14日(火)  大阪
_なんかまたも困ったニュースが入ったり。

_2006年11月15日(水)  Xeon5300
_クアッドコアのXeon5300が発表になりimpressにレビューが載っているのですけれどもベンチマークを見る限りかなりびみょーとしか言いようが無い感じ。やはり現状のソフトウェア環境では8コアの威力は発揮できないという感じですかね。今回発売になるのはFSB1066系だけでFSB1333の方は年明けの発売のようで。価格は案外高いですしとりあえずWoodcrestを買っておいたのは現状の選択としては悪くはなかったという感じがします。
_「いい話」があるとのコトなので話を伺うのですけれども結局はなんか面倒なおはなしであったり。

_2006年11月16日(木)  手続き
_前日搬入申請を出します。
_帰宅したら予約をしたり。
_私は幼い頃から便秘気味だったのですけれどもここのところどーにも便秘が酷い状態でお腹が張ったような不快感が取れずしかも一週間ぐらいで体重が2kgも増えたりとよくない状態であったりします。そんな訳で「黒糖バナナ酢」というのを試してみるコトにして材料を買ってきます。材料はバナナと黒糖と酢、って、そのままなんですけれども。

_2006年11月17日(金)  ★
_朝ショコラ。某サイトがここのところ更新されていないのですけれども本人は肉眼で確認されたり。
_破格値で売りに出ている物件があったり。転売するだけで数百万以上儲かりそうです。
_某氏の「あっただけ使っちゃう星人」論とか。

_2006年11月18日()  地下
_明け方は秋葉本の作業をしたり外で撮影をしたり。
_朝方に倒れ込んでしまい結局昼過ぎ頃にもなって起動。
_LACK LAGOON[6]を購入。DIMENSIONで一気に読んでしまいます。表紙はロベルタなのですけれどもなんかもう一人凶悪なメイドが新しく登場していたりで。
_シさんから電話。JAMで12人でオフっているとのコトなので出向きます。今日はなんか知らないメイドさんが多いと言いますかそもそもこの時間帯に来るのが珍しいと言いますか。喫煙席でシさんを中心に大人数でたむろっています。全員男性なのはともかくとして結構年齢層が幅広くて上は50近いのではないかとも思われる訳でシさんの謎の人脈の広さを感じさせられます。

_2006年11月19日()  籠
_ミアで結さんがココス部部員と親しげに話しているのを見掛けるのですけれどもやはりというかココスで知り合ったようでいつの間にという感じであったり。
_雨というコトで一日引き籠もって同人誌作業。
_夕方近くになってastro氏から電話。なんでもマシンの動作確認をしたいとのこと。今日は 正直なところ来客不歓迎なのですけれども部屋まで上がってきて貰います。マシン一式が持ち込まれてリビングでマザーボードをケースに組み込む。マザーは先日買ったが何故か動かなくてケースは新調してきたとのこと。L685を繋いでとりあえずBIOSまで起動したのを確認。マザーは正常であったという事で。UDX地下に車を止めているとかでそこまで荷物を抱えて送ります。みのや氏とはやと氏を放流しているとかでこれからヨドあたりで合流するとのこと。

_2006年11月20日(月)  茶
_今日から朝の総武緩行線三鷹方面で女性専用車の運行が始まったとのこと。位置は先頭10号車で御茶ノ水で女性専用車が解除になるというのはなんとなく正しいよーに思われます。

_2006年11月21日(火)  撮影
_なんでも年末調整に関し税務署に行って書類を取ってくる必要があるとのこと。調べてみると神田税務署と麹町税務署は割と近い模様。
_昔は9801VMだったという話からFM-7やFM-8が話題になって何歳ですかというツッコミが入ったりで。自宅にあったFM-8はFDDが二台ついていたりしたのですが。FMがFujitsu Microの略などとゆーのも今はどこかに忘れ去られてしまった感じで。
_夜は70スイーツを頂いたり。
_帰宅すると大学の同期から喪中葉書が届いています。裏の名前が彼のお父さんの名前になっていてまだ実家住まいなのかと思わされる訳なのですけれども34にもなって実家住まいというのもちとどーかと思うのですけれどもねぇ。
_夜は撮影。

