近況報告 2008年2月

前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月

_2008年2月1日(金)  独自
_色々すれ違いと誤解と情報不足があったりでコケそうになったり。一年前の件とは言え。

_2008年2月2日()  移動
_お金の移動をしたり。送金手数料をケチるためにATMを使用。
_久し振りに鉄道ファン誌を買ってしまったり。

_2008年2月3日()  雪
_雪。
_珍しくシャッツに行ってみたり。

_2008年2月4日(月)  ぐったり
_頭痛が酷くて困ったところ。

_2008年2月5日(火)  続行
_頭痛は治ったが体調は悪くだるくてぐったりしている状態。
_「ミスったのですぐに再送する」との連絡が入るのですけれどもなかなか来ずに苛々。
_打合せの出席者について「びっくり」とか。

_2008年2月6日(水)  ハナマサ閉店
_「妄言と言うか暴言と言うか」にただただ呆れるというか何というか。
_ハナマサが経営不振で店舗のうちの半数を閉店するとのこと。閉店するのは郊外中心とのことなので秋葉原店はいっくらなんでも大丈夫だろーというかあそこが無くなるとかなりのメイド店が困るコトになる訳で。
_「なにこれ?どんな人?」と言われたりで確かにとにかく迷惑な人物なのだがその悪評がこちらやあちらでどこまでどーなってるコトやら。

_2008年2月7日(木)  某問題
_最近すっかり珍しくなってきた201系に乗るのですけれどもなんかブレーキ時にチョッパが挙動不審になるのか揺らぐようなヘンな音がしますしかもなんかコゲ臭いような異臭がするよーな。
_夜にとある偉い方が「疲れたよ」と仰っています。流石に相当問題になっている訳で。お土産を頂いてしまったり。

_2008年2月8日(金)  借換
_住宅ローン借換手続きのため休暇。べつに午前休ぐらいで足りるのですけれどもここのところ疲れているというのもあり全休にしてしまいます。
_9時過ぎにネットで口座の状況を確認。銀行の方は振り込まれた上で引き落とされているのですけれども公庫の方は振り込まれてはいるものの引き落とされておらず口座に一千万以上がある状態。なんかミスったかとも思うのですけれども暫くしてリロードすると引き落とされていて一安心。
_そんな訳で出掛けて金融機関に出向き、抵当権抹消の書類を受け取ります。それら一式を司法書士事務所の人に手渡して今日の手続きは完了。
_昼はミア。久し振りにまついさんとお会いしてオーディオ関係のお話しをしたり。
_一旦帰宅。201系の運用をチェックしてからその時間近くに御茶ノ水橋に行ってみると明らかにそれっぽい人がいたりで。肝心の写真は既に結構暗くなっていた(人間の目で感じる以上に暗くなっているもので)上にそもそも動く物を撮るのに慣れていないというのもあり全然駄目。
_夜はCMC→ADという感じで梯子。

_2008年2月9日()  西新宿
_新宿へ。西口から出て都庁を越えてコンシェリア西新宿 TOWER'S WESTへ。大規模物件にしては珍しく竣工売りで棟内モデルルームです。賃貸オフィスのスペースを利用して販売センターになっています。
_セキュリティは三重ぐらいでかなり厳重、しかも三重のセキュリティそれぞれにオートロックが設置されていてエレベータは自分のフロアにしか止まらない仕様。タワーの部分には共用施設は無くエレベータも上層階下層階で分かれておりここまでセキュリティが厳しいのは珍しいのではないかと。エレベータホールはなかなか高級な作り。内廊下。35階南西角の82m2の部屋へ。共用廊下から住戸内が見えにくいように廊下をクランクさせてあるとのことで。続いて42階北西角の住戸へ。やはり実際の住戸を見られるというのは説得力があります。営業の人は構造について延々と語り出して直接基礎とかダブルコアとかでそーも建築がご専門の模様。販社は三菱なのですけれどもそーいえば世田谷のMASTERVIEW RESIDENCEの営業もやたらとマニアックで朗々と語ったような記憶がある訳で。設計は黒川紀章設計事務所とのことではありますけれども物としては別に個性が強いという印象はありません。
_下に戻り管理体制とかについて聞くのですけれども非分譲の賃貸住戸がかなり多いのも含めてなんか不安を感じさせられる仕様。価格は恐ろしく高いです。かつて西新宿は比較的安く日本橋エリア並であったように記憶しているのですけれどもねぇ。過半が賃貸住戸となる他、売主や、あとは南東側隣接地で再開発が行われており超高層が建つという事も含め、かなりよろしくない印象の物件です。
_新宿駅前まで戻り不動産特集のPRESIDENT誌を買ったり。
_帰宅すると例によって色々とDMが届いているのですけれどもちょっと気になるのがあったり。