_2006年11月22日(水)  公
_朝ショコラをしてから神田税務署へ。申請書を出してわかったよーなわからないよーな紙を一枚貰います。
_夜になって「突然で失礼いたします」なるメール。会合の案内なのですけれどもなんともアレな予感のする会合なので取り敢えず無視しておくコトに。
_秋葉4の残部が1になります。夏コミに刷った400部は3か月しか持たなかったというコトで次は500刷る事に。

_2006年11月23日()  動
_秋葉本の作業。それなりには形になってきた感じなので試しにeps化しようとするのですけれども以前自作したPhotoshopのアクションが無いというコトに気付きます。旧マシンから移すという方法もあるのですけれどももしも移す元でPhotoshopを立ち上げなければならないコトになると面倒なので思い出しながら作るコトに。大した手間ではなく出来て使ってみる限りではとりあえず問題は無さげ。それにしてもBridgeでのプレビュー作成が旧マシンに比べると遙かに速い訳であたりまえではあるのですけれども。
_昼間は写真を撮り歩いたり。
_Schatzkisteに行き同人誌Vol.1の再版を購入。

_2006年11月24日(金)  前日休暇
_連休の谷間という事で休暇。実際のところは原稿休暇なのですけれども。
_モエシャンの下のキャンフルカフェが今日の午後オープンという情報があるので1600過ぎ頃に出向いてみます。ガラスの自動ドアが開くといらっしゃいませご主人様と迎えられます。全席禁煙とのこと。カウンター席へ。注文をしようとするのですけれどもケーキはショーケースから選ぶとのことでショーケースまで足を運ばなければいけないあたりはなんか微妙。突然ブレーカーが落ちるハプニングがあったりするのですけれどもミアであればブレーカが落ちても厨房は明るかったりするのですけれどもここは完全に真っ暗になってしまう。なぁんかアウェイ戦っぽいというか居心地がよろしくないのでさほど長居をせずに店を出てしまいます。
_居心地の悪さにお口直しが必要というコトでDIMENSIONへ。申込期限が迫っているというコトで思い出したよーに8月のアルバムを借りてチェック。こーゆーのを見ると印刷代がどのくらい掛かっているのだろーなーと思ってしまうもので。何冊刷ったのかはわからないのですけれどもさほど多いとも思えないのでフルカラーの冊子で数十万で一冊あたりの原価にするとえらく高くなりそうではあります。こーゆーのも編集技術もセンス要るなーと感じるというか素材があれば並べるだけだからむしろ撮った写真の中から掲載するのを選ぶ方に苦労があるのかもしれないですよくわかりませんけれども。小柄なメイドさんが長袖メイド服なのですけれどもサイズが大きいよーでなんか着られているという感じでそれはそれで可愛いのでありますけれども。
_作業を進めているとゆーか倒れている時間も長いよーな。かなり出来てきてトラブルが無ければ明日の入稿がほぼ確実となってきたので気が緩んでいる感じです。

_2006年11月25日()  入稿
_作業が一段落したところで深夜ミアに出向きます。満席なのですけれどもMETSさんに相席させて頂きます。METSさんが関わっている企画について話を聞くのですけれども12/29の夜とのコトなので私はとても行かれません。
_昼前頃に彩葉氏から電話。秋葉のグリーンマックスにいるとかでガード横とのことなのですけれどもそんな場所あっただろーかと思ってぐぐってみると外神田1-9-9とのこと。本はなんとなく余裕がある状態なので出向いて合流し鉄気味とか学会とかについて打ち合わせとゆーか立ち話をします。
_最後の仕上げに取り掛かります。InDesignでeps書き出しの時にタスクマネージャを見ているのですけれどもやはりあまり効率よく働いていない訳で四つあるCPU負荷グラフのうち一つがある程度上がる事はあっても他が低くて結局は30〜60%ぐらいで変動している感じ。スレッド数は12とか15とかあるのですけれどもやはり一つのスレッドに処理が偏っているのでしょーか。こういうのも今後はアプリケーションの方でマルチスレッド化・マルチコア対応が進んでくれば改善されるとは思いますけれども今のところは8コアとかは意味が薄そうです。
_DIMENSIONのサイトを見るとなんか12月にイベントがあるようなのですけれども平日の2000からというのが問題でその時間に秋葉原に戻れる保証もありませんし時節柄忘年会が入る可能性もしょーじき高い訳で。
_これ以上直すつもりも無くなったのでCD-Rに焼きます。PX-760ではB's Recorderが非対応の筈でインストールもしていないのでドライブに付いていたPower2Goなるソフトで焼きます。
_1730頃には出掛けます。渋谷からは東横線なのですけれどもいつの間にか5050系が結構増殖しています。個人的には9000系の古典的でいかにも〜な磁歪音が好きなのですけれども、それにしても9000系も登場してからもう20年になる訳ですな。
_新丸子で下りて猫尻尾へ。流石にガラガラです。女性の新人さんに対応されるのですけれどもまだあまり慣れていない感じです。チェックはやたらに時間が掛かって表紙の背の位置とかを確認されます。BGMがFictionJunction YUUKAで作業中はこのアルバムを聴いていた時間が長かった訳なのですけれども今日有線放送で特集になっているとかで。早割は基本料金部分にしか掛からないのでPPオプションの部分は引かれないとのこと。納品については100部を二日目のQDATスペースに入れて残りを三日目の自分のスペースに入れて貰おうかと思っていたのですけれどもぱっく体系変更で搬入先が一箇所までで追加はオプションが掛かるのでQDATへの搬入は止めて100部を自宅に送って貰う事にします。年末のクリスマスぐらいまでには届きますかねぇ。あとは謎の見積もりを依頼したり謎の相談をしたり。そんな訳でまずは第一ラウンド終了なのです。
_目黒線に乗ります。都営車で優先席部分の吊革が一つおきに長短になっているのにちょっと感心。見た目はアレですけれども。
_大岡山で下車しお手洗い脇の通路から東急病院出口というのから出ます。北口商店街を北上しかのんへ。小柄なメイドさんにキンキンロリ声で「おかえりなさいお兄ちゃん」と迎えられます。どーも姉妹ウィークとかそーゆー週であるラシイ。メイド服は白黒でミアのミニが近い印象。もう一人黒髪で落ち着いた雰囲気のメイドさんがいて結構素敵かも。客層はやはり学生っぽいのが多い感じで聞いてみると卒業生も来るとかで。無線LANが使えるのは便利というか東工大の近くだけに必須の設備かもしれません。ポイントカードは300円で1ポイント。
_店を出て駅に戻りホームに下ります。目黒線のホームには発車案内があるのに大井町線にはそれが無いというのがイケテナイです。反対のホームに中央林間行き8500系というのがやって来るのですけれども大井町線では車外表示がLEDなのは珍しいという印象。大井町行きも8500系で中央林間から来た模様。久し振りに乗るとノコギリ加速で段数が少ないコトを感じさせられる電車です。
_帰宅したらサイトを更新してとりあえずは一段落というコトで倒れ込みます。