_2008年2月10日()  COMITIA83
_銀座線、ゆりかもめと乗り継いで有明へ。なんか車内はレイヤー系が多いような感じがするのですけれどもビッグサイトかTFTあたりで何か他のイベントでもあるのですかね。
_国展駅で下車。西館ではリクナビのイベントがあるようでスーツ姿の若い人達がぞろぞろと流れていきます。に対して東館方面にはオタクっぽい男女がぞろぞろと流れていくのが対称的。ブリッジのあたりには既に行列が出来ていてなんか女性ばかりが座り込んでいるような。最後尾札には「ZENKOKU」と書かれています。
_東4ホールに入場してスペースに行き準備と知り合いへのご挨拶。某氏について立ち話になり「一文を惜しんで千両を失うタイプ」とかなのですけれども彼に限らず似たよーなタイプって何人か居るなーと。
_開会時間内はあんまり売れないです。知り合いの方が何人か来られたり。
_閉会したら浜松町までバスに乗り、JRで秋葉原に戻ります。
_ルネッサンスタワー上野池之端最上階住戸のオープンルームが行われているという情報があり「夜景がお勧め」とあったので遅い時間になってから現地に向かいます。ソフィテル東京は既にほとんど形が無くなっている状態。
_オートロックで呼び出してロビーに入るとなかなか落ち着いた雰囲気。更にエレベータホールにもオートロックがありここで改めて呼び出します。エレベータのセキュリティは無くそのまま最上階38階へ。エレベータを下りるとフロアに更に最後のセキュリティがあってようやっと住戸前の内廊下へ出られます。
_南側住戸で財閥系仲介業者の営業に対応されます。自分が手にしていたチラシを見てDMですねと言われるのですけれども管理会社が厳しいので外にオープンルームの看板を出すような事は出来ないとのこと。そーゆー意味ではコスモスは甘いのですかねぇ。
_住戸そのものは天井が非常に高く、そして南側の眺望が非常に素晴らしいです。ソフィテルが無くなったから特に良いのでしょう。価格については以前はかなり強気の値付けをしていたが今は下げてほぼ元値とのことで。共用施設も見せていただきます。ジムに続いて再度最上階に戻ると屋上庭園に上がると素晴らしい眺望で完全にコドモのよーにはしゃいでしまう訳で屋上庭園っていーなーと思ってしまうもので。完全に冷やかしで申し訳ないのではありますけれどもお礼を言って退却。

_2008年2月11日()  物件
_周辺を撮り歩いたり。TOWER RESIDENCE TOKYOはまだ竣工しておらず入居も始まっていない模様。
_須田町二まで戻るとクレアール神田でオープンルームをしているので入ってみます。この物件は自分が初めてモデルルームを見た物件であった訳で個人的には思い出深いです。エレベータを下りる内廊下から住戸に入ります。玄関のガラスブロックはかつてのモデルルームと同じ仕様でしょうか。北東角ですがそれなりには明るいです。チラシを見て「売主」であるという事に気付いて尋ねると買い取ったとのこと。TTTを買って住んでいると言うともう一ついかがですかと言われるのですけれども「今は高い」としか言いようが無いです。しょーじき自分が買った時のコストパフォーマンスを考えると狭くて高いのですから話になりません。
_THE TOWER KOISHIKAWAのMRへ行ってみます。売主はオリックスで販社は三井とコムハウスなる会社なのですけれども実質的にはコムライフなようで担当の営業の人もそこの方。オリックスと言えば勝どきTTTと秋葉原TRTに台場タワーあたりですかね。営業の方は結構親切な方で近隣の物件について教えて貰ったり。
_内廊下構造。住戸の奥行きは約7m(バルコニーがある部分では6.6m)と浅いため、必然的にワイドスパンとなります。モデルルームで作られている100-Oタイプは北側全面で三方開口となり、かなりの開放感を感じられそうです。広い部屋では極端なワイドスパンで細長くなる傾向はあります。天井高は11階以下では2.6m、12階以上では2.75mと高いです。リビングだけでなく居室もこの高さとなっています。当然二重床二重天井。基本的な仕様は悪くないと思います。上層階"PREMIUM FLOOR"住戸内のドアノブは鋳物のようでちょっといーなーと思ったり。ダンパによる制震構造入り。基礎深さは約24m。このクラスの規模で24時間有人管理というのは少し珍しいのではないかと思われます。
_価格は坪単価で370万ほどが標準のようで、今時の文京区と考えると比較的リーズナブルに感じられてしまうというのがアレなところです。パンフは割と少なくて封筒一つだけ。ここのところ豪華なのばかりを見ていたのであっさりし過ぎている感じもしたり。

_2008年2月12日(火)  爆撃
_なんか連休明け早々から色々と爆弾が降ってくる感じでんー。

_2008年2月13日(水)  家宅捜索
_なんか自宅マンションの最上階住戸に家宅捜索が入ったとかで。インサイダー取引とのこと。

_2008年2月14日(木)  餅
_夕方から夜に掛けては都内で何件か用事。階段で久し振りにお会いしたとある方に「変なコト言わないように」と言われたり(謎)
_夜はADで「ふわふわともちもち」と「良いバナナ」。張り切り過ぎたのかどーやら大量に余らせた模様?

_2008年2月15日(金)  京都
_関西方面に出張。近鉄けいはんな線に初乗車。架線柱が無いのは車窓の見晴らしが良くて開放感があります。
_夜は京都で彩葉氏と会い夕食。各種状況とかをあれこれと雑談。

_2008年2月16日()  両親来訪
_先日のお礼とかでモロゾフの高そーなチョコレートを頂いてしまったり。別にたいしたコトをした訳でもないのですけれども。
_夕方に両親が来訪。最初の議題は「半分のチョコレート」と「マジックテープ」(謎)
_ヨドで照明や家電等々を見たり。携帯型の血圧計を購入。

_2008年2月17日()  青一 池袋
_両親は東京マラソンの見物に行くとのことで朝方に見送ります。
_銀座線に乗り青山一丁目で下車。パークコート赤坂 ザ・タワーのマンションギャラリーへ行きます。周辺模型、イメージ映像を見てからシアターを出ると通路はガラス張りになっていてえらく眩しい。建物模型を見てからモデルルームへ。オール電化。内装の仕様は流石にまぁそれなりで北向き住戸の60畳はとにかく広いです。北向きの窓は赤坂御所があるので開かないようになっていて下の方にはプライバシーフィルタも入れてあるとかで。北側の窓に向かった洗面台は斬新だが落ち着かない感じでそもそも鏡も無い訳で。三角形の鼻先の部分MRもあるのだがなんか船のイメージとかでぶっ飛んでいます。商談スペースは個室。図面を見ながらあれこれ話を聞きます。コンセプト的にはパークコート虎ノ門に近い感じはするのですけれどもしょーじき赤坂タワーレジデンスよりは冴えないという感じがしてしまいます。平置き駐車場が多いというのは超都心物件にしては特徴的。ハマーでも置けるとのことで。お値段は恐ろしく高くておなかいっぱいという感じ。パンフはLD-BOXのような大きさでかなり重いモノ。
_半蔵門線、有楽町線と乗り継いで池袋。東武デパート「五番街」で岩男潤子さんのCDを買い込みます。