_2006年11月26日()  川崎
_昼過ぎに川崎駅でastro氏と合流。astro氏が最近分譲マンションに興味を示しているようなので彼のモデルルーム初体験に同行なのです。別に買わせるために煽るというつもりは毛頭無くて、チェックポイントを教えるという感じかと。
_彼は以前は「絶対に戸建」と言っていて自分がマンションを買ったと伝えた時もボロクソだったのですけれども、私が持家戸建に対して分譲マンション(区分所有)が絶対的に優位であると主張している「防犯」「流通性」については最近は理解している模様。「流通性(貸しやすさ・売りやすさ、少しアレな言い方をすれば換金性)」については投資に興味を持ってから重要視するようになったとも言っています。結局のところ戸建とマンションどっちが良いかなんてのは人それぞれの住む場所を含めたライフスタイルによる訳で、2ちゃん不動産板結局マンションと戸建どっちが良いんだ29軒目☆全国あたりでは延々と議論されていますけれども結局のところどちらが絶対的に良いなどというのは無いです。同じ人であっても独身→結婚→子供→老後などといったライフステージによって変わるでしょうし。大雑把に言って、都心立地で独身または共働きであれば利便性を買うというのも兼ねてマンションの方がよろしいという傾向はあるでしょう。独身で戸建てというのは維持するのが困難かと。郊外で駅遠のマンションなどとゆーのは存在意義が無いので買ってはいけないかと思います。建物を弄る自由度については戸建ての方が絶対的に優位です。
_西口から出てBrilliaタワー川崎のMRへ。川崎駅西口徒歩6分、地上34階建総戸数395戸のタワーです。Brilliaは東京建物のブランド名ですが、売主にとしてJR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)が入っているというのは特徴かと。受付へ行くのですけれども男二人でモデルルームというのも傍目から見たら怪しいかも。デモが始まるのでという事で先の部屋に案内されます。最初は周辺模型。次はシアターなのですけれども建物についての紹介は無くて生活イメージ映像だけなのだが別に川崎なのてのは全然お洒落な街でも無いのでアレなのですけれども。スクリーンがUMUガラスで透明になってから開いてその先は吹き抜けのスペースに建物模型。1/45ぐらいでかなり大型のもの。ここで建物の紹介があってから営業の方と一緒に上に上がります。モデルルームは三つ。仕様的にはなかなかなのですけれどもお手洗いがタンクレスになるのはある程度広い部屋からとのこと。ハイサッシュではないのはちと弱いあたり。内廊下ではなく解放廊下とのこと。商談スペースに下りるのですけれども期の間の中途半端な時期なのでガラガラ。営業の方から話を聞くのですけれども建設地はJRの寮の跡地というありがちなパターン。地価が上昇しているこのご時世売主側としても売り急ぐつもりは無いとかでのんびりしている模様。地価上昇から他の物件についての雑談になってしまいこの営業の方は以前はキャピタルマークタワーにいたとかで。あそこは勝どきツインタワーに撃墜された感じもありますけれどもそれでもとっくに完売している訳で。出る時に自分の分もパンフを頂きます。個人的な感想としては利便性はなかなかだと思いますけれども既に完売しているラゾーナ川崎レジデンスに比べて地域のランドマークという意味では弱いというあたりは弱点かと。
_astro氏はモデルルーム初体験であったので色々と感心している模様。想像よりは安いとか駐車場が不満だとか投資目的に買うのなら良いかもとか言っています。
_遅い昼食を食べてから南武線に乗ります。シさんから電話が入り中央通りにいるとのコトなのですけれどもこちらは川崎に来ていると伝えます。それにしてもあの人は割と悠々としているのですけれども冬コミ原稿の進捗はどーなんだろーなーと思ってしまったりで。
_鹿島田で下車。パークシティ新川崎を横目に見ながら新川崎駅方面へ。新川崎の駅を越えると左手に貨物の操車場がありその先に更地が広がっています。SHINKA CITYのモデルルームへ。総戸数411戸の大規模物件です。受付をしてアンケートを書いてからお馴染みのシアターや建物模型、続いてキッチンのデモを見ます。食洗機はともかくIHクッキングヒータとディスポーザは自宅にある訳で。astro氏は割と真剣に見ている感じなのですけれども自分はこーゆーのは何回か見ている訳で。それにしてもここは客層がファミリーが多いので我々のような男二人組なんてのは完全に浮いています。アーベストは基本的にファミリー向けが多い販社という傾向はあると思います。営業の女性に案内されてモデルルームへ。モデルルームは二つ。框を上がったところで直床だと気付きます。長谷工施工の物件はかなり久し振りなのですけれどもとにかく仕様がしょぼくて萎えます。階高は2960mmぐらいと低く、柱や梁も目立ちます。
_商談スペースへ行くとかなり混雑して賑わっているのですけれどもやはりというかファミリーが多いです。敷地全体の模型を見ると驚くべき事に敷地内に高圧送電線が横切っており鉄塔が建っていてダメだこりゃという感じ。商談卓で話を聞きます。自分は戸建てとマンションの比較やらローン控除やらのパンフを拾ってきて眺めるのだが比較の方はとにかくヤラセっぽい訳でまともな比較になっていない。建物の一覧表に花が付いているのはよく見る光景ではあるのですけれどもなんか久し振りに見たような気もします。更にはなんか何号室お申し込みなどというアナウンスが時々流れていてその度に営業の人たちが「ありがとうございました」などと一斉に言っています。なんかこうも煽っていると実は売れてないのではないかとも思ってしまう訳で。資金計算をしたりするのでフラット35のボーナス払い無しで試算するようにと口出し。黙っていると変動金利とか2年固定とかトンでもないので出してきそうなので。結局来週また来るなどという約束をさせられてから販売センターを出ます。えらく長丁場になってしまいました。
_みのや師からastro氏宛に電話があったとかで南武線に乗り溝の口まで行きみのや師と合流。女子の人と初対面。食事に行きます。話題はPS3の深夜行列に某氏に某氏など。女子の人は某氏とは接近はしたもののまだきちんと会っていないとのコトで勿体ないお話です(謎)
_武蔵小杉まで送っていただき、別れます。