_2008年2月18日(月)  第一
_朝に知らない090番号から着信。ご不幸があったので×との連絡。
_夜はサブプライムとか少子化とか。

_2008年2月19日(火)  倦怠感
_とある方がぎっくり腰とのことでそーいえば以前もそんな事があったかなと。
_あちこちで倦怠感で澱んでいると言いますか。

_2008年2月20日(水)  鉄
_夜はきゃ田中さんの国内全線完乗の儀というコトでつくばエクスプレス秋葉原駅に出向きます。入場券があるのでそれを買い入場。ここは開業日以来です。
_ホームに下りて先頭側に行くのですけれども誰も見当たりません。列車に同乗する人が多いのでしょうか。予告されていた電車が着くと思われる側の先頭で待っているとたかたさんが来られます。この方は昔から風貌が変わっていなくて若々しい印象。列車が到着。きゃ田中さんの他に89な方々が数人とその他の方が下りて来られます。万歳三唱が行われたり記念撮影が行われたり。
_エスカレータで地上に上がる途中でたかたさんが「来月勝どきに引越す」とのことで「勝どきのTHE TOKYO TOWERSをお買い上げされたのですか?」と尋ねるとなんでわかるの?と返されるのですけれどもこの時期に勝どきに引越すなどというのはそれ以外に考えられない訳で。それにしてもここにも勝どきTTTをお買い上げされたされた人がいたという事で喜んでしまったり。
_改札を出たところで遅れてきた某酒屋店長氏に会います。飲みという事で自分も行きたいのではありますけれども別件があるので中央改札の前で解結。
_新宿に行き職場関係の飲み会に合流。やはりと言いますか鉄な話題にもなって模型に乗り鉄等々。

_2008年2月21日(木)  耳障り
_職場は室内工事で耳障りな音がしていたり。
_三鷹駅北口で野村不動産ほかによるツインタワーマンションの計画があるとか。

_2008年2月22日(金)  ミュ
_丁寧と言えば丁寧なのですけれども心が狭くて無知なヒトがいるもんだなーと思うよーなコトがあったりで。まぁ公式には関係は認められていないあたりではありますけれども。

_2008年2月23日()  LittleTGV
_深夜にミア→JAMと梯子。JAMは来週末深夜にニコ動イベントがあるとかなのですけれどもポスターがかなり怪しいです。
_午後にとしたかさんとお会いしてLittleTGVへ行ってみます。入口のレジのところでチャージ料を取られて切符が発券されるのですけれども軟券というのが弱いところ。フードメニューは路線図のような形をしていて「渦電流サラダ」とかネタっぽいというかマニアックなメニューがあったりで。裏面はドリンクメニューなのだがなんか名称とアイコンが間違っているのが多い。壁には鉄な写真が貼られていて割と新しいのが多いのではありますけれども一部みょーにマニアックなのも混じってたり。としたかさんと鉄談義。ウェイトレスの人も流石に鉄なコが多くて787系が良いとか夢空間の引退展示?があるとかそんな話を伺ったり。割と面白いところです。

_2008年2月24日()  赤坂 虎ノ門
虎ノ門タワーズレジデンス _赤坂見附から歩いてパークコート赤坂 ザ・タワー建設現地の隣接地にある三菱地所パークハウスギャラリー赤坂倶楽部へ。ここは幾つかの物件の案内をしているようなのですけれども自分が興味を持っているのは乃木坂パークハウス。TOKYO TIMES TOWERと同じ鹿島の「スーパーRCフレーム構法」で建てられているようなのですけれども外観上それがわからないというのが興味を持った最大の理由。あとは「25階建総戸数42戸」という規模もかなり妙なあたりです。
_営業の方から概要とかを聞きます。鹿島の施行実績の写真が間違っていて芝パークタワーと書かれているのに写真はTTTになっているのがひじょーにアレなところで。間取りは三種類のみで上層階は1フロア2住戸で360度開口、中層階以下は南北に別れた1フロア2住戸。。全体の図を見ると「スーパーウォール」がC字形、「スーパービーム」の長さが不均一とかなり変形ではありますけれども確かにスーパーRCフレーム構法となっています。
_上層階住戸の半室を再現したサンプルルームを見ます。内装の仕様は割と地味め。戸数が少ないにも関わらずディスポーザ装備。浴室は二つあって両方とも窓があります。お値段は高いです…そして戸数が少ないため管理費がそれ以上に高い印象。それにしても四方開口というのはなんかおもしろい訳で。私も色々と物件を見てきたので他の物件と比較してしまうのですけれどもこの物件については比較対象が思い当たらずそのような意味では面白い物件です。
_外に出るとかなりの強風。パークコート赤坂赤坂タワーレジデンスと撮影。虎ノ門方面まで歩いて虎ノ門タワーズレジデンスパークコート虎ノ門愛宕タワーと撮影して愛宕神社方面に抜けます。
_今回の撮影はZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0を持ち出したのですが、超高層の建物を撮るのには最高で、レンズを向けてファインダーを覗くだけでわくわくしてきてしまうと言ったら言い過ぎでしょうか。 右上の写真は今日撮った中で最も気に入った写真である虎ノ門タワーズレジデンス。って、右上のあたりに強風で舞っていたと思われるゴミが写ってしまいましたけれども。東京タイムズタワーに続く鹿島の自社分譲物件ということで分譲前から注目しており、個人的にはかなり好きな物件の一つです。純白の格子が印象的なシンプルで美しいデザインは昨年竣工した鹿島建設本社ビルにも通じるものがあり、鹿島の力の入れようがわかります。

_2008年2月25日(月)  靡
_変更しなくても良いとか靡いたとか云々。こちらとしてはその方がラクではあるのですけれども。
_夜になってアレな件でバタバタ。こーゆー爆弾的なのはアレなのですが…

_2008年2月26日(火)  頭痛
_住宅情報マンションズ中央版にパークコート赤坂 ザ・タワーが乗っていたり。高いですし厳しいのかなーと思わされてしまう訳で。
_文字通りの「豚に真珠」の件とか。
_なんか左後頭部のあたりが痛いです。割と浅いトコロで痛む感じなのですけれども単なる頭痛なのかそれともおできとかが出来ているのか。

_2008年2月27日(水)  AD閉店
_左側が相変わらず頭痛気味。左の頭頂部ぐらいから左耳の奥のあたりが時々痛む訳で治らないようなら耳鼻科にでも行った方が良いのですかねぇ。
_ADカフェが3/2で閉店とのこと。お値段がリーズナブルな上に電源と無線LANが使えてあとは比較的空いていたというコトで結構使えるお店だったのですけれども。ショコに続いてADもかという感じでまぁあの感じではかなり商売になっていなかったとは思われてしまう訳でしょーじきどーゆーつもりで店をしていたのかがよぉわからんトコロもあります。

_2008年2月28日(水)  無理矢理
_無理矢理一段落というかなんというか。
_無理矢理それなりの時間に退散してADに寄ったり。FLOは2130であったようなのですが。

_2008年2月29日(金)  返
_保証料の返金は来月下旬になるとのこと。結構な額なので早く戻ってきて欲しいのですけれども。 _昨日あたりに割と近所で火事があったとかで知人も住んでいるマンションなので気になるので安否確認のメール。その日は居なかったとかで知らなかったとのこと。
_帰宅すると大事な物が届いていたり。


前月 最近一週間 ご案内 タイトル一覧 翌月 トップページ