_2006年11月27日(月)  引
_astro氏とmessengerでマンションについて話題になるので住まいサーフィンを教えます。私のモデルルームでのチェックポイントはだいたいこのサイトに書かれているような内容です。
_先月PC関係でカード払いした分が引き落とされています。
_明日の会合について電話が掛かってきてしまいます。人数が欲しい状態なのですかと尋ねるとそうとのことなので行く事にします。
_HOOTERSが日本に進出して1号店は六本木とのこと。六本木というのはまぁ妥当だと思うのですけれどもそもそも日本でHOOTERSが受け入れられるかは疑問。写真でしか見た事はありませんけれどもあーゆーのはむっちり健康的な白人女性が着るから良いように思われる訳で日本人が着てもイマイチなよーに思われるのですけれども実際のところどーなるんでしょうかねぇ。

_2006年11月28日(火)  会合
_どーも以前持っていた件が戻ってきそうな気配が。当時付けていた理屈がいよいよ通らなくなってきたのでしょーか。元はこちらにあったのがあちらに移ってそれがまた戻ってくる訳でなんだかなぁな感じなのですけれども。
_定時ダッスします。電車の車内で外人が少年アシベを読んでいる光景がなんかシュールに感じられたり。
_会場に着くのですけれども案内がありません。きょろきょろしていると職員の方に声を掛けられて案内されます。会場は個室。集まったのは8人ほど。
_正直なところ当初は乗り気ではない会合だったのですけれども案外ざっくばらんで興味深い話が聞けるものです。来て良かったという感じで。紹興酒をかなり頂くのですけれどもほとんど酔わないのは緊張感からでしょうか。
_終了して散会したら歩いて帰宅。
_電気代の請求が来ているのですけれども普段に比べてえらく高いです。今月は秋葉本を作るためにマシンの稼働時間が長かったうえにやはりマシンの消費電力が旧マシンに比べてハネ上がっているんですかねぇ。

_2006年11月29日(水)  組
_職場のマシンにAcrobat8をインストール。所詮はプリンタドライバの一種だと思っているのですけれどもその程度で再起動を求めるWindowsというのもイケテナイ感じが。とりあえずAcrobat7みたいに何度もパッチを当ててその度に再起動しなければいけないのよりはインストールはラクではありますけれども。
_腕を組んだり手を組んだりする向きでわかる性格診断があるとかで。ここに詳しいですけれどもこれによると自分はインプット/アウトプットともに右脳型のようなのですけれども今までの色んな性格診断からすると左脳型なのですけれどもねぇ。

_2006年11月30日(木)  会
_当初30分で終わらせると言っていた打ち合わせは結局一時間。
_送別会の会場を探したり。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